FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

大人本セレクト(170)...直木賞作家の人気角川文庫ミステリシリーズ!!桜庭一樹『GOSICK ―ゴシック―』

kage

2019/01/01 (Tue)

■大人だから楽しんで読める、
大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・170

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、直木賞作家の人気角川文庫ミステリシリーズ!!

桜庭一樹『GOSICK ―ゴシック―』

ジャンル:推理小説
小説 著者: 桜庭一樹
イラスト:カズモトトモミ(角川文庫、単行本)
出版社 :角川書店


ゴシックロマン薫るミステリー
 GOSICK ―ゴシック―/桜庭一樹(著)

GOSICK 角川文庫全9巻セット
桜庭 一樹
KADOKAWA (2016-11-07)
売り上げランキング: 371,174


GOSICK VII ──ゴシック・薔薇色の人生── (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 110,496


GOSICK VIII 上──ゴシック・神々の黄昏── (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 110,625


GOSICK VIII 下 ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-07-23)
売り上げランキング: 44,533


GOSICKs IV ──ゴシックエス・冬のサクリファイス── (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-01)
売り上げランキング: 86,169


Arika報告書v1アイコン20世紀初頭、ヨーロッパの架空の小国ソヴュール。極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。主人公は天才的頭脳と悪魔的な毒舌を持ち合わせるヴィクトリカ。彼女を支えるのは真面目で真っすぐな青年・久城一弥。小国ソヴュールを舞台に、天才的頭脳を持つ美少女・ヴィクトリカと極東の島国からの留学生・久城一弥のコンビが不思議な事件を解決していくキュートでダークなミステリ・シリーズ!! 外伝含め全13冊が刊行中。



1930年代のN.Y.を舞台に移して新章開幕!
 GOSICK RED / 桜庭 一樹(著)

GOSICK RED (単行本)
GOSICK RED (単行本)
posted with amazlet at 19.01.12
桜庭 一樹
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 125,133


Arika報告書v1アイコン時は1930年代初頭、新天地ニューヨーク。超頭脳“知恵の泉”を持つ少女ヴィクトリカは〈グレイウルフ探偵事務所〉を開業し、久城一弥は新聞社で記者見習いとして働いている。街は好景気に沸き、禁酒法下の退廃が人々を闇へと誘う。ある日、闇社会からの依頼人がヴィクトリカを訪れ、奇怪な連続殺人の解決を依頼する。一方、一弥は「心の科学で人々の精神的外傷を癒やす」という精神分析医のもとに取材に向かっていた。やがてすべての謎はひとつに繋がり、恐るべき陰謀が姿を現す――。大人気ミステリ新シリーズ待望の続刊!!




ヴィクトリカVS新世界の女王
 GOSICK BLUE/桜庭 一樹(著)

GOSICK BLUE
GOSICK BLUE
posted with amazlet at 19.01.12
桜庭 一樹
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 114,876


Arika報告書v1アイコン遠い海を越え、ついに辿り着いた新大陸。ニューヨークに降り立ったヴィクトリカと一弥。だが上陸初日から、新世界の成功を象徴する高層タワーで起きた爆破事件に巻き込まれてしまう。そのとき、タワー最上階のヴィクトリカと、地下の一弥は――! ? 背後には新世界で成功した”女王”の過去が関係していて?大人気ミステリ新シリーズ、第2弾『BLUE』では時間軸を遡って2人がアメリカに到着した日に巻き込まれた事件描く。




『BLUE』のその翌日の物語
 GOSICK PINK/桜庭 一樹(著)

GOSICK PINK
GOSICK PINK
posted with amazlet at 19.01.12
桜庭 一樹
KADOKAWA/角川書店 (2015-11-30)
売り上げランキング: 180,380


Arika報告書v1アイコングッモーニン、アメリカ。新大陸に到着し、一弥の姉・瑠璃の家に身を寄せたヴィクトリカと一弥。自分たちの家と仕事を得るために張り切る一弥は、ヴィクトリカとともにさっそくN.Y.の街中へ。クランベリーのピンク色の花が歓迎する新世界で、ジョブ&ホームを求めて奔走する一弥。あらゆる人種に喧騒―新世界の謎とも言うべき不可解な人々の暮らしが広がる街で、ふと目を離すとヴィクトリカの姿が忽然と消えて行方不明に⁉ 一方、街はその夜に予定されていたボクシング戦の話題でもちきりで‥‥。一弥がヴィクトリカを探しニューヨーク中を走り回る一方で、ヴィクトリカは思わぬ人物と出会う。助力を請われ、戦時中に起きた未解決事件“クリスマス休戦殺人事件”の謎を解くことになるが……。ヴィクトリカの超頭脳“知恵の泉”が導き出した驚きの真実と、グレイウルフ探偵社が出会った最初の依頼人とは? 『PINK』は、アメリカに到着した日に巻き込まれた事件を描いた『BLUE』の翌日から始まり、『RED』に繋がっていく新シリーズ第3弾!




グレイウルフ探偵社 vs. 伝説の銀行強盗!?
 GOSICK GREEN/桜庭 一樹(著)

GOSICK GREEN
GOSICK GREEN
posted with amazlet at 19.01.12
桜庭 一樹
KADOKAWA (2016-12-02)
売り上げランキング: 178,386


Arika報告書v1アイコン新大陸に到着した早々、難事件を次々解決したヴィクトリカと一弥。開業したグレイウルフ探偵社には早速、依頼人が殺到。脱獄した伝説の銀行強盗・KIDと、マンハッタンの中心にある広大な公園・セントラルパーク。この二つに関する厄介な依頼にヴィクトリカが目を白黒させる中、見習い新聞記者となった一弥も、セントラルパークへ初の取材に向かう。二人の仕事は、思わぬところで大きな陰謀へと繋がって…?奇跡の名コンビが、またもN.Y.中を巻きこむ大活躍!? 探偵社編、最新作(2019年1月末)!



マンガ1

作画:天乃 咲哉
原作:桜庭 一樹
キャラクター原案:武田 日向

GOSICK コミック 1-8巻 セット (ドラゴンコミックスエイジ)
天乃 咲哉
富士見書房
売り上げランキング: 65,473


東洋の某国から西欧の小国・ソヴュールの学園に留学してきた久城一弥。彼はある日、殺人事件に巻き込まれ、犯人扱いをされてしまった!? その殺人事件をきっかけに一弥はある不思議な女の子・ヴィクトリカと出会い…



Arikaシネマ2014b3

ジャンル:サスペンス・ミステリー
 GOSICK[ゴシック]

GOSICK-ゴシック-BD版 第1巻 [Blu-ray]
角川書店 (2011-05-10)
売り上げランキング: 58,093


放送日:2011年1月7日~2011年7月1日

■キャスト
悠木碧、江口拓也、下屋則子、木内秀信、鹿野優以、沢城みゆき、大川透、根谷美智子

■スタッフ・制作会社
原作:桜庭一樹(角川文庫刊)、キャラクター原案:武田日向、監督:難波日登志、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン:川元利浩/富岡隆司、総作画監督:富岡隆司、デザインワークス:竹内志保、美術監督:近藤由美子、色彩設計:岩沢れい子、ビジュアルコーディネーター:京田知己、撮影監督:古本真由子、編集:定松剛、音響監督:原口昇、音響効果:倉橋静男、音楽:中川幸太郎、音楽制作:日本コロムビア

■ 主題歌
【OP】yoshiki*lisa「Destin Histoire」
【ED】コミネリサ「Resuscitated Hope」

公式サイト:http://www.gosick.tv/

■ストーリー・あらすじ
聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

■作品解説
聖マルグリット学園の図書館塔の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女――ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を――。そして一人の少年<春来たる死神>を――。二人の出会いが、全ての始まり。その物語、GOSICK。








Arika報告書v
ひとこと感想。
いや~ゴスロリって本当に良いもんですね
(水野晴郎風に)


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★★☆ 4・8  
物語:4・5 作画:5・0 声優:5・0 音楽:4・5 キャラ:5・0

----------------------------------------------------------------------------------------
知恵の泉を持つ灰色狼のヴィクトリカ。人形のように美しい見た目と流れるような金髪の彼女が様々な事件を解決していく。全体的には、愛を知らなかったヴィクトリカが留学生の九条と出会い、愛を知るストーリー。ミステリー要素もあるけれど、さくっと解決していくのでミステリーにしては気楽に見れたと思う。後半は戦争に巻き込まれてるだけだったけれどw あと、ヴィクトリカが時々みせる拗ねた顔とか、転び方とか愛らしいキャラクター♪男も女もメインキャラクターみんな可愛かった!


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック