FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

〈ぬくもり③〉フェイバリット/高田 侑(著)

kage

2019/02/12 (Tue)

ぬくもり1a

寒がりやさんには厳しい冬。

ストーブとホットドリンクで温まったら、次は読書で心の中たら温まりませんか?


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 フェイバリット/高田 侑(著)

フェイバリット
フェイバリット
posted with amazlet at 19.02.24
高田 侑
新潮社
売り上げランキング: 1,446,337




Arikaアイコン(小)1はっきり言おう、ゲスが好きだ!悪いか! 
29歳独身の由真。つい最近、保育志をやめる羽目になってしまった。幼馴染のハツは、小太りのフリーカメラマン。売れてないイケてない。でもハツモはいつも由真をびっくりさせるところに連れて行ってくれる。あるときは千葉の牧場。牛舎の中でうごめく巨大な牛たちに圧倒される。あるときはだだっ広い公園の芝生の丘。「ひゃっほう!」と声を上げながらころげまわる。セレブじゃない。メジャーじゃない。でも一緒にどこかに行くたびに心が騒ぎ、どきどきする。これを由真は「手触り」という。説明したくでも言葉にならない感覚。他の人にはわからない確かなもの。これは自分だけのもの。自分の手触りにぴったりのパートナーを見つけられるということは、なんと幸福なことよ。自分の手触りをさがし育てるために、人はいろいろなことを見、感じて、自分の感覚を研ぎ澄ましていくのだろう。そこには常に自問がある――自分の価値観をどこに置くか――。その方向が定まったとき、温かな確かなものが自分の中に芽生えるだろう。


高田/侑
1965年群馬県桐生市生まれ。『裂けた瞳』で第4回ホラーサスペンス大賞・大賞を受賞。




link09_c1.gif 
内部リンクD01-g031.gif
〈季節の本棚〉ぬくもり 【2019/02/21】




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック