FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

〈季節の本棚〉ぬくもり

kage

2019/02/21 (Thu)

img023あ

の本棚

ぬくもり1a

寒がりやさんには厳しい冬。

ストーブとホットドリンクで温まったら、次は読書で心の中たら温まりませんか?


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 そのぬくもりはきえない/岩瀬 成子(著)

そのぬくもりはきえない
岩瀬 成子
偕成社
売り上げランキング: 607,952


Arikaアイコン(小)1ああそうだ、こんなふうに思っていた。 
子どもは親に依存せざるを得ない。4年生の女の子・波も、お母さんの言葉に疑問すら抱けず、無理をしているのかもわからない。お腹の中のモヤモヤが言葉にならず、言おうとするとヘナヘナと萎んでしまう。ひとり暮らしのおばあさんの犬の散歩を引き受けた波は、その家の二階でふしぎな男の子、朝夫と出会う。何だか変。ちょっとずれている。でも気になる。少しずつ親しくなり、やがてそこが時間のねじれた空間だということがわかってきた。時空をこえて惹かれあった朝夫によって、波は変わっていく。決して焦らず、いろんなことを考える。言われるがままのようでいて、芯は揺るがない。いろんな人間がいる。波の心情がわがことのように胸に迫る人もいるだろう。じれったいと思う人もいるかもしれない。でも誰だって多かれ少なかれ、自分の気持ちも持て余し、伝えられないもどかしさに苛立つことがあるはず。波のピュアな心情には誰もがかつての戸惑いやおぼつかなさを思い出し、共感を抱くだろう。波にエールを送りながら、かつて感受性豊かな子どもだった自分をだきしめよう。


岩瀬成子
1950年、山口県に生まれる。78年にデビュー作『朝はだんだん見えてくる』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。92年に『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』で小学館文学賞、産経児童出版文化賞を受賞。95年に『ステゴザウルス』『迷い鳥とぶ』の二作により路傍の石文学賞を受賞。





 北欧が好き、フェルトが好き。原毛から作るちいさな雑貨―
 国旗ポーチから可愛い北欧の動物たちまで/山崎 左織(著)




Arikaアイコン(小)1やっぱり北欧デザイン! 
冬になると恋しくなるのがフェルトのほっこりとした温かさです。それも原毛から作るフェルトのナチュラルでふかふかした手触りは別格です。この本では著者が大好きな北欧を訪ねそのイメージを形にしました。国旗ポーチにマトリョーシカのストラップ、そしてかわいい動物たち。フェルト化の基本「水フェルト」と「針フェルト」さえマスターすれば好きなデザインで自由自在に作ることができます。凍える冬の夜、温かいココアを用意して自分だけのフェルト作りに挑戦してみませんか?


山崎/左織
クラフト作家。1968年東京生まれ、神奈川県葉山町在住。
1999年ごろ自作の雑貨がショップオーナーの目にとまって販売を開始。以来取り扱い店舗が増え、2001年ごろからはハンドメイドフェルト中心に。作品が雑誌等で紹介されて人気を集める。現在カフェなどでレクチャーや展示会を不定期開催するかたわら、WEBサイトatelier Charmy’sでも作品を発表・販売中





 フェイバリット/高田 侑(著)

フェイバリット
フェイバリット
posted with amazlet at 19.02.24
高田 侑
新潮社
売り上げランキング: 1,446,337


Arikaアイコン(小)1はっきり言おう、ゲスが好きだ!悪いか! 
29歳独身の由真。つい最近、保育志をやめる羽目になってしまった。幼馴染のハツは、小太りのフリーカメラマン。売れてないイケてない。でもハツモはいつも由真をびっくりさせるところに連れて行ってくれる。あるときは千葉の牧場。牛舎の中でうごめく巨大な牛たちに圧倒される。あるときはだだっ広い公園の芝生の丘。「ひゃっほう!」と声を上げながらころげまわる。セレブじゃない。メジャーじゃない。でも一緒にどこかに行くたびに心が騒ぎ、どきどきする。これを由真は「手触り」という。説明したくでも言葉にならない感覚。他の人にはわからない確かなもの。これは自分だけのもの。自分の手触りにぴったりのパートナーを見つけられるということは、なんと幸福なことよ。自分の手触りをさがし育てるために、人はいろいろなことを見、感じて、自分の感覚を研ぎ澄ましていくのだろう。そこには常に自問がある――自分の価値観をどこに置くか――。その方向が定まったとき、温かな確かなものが自分の中に芽生えるだろう。


高田/侑
1965年群馬県桐生市生まれ。『裂けた瞳』で第4回ホラーサスペンス大賞・大賞を受賞。





 おもひでぎょうじ/百瀬義行(著・イラスト) 柳原 一成 (監修)

おもひでぎょうじ
おもひでぎょうじ
posted with amazlet at 19.02.24
百瀬 義行
晋遊舎
売り上げランキング: 343,630


Arikaアイコン(小)1忘れてかけていた風景がよみがえる 
代表的なお正月や雛祭りから最近ではあまり見かけない花祭りや煤払いまで、日本にはたくさんの魅力的な行事があったのですね。各行事の由来と解説にはスタジオジブリの百瀬義行さんが描くあたたかい風景が添えられ、画集としても楽しめる贅沢な歳時記です。ひと昔前、四季折々の行事には家族みんなの笑顔があふれていました。行事があるから家族が集まり、家族が集まるから行事が引き継がれていく……。そんな古きよき日本の風習をもう一度!と願いたくなります。季節ごとの旬の食材や草花も紹介されています。


監修:柳原一成
近茶流宗家、「柳原料理教室」主宰。儀礼文化学会常任理事。近茶流は、確かな包丁さばき、季節感をふまえての材料の吟味、盛りつけの風情、器や膳組における様式美の表現に重きをおく、茶心を配した料理道。江戸料理研究の第一人者として日本料理の指導にあたる一方、自ら野菜を育て、魚を釣り、日本全国の食材を訪ねてまわるなど、食材そのものへの研究にも力を注いでいる。著書に『ニッポンの縁起食 なぜ「赤飯」を炊くのか』(NHK出版)、『料理教室 おうちごはんのススメ』(共同通信社)ほか多数。 --監修者について

著・イラスト:百瀬義行
高畑勲監督作品「火垂るの墓」('88)でのレイアウト・作監補佐を機に、スタジオジブリへ。以降、「おもひでぽろぽろ」('91)「平成狸合戦ぽんぽこ」('94)で絵コンテ作画を担当。「ホーホケキョ となりの山田くん」('99)では演出として新たな映像表現を作り上げ、「ギブリーズ episode2」('02)で劇場作品初監督を務めた。その他に「ハウス食品 おうちで食べよう シリーズCM」('03,'04)の演出、書籍「齋藤孝のイッキによめる!名作選」、月刊誌「少年シリウス『風の館の物語』」(講談社)の挿絵イラストなども手掛けている。

百瀬義行 スタジオジブリワークス

一迅社
売り上げランキング: 427,029


かぐや姫の物語: スタジオジブリ絵コンテ全集20
高畑 勲 田辺 修 百瀬 義行 佐藤 雅子 笹木 信作 橋本 晋治
徳間書店
売り上げランキング: 424,624


こおりの星のピッティ
百瀬 義行
講談社
売り上げランキング: 1,887,804






 花になった子どもたち (世界傑作童話シリーズ)
 /ジャネット・テーラー ライル(作) 市川里美 (画) 多賀京子 (訳)


花になった子どもたち (世界傑作童話シリーズ)
ジャネット・テーラー ライル
福音館書店
売り上げランキング: 696,156


Arikaアイコン(小)1おとぎばなしの舞台になった庭
母親を亡くした9歳のオリヴィアと5歳のネリーは、夏の間という約束で年取ったミンティーおばさんの家にあずけられます。ややこしい性格の妹をかばい、二人きりで過ごしていたオリヴィアでしたが、ある日この家の庭にそっくりな庭が舞台の物語に出会います。庭で青いティーカップを見つけたばかりのネリーは、妖精によって花に変えられてしまった子どもたちの話を聞くと、残りのカップ探しに夢中になっていきます。小さな苗木が花開くように、周囲に少しずつ心を開いていく姉妹。妖精のまじないは解けたのでしょうか?


作:ジャネット・テーラー・ライル(Janet Taylor Lisle)
1947年、アメリカのニュージャージー州に生まれる。スミスカレッジで英文学を専攻し、卒業後は、ヴィスタ(米国政府の救貧政策)のボランティアとして二年間活動する。こののちジョージア州立大学でジャーナリズムを専攻し、以後十年にわたりジャーナリストとして活躍。1977年に作家活動を開始し、1984年、初めての児童書を刊行する。邦訳に、『エルフたちの午後』(評論社)、『リスの王国』(講談社)がある。ロードアイランド州在住。

絵:市川里美(いちかわ さとみ)
岐阜県に生まれる。絵本作家。1971年パリに渡った後、独学で絵を学ぶ。1975年、イギリスの出版社より最初の絵本が出版される。作品の数々は各国語に翻訳され、世界中の子どもたちに親しまれている。『はしって! アレン』(偕成社)でサンケイ児童出版文化賞・美術賞を受賞。ほか、『イーダちゃんの花』(小学館)などがある。パリ在住。

翻訳:多賀京子(たが きょうこ)
1955年、岡山県に生まれる。上智大学外国語学部フランス語学科卒。絵本、児童文学の翻訳家として活躍するかたわら、図書館や小学校で昔話などを語るストーリーテリングの活動もしている。訳書に『あかいことりとライオン』『水晶玉と伝説の剣』(以上、徳間書店)、『この湖にボート禁止』『ベスとベラ』『ふしぎなロシア人形バーバ』(以上、福音館書店)などがある。神奈川県在住。





 裏店(うらだな)とんぼ~研ぎ師人情始末~ (光文社文庫)/稲葉 稔(著)

裏店(うらだな)とんぼ~研ぎ師人情始末~ (光文社文庫)
光文社 (2005-08-20)
売り上げランキング: 199,886


Arikaアイコン(小)1酸いも甘いもかみ分けて…
貧乏長屋「研ぎ師人情始末」シリーズ 
賊を追いつめていく迫力満点の剣戟描写と人情味溢れる痛快時代活劇!

荒金菊之助(あらがねきくのすけ)は貧乏長屋の研ぎ師である。がしかし剣の使い手であり、かつては千人同心であった。菊之助は喧騒にまれにた今のくらしに十分満足している。貧乏長屋の人間模様を温かい目で眺めれば、そのまなざしに惹かれるように人が寄ってくる。近所の子どもの父親が殺された。勤めを果たして家に戻り、やっと親子で暮らせるという矢先だった。ここで菊之助、動かぬわけがない。下手人を追う詰めていくその展開は、人と人とのつながりあってこそ。この菊之助の人情と活劇とをたっぷり味わえるのは研ぎ師人情始末シリーズ『裏店とんぼ』です。


好評の人情始末シリーズ!
 「研ぎ師人情始末」シリーズ

糸切れ凧 研ぎ師人情始末 (光文社文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 340,926


あくどい高利貸しをしていた常陸屋伊衛門が殺され、女房のお照も負傷して五百両が盗まれた。下手人は逐電(ちくでん)した養子の貞助(さだすけ)か? 恩を仇で返されたお照は、百両の賞金を懸けた。俄然、色めき立つ食い詰め浪人たち。裏店住まいの研ぎ師・荒金菊之助は、従兄弟で臨時廻り同心・横山秀蔵の要請を受け探索を開始するが……。人情もろく、お節介な正義漢の剣が冴える。好評の人情始末シリーズ第2弾!


うろこ雲 研ぎ師人情始末3 (光文社文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 372,344


荒金菊之助が住む裏店(うらだな)に越してきた伊佐次の命が狙われた。伊佐次は騙されて詐欺の片棒を担ぎ、妻娘と別れ別れになっていた。大金を持ち逃げした一味は、顔を知っている伊佐次を抹殺したいのだ。同情した菊之助は伊佐次を匿(かくま)う。そんな矢先、伊佐次の身請け人の喜兵衛が斬殺された。菊之助は、従兄弟(いとこ)の臨時廻り同心・横山秀蔵と一味捕縛に乗り出すが……。好評の人情始末シリーズ第3弾!


うらぶれ侍  研ぎ師人情始末(四) (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 267,661


野菜を届けに来た娘が絞殺され、その家の幼い息子・幸吉が行方不明になった。同じ長屋に住む荒金菊之助は、従兄弟(いとこ)の臨時廻り同心・横山秀蔵とともに、探索を開始する。調べる途中、幸吉は元御書院番の旗本・久松寿三郎の嫡男(ちゃくなん)であったことが判る。どうして幸吉は町人の子になったのか? どうやら、事件の背景には金と出世に執着する久松家主従の亀裂が……。好評の人情始末シリーズ第4弾!


兄妹氷雨―研ぎ師人情始末〈5〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 333,368


源助店(げんすけだな)に住む、会津屋の手代(てだい)・徳衛(とくえ)が行方不明に? 戻らぬ亭主を捜しに出た女房は、死体となって道三堀(どうさんぼり)に浮かんだ。さらに、両親を待つ幼い兄妹も何者かに勾引(かどわ)かされた。不可解な事件が立て続けに一家を襲う。同じ長屋住まいの荒金菊之助は、従兄弟(いとこ)の臨時廻り同心・横山秀蔵と共に、徳衛と幼い兄妹の行方を捜す。やがて、意外な場所から子供たちが……。好評の人情始末シリーズ第5弾!


迷い鳥   研ぎ師人情始末(六) (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 359,517


口入屋(くちいれや)で下働きをしている庄吉が、主の妾・お紋殺しの容疑で手配された。庄吉の両親が同じ裏店(うらだな)に住む関係から、荒金菊之助は従兄弟(いとこ)の臨時廻り同心・横山秀蔵を助(すけ)することになる。病身の庄吉の父親を案じつつ探索を続ける菊之助と相棒の次郎。そんな時に、大身の旗本を殺害した刺客稼業の浪人と、庄吉に繋(つな)がりがあると知って……。好評の人情始末シリーズ第6弾!


おしどり夫婦~研ぎ師人情始末(七)~ (光文社文庫)
光文社 (2008-04-20)
売り上げランキング: 214,847


浅草蔵前の札差(ふださし)、江橋屋の倅(せがれ)・音吉が何者かに連れ去られ、200両の身代金を要求された。相談を受けた臨時廻り同心の横山秀蔵は、下手人捕縛に動くが失敗。その後、音吉の死体が発見された。困惑する秀蔵に、従兄弟の浪人・荒金菊之助が助となり探索に奔るが、手掛かりは掴めない。そんな時、菊之助の女房・お志津が漏らした一言が切っ掛けとなって……。好評の人情始末シリーズ第7弾!


恋わずらい―研ぎ師人情始末〈8〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 393,631


ある夜、飲み屋の女将が何者かに殺され十両の金が盗まれた。嫌疑はその場から消えた元旗本に!? 荒金菊之助(あらがねきくのすけ)は、町方の手下をする次郎から経緯を聞き、近頃同じ長屋に越してきた浪人に近づく。そこで浪人が真の下手人を捜すため居を定めたことを知る。菊之助は男の無実を信じて次郎と共に探索に奔(はし)る。だが、その次郎が事件に関わりを持つ女に一目惚れをして……。好評の人情始末シリーズ第8弾!


江戸橋慕情―研ぎ師人情始末〈9〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社 (2008-12-09)
売り上げランキング: 415,401


南町奉行所の臨時廻り同心・横山秀蔵(よこやまひでぞう)と手下の次郎は、花魁(おいらん)殺しの亥ノ吉(いのきち)を捕縛した。亥ノ吉は女郎屋の主だが、足抜け女郎を囲って商売をしたため吉原から追われ、さらに子供を陰間茶屋に売る人攫(ひとさら)いとして町方にも追われていた。その亥ノ吉が大番屋の牢を破って遁走。荒金菊之助は、従兄弟の秀蔵から助っ人を頼まれ、必死に悪党の退路を断とうとするが……。好評の人情始末シリーズ第9弾!


親子の絆―研ぎ師人情始末〈10〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 413,799


反物屋の主が集金帰りに襲われて、三十両奪われた。その辻強盗は逃げる途中、船頭を刺殺していた。荒金菊之助(あらがねきくのすけ)と妻・志津(しづ)は、従兄弟の臨時廻り同心・横山秀蔵(よこやまひでぞう)から頼まれ、殺された船頭の年端も行かない娘を預かる。だが、一向に埒が明かない下手人捜しに、菊之助は助(すけ)として事件を追う。親探し、喧嘩の仲裁と人情味溢れるおせっかい男が八面六臂の大活躍。好評第10弾!


濡れぎぬ―研ぎ師人情始末〈11〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 383,801


“人殺しの嫌疑で捕縛された許婚(いいなずけ)の清次を助けて欲しい”と荒金菊之助(あらがねきくのすけ)は、呉服屋で働く佳代に相談を受けた。そこで彼は、従兄弟の臨時廻り同心・横山秀蔵から、牢獄中の清次の情報を探ると、すでに自白していた。だが、殺人事件は二夜続いて起きていたことを知った菊之助は、真の下手人探しに奔(はし)る。一方、秀蔵の小者・甚太郎の探索が菊之助を助けることに……。好評の人情始末シリーズ第11弾!


こおろぎ橋―研ぎ師人情始末〈12〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 344,623


荒金菊之助(あらがねきくのすけ)が八王子で剣の指南をしていた頃に門下生だった牛山(うしやま)が訪れた。人づてに聞いた江戸のこおろぎ橋で妹を捜したが、会えずにいるという。そんな折、橋の近くの長屋で若い娘が何者かに殺された! 菊之助は従兄弟の同心から娘の下絵(したえ)を渡される。それを偶然見た牛山は驚愕した。妹の幼馴染みで一度は嫁にと考えた女だったのだ。妹は何処に? 下手人は……。好評の人情始末シリーズ第12弾!


父の形見―研ぎ師人情始末〈13〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社
売り上げランキング: 373,656


魚問屋の主の後妻になっていた元・花魁(おいらん)のお袖(そで)が、刺殺体で発見された。下手人は荒金菊之助(あらがねきくのすけ)の住む源助店(げんすけだな)に越してきたばかりの直吉と思われたが、同じ手口の刺殺体で見つかる。菊之助は、従兄弟の臨時廻り同心・横山秀蔵の情報から事件の真相を探る中で、直吉がつき合っていた女に辿り着く。だが、その女も何者かに殺されていた。人情活劇の決定版13弾!




八王子の郷士出身で今は研ぎ師の荒金菊之助(あらがねきくのすけ)は、浪人に絡まれていた千代(ちよ)を助けた。聞けば、亭主に離縁されたのだという。一方、菊之助の従兄弟で臨時廻り同心の横山秀蔵は、妹の敵(かたき)を討ちに長崎から出て来た島原松平家の元家臣・立花縫之助を救う。助けた二人の糸が偶然繋がり、「敵」の真の姿が浮かび上がったとき、菊之助の人情剣が煌(きらめ)く! 大好評シリーズ第14弾。


故郷(さと)がえり―研ぎ師人情始末〈15〉 (光文社時代小説文庫)
稲葉 稔
光文社 (2011-01-12)
売り上げランキング: 303,622


郷士(ごうし)出身の研ぎ師・荒金菊之助(あらがねきくのすけ)の近所に美しい若後家(わかごけ)が越してきた。亭主には毒殺の疑いがあるという。菊之助は真相の追及に動く。一方、従兄弟の南町奉行所臨時廻り同心・横山秀蔵(よこやまひでぞう)からは凶悪な下手人を追う役を頼まれ故郷・八王子へ。江戸へ戻ると、秀蔵は傷ついた体で下手人との対決を迎えていた。菊之助は秀蔵を助けられるのか。人気シリーズ、感動の完結編!

稲葉 稔
1955年熊本県生まれ。脚本家・放送作家などを経て、’94年作家デビュー。
冒険小説、ハードボイルド、SF戦記などの幅広いジャンルで活躍。





 世話焼き長屋: 人情時代小説傑作選 (新潮文庫)
 /池波正太郎 乙川優三郎 北原亞以子 村上元三 宇江佐真理(著)


世話焼き長屋: 人情時代小説傑作選 (新潮文庫)
池波 正太郎 乙川 優三郎 北原 亞以子 村上 元三 宇江佐 真理
新潮社
売り上げランキング: 45,466


Arikaアイコン(小)1情けは人の為ならず…
感動必至、名作人情時代小説五編を精選。
巨匠、手練を揃えた短編集、はずれがないです。

江戸人情捕り物帳(貧乏長屋「研ぎ師人情始末」シリーズ)『裏店とんぼ』に浸ったあとは、クールダウンに短編を。池波正太郎の重鎮をはじめ、宇江佐 真理、北原 亜以子 、村上 元三など、この人ならという作家と佳品を集めた『世話焼き長屋』。女房よりも猫をかわいがる亭主(「お千代」)やら、女房も子どもも自分のためにいるとしか考えられないぐうたら亭主(「浮かれ節」)、暴力三昧の駄目亭主の元から女房が逃げた(「小田原鰹」)、行き掛かりで拾ってしまった肺病の娘をとことん世話する男(「証」)、父親の残した大借金を、死に物狂いで返そうとする息子(「骨折り和助」)……。生活に追われ、その日暮らしが精一杯ではあるけれど、その毎日は人との関わりがなくてはなりたたない。情けは人の為ならず、これを目の当たりにするところが長屋なのかもしれない。一作一作のレベルが高いので飽きません。選者が優れているののでしょうか、著者の個性が十分に堪能できます。


池波正太郎
1923‐1990。東京・浅草生れ。「錯乱」で直木賞受賞

宇江佐真理
函館市生れ。『深川恋物語』で吉川英治文学新人賞、『余寒の雪』で中山義秀文学賞受賞

乙川優三郎
東京生れ。『霧の橋』で時代小説大賞、『五年の梅』で山本周五郎賞、『生きる』で直木賞受賞

北原亞以子
東京・新橋生まれ。『恋忘れ草』で直木賞、『江戸風狂伝』で女流文学賞を受賞

村上元三
1910‐2006。朝鮮元山生れ。『上総風土記』で直木賞受賞

宇江佐真理
1949年生まれ。1995年に「幻の声」でオール讀物新人賞を受賞、2000年に『深川恋物語』で吉川英治文学新人賞を受賞、2001年に『余寒の雪』で中山義秀文学賞を受賞





 続 まこという名の不思議顔の猫:
 まことしおんと末え子しろたろの巻/前田敬子、 岡 優太郎(著)


続 まこという名の不思議顔の猫 (マーブルブックス)
前田 敬子 岡 優太郎
マーブルトロン
売り上げランキング: 610,869


Arikaアイコン(小)1おもしろいニャン!かわいいニャン!
10万部を突破した大好評『まこという名の不思議顔の猫』の続編 

なんとも丸くて味わいあるこの顔はとってもユニーク!一度みたら猫派でなくともファンになります。ブログや前作で大人気の「まこ」第2弾! 食って寝て、恋してケンカして、変顔して...まこの和み生活、ますます愉快に進行中!  相変わらず多彩な表情を見せてくれるまこに加え、怖がりで人見知りで、ご飯も食べず引きこもることもある「しおん」と、甘えん坊で暴れん坊で食いしん坊の末っ子キャラの「しろたろ」が加わり、3匹の関係が一段と微笑ましてくれます。この猫たちの絶妙なシャッターチャンスを逃さないセンスの良さと、写してる側のまなざしが心地よく和ませてくれます。


E09-b010.gif
まこという名の不思議顔の猫

プロフィール

まこ(mako)雑種♀(2002-2014年)
2003年8月、1歳で猫の保護ボランティアから引き取る。好奇心旺盛でフレンドリー。毎日の出迎えを欠かさない律義者。パンやお菓子類の匂いが大好きだが、日々の食事は療法食。11年と2ヶ月一緒に暮らした。
D01-g031.gifメモリアルまこ

しおん(shion)雑種♀(2003年夏生まれ)
まこより1ヶ月遅れで引き取る。京葉道路でホームレスの人に保護された。極度の恐がりでひきこもり。しかし、ブラッシングは大好き。秋刀魚に目がない。最近は自ら甘えてくるようになった。
D01-g031.gifしおん

しろたろ(shirotaro)雑種♂(2007年冬-2017.12.26)
2007年12月、動物病院の飼い主募集を見て引き取る。保護された時は、けがで瀕死の状態だったが、大手術で一命を取りとめた。4匹の中で一番運動神経がいい。甘ったれで「王子様だっこ」が毎晩の日課。
D01-g031.gifしおんとしろたろ

えいた(eita)雑種♂(2010年冬生まれ)
まこ、しおんと同じボランティアから2011年4月に引き取る。永代橋(えいたいばし)の近くでコールタールまみれになっていたところを保護されたことから、この名前がついた。大の食いしん坊。絶賛やんちゃ中。
D01-g031.gifしろたろとえいた

にんにん(ninnin)雑種♀(2015年春生まれ)
中野区で姉妹猫と一緒に保護された。最初はまったく慣れず、忍者のように隠れていたので、この名前になる。遊ぶのは大好きだが運動神経はいまいち。実は甘えん坊。
D01-g031.gif忍者シスターズ日記


E13-e006.gif

まこという名の不思議顔の猫 (MARBLE BOOKS)
前田 敬子 岡 優太郎
マーブルトロン
売り上げランキング: 239,878


まこという名の不思議顔の猫 参 (MARBLE BOOKS)
前田 敬子 岡 優太郎
中央公論新社
売り上げランキング: 573,693


まこという名の不思議顔の猫 まこづくしの総集編 (―)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-03-27)
売り上げランキング: 164,787


まこという名の不思議顔の猫 11年目のまこである。
前田 敬子
KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング: 467,846



新商品

まこ便り―まこという名の不思議顔の猫 絵はがき帖 (MARBLE BOOKS)
前田 敬子 岡 優太郎
マーブルトロン
売り上げランキング: 372,109


カバーに微ヨゴレ御座います。安心のAmazon 管理センターから迅速発送。発送の際は商品が傷まないように気をつけて梱包し、大切に発送させて頂きます。Amazon による保管・管理・配送を行っており、迅速な対応はも ちろん代引きやお急ぎ便などの発送オプションをご利用可能です。

【万一商品の状態が説明文と異なる場合やその他不備がある場合は、即日返金対応致しますので、ご安心してお取り寄せ下さい☆】




ブログや本を通じて、多くのファンに愛され続ける不思議顔の猫「まこ」。おしゃれなフォトプリントの文房具4点(ブックカバー・ペンケース・ボールペン・付箋)と、まこ目線で綴られるフォト絵本がセットになった、ファン必見のプレミアムBOXです。






 温かな手/石持浅海(著)

温かな手
温かな手
posted with amazlet at 19.02.24
石持 浅海
東京創元社
売り上げランキング: 1,684,065


温かな手 (創元推理文庫)
石持 浅海
東京創元社
売り上げランキング: 225,030


Arikaアイコン(小)1♪手を合わせて見つめるだけで…… 
探偵兄妹が活躍する、石持ミステリの真骨頂。

ギンちゃん&ムーちゃんは不思議な兄妹。それぞれが同居するパートナーの清い心を守るため、巻き込まれた事件を鮮やかに解く!スマートで料理上手の彼・ギンちゃんがつくってくれた豪華な夕食を、時間もカロリーも気にせず堪能する。それも毎晩。この夢のようなシチュエーションが可能なのは、余分なカロリーは彼がすべて吸い取ってくれるから。彼は人間に擬態した謎の地球外生物なのだ。手を握っているだけで、エネルギーが彼に移り、彼も満腹する。ただ、このしあわせなカップルのまわりでなぜか事件が起こり、それをギンちゃんが快刀乱麻に解決する。ギンちゃんの妹も当然地球外生物。彼女もまた人間の男性と同居していて、このふたりもいい感じ。そしてやはり事件を解決する羽目になる。……というわけでこの本はミステリーの連作集でもある。しかし本格ミステリーを期待してはいけない。現場にいない兄妹は、証言者たちの言葉から人間の感情を辿っていって推理し、事件を解決してしまうのだ。事件の流れを追いながら、人間ってこうなんだよなあと巷の人々への愛おしさを抱くのだ。




 さようなら、コタツ/中島京子(著)

さようなら、コタツ (集英社文庫)
中島 京子
集英社
売り上げランキング: 460,831


Arikaアイコン(小)17つの部屋が舞台の7つの話。 
誰もが持つみっともなさを、温かい視線で描いた短編集

15年ぶりに、しかも誕生日に、部屋に恋人未満の男を招くことになった36歳の由紀子。有休を取り、ベッドの到着を待ち、料理を作って待つが、肝心の山田伸夫が…来ない!表題作ほか、新入りが脱走した相撲部屋の一夜を描く「八十畳」。やもめ暮らしの大叔父が住む、木造平屋に残る家族の記憶をひもとく「私は彼らのやさしい声を聞く」など、”7つの部屋が舞台の7つの話”。非常にミクロな舞台の中で紡がれる短編集ですが、状況設定と登場人物の心情の描出の仕方がお見事です。コタツ一つでいろんな想像をさせてくれました。どの話でも、感情移入してしまうと同時に、胸を締め付けられたり、ぞわぞわさせられたり。誰もが持つみっともなさを、温かい視線で描いた短編集。


中島京子
1964年東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。出版社勤務ののち、フリーライターに。米国滞在を経て、2003年『FUTON』で小説家としてデビューする




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック