FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(2019年メディアミックス作品)2月16日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/02/16 (Sat)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(2月16日全国公開)

2月16日(土)公開
┣劇場版 王室教師ハイネ
┣デッドエンドの思い出


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:アニメ作品
 劇場版 王室教師ハイネ   【2月16日公開】

王室教師ハイネ 12巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)
スクウェア・エニックス (2019-01-26)
売り上げランキング: 5,309


■内容紹介
“王室教師”それは王子を教育する専属家庭教師であり、国中から選りすぐられた最高の教師のみに与えられる役職。グランツライヒ王国に王室教師として招かれたハイネ・ヴィトゲンシュタイン。次期国王候補を育て上げることを命じられるが、王宮でハイネの目の前に現れたのは、揃いも揃って超個性的な4人の王子!しかも、4兄弟! 前任の王室教師全てが、手に負えず逃げ出した4王子に挑むハイネの教育方法とは…?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 きちんと教育してみせます。どんな王子様達であろうと……! 
「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス)で連載中。グランツライヒ王国に王子を教育する専属家庭教師=王室教師として招かれた主人公ハイネ・ヴィトゲンシュタインと、彼が担当することになる超個性的な4人の王子たちが繰り広げる“王室コメディ”作品。長男にもしものことがあったとき用に次男以下五男までの癖のある王子を見た目は子ども頭脳は大人な先生が家庭教師する話。1巻を読めば、4人の王子の性格が良く分かる。もっとシリアスな感じだと思ってたから、可愛くて意外にコメディーなので面白い!読み始めると続きが気になる。4人の王子、とても濃く惹きつけられる表情、仕草。堪りません。子供っぽさや無邪気さがありますね。ハイネ先生の真顔っぷりがアクセントです。カイ王子の純真さが素敵でした。妹姫の可愛さに感服でございます。ブル兄、めんどくさいけど好きだ。師匠。レオンハルトのデレ。しかし、ハイネ先生は一体何者だろう。先生の秘密も気になりますが、とりあえずわちゃわちゃやってて和む。王子4人、それぞれ個性的であって、個々と向き合い慣れていく王子たちが愛らしい。ハイネ先生の馬の乗り方には驚いた。ありきたりといえばありきたりな設定だけど、じわりと面白いw




■映画ストーリー
グランツライヒ王国の王子たちは、王室教師ハイネ・ヴィトゲンシュタインのもとでさまざまなことを学び、次期国王を目標にまい進していた。ある日、彼らのもとにロマーノ王国から双子の王子イヴァン・アレクサンドルヴィチ・ロマーノとユージン・アレクサンドルヴィチ・ロマーノがやって来る。キュートなルックスとは裏腹にドSな性格という扱いにくい双子の王子に苦戦しながら、ハイネと王子たちの合同授業が始まる。

★映画チェック★
2017年にアニメ化、舞台化もされた赤井ヒガサのコミックが原作の劇場版アニメ。ロマーノ王国からやって来た双子王子と、ハイネ・ヴィトゲンシュタインたちによるアニメ版のその後が描かれる。主要キャストはアニメ版、舞台版と同じく植田圭輔、安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太、監督もアニメ版の菊池カツヤが続投する。

■スタッフ
原作:赤井ヒガサ
監督:菊池カツヤ
シリーズ構成:うえのきみこ
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:奥山鈴奈
音響監督:郷田ほづみ
音楽:井内啓二

■映画詳細データ
製作国:日本
アニメーション制作・製作会社:ティアスタジオ
カラー

■声の出演(キャラ名)
植田圭輔(ハイネ)
安里勇哉(カイ)
安達勇人(ブルーノ)
廣瀬大介(レオンハルト)
蒼井翔太(リヒト)
橋本祥平(イヴァン)
阪本奨悟(ユージン)





ジャンル:切ない
 デッドエンドの思い出   【2月16日公開】

デッドエンドの思い出 (文春文庫)
よしもと ばなな
文藝春秋
売り上げランキング: 16,954


■内容紹介
つらくて、どれほど切なくても、幸せはふいに訪れる。かけがえのない祝福の瞬間を鮮やかに描き、心の中の宝物を蘇らせてくれる珠玉の短篇集。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 幸せってどういう感じなの?
人の心の中にはどれだけの宝が眠っているのだろうか——。 

時が流れても忘れ得ぬ、かけがえのない一瞬を鮮やかに描いた傑作短篇集。人を好きになりそうな時の、暖かくて、まどろっこしい感じ。おいしい物を食べて、距離が縮まっていく、親密でいて、よどんだ空気。  この世界の光景も、ときどき出てくる「現実のすこし向こう」の光景も、よしもとばななさんの物語の中ではあまり境目がない。抽象的で大切なことを、風のように語りかけてくる。 久しぶりの再読。やはり、本作がよしもとばななの最高傑作だ、と思う。初期の作風のような感傷をのこしつつ、その上にきちんとした生活感が加わっている。多くは語られないが幸せの形は色々あって、それを決めるのは自分自身。 時は否応なく流れていく。 何気ない平和な日常が1番幸せなのかもしれない。 人生何が起こるかは誰にも分からない。行き詰まり感から脱出しようと思って読んでみたけど、行き詰まり感から無理に脱出する必要もないのだなって感じた。そうそう人生なんて順風ばかりではないのだし。安心と満足は身外にあるのではなく、自身のうちにあるのだなと思った。徒に苦しみ、不満を鳴らす、そんなのは通り過ぎる客体に過ぎないのだ。そういう苦痛を軽蔑するのではなく、むしろ学ばなくてはいけない。逃れることばかり考えていた自分に反省となった。人生の、どうしようもなくつらいタイミングを切り取った小説なのに、どうしてこんなに美しく描けるのだろう。素晴らしい以外の言葉が浮かばない。






■映画ストーリー
もうすぐ30歳になるユミ(スヨン)は、仕事で名古屋へ発ってしまった婚約者のテギュとの将来が気がかりだった。彼女はふと思い立って彼に会いに韓国から名古屋に行くが、テギュのアパートでユミが目にしたのは見ず知らずの女性だった。ショックを受けたユミは、なじみのない街をあてどなくさまよった後、西山(田中俊介)がオーナーを務める古民家カフェに足を踏み入れる。

★映画チェック★
よしもとばななの小説を、チェ・ヒョンヨン監督が映画化したラブストーリー。遠距離恋愛中の婚約者を追って日本にやってきたヒロインの変化を描く。主人公を韓国のガールズグループ「少女時代」のスヨンが演じ、エンターテインメント集団「BOYS AND MEN」の田中俊介が主人公を見守るカフェのオーナーを演じる。

■スタッフ
原作:よしもとばなな
監督:チェ・ヒョンヨン

■映画詳細データ
製作国:日本/韓国
配給:アーク・フィルムズ
カラー
(新宿武蔵野館ほか)

■キャスト(役名)
スヨン(ユミ)
田中俊介(西山)
ペ・ヌリ(ユジョン)
アン・ボヒョン(テギュ)
ドン・ヒョンベ(ジンソン)
イ・ジョンミン(ニコ)
平田薫(アヤ)
若杉凩(チェン)


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック