FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2019年冬、火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

kage

2019/02/26 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★1月15日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~23:07

 初めて恋をした日に読む話

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:持田あき「初めて恋をした日に読む話」(集英社)
脚本:吉澤智子
演出:福田亮介
プロデューサー:有賀聡
主題歌:HAPPY BIRTHDAY/back number

E13-b043.gif
外部サイト:初めて恋をした日に読む話

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
春見順子(32):深田恭子
入試・就職・婚活、オール負け。夢破れたその先を惰性で生きてきた。超鈍感なしくじりアラサー女子。
┣三流予備校・山王ゼミナールの講師。
┣東大卒の大手メーカー役員の父と、お嬢様私大卒の母の元、幼いころから東大を目指して教育を受けてきた。
┣実際成績は良く、高校までは常に学年トップ、東大模試トップの成績をとりながらも、受験本番でまさかの失敗。
┣全ては東大合格の為、母の期待に応える為に生きて来たゆえに受験失敗から人生の目的を失ってしまう。
┣東大受験や就職にも失敗し、婚活サイトに登録するも交際に失敗。人生しくじってばかりの32歳。
┣本当の恋をしたことがなく、「好きって何?」な恋愛スキルは最下層。ひょんなことから、髪をピンクに染めた底辺高校の二年生・匡平に出会い、その自由さに心を打たれて、共に東大を目指すことに…。

………
八雲雅志(32):永山絢斗
「日本は、世界は、人類は…」主語はデカいが「僕とあなた」の恋愛には弱い挫折知らずの負けなしエリート。
┣東大卒のエリート商社マン。
┣順子のいとこで、中学・高校の同級生だった。
┣幼い時から順子とは勉強で競い合い、高校まで同じ学校に通っていた。順調に受験勉強も進み、東大にも見事合格。オール優で卒業し大手商社にも就職した。
┣現在、社内でも花形のエネルギー部門に配属されている所謂エリート商社マン。
┣一見クールで要領が良く、勉強もスポーツも万能で女性にもモテてきたが、モテてきたが故に女性の方から寄ってきて本当に好きな人に自らアプローチすることに慣れておらず、実は恋愛下手。海外赴任から帰ってくるなり、突然順子にプロポーズする。順子には中学生時代から片想い。今まで何度もアプローチをするものの、超鈍感な順子には見事にスルーされ続けてきた。一番間近で順子を見続けてきたため、順子の一番の理解者でもある。

西大井 司(27):浜中文一
┣雅志が勤める商社の後輩。
┣雅志のことは仕事面も人間的にも尊敬しているが、一向に進まない順子との関係を案じている。

………
🏢山王ゼミナール

由利匡平(16):横浜流星
「大人」っぽくない大人に初めて恋をしたクールで熱い大人びた高校生
┣南高校の2年生。髪をピンクに染めた不良な高校生。
┣名前と九九が書ければ入学できると評判のおバカ高校に通う高校2年生。父親は文科省の高級官僚。母親を亡くし、父親は仕事ばかりで裕福だが愛情の欠けた家庭で育った。口数は少なく、何事にも興味がないため冷めたように見えるが、情に篤く、強い意志を秘めている。
┣世の中つまんねぇ大人ばっかりだ。と大人を冷めた目で見つめ、未来を諦めていたが、父親に啖呵を切る順子と出会い衝撃を受け、順子と共に東大受験を目指すことに。
┣口数は少ないが、時にバシっと本質を突く言葉を突き付ける鋭さを持っている。匡平の静かな恋が、後悔ばかりで恋を知らぬ大人となった順子を変えてゆく。

梅岡 道真(60):生瀬勝久
┣順子の勤務する山王ゼミナール塾長。
┣事なかれ主義ののんびりとした人物に見えるが、実は東大出身。厳しくも温かく順子を見守っている。

勅使河原 勉(35):髙橋 洋
┣梅岡が大手予備校から大金をはたいて招いた東大合格請負人の異名を持つ人気講師。
┣関西弁のマシンガントークと奇抜なファッションがトレードマーク。

………
南高校

山下一真(32):中村倫也
甘く危険な男性の魅力を持つ、キチンと大人な元ヤンモテ教師。
┣南高校に勤務する匡平の担任教師。
┣順子の高校の同級生で、匡平の担任。順子の人生で唯一告白してくれた男性。
┣高校時代、教師への反発からグレていたことで、教師たちから目をつけられていた元不良。大人になり匡平を教えることになった順子と再会。匡平のために一生懸命な姿や、相変わらず恋愛に関しては超鈍感で抜けている順子に再び惹かれてゆく。
┣ある程度悪い事も挫折も経験している事からこなれた大人な男になっている。自らの事を自虐的に笑う余裕もあり、ガツガツした所が無く、格好つけたり自分を大きく見せることなくシレっと女性を褒めることのできるモテる男。

2年生:匡平の仲間
┣エンドー:永田崇人
┣ナラ:堀家一希
┣カブ:櫻井圭佑
┣木佐:若林拓也

………
朝倉女子高校・2年生

江藤 美香(17):吉川 愛
┣浅倉女子高2年生。好きな人に一途な重めの性格。匡平と合コンで知り合い一目ぼれする。なんでも人のせい、男のせいと言いがちの「されたられた女」で自分の決断に責任を持ったことが無い。

今井 桃(17):加藤小夏
┣朝倉女子高校2年生。江藤美香の友達。

田島さくら(17):黒崎レイナ
┣朝倉女子高校2年生。江藤美香の友達。

………
🏠早見家

春見 正(61):石丸謙二郎
┣順子の父。東大出身の元エンジニア。現在は大手メーカーで役員をしている。
┣温厚で器の大きい好人物。春見家の大黒柱としてしのぶと順子にとっては最大の理解者。

春見 しのぶ(60):檀 ふみ
┣順子の母。いわゆる教育ママ。
┣出来の良い娘が自慢で、全て東大合格の為に育ててきた。
┣趣味はもちろん、テレビや漫画、恋愛も全て受験の邪魔になると制限。娘のスケジュールをすべて把握し、読む本なども選んで与え、勉強プランまで立ててきた。
┣だが受験に失敗したことを順子以上に受け入れることができず、就職も失敗し、いまだに結婚もしない娘を恥に思っている。

………
由利 菖次郎(54):鶴見辰吾
┣匡平の父。文科省局長。
┣数年前に妻を亡くし、仕事の多忙さも相まって子育てを全くしてこなかった。
┣世間体のため不出来な息子をせめて大学まで進学させたいと思っている。
………
松岡 美和(32):安達祐実
┣順子の幼馴染。中学校まで同じ学校に通っていた。
┣現在はキャバクラオーナー。男前の姉御肌だが、順子の方が本当は強くて男前のかっこいい女だと思っている。雅志の順子への恋の相談に乗り、時に応援するが、匡平の熱い気持ちに気づくとどちらにもフェアに応援する…ように見えるが、ただ楽しんでいるだけにも見える。
……
ゴリさん(46):皆川猿時
┣お好み焼き屋「ハングリージャングル」の店主。南高校OB。
┣名物「ゴリラ焼き」が大好評。


💻相関図Chart

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
深田恭子がタイプの違う3人の男性からアプローチを受ける“しくじり鈍感女子”に! 
持田あきの同名漫画を原作に、深田恭子が残念な“しくじり鈍感女子”に扮するラブコメディー。深田は、人生何もかもうまくいかないアラサーの予備校講師・春見順子を演じる。順子のいとこでエリート商社マンの八雲雅志を永山絢斗、順子の教え子で東大合格を目指す由利匡平を横浜流星、匡平の通う高校の担任教師・山下一真を中村倫也が演じるほか、個性豊かな登場人物との人間関係も見どころの一つ。順子をめぐり、タイプの違う3人の男性がどのようにアプローチをするのか、ドキドキの展開が期待される。脚本は、「ダメな私に恋してください」「あなたのことはそれほど」(ともに同系)などを手掛けた吉澤智子が担当する。



2019冬号:2019年1月1日〜2019年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)。順子はやる気も希望なく、三流予備校「山王ゼミナール」での講師の仕事もクビ寸前の状態だった。そんな順子の元に、ピンクの髪をしたイケメンの不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」とやって来る。

一方、東大卒のエリート商社マンで幼なじみのいとこ・八雲雅志(永山絢斗)が海外赴任から帰ってくるなり、順子に突然のプロポーズ。さらに、匡平の担任教師が、順子に告白した過去がある高校時代の同級生・山下一真(中村倫也)だと分かる。
順子の気付かないところで、いつしか“恋のフラグ”が立つ転機を迎えていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/1/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
32歳の塾講師・順子(深田恭子)は、東大受験に失敗して以来、恋も仕事もさえない人生。ある日、順子の勤める塾に、髪をピンクに染めた高校生・匡平(横浜流星)が父親・菖次郎(鶴見辰吾)に連れられやって来た。菖次郎に不出来な息子と罵られる匡平を見た順子は、過去の自分を思い出し、強い口調で匡平をかばう。翌日、解雇を覚悟して出勤した順子の前に匡平が現れ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月22日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/1/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
塾の後、エンドー(永田崇人)らが匡平(横浜流星)を合コンに誘う。順子(深田恭子)の友人でキャバクラ店主の美和(安達祐実)がなぜか合コンの監督を申し出て、順子も同行する羽目に。順子に片思い中のいとこ・雅志(永山絢斗)は、美和から匡平と順子の様子を聞き、複雑だ。一方、順子は出張講師として匡平の高校へ。そこで、高校時代の同級生で教師の山下(中村倫也)と再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年1月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/1/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
匡平(横浜流星)は順子(深田恭子)が酔った勢いでつぶやいた言葉が気になって仕方がない。一方、順子はいとこの雅志(永山絢斗)から誘いを受け、申し出を快諾。順子に惚れている雅志は大喜びだ。そんな折、順子が美和(安達祐実)と食事をしていると、そこに順子の生徒・美香(吉川愛)がやって来る。美和は過激な恋愛体験を語る美香に危うさを感じ、順子に注意するよう促す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/2/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
順調に成績を伸ばす匡平(横浜流星)は高校3年生に進級。順子(深田恭子)は山下(中村倫也)から、冷淡な父に加え母を亡くしているという匡平の家庭環境を聞き、その孤独を思いやる。そしてゴールデンウイーク、3泊4日の勉強合宿が開催される。当日、匡平と美香(吉川愛)は、東大クラスの鷲津(内藤秀一郎)らがおとなしい女子・大塚(神岡実希)をいじめている場面に遭遇する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月12日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/1/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
匡平(横浜流星)に模擬試験を受けさせたい順子(深田恭子)だったが、文系出身のため、数学を教えるには力不足。そこで、匡平を連れて雅志(永山絢斗)の元を訪れ、理系科目の勉強方法を尋ねる。その夜、匡平は順子の家まで参考書を取りに行き、家の近くで順子の母・しのぶ(檀ふみ)と遭遇。匡平のような子が簡単に東大に受かるわけがないと口にしたしのぶに、順子は食ってかかる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月19日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/2/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
匡平(横浜流星)の気持ちを知った順子(深田恭子)は、匡平とうまく接することができない。一方、山下(中村倫也)と順子の関係が気になる匡平は、米国出張を控えた雅志(永山絢斗)に、自身の気持ちを率直に吐露する。そんな折、美和(安達祐実)が雅志に高校の同窓会を開くよう提案する。雅志は「順子との恋を応援する」という美和の言葉を信じて、幹事を引き受けることにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年2月26日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/2/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
匡平(横浜流星)は順子(深田恭子)の勧めで、東大合格率の高い名門塾に体験入学する。匡平の理数系科目を受け持つ百田(高梨臨)は、海外名門大卒の人気講師。早速、授業に出席した匡平は、百田をちやほやする生徒達にへきえきする。授業後、百田の補習を受けた匡平は、問題を解けるように。匡平から、百田の腕を認める報告を聞いた順子は、どこか寂しい気持ちになる。








D10-g019.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック