FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

大人本セレクト(183)...出版社「リトルモア」の太鼓判押し⁉[衣裳術 《新装版》/じいちゃんさま/ドロップ/UN DEUX( アンドゥ)/やうやう 永作博美/スンギ少年のダイエット日記]

kage

2019/02/04 (Mon)

■大人だから楽しんで読める、
大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・183

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、

出版社「リトルモア」の太鼓判押し⁉

今回は「リトルモア」の本に注目!

『BROOCH』『UN DEUX』など、紙のセレクト、装丁が素敵なイラストの絵本。

誰もが知っている『人魚姫』『幸せな王子』の場面を美しい布と糸で表現したアートな絵本。

そのほか、幅広いジャンルで乙女心をくすぐる魅力的な出版を手掛ける「リトルモア」。

出版社の魅力や特色を、これまでに出版された本を通して太鼓押し紹介⁉

 衣裳術 《新装版》/ 北村 道子(著)

衣裳術 《新装版》
衣裳術 《新装版》
posted with amazlet at 19.02.25
北村 道子
リトル・モア
売り上げランキング: 61,002


表紙:伊勢谷友介

写真家・高柳悟

本書に登場する主な俳優:
浅野忠信/ 安藤政信/ 石橋貴明/ 石橋 凌/ 伊勢谷友介/ 市川実日子/上野樹里/ 大森南朋/ 緒川たまき/ オダギリジョー/ 香川照久/ 菊地凛子/木村佳乃/ 工藤夕貴/ 佐藤浩市/ 成宮寛貴/ 松田龍平/ 桃井かおり 等、約30名

フィルモグラフィー...
『それから』(1985) 監督:森田芳光
『キッチン』(1989) 監督:森田芳光
『幻の光』(1995) 監督:是枝裕和
『東京日和』(1997) 監督:竹中直人
『あ、春』(1998) 監督:相米慎二
『双生児』(1999) 監督:塚本晋也
『殺し屋1』(2001) 監督:三池崇史
『アカルイミライ』(2002) 監督:黒沢清
『曖昧な未来、黒沢清』(2002) 監督:藤井謙二郎 ※取材対象者として出演
『水の女』(2002) 監督:杉森秀則
『DEAD END RUN』(2003) 監督:石井聰互
『トーリ』(2004) 監督:浅野忠信
『恋の門』(2004) 監督:松尾スズキ
『CASSHERN』(2004) 監督:紀里谷和明
『インプリント〜ぼっけえ、きょうてい〜』(2005) 監督:三池崇史
『46億年の恋』(2005) 監督:三池崇史
『東京ゾンビ』(2005) 監督:佐藤佐吉
『乱歩地獄』(2005) 監督:竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシ
『笑う大天使(ミカエル)』(2006) 監督:小田一生
『メゾン・ド・ヒミコ』(2006) 監督:犬童一心
『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』(2007) 監督:三池崇史

「服は武器、人生そのもの。」
北村道子の比類なき映画衣裳、そのイメージと思考。

Arika報告書v1アイコン日本を代表するスタイリスト、北村道子の映画衣裳作品集。浅野忠信、安藤政信、石橋貴明、石橋 凌、伊勢谷友介、市川実日子、上野樹里、大森南朋、緒川たまき、オダギリジョー、香川照久、菊地凛子、木村佳乃、工藤夕貴、佐藤浩市、成宮寛貴、松田龍平、桃井かおり 等、今をときめく俳優陣約30名が纏う衣装写真から始まり、衣装デザイナー北村道子さんの人生観が淡々と語られています。写真家・高柳悟氏による5年に渡る衣裳写真を多数収録。さらに、30000字に及ぶインタビューで、異彩を放つ「衣裳術」に迫る。無駄な言葉は一切ありません。


北村道子 (きたむら みちこ)
1949年、石川県生まれ。サハラ砂漠やアメリカ大陸、フランスなどを放浪ののち、30歳頃から、映画、広告、雑誌等さまざまな媒体で衣裳を務める。映画衣裳のデビューは85年、『それから』(森田芳光監督)。07年に『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(三池崇史監督)で第62回毎日映画コンクール技術賞を受賞した。著書に『Tribe』『COCUE』(以上 品切)、『衣裳術』(リトルモア)がある。


衣裳術 2
衣裳術 2
posted with amazlet at 19.02.25
北村 道子
リトル・モア
売り上げランキング: 138,759


本書に登場する俳優:
窪塚洋介/ 松田龍平/ 安藤政信/ 新井浩文/ 芦名 星/ 安藤サクラ/田中哲司/ 水原希子/ 余 貴美子/ 片岡礼子/ 光石 研/ 池脇千鶴/ 村上 淳/栁 俊太郎/ 奥野瑛太/ 染谷将太/ 新居延遼明/ 伽奈/ 門脇 麦/ 東出昌大/福島リラ/ りょう/ 浅野忠信/ 太田莉菜/ 中村達也/ 小島 聖/ オダギリジョー/渋川清彦/ 菊地凛子/ 池松壮亮/ 高良健吾/ 村上虹郎/ 井浦 新/ 菅原 健

フォトグラファー:
鈴木 親/ 高柳 悟/ 鶴田直樹/ 富永よしえ/ 大森克己/ 荒井俊哉






  じいちゃんさま/梅 佳代(著)

じいちゃんさま
じいちゃんさま
posted with amazlet at 19.02.25
梅 佳代
リトル・モア
売り上げランキング: 136,158


このじいちゃんにして梅佳代アリ⁉
「わたしが写真を撮っとれば、じいちゃんはしなんかも」

Arika報告書v1アイコン11万部突破の『うめめ』、4万部突破の『男子』 につぐ待望の第3弾写真集!! 梅佳代のもっとも尊敬する人、偉大なるじいちゃんさま。梅佳代さんはおじいちゃんが大好きで、写真を始めた高校生のころ、最初にカメラを向けたのは目の前にいたじいちゃんでした。そして、今も暇をみつけては故郷・石川に戻り、じいちゃんを撮り続けています。じいちゃんの写真を撮り続けていけば、死なない気がする、と言ってました。おじいちゃんだけではなく、家族みんなの仲良しの写真を10年間撮り続けているんですよ。「うめめ」的視線とはひと味ちがう写真群。このじいちゃんにして梅佳代ありと納得の、愉快な存在感にいつしか口元も緩みます。じいちゃんのほか、梅家総出演の梅佳代的ファミリーポートレイト。能登・旧柳田村で三世代が暮らした梅家の10年。永遠のジャパニーズファミリーポートレイトの誕生です。このじいちゃんにして梅佳代アリ⁉

梅佳代(うめ・かよ)
1981年3月23日石川県柳田村生まれ。
2002年、日本写真映像専門学校卒。写真新世紀にて「男子」と「女子中学生」で、佳作を2回受賞。2002年『美術手帖』の写真表現特集で、注目の写真家として取り上げられる。2006年9月発売の初写真集『うめめ』で第32回木村伊兵衛写真賞を受賞。東京をはじめ、パリ、ロンドン、タイで展覧会を開催し、海外でも高く評価されている。






 ドロップ/品川 ヒロシ

ドロップ
ドロップ
posted with amazlet at 19.02.25
品川 ヒロシ
リトルモア
売り上げランキング: 323,205


不良になると決めたから、不良でいよう。
品川ヒロシが80年代の不良少年たちをリアルに描いた青春小説!

Arika報告書v1アイコンお笑いコンビ・品川庄司の品川による青春小説。80年代東京・狛江を舞台に、退屈な中学生活に飽き足らず、喧嘩と悪戯に明け暮れる日々。一緒にいればどんなに殴られてもへっちゃらだった。ときに切なく胸に迫る母親や姉とのやりとり。90年代を代表する伝説的不良漫画『クローズ』の著者・高橋ヒロシが表紙画を描き下ろした。 編集担当によると品川さんの創作に対する真剣さには舌を巻く思いだったそう。原稿も早く、あおられるくらい。お姉さんにも編集に加わってもらい、ある程度まとまったところで集まって「ああしょう、こうしょう」とその場で解決、新鮮な感覚で進めた一冊。

品川ヒロシ(しながわひろし 本名:品川祐)
1972年4月26日生まれ。東京都大田区出身。
東京吉本総合芸能学院(東京NSC)第1期生。同期の庄司智春と在学中の1995年にコンビ「品川庄司」を結成。ボケ・ネタ作り担当。テンポのよい正統派漫才と、ストーリー性の高いコントで人気を博す。著書に長編コントブック『POINT』がある。また、コンビで単独ライブを精力的に行っており、その多くがDVD作品としてリリースされている。

ドロップ 全14巻完結セット (少年チャンピオン・コミックス)
品川 ヒロシ 鈴木 大

売り上げランキング: 47,387




30万部突破のベストセラー青春小説、完全映画化!
2009年3月20日公開!!
脚本・監督:品川ヒロシ
主演:成宮寛貴 水嶋ヒロ
配給:角川映画

ドロップ
ドロップ
posted with amazlet at 19.02.25
(2015-09-21)
売り上げランキング: 53,097







 UN DEUX( アンドゥ)/渡邉 良重(著) 高山なおみ(著)

アンドゥ
アンドゥ
posted with amazlet at 19.02.25
渡邉 良重 高山 なおみ
リトル・モア
売り上げランキング: 514,983


アンドゥ 新装版
アンドゥ 新装版
posted with amazlet at 19.02.25
渡邉 良重 高山 なおみ
リトル・モア
売り上げランキング: 475,516


ふたりの心が織りなすちいさな永遠。真珠のような名作。
Arika報告書v1アイコン中央で2つに分かれたページを、アン(左) ドゥ(右) アン(左) ドゥ(右)と、交互にめくり紡がれる物語。まったく新しい読書体験へ誘います。「アンドゥ・アンドゥ(1、2・1、2)」とめくっていくと、絵がつながっていく面白さ。紙の感触も楽しめる。物語を担当したのは、料理家・高山なおみ。近頃は、文筆家としての活躍もめざましい彼女が、はじめて物語を書下ろし。人気料理家でもある高山なおみが手掛けるはじめての書き下ろし物語には「もっと自分の奥底にある素の部分を知って欲しい。多くの女性になんらかの光を与えられるものにしたい」という気持ちが込められています。絵を担当したのは、渡邉良重。女性的な感性を活かした作品は、柔らかい線の中に、力強さが共存しています。

UN アン きのう DEUX ドゥ 今日 
UN アン 今日とあした DEUX ドゥ 歩いてゆきましょう


渡邉良重 (わたなべ よしえ)
1961年山口県生まれ。
グラフィックデザイン事務所(株)DRAFT内に1995年に結成されたD-BROSにてステーショナリー、テキスタイル、インテリア雑貨等の商品デザインをする他、パッケージデザイン、店舗のアートディレクションなどを手がける。また、ショートフィルム「欲望の茶色い塊」、「時間の標本」等の作品を製作。2004年に出版した処女作『ブローチ』(リトルモア刊)は国内外で高い評価をうけ、講談社ブックデザイン賞、NY ADC、ONE SHOWでいずれも金賞を受賞。

高山なおみ (たかやま なおみ)
1958年静岡県生まれ。料理家。
書籍、雑誌、テレビなどを活動の場とし、料理だけでなく文筆家としての顔を持つ。素材の持ち味をいかしたシンプルな料理が得意。著書に『諸国空想料理店KuuKuuのごちそう』(ちくま文庫)、『じゃがいも料理』(集英社)、『高山なおみの料理』(メディアファクトリー)、『たべる しゃべる』(情報センター出版局)、『フランス日記』、『記憶のスパイス』、『日々ごはん』、『おかずとご飯の本』(以上アノニマ・スタジオ)など多数。






 やうやう 永作博美/永作博美(著)

やうやう 永作博美
やうやう 永作博美
posted with amazlet at 19.02.25
永作 博美
リトル・モア
売り上げランキング: 194,542


ナガサクのおもったこと、赤裸のこころ。
Arika報告書v1アイコン彼女は日常的に思いを綴る習慣があり、1996年から10年間のその断片を集めたのが本書です。本好き、映画好き、音楽好きの文系女優。サバサバして頼りがいのある姉気肌。そんな彼女は男性諸氏はもちろん、若い女子からは憧れの女性、同世代からは大きな共感を得て、幅広く人気です。悩み、感動、決意……10年間のさまざまなおもいを書き溜めてきた永作さん自身の言葉たち。「これを読んで楽になったり元気になる人がいればいい」と本にすることにしたそう。女優として、人として、女として。自分と向き合い、少しづつ吐き出して、前にすすんだりまた内にこもったり。やうやう霧が晴れていくように、今の永作博美につながってゆく。生きるうえでの苦しみや自省を綴ることばは切実で、読者のこころに刺さります。あるときは散文詩のように心の襞を語り、またあるときは空想とたわむれポエティックにはずむ言葉たちは心に深く染み込んできます。永作撮影によるスナップ写真約20点収録。


永作 博美(ながさく ひろみ)
女優、タレント、歌手。1970年10月14日生まれ。茨城県行方郡麻生町(現・行方市)出身。
1988年、「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞、その後、松野有里巳、佐藤愛子の3人で、アイドルグループ『ribbon』を結成し活動する。1993年にはシングル「My Home Town」でソロデビュー。 その後「劇団☆新感線」を経て、1994年にドラマ「陽のあたる場所」で女優デビュー。第50回ブルーリボン賞助演女優賞、第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第54回ブルーリボン賞主演女優賞などを受賞する。 2009年、映像作家の内藤まろと結婚[5][7]。2010年に第1子となる男児を、2013年に第2子の女児を出産した。






  スンギ少年のダイエット日記/加瀬 健太郎(著)

スンギ少年のダイエット日記
加瀬 健太郎
リトル・モア
売り上げランキング: 876,908


走れ、スンギ
そしてスンギは痩せたのか?

Arika報告書v1アイコン極東からやってきた青年と、マラウイを母国とするスンギ少年の友情を収めた、かつてないフォトブック。 写真を勉強するためロンドン郊外に住むことになったケンターロゥ。ふとしたことから仲良くなったご近所のスンギ少年が「スリムになりたいからダイエットを手伝ってほしい」と言ってきた。翌日からジョギングの伴走をすることに——。服部一成のアートワークが光る、絵本のような新しい写真集!黒人少年「スンギ」の奮闘ぶりと、大好きなケンターロゥに見せる最高の笑顔。
その愛らしさに、思わず笑みがこぼれてしまう。そして、スンギは痩せたのか!?

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)
1974年大阪生まれ。ビジュアルアーツ大阪・写真コース夜間部卒業後、東京にてスタジオ勤務。2002年渡英。LONDON College of printing(現・LONDON college of communication)を経て、2006年より東京に拠点を移し、フリーランス・フォトグラファーとして活動中。




🏢リトルモア

正式名称:株式会社リトル・モア
英文名称:Little More
現況:継続中
種類:株式会社
設立日:1989年
代表者:孫家邦

☑沿革
1989年、径書房元社長の竹井正和によって創業。
1998年、ストリートノベル大賞を開始。福永信、宮崎誉子などを輩出する。
2003年、雑誌『FOIL』を創刊[1]。
2004年、竹井が退社しFOILを設立。
2008年、雑誌『真夜中』を創刊[2]。
2012年、さよならポニーテールによる漫画『小さな森の大きな木』を刊行[3]。

雑誌
Snoozer(1997年 - 2011年)
リトルモア(1998年 - 2003年)
FOIL(2003年 - )
OK FRED(2004年 - )
Re:S(2006年 - )
真夜中(2008年 - 2011年)

📚書籍
初恋/中原みすず(2002年)
ドロップ/品川ヒロシ(2006年)
トリガー/著:板倉俊之 イラスト:髙橋ツトム(2009年)
漫才ギャング/著:品川ヒロシ イラストカバー:鈴木大(2009年)

初恋
初恋
posted with amazlet at 19.02.25
中原 みすず
リトルモア
売り上げランキング: 308,194


トリガー
トリガー
posted with amazlet at 19.02.25
板倉 俊之 (インパルス)
リトル・モア
売り上げランキング: 198,509


漫才ギャング
漫才ギャング
posted with amazlet at 19.02.25
品川 ヒロシ
リトル・モア
売り上げランキング: 1,040,712



🎬映画
 流★星(1998年)

流★星 [DVD]
流★星 [DVD]
posted with amazlet at 19.02.25
パイオニアLDC (2000-12-22)
売り上げランキング: 250,053


主演:緒形拳
出演:江口洋介/清水真実/國村隼/秋山道男
監督:山沖浩充


 ナイン・ソウルズ(2003年)

ナイン・ソウルズ [DVD]
ポニーキャニオン (2004-01-21)
売り上げランキング: 72,087


主演:松田龍平
9人の男たち:原田芳雄/千原浩史/鬼丸/板尾創路/KEE/マメ山田/鈴木卓爾/大楽源太/國村隼
その他出演:伊東美咲/京野ことみ/唯野未歩子/今宿麻美/鈴木杏/松たか子/藤木悠/麿赤兒/北村一輝/瑛太/井上順
監督・脚本:豊田利晃


 ラブドガン(2004年)

ラブドガン [DVD]
ラブドガン [DVD]
posted with amazlet at 19.02.25
ポニーキャニオン (2004-11-17)
売り上げランキング: 117,303


主演:永瀬正敏/宮崎あおい
出演:新井浩文/岸部一徳/野村宏伸/荒戸源次郎/田辺誠一
監督・脚本:渡辺謙作


 海でのはなし。(2006年)

海でのはなし。 [DVD]
海でのはなし。 [DVD]
posted with amazlet at 19.02.25
ポニーキャニオン (2007-05-25)
売り上げランキング: 92,427


主演:宮崎あおい/西島秀俊
出演:天光眞弓/保積ペペ/菊地凛子/川村早織梨/勝野洋/毬谷友子
監督・脚本:大宮エリー


 ウルトラミラクルラブストーリー(2009年)

ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-11-27)
売り上げランキング: 98,804


主演:松山ケンイチ/麻生久美子
出演:ノゾエ征爾/ARATA/藤田弓子/渡辺美佐子/原田芳雄
監督・脚本:横浜聡子


 ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2010年)

ケンタとジュンとカヨちゃんの国 [DVD]
ポニーキャニオン (2011-01-19)
売り上げランキング: 45,771


主演:松田翔太/高良健吾/安藤サクラ
出演:宮崎将/柄本佑/洞口依子/多部未華子/美保純/山本政志/新井浩文/小林薫/柄本明
監督・脚本:大森立嗣


 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017年)

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ DVD 通常版
ポニーキャニオン (2017-11-15)
売り上げランキング: 37,508


原作:最果タヒ『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(リトルモア刊)
主演:池松壮亮/石橋静河
出演:佐藤玲/三浦貴大/ポール・マグサリン/市川実日子/松田龍平/田中哲司
監督:石井裕也



リトルモア|ホーム
刊行書籍一覧(リトルモアブックス)
ムービー・イズ・マイン
音楽雑誌
リトルモア ポストカード ブック
石川直樹 For Everest
はじめてのサウナ





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック