FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2019年春、連続テレビ小説「なつぞら」

kage

2019/09/28 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月1日スタート 

NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「なつぞら」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:大森寿美男
演出:木村隆文/田中正/渡辺哲也
制作統括:磯智明/福岡利武
主題歌:優しいあの子/スピッツ

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「なつぞら」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
奥原なつ:広瀬すず
戦争で両親を亡くし、父の戦友・剛男に引き取られて北海道・十勝に移り住む。剛男の義父・泰樹のもとで牧場を手伝い、天真らんまんな明るさを取り戻す。高校卒業後に上京。アニメーション業界に飛び込み、アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮する。

柴田富士子:松嶋菜々子
泰樹の娘。父譲りの優しさとたくましさを持つ。養女となったなつとの関係に戸惑いつつも、わが子同然に育てようとする。明るく前向きな性格。牛乳やバターを使ったお菓子作りや料理が得意。

柴田剛男:藤木直人
富士子の夫。なつの父の戦友。どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束を果たし、なつを十勝に連れてくる。婿養子として酪農家の柴田家に入ったため、義父の泰樹には頭が上がらない。

奥原咲太郎:岡田将生
なつの兄。戦争で両親を亡くし、妹のなつと千遥の親代わりとなる。なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後は孤児院で過ごすが、家出して行方不明となる。

山田天陽:吉沢亮
青年画家。美術の才能があるものの、家庭が貧しく、進学せずに農業を手伝う。アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。

小畑とよ:高畑淳子
菓子屋「雪月」の先代のもとに嫁ぎ、苦労を重ねるうちに強い性格となる。歯に衣着せぬおしゃべりで、常連の泰樹にも毒舌を浴びせる。十勝のことなら何でも知っている生き字引のような存在。

柴田泰樹:草刈正雄
十勝の酪農家。18歳の時に北陸地方から1人で入植し、妻が亡くなった後は男手一つで娘の富士子を育てる。偏屈で頑固な性格。深い愛を持って、なつに人生を生き抜く術を教え込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
広瀬すず主演で日本アニメ草創期に活躍した女性アニメーターを描く、愛と感動のドラマ! 
東京大空襲で戦災孤児となり、北海道に移住した後、上京して日本アニメ草創期に活躍した女性アニメーターの姿を描く、愛と感動のドラマ。連続テレビ小説100作目となる本作のヒロイン・奥原なつを広瀬すずが演じ、オリジナル脚本を大森寿美男が担当する。

養女としてなつを育てる母・柴田富士子を松嶋菜々子、富士子の夫で、戦友だったなつの父との約束を果たした剛男を藤木直人、なつの兄・咲太郎を岡田将生が演じるほか、吉沢亮、高畑淳子、草刈正雄など、出演者も豪華な顔ぶれ。また、作品にとって重要な「語り」を内村光良が務めることでも注目されている。内村がドラマ作品の語りを担当するのは、本作が初めてとなる。


2019春号:2019年4月1日〜2019年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
戦争で両親を亡くした奥原なつ(粟野咲莉)は、父の戦友で北海道で酪農を営む柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝に移り住む。剛男の義父・泰樹(草刈正雄)は偏屈者で、なつを厄介者と言いながらも内心ではふびんに思っていた。
子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳しぼりを懸命に手伝い、その頑張りに泰樹も心を動かされ、なつに生きる術をとことんたたき込むようになる。

天真らんまんな子どもらしさを取り戻したなつは、やがてすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽(吉沢亮)と出会い、漫画映画の魅力を教えられる。そして、高校生になったなつ(広瀬すず)は、天陽の影響で絵を描く仕事に夢を持ち始める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月1日更新】
■ あらすじ(第1週「なつよ、ここが十勝だ」4/1~4/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
4月
┣1(月)なつ(広瀬すず)が北海道・十勝に来たのは1946年の夏。9歳のなつ(粟野咲莉)は、復員服姿の剛男(藤木直人)に手を引かれ焼け野原の東京から十勝へやって来た。剛男の無事を喜ぶ家族はなつの存在に戸惑う。
┣2(火)戦争で両親を失い父の戦友・剛男に引き取られたなつ。剛男の妻・富士子(松嶋菜々子)がなつの受け入れを決意する一方、開拓者である富士子の父・泰樹(草刈正雄)は、働かせてほしいと願い出たなつの発言に…。
┣3(水)なつは泰樹の指導の下、酪農の仕事を覚えようと早朝から働く。重労働にも取り組むなつに、柴田牧場で働く悠吉(小林隆)・菊介(音尾琢真)親子も感心。だが、富士子は学校にも行かず働くなつを心配する。
┣4(木)泰樹はなつを連れて帯広の闇市を訪れる。そこで泰樹は、両親を亡くした後、戦後の東京で必死に生き抜き、きょうだいと離れて北海道に来たなつの境遇を知る。そして、2人は菓子店・雪月を訪問する。
┣5(金)泰樹の許しを得て学校に通い始めた初日、なつは浮浪児だったことをからかわれる。それをかばったのは同級生の天陽(荒井雄斗)だった。礼を言おうとしたなつは、天陽のノートに描かれた馬の絵に驚く。
┣6(土)なつは東京に残った兄・咲太郎(渡邉蒼)に手紙を書き続けていた。剛男と富士子の長女・夕見子(荒川梨杏)は、同い年のなつに本心を聞くが、無理に優しくしないでいいと気のない返事をされてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月7日更新】
■ あらすじ(第2週「なつよ、夢の扉を開け」4/8~4/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣8(月)柴田家から突然、なつ(粟野咲莉)がいなくなり、富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)は慌てふためく。なつは帯広にたどり着くが、一文無しのため、靴磨きの仕事を始める。
┣9(火)富士子らはなつを捜して帯広の警察を訪れるが、保護されたなつが逃げたと知り、言葉を失う。剛男は東京・浅草の孤児院で初めてなつと会った時のことを語る。
┣10(水)川のほとりで魚釣りをする天陽(荒井雄斗)に偶然会ったなつ。やがて天陽は家路に就き、なつは一人、河原に残される。そこで父の形見の手紙を読んでいると…。
┣11(木)なつは、泰樹(草刈正雄)がバター作りの夢を抱き続けていることを知る。翌日、泰樹は家族の前でバターを作ると宣言する。だが、富士子達はあまりいい顔をしない。
┣12(金)なつは小学校で上映された米国のカラーアニメ映画に引き込まれる。その感想を興奮気味に天陽に話すと、家に絵の具があるから、遊びに来ないかと誘われる。
┣13(土)天陽の一家は離農寸前の状態にあり、なつは一家を助けてほしいと泰樹に願い出る。なつと一緒に畑を見た泰樹は、このままでは耕しても作物は育たないと言う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月14日更新】
■ あらすじ(第3週「なつよ、これが青春だ」4/15~4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣15(月)1955年初夏。なつ(広瀬すず)は酪農を手伝いながら農業高校に通っていた。ある朝、子牛が生まれるが、息をしていない。子牛を救おうと、なつは驚きの行動に出る。
┣16(火)山田家に寄ったなつは天陽(吉沢亮)と互いの姿を描く。山田家が農協の支援で乳牛を飼い始めたと知り、なつは泰樹(草刈正雄)に報告。すると、泰樹の表情が一変する。
┣17(水)農協のやり方を巡り、泰樹と農協に勤める剛男(藤木直人)の間にはただならぬ空気が流れる。そして、泰樹の一言がきっかけで、2人は真っ向から対立してしまう。
┣18(木)家族の仲違いに悩むなつは、そのことを同級生の雪次郎(山田裕貴)に打ち明ける。雪次郎は、自身が所属する演劇部の顧問・倉田(柄本佑)に相談してみてはと助言する。
┣19(金)なつは倉田から演劇をやるよう言われ、すぐに断るが、泰樹のためにもなるという言葉に心が揺らぐ。翌日、なつと倉田は、剛男に酪農の現状について質問する。
┣20(土)なつは富士子(松嶋菜々子)に、泰樹と気が合わない剛男となぜ結婚したのかと尋ねる。富士子は、剛男が置かれていた境遇や、結婚に至った経緯を静かに語り始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月21日更新】
■ あらすじ(第4週「なつよ、女優になれ」4/22~4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣22(月)泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の仲たがいがきっかけで演劇を始めたなつ(広瀬すず)。ところが、演劇部の練習は予想以上に厳しく、酪農との両立が次第に難しくなっていく。
┣23(火)倉田(柄本佑)がついに新作の脚本を書き上げた。なつは物語の重要な役を与えられる一方、舞台の背景画について相談され、倉田がイメージする絵画の作者を訪ねる。
┣24(水)稽古初日、なつと雪次郎(山田裕貴)は、天陽(吉沢亮)を学校に招き、倉田に紹介する。一方、セリフを自分なりに演じてみたなつに、倉田は何度もやり直しを求める。
┣25(木)倉田が指示する言葉の意味が分からないなつ。稽古を見ていた天陽は思わず倉田に疑問をぶつける。剛男は山田(戸次重幸)から泰樹の行動についてこぼされる。
┣26(金)演劇部が挑む大会が近づいた日、富士子(松嶋菜々子)は菓子店「雪月」を訪ね、店主の雪之助(安田顕)らに、十勝の酪農を発展させるものを大会の会場で配る相談をする。
┣27(土)大会当日、泰樹と天陽が来ないまま、なつ達の芝居が始まった。遅れて会場に現れた泰樹は、必死に演じるなつの姿を見て、天陽の家であった出来事を思い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月28日更新】
■ あらすじ(第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」4/29~5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣29(月)泰樹(草刈正雄)は牛乳の販売を農協に託す事を決意する一方、天陽(吉沢亮)との関係をなつ(広瀬すず)に問う。驚くなつに、泰樹は自らが思う将来の牧場について語る。
┣30(火)なつを捜し、東京から一人の青年が現れた。なつは生き別れた幼なじみの信哉(工藤阿須加)だと気付き、感極まる。信哉は咲太郎(岡田将生)の行方についてなつに告げる。

5月
┣1(水)なつは咲太郎を捜すため、富士子(松嶋菜々子)と共に上京。新宿の有名なパン店「川村屋」を訪ね、咲太郎の事を知っているというパン店の店主・光子(比嘉愛未)に会う。
┣2(木)なつと富士子は、光子の好意で川村屋の従業員が暮らすアパートに泊まり、咲太郎を捜すことになった。その夜、富士子の思わぬ発言になつは泣き出してしまう。
┣3(金)なつ達は信哉に連れられ、浅草の劇場を訪れる。そのステージ上に独特な格好をした青年が姿を現す。彼は歌い出し、続いて音楽に乗ってタップを踏み始める。
┣4(土)なつは信哉から、咲太郎が約束の時間になっても川村屋にやって来ない理由を知らされる。浅草を訪れたなつは、咲太郎の知人のダンサーから新たな事実を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月5日更新】
■ あらすじ(第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」5/6~5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣6(月)なつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)は東京で天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会。陽平は漫画映画を作る会社で働いていた。その会社を見学したなつは心を奪われる。
┣7(火)咲太郎(岡田将生)は再び行方が分からなくなっていた。北海道で酪農に精を出すなつは、照男(清原翔)から漫画映画の券を2枚渡され、天陽と行くよう促される。
┣8(水)泰樹(草刈正雄)から、なつの結婚についての考えを明かされた剛男(藤木直人)と富士子は戸惑うばかり。一方、照男にもらった券で、なつは天陽と帯広へ映画を見に行く。
┣9(木)雪月に立ち寄ったなつと天陽は、雪之助(安田顕)が雪次郎(山田裕貴)と共に地元のバターで作った新しい菓子を試食する。一方で天陽はなつの心の内を感じていた。
┣10(金)天陽と照男がスキー大会に出場することになった。当日の朝、照男はなつへの思いを確かめようと天陽を呼び出す。そこで約束を交わした2人は勝負を開始する。
┣11(土)泰樹は天陽の家を訪ねる約束をしていたなつを引き留め、結婚話を持ち掛ける。相手の名前に驚くなつは、照男に促され、天陽の家を目指して雪原を歩き出すが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月12日更新】
■ あらすじ(第7週「なつよ、今が決断のとき」5/13~5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣13(月)吹雪の中で気を失ったなつ(広瀬すず)は、森の奥で暮らす弥市郎(中原丈雄)とその娘・砂良(北乃きい)に助けられる。なつは弥市郎の彫刻に興味を抱き、スケッチを始める。
┣14(火)アニメーターになりたいという思いを強く抱いたなつは天陽(吉沢亮)にそれを告白。家族にも東京へ行きたいと告げるが、泰樹(草刈正雄)を気遣い本当の理由を言えない。
┣15(水)富士子(松嶋菜々子)と照男(清原翔)は、なつを助けてくれた礼をするため、弥市郎の小屋を訪れる。富士子はなつが小屋で一心不乱に絵を描いていたことを知り、驚く。
┣16(木)泰樹はとよ(高畑淳子)に、自分の裏切りがなつに東京行きを決めさせたと吐露。一方、富士子は泰樹に、東京行きには兄を支えること以外の理由があるのではと伝える。
┣17(金)泰樹の後押しを受けたなつは、雪之助(安田顕)からも東京の川村屋で働けるよう手はずを整えたと聞かされ、心苦しさが募る。とよはそんななつに助言を送る。
┣18(土)自分の夢を追うため東京へ行きたいと家族に打ち明けたなつは、泰樹に認められた喜びを真っ先に天陽に報告。タミ(小林綾子)は天陽のなつへの気持ちを思いやる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月19日更新】
■ あらすじ(第8週「なつよ、東京には気をつけろ」5/20~5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣20(月)夕見子(福地桃子)の元に受験した北海道大学から封書が届く。夕見子は封書を手に2階に上がったきり戻ってこない。心配した泰樹(草刈正雄)らが部屋をのぞくと…。
┣21(火)なつ(広瀬すず)はアニメーターになる夢をかなえるため、菓子作りの修業をする雪次郎(山田裕貴)と上京。店主・光子(比嘉愛未)の好意で川村屋に住み込みで働くことになる。
┣22(水)なつは咲太郎(岡田将生)を知るクラブ歌手・カスミ(戸田恵子)に誘われ、おでん店「風車」を訪れる。女将の亜矢美(山口智子)は咲太郎の名を聞いた途端、なぜか動揺する。
┣23(木)亜矢美からなつが店に来たと知らされた咲太郎は、北海道でひどい目に遭い東京に逃げてきたと勘違い。川村屋へ乗り込み、なつを連れて帰ると光子に言い放つ。
┣24(金)なつは、東京に来ることになった本当の理由を咲太郎に打ち明ける。さらに咲太郎は、なつが漫画映画を作る「東洋動画」への入社を希望していることを知る。
┣25(土)咲太郎は偶然すれ違った東洋動画の社長・大杉(角野卓造)に、入社試験を受けるなつの採用を願い出る。なつは亜矢美から、咲太郎の意外な一面を聞かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月26日更新】
■ あらすじ(第9週「なつよ、夢をあきらめるな」5/27~6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣27(月)なつ(広瀬すず)は「東洋動画」の入社試験を受ける。絵の試験に続き、面接に臨むと、社長の大杉(角野卓造)の姿があった。なつの名前を聞いた大杉は何かを思い出す。
┣28(火)なつの入社試験の結果は不合格。雪次郎(山田裕貴)はそれを咲太郎(岡田将生)に報告しに行く。咲太郎はなつを励まそうと、彼女が住む川村屋のアパートを訪れる。
┣29(水)咲太郎は、東洋動画のアニメーター・仲(井浦新)に、なつが入社試験に落ちた理由を聞く。試験で絵を採点した仲は、なつが不採用になるとは思わなかったと言う。
┣30(木)なつは信哉(工藤阿須加)から、咲太郎が警察に捕まったと知らされ、動揺する。大事には至らず、既に警察を出た咲太郎に会うため、なつ達は新宿の歌舞伎町に向かう。
┣31(金)咲太郎は、なつが試験に落ちたのは自分が余計なことをしたせいだと嘆く。落ち込む咲太郎に、なつは東洋動画の入社試験がもう一度ありそれを受けると伝える。

6月
┣1(土)なつは川村屋のアパートを出て、亜矢美(山口智子)の家で咲太郎と一緒に暮らすことになった。引っ越しの夜、咲太郎は料理人だった父の得意料理をなつに振る舞う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月2日更新】
■ あらすじ(第10週「なつよ、絵に命を与えよ」6/3~6/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣3(月)東洋動画の仕上課で働き始めたなつ(広瀬すず)は早速、セル画に色を塗る仕事を与えられる。隣席の先輩・桃代(伊原六花)から手ほどきを受け、セル画に向き合うが…。
┣4(火)なつは仲(井浦新)に誘われて、憧れの作画課の部屋を訪れる。そこで、仕事を巡り激しく口論する麻子(貫地谷しほり)と堀内(田村健太郎)の姿を目にし、衝撃を受ける。
┣5(水)麻子から理不尽に厳しい言葉を掛けられたなつは憤慨しながら帰宅。今日の出来事を思い返しているうちにあることを思い付き、一心不乱に動画用紙に絵を描く。
┣6(木)なつが描いた動画用紙を麻子が作画課に持っていってしまった。なつが作画課へ向かうと、仲や同じく作画担当の井戸原(小手伸也)が動画用紙を取り囲んでいた。
┣7(金)なつは仲の勧めで、約1カ月後に行われるアニメーターの採用試験を受けることに。そんなある日、なつは陽平(犬飼貴丈)から天陽(吉沢亮)の近況を知らされる。
┣8(土)なつの他に4人が試験を受け、仲や井戸原、露木(木下ほうか)は採点する。後日、仲らはなつに結果を伝える。その頃、天陽は、砂良(北乃きい)の元を訪れていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月9日更新】
■ あらすじ(第11週「なつよ、アニメーターは君だ」6/10~6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣10(月)なつ(広瀬すず)達は、長編漫画映画「白蛇姫」の数万枚に及ぶ動画の仕上げ作業を終わらせる。「風車」に帰ると、上京した照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿があった。
┣11(火)咲太郎(岡田将生)が所属する劇団「赤い星座」の公演が始まった。雪次郎(山田裕貴)と一緒に観劇に行ったなつは、主演女優・蘭子(鈴木杏樹)の芝居に魅了される。
┣12(水)なつが川村屋を訪れると、信哉(工藤阿須加)がやって来て、ちょうど店内にあるテレビに彼が取材したというニュースが流れる。そのニュースを見たなつは…。
┣13(木)信哉は、妹の千遥を見つけたいというなつの思いを受け、行方を捜すことに。一方、なつは仲(井浦新)から、「白蛇姫」の声の出演を蘭子が担当すると知らされる。
┣14(金)「白蛇姫」のアフレコを見た咲太郎は、芝居の可能性について雪次郎や亜矢美(山口智子)に熱く語る。一方、仲に再び機会を与えられたなつは、作画の試験に挑む。
┣15(土)東洋動画の次回作の長編映画が決まり、仲はアニメーター達からキャラクターのアイデアを募ると発表する。一方、なつの元を、千遥を捜していた信哉が訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月16日更新】
■ あらすじ(第12週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」6/17~6/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣17(月)なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は生き別れた妹・千遥が住んでいるはずの住所を訪ねる。アパートから出てきた若い女性に声を掛けたなつ達は、その部屋に通される。
┣18(火)思いがけない千遥の消息に落ち込むなつは、咲太郎らの励ましにも立ち直ることができない。会社では新作「わんぱく牛若丸」のキャラクター検討会が行われる。
┣19(水)常盤御前のキャラクター案を巡り、なつと麻子(貫地谷しほり)の意見が対立。仲(井浦新)と井戸原(小手伸也)の提案を受け入れた2人は、その後、仲から呼び出される。
┣20(木)なつは、アニメーターとしてポスターに名前が載れば千遥が見るかもしれないと考える。作画課に下山(川島明)の班が立ち上がり、麻子やなつらがメンバーになる。
┣21(金)新人の演出助手・坂場(中川大志)が作画課に現れ、原画担当の下山に動画について疑問をぶつける。動画を描いたなつが説明するが、坂場は理詰めで矛盾を指摘する。
┣22(土)漫画映画にしかできない表現とは何かと悩む中、なつは桃代(伊原六花)と川村屋を訪れ、居合わせた坂場と同席する。その時、光子(比嘉愛未)がやって来て…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月23日更新】
■ あらすじ(第13週「」6/24~6/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣24(月)雪次郎(山田裕貴)が「川村屋」を辞めて芝居の道に進もうとしていると知ったなつ(広瀬すず)は、思いとどまるよう必死に説得する。だが、雪次郎の意思は揺るがない。
┣25(火)上京したとよ(高畑淳子)、雪之助(安田顕)、妙子(仙道敦子)がなつを訪ねてきた。雪次郎が芝居の道を志す背景に咲太郎(岡田将生)の影響があるはずだと考える雪之助は…。
┣26(水)雪次郎は自分の夢を追わせてほしいと雪之助に訴えるが、抵抗むなしく川村屋に連れ戻される。なつは、双方の気持ちが分かるだけに何も言えなくなってしまう。
┣27(木)なつはふとしたきっかけで、どうしても描けなかった動画を完成させた。だが、なつの新しい手法を許さない監督・露木(木下ほうか)が作画課に乗り込んでくる。
┣28(金)雪之助には雪次郎に店を継がせたい理由があった。亜矢美(山口智子)に頼んで「風車」を借り切った雪之助は、そこに雪次郎を呼び出し、あるものを作るよう言い渡す。
┣29(土)新作漫画映画「わんぱく牛若丸」の制作がついに終わり、打ち上げが行われる。そこで、なつは陽平(犬飼貴丈)から十勝にいる天陽(吉沢亮)についての話を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月1日更新】
■ あらすじ(第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」7/1~7/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
7月
┣1(月)短編漫画映画の製作が決まった。なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)はその原画を任され、演出部からは坂場(中川大志)が参加する。一方、北海道・十勝の柴田家に…。
┣2(火)なつは富士子(松嶋菜々子)の電話で妹・千遥(清原果耶)が来たと知る。なつと咲太郎(岡田将生)がすぐに十勝に向かおうとする一方、柴田家にいる千遥はなつ達が来る前に帰ると言う。
┣3(水)なつの好物でもてなされた千遥は、泰樹(草刈正雄)、富士子、剛男(藤木直人)らに自分の境遇を語る。話を聞いた泰樹は、翌朝早起きして一緒に働こうと千遥に提案する。
┣4(木)咲太郎と北海道へ向かい、やがて柴田家に着いたなつは、富士子らとの再会を喜ぶ。千遥との対面を心待ちにするなつに、泰樹は思いも寄らないことを口にする。
┣5(金)千遥が親戚の家を飛び出してからどう生きてきたかを知ったなつと咲太郎は、千遥が今になって十勝を訪ねた理由と、柴田家の人々と会って決断した思いを知る。
┣6(土)なつは4年ぶりに天陽(吉沢亮)と再会。山田家の人々と近況報告に花を咲かせた後、2人きりのアトリエで天陽と話をして帰宅したなつは、泰樹の言葉をかみしめる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月7日更新】
■ あらすじ(第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」7/8~7/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣8(月)なつ(広瀬すず)が滞在中の柴田家に、北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰ってきた。夕見子はなつが読んでいる童話集を見て、思いも寄らないことを口にする。
┣9(火)帰京翌日、出社したなつは下山(川島明)や麻子(貫地谷しほり)、坂場(中川大志)から、短編漫画映画の企画案を求められる。なつは帰省中にヒントを得た案について語り出す。
┣10(水)なつの企画案が採用され、短編映画の製作が始まった。下山を中心に、なつ、麻子、新人の動画担当・神地(染谷将太)らが集まり、ストーリーの検討会が行われる。
┣11(木)咲太郎(岡田将生)が声優の会社を立ち上げると宣言。蘭子(鈴木杏樹)らにその可能性を語る。一方、なつらはストーリーがまとまらず、生みの苦しみを味わっていた。
┣12(金)麻子は何でも勝手に決めてしまう坂場のやり方に違和感を抱く。咲太郎は蘭子、雪次郎(山田裕貴)、レミ子(藤本沙紀)らを集め、海外映画の吹き替えに臨むが…。
┣13(土)落ち込む雪次郎は、「風車」で飲んだくれる。そんな雪次郎やなつの前に夕見子が現れた。なつは上京の理由を聞くが、夕見子は質問をはぐらかし去ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月14日更新】
■ あらすじ(第16週「なつよ、恋の季節が来た」7/15~7/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣15(月)夕見子(福地桃子)は独自の恋愛観を語るが、なつ(広瀬すず)には全く理解できない。なつは夕見子に、なぜ東京に来て、今どんな人と一緒にいるのか聞き出そうとする。
┣16(火)なつは夕見子から、一緒に上京した高山(須藤蓮)という青年を紹介される。一方、下山(川島明)は仲(井浦新)と坂場(中川大志)の対立が原因で原画を手伝うことになる。
┣17(水)日曜日、なつと夕見子は雪次郎(山田裕貴)と映画を見に行く。その帰り、3人で「川村屋」に立ち寄ると、夕見子が光子(比嘉愛未)に相談があると言い出す。
┣18(木)なつや麻子(貫地谷しほり)らは坂場に何度も原画の書き直しを要求され、憤慨する。そんな中、なつは陽平(犬飼貴丈)から坂場と天陽(吉沢亮)の意外なつながりを聞く。
┣19(金)「風車」に来た高山は、夕見子、なつ、咲太郎(岡田将生)らの前で衝撃の告白をする。それを聞いた夕見子が高山と言い合いをする様子をひそかに見ている人物が…。
┣20(土)短編漫画映画に蘭子(鈴木杏樹)らが声を吹き込む作業が進む。やがて映画が完成し、社員はハイキングに出掛ける。そこで麻子はなつ達にある思いを打ち明ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月21日更新】
■ あらすじ(第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」7/22~7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣22(月)1963年、なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。一方、咲太郎(岡田将生)は雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になっていると口にする。
┣23(火)なつらと共に新設のテレビ班行きを命じられた坂場(中川大志)は、仲(井浦新)らに会社のテレビ漫画に対する姿勢を問う。劇団では雪次郎が次回作の主役に起用される。
┣24(水)新劇団への誘いを断り稽古をする雪次郎に、蘭子はあることを告げる。新作「百獣の王子サム」の制作に入ったなつや茜(渡辺麻友)は簡略化された原画に戸惑う。
┣25(木)公演で雪次郎は無事に大役を務め上げる。観劇したなつや坂場は感想を伝え、咲太郎も雪次郎を褒めたたえる。蘭子は、そんな雪次郎を自分の家に来るよう誘う。
┣26(金)雪次郎は、蘭子に抱いている思いや劇団が分裂してからの出来事を打ち明けていた。その話を黙って聞いていた蘭子は、雪次郎に思いも寄らない言葉を掛けて…。
┣27(土)「百獣の王子サム」の放送が始まった。柴田家の面々もなつの活躍を喜ぶ中、新たな表現を模索するなつは作品づくりの中核を担うように。その頃、雪次郎は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第18週「なつよ、どうするプロポーズ」7/29~8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣29(月)正月。晴れ着姿で東洋動画の新年会に参加したなつ(広瀬すず)は、坂場(中川大志)と共に、会長になった大杉(角野卓造)から、テレビ漫画に力を入れていくよう声を掛けられる。
┣30(火)風車に来たカスミ(戸田恵子)達はなつの前で亜矢美(山口智子)の悲恋について語り始める。「百獣の王子サム」が人気を博し忙しい日々の中、茜(渡辺麻友)の結婚が発表される。
┣31(水)長編映画の作画監督となった下山(川島明)の誘いで再び映画に携わることができた坂場は、なつへ思いを伝える。映画の製作が始まるが、坂場のこだわりが強く…。

8月
┣1(木)坂場の思い描くキャラクターイメージの要求が高過ぎて、長編映画の製作は進まない。締め切りが迫る中、なつは仲(井浦新)から託された動画用紙を坂場に渡す。
┣2(金)坂場が演出を務めた長編映画が上映される。なつの元を訪れた坂場は、自分との約束を忘れてほしいと告げる。それに対し、なつは坂場への思いを一気に話す。
┣3(土)坂場がなつに会うため風車にやって来た。なつから事情を聞いていた咲太郎(岡田将生)は坂場に帰れと言うが、坂場はこれまで口にしてこなかったなつへの思いを語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月4日更新】
■ あらすじ(第19週「なつよ、開拓者の郷(さと)へ」8/5~8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣5(月)なつ(広瀬すず)は、坂場(中川大志)との結婚を柴田家の面々に報告するため北海道・十勝を訪れる。そこで、坂場は泰樹(草刈正雄)らを不安にさせるような発言をしてしまう。
┣6(火)(午前8:35~午前8:50)なつは、農協に勤める夕見子(福地桃子)達がバター作りを始めようとしていることを知る。翌日、なつが坂場と「雪月」を訪れると、演劇部時代の仲間もやって来る。
┣7(水)乳業会社を造る計画を巡り、農協では組合長・田辺(宇梶剛士)らと反対派との折り合いがつかない。その時、酪農家として出席していた菊介(音尾琢真)が思いを語る。
┣8(木)坂場は、なつが育った環境や「絵を生み出す力」の源を知る。そして、自らの決意をなつに打ち明ける。そんな中、田辺に呼ばれたなつは、あることを頼まれる。
┣9(金)雪次郎(山田裕貴)に呼び出されたなつ、坂場、天陽(吉沢亮)、夕見子らは雪月に集まる。雪次郎は一同に自ら考案した新作菓子を振る舞う。それを口にした夕見子らは…。
┣10(土)富士子(松嶋菜々子)から1冊のノートを渡されたなつは、その内容に深い愛情を感じる。その後、なつと坂場は天陽の家を訪問。坂場は天陽の絵を見て疑問を投げ掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月11日更新】
■ あらすじ(第20週「なつよ、笑って母になれ」8/12~8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣12(月)なつ(広瀬すず)が東洋動画で働き、坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら家事をする新婚生活が始まった。なつは茜(渡辺麻友)との会話から、出産後に働く難しさを知る。
┣13(火)咲太郎(岡田将生)は光子(比嘉愛未)と結婚するとなつ達に報告する。一帯の再開発に伴い、「川村屋」はビルを建て替える予定だが、光子は結婚を機に経営から退くという。
┣14(水)亜矢美(山口智子)に結婚を報告した咲太郎は、亜矢美と出会った頃のことを語り始める。成長した自分をもっと頼ってほしいと言う咲太郎に、亜矢美はあるお願いをする。
┣15(木)亜矢美は立ち退きを迫られた「風車」に代わる新しい店のことを語る。店を用意するのは自分達に任せてほしいと言う咲太郎に、亜矢美は自らの思いを口にする。
┣16(金)茜は社長から、産休明けは契約社員として働いてほしいと告げられる。会社のやり方にどうしても納得がいかない神地(染谷将太)は、憤る思いをなつ達にぶつける。
┣17(土)なつは今後の生活や仕事に不安を抱く。だが、生活は自分が支えると言う坂場に背中を押されて、仕事への思いを新たにし、下山(川島明)と神地に決意を伝える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月18日更新】
■ あらすじ(第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」8/19~8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣19(月)なつ(広瀬すず)は咲太郎(岡田将生)や光子(比嘉愛未)らに妊娠を報告。さらに、電話で北海道・十勝の富士子(松嶋菜々子)にも知らせ、うれしさの反面、母となる不安を漏らす。
┣20(火)麻子(貫地谷しほり)が日本に帰ってきた。アニメの製作会社を立ち上げた麻子から、一緒にテレビ漫画を作らないかと誘われた坂場(中川大志)は、なぜか黙り込んでしまう。
┣21(水)坂場は帰宅したなつに、麻子の会社に行ったと打ち明ける。なつは坂場の決断を聞き、その熟慮に感謝する。やがて、なつは仲(井浦新)らに送られ、産休に入る。
┣22(木)なつが自宅でおなかの痛みを訴える。その時、玄関の呼び鈴が鳴る。富士子、剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)が上京したのだ。痛みが治まったなつは、皆と食卓を囲む
┣23(金)なつの陣痛が始まり、坂場、富士子、剛男、泰樹、咲太郎、光子らは病院に集まる。生まれてきた子どもの名前は、なつの希望で泰樹に決めてもらうことになる。
┣24(土)仕事に復帰したなつは、仲からテレビ漫画「魔法少女アニー」の原画を再び担当してほしいと言われる。一方、坂場は自宅で仕事をしつつ子育てをしているが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月25日更新】
■ あらすじ(第22週「なつよ、優しいわが子よ」8/26~8/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣26(月)共働きをしようにも娘の優を預ける保育園がなかなか見つからず、なつ(広瀬すず)は途方に暮れる。そんな時、なつは新作テレビ漫画の作画監督就任の打診を受ける。
┣27(火)なつは個人で保育を引き受けてくれる人を探そうと、求人のビラを作っていた。そこへ訪ねて来た茜(渡辺麻友)が、なつが働きに出ている間、優を預かると申し出る。
┣28(水)なつは優が熱を出したと茜から連絡を受ける。仕事が忙しいなつは坂場(中川大志)に優を迎えに行ってもらおうと、勤め先の麻子(貫地谷しほり)の会社に電話をかけるが…。
┣29(木)優(増田光桜)はすくすくと育ち、4歳になった。ある朝、なつは家に持ち帰った動画用紙に優が絵を描いているのを発見する。絵を見た坂場はあることに気付く。
┣30(金)優は茜の娘・明子(宝辺花帆美)の誕生日を一緒に祝いたいと譲らず、茜の家に泊まることに。その夜、なかなか眠れないなつの元に突然、電話がかかってくる。
┣31(土)馬が見たいと言う優に、なつは夏休みに北海道・十勝に連れて行くと約束。そんな中、なつは上京した夕見子(福地桃子)から天陽(吉沢亮)の気になる近況を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月1日更新】
■ あらすじ(第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」9/2~9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
9月
┣2(月)なつ(広瀬すず)は坂場(中川大志)から「大草原の小さな家」という書籍を基にしたテレビ漫画を一緒につくろうと誘われる。だが、会社を辞めるわけにはいかず、思い悩む。
┣3(火)入院中の病院を抜け出した天陽(吉沢亮)は自宅のアトリエにこもり、徹夜で絵を描き上げる。そして、妻の靖枝(大原櫻子)に畑を見てくると言い残してアトリエを去る。
┣4(水)優(増田光桜)を連れて帰郷したなつは天陽の家を訪問。そこで、山田(戸次重幸)らからあの日の夜のことを聞かされたなつは、アトリエで天陽の絵と向き合い…。
┣5(木)なつは「雪月」に立ち寄り、雪次郎(山田裕貴)や夕見子(福地桃子)らと再会する。そこに、雪之助(安田顕)が顔を出し、天陽が手掛けたというある物をなつに見せる。
┣6(金)天陽や優に背中を押されたなつは心を決め、早速、東京の坂場に電話をかける。さらに、柴田家の食卓で千遥の話題になり、なつは仕事への思いを新たにする。
┣7(土)テレビ漫画の企画書を麻子(貫地谷しほり)に提出した坂場は、企画を進めるに当たっての条件を麻子から出される。一方、なつは会社で仲(井浦新)と話をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月8日更新】
■ あらすじ(第24週「なつよ、この十勝をアニメに」9/9~9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣9(月)麻子(貫地谷しほり)の会社に入ったなつ(広瀬すず)は新しいテレビ漫画「大草原の少女ソラ」の作画監督を任され、坂場(中川大志)や神地(染谷将太)らと共に企画を進めていく。
┣10(火)新作の舞台が北海道に決まり、なつ、麻子、坂場、神地らは取材のため十勝を訪れる。柴田家を訪れた一行に、泰樹(草刈正雄)は十勝に来た頃のことを語り始める。
┣11(水)なつや坂場らは、次に「雪月」を訪れ、とよ(高畑淳子)から開拓時代の話を聞く。とよが熱弁を振るっている時、思いも寄らない人が店に入ってきて、一同は驚く。
┣12(木)社員の誰もが納得する主人公・ソラのイメージ画が描けず、思い悩むなつ。そんななつに、下山(川島明)は十勝でスケッチした優(増田光桜)と泰樹の絵を見せる。
┣13(金)なつは多忙を極めながらも充実した日々を送っていた。そんな中、新作の放送に向けた声優のオーディションが行われ、蘭子(鈴木杏樹)達の配役が決まっていく。
┣14(土)「大草原の少女ソラ」の放送が始まり、泰樹、富士子(松嶋菜々子)らはそれぞれの場所、それぞれの思いで見る。初回放送は無事に終わったものの、視聴率は今一つで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月15日更新】
■ あらすじ(第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」9/16~9/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣16(月)ついになつ(広瀬すず)と再会した千遥(清原果耶)だが、足早に場を去ろうとする。なつに近況を聞かれた千遥は東京・神楽坂の小料理店「杉の子」で働いていると明かす。
┣17(火)なつは咲太郎(岡田将生)や信哉(工藤阿須加)らと共に、初めての客として杉の子を訪問。千遥は料理を作りながら、なつ達の話に耳を傾ける。咲太郎はある料理を注文し…。
┣18(水)千遥の娘・千夏(粟野咲莉)は「大草原の少女ソラ」で牛の乳搾りの場面を見て、自分も乳搾りがしたいと言う。家で同じ場面を見ていた優(増田光桜)も同じことを言い出す。
┣19(木)再びなつに会った千遥は、なつがどんな境遇で育ってきたのかをアニメを見て知ったと言う。さらに千遥は、杉の子を辞めようと思っているとなつに打ち明ける。
┣20(金)なつと咲太郎は杉の子へ。そこに千遥の夫・清二(渡辺大)とその母、千遥が育った置き屋の女将・なほ子(原日出子)が集まる。一同を前に、千遥は話し始める。
┣21(土)上京した剛男(藤木直人)に、なつは夏休みになったら優と千遥と千夏を連れて北海道へ行くと言う。一方、剛男は泰樹(草刈正雄)が最近、穏やかになったとなつに話す。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月22日更新】
■ あらすじ(第26週(最終週)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」9/23~9/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
┣23(月)小学校に上がる優(増田光桜)のため、富士子(松嶋菜々子)が上京。なつ(広瀬すず)に、泰樹(草刈正雄)の元気がないと話す。一方、「大草原の少女ソラ」は人気作となっていた。
┣24(火)泰樹はテレビを見て物思いにふけっていた。そして放送後、久しぶりにとよ(高畑淳子)を訪ねる。一方、麻子(貫地谷しほり)はテレビ局から納品が遅いと言われる。
┣25(水)「大草原の少女ソラ」は大好評のうちに終了。スポンサーの会社社長が中心となり番組の成功を祝う。次回作も依頼されたと知った一同は様々な思いを巡らせる。
┣26(木)なつは坂場(中川大志)、優、千遥(清原果耶)、千夏(粟野咲莉)を連れて、北海道・十勝に帰る。夜、なつと千遥は、柴田家のかつての子ども部屋で互いの思いを語り合う。
┣27(金)照男(清原翔)は牛舎を建て替え、新しい設備の導入を考えていた。泰樹は照男のやりたいようにすればいいと言う。その晩、台風が十勝を直撃。嵐が吹き荒れる。
┣28(土)台風が去った翌日、なつと泰樹は天陽の畑へ向かい、靖枝(大原櫻子)の復旧作業を手伝う。一方、柴田家に滞在中の坂場は麻子から次回作について電話を受ける。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック