FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2019年メディアミックス作品)3月15日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/03/15 (Fri)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(3月15日全国公開)

3月15日(金)公開
┣キャプテン・マーベル
┣Bの戦場
┣えいがのおそ松さん
┣君は月夜に光り輝く
┣グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION
┣まく子



映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:アクション
 キャプテン・マーベル   【3月15日公開】

キャプテン・マーベル (ShoPro Books)
ケリー・スー・デコニック
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 30,028


■内容紹介
3月15日公開映画『キャプテン・マーベル』に合わせ、キャプテン・マーベルの単独コミックがいよいよ発売!
伝説のエースパイロットとして活躍していたキャロル・ダンバース。彼女はキャプテン・マーベルとして強力なパワーに目覚め、新たな使命に立ち向かう! 謎に包まれたミステリアスな女性ヒーローがついにベールを脱ぐ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1新生キャプテン・マーベルのリブート・オリジン的ストーリー
「戦う女性であり、ヒーロー」という彼女のキャラクターをしっかり描いた良作。  

キャロル・ダンバースが新たなキャプテン・マーベルとして帰ってきた!亡き先人の遺志を継ぎ、その名の恥じぬ活躍を見せるために。だが、彼女はキャプテン・マーベルの称号を受け継ぐことに戸惑いを感じていた。そこには、初代キャプテン・マーベルで知られる偉大なクリー人戦士マー=ベルからその名を奪ってしまうという罪悪感や、彼女の進路を決定づけた憧れの女性パイロットで、火災事故で亡くなったヘレン・コブへの未練など様々な思いが入り交じっていた。ヘレンを弔った後、キャロルが彼女の飛行機を操縦していると、時空を超えるという不可思議なことが起こった。過去に遡ったキャロルは、歴史を改変しかねない波乱に巻き込まれ、謎の巨大兵器と戦い、そして、ついには若き日のヘレンと対面することになるのだが…。巻末では誕生からミズ・マーベルを経て現在に至る、キャロル・ダンバースの歴史を大紹介!これがアメリカンな女性像なのか。 前半と後半とで絵柄がかなり異なるも、最後の山場の盛り上がりは良し。 きれいにまとまった話。 「最強ですから」 。コミックと映画は違うんだな。コミックでは時空を超える話だった。




■映画ストーリー
1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。

★映画チェック★
『ルーム』などのブリー・ラーソンをヒロインに迎え、1990年代の地球を舞台に描くアクション。驚異的な力を持つ主人公が、失った記憶をめぐる戦いに挑む。『コールド マウンテン』などのジュード・ロウをはじめ、『アベンジャーズ』シリーズなどのサミュエル・L・ジャクソンらが共演。『なんだかおかしな物語』などで組んできたアンナ・ボーデンとライアン・フレックが監督を務める。

■スタッフ
監督・脚本・ストーリー:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
脚本・ストーリー:ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレ ット
ストーリー:ニコール・パールマン/メグ・レフォーヴ
製作:ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート/ヴィクトリア・アロンソ/ジョナサン・シュワルツ/パトリシア・ウィッチャー/スタン・リー
共同製作:デヴィッド・J・グラント
撮影監督:ベン・デイヴィス
プロダクションデザイン:アンディ・ニコルソン
編集:エリオット・グレアム/デビー・バーマン
衣裳::サーニャ・ヘイズ
視覚効果・アニメーション:インダストリアル・ライト&マジック
視覚効果監修:クリストファー・タウンゼント
ビジュアル開発主任:アンディ・パーク
音楽:パイナー・トプラク
音楽監修:デイヴ・ジョーダン/キャスティング/サラ・ハリー・フィン

☑映画詳細データ
英題:CAPTAIN MARVEL
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
カラー/シネマスコープ/ドルビーサラウンド5.1 / 7.1

■キャスト(役名)
ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル)
サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)
ベン・メンデルソーン(タロス)
ジャイモン・フンスー
リー・ペイス
ラシャーナ・リンチ
ジェンマ・チャン
アネット・ベニング(ウェンディ・ローソン)
クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)
ジュード・ロウ(スターフォースの司令官)

(日本語吹き替え版)
水樹奈々(キャプテン・マーベル)
森川智之(スターフォースの司令官)
日笠陽子(ミン・エルヴァ)
安元洋貴(ブロン・チャー)
日野聡(アット・ラス)
関俊彦(タロス)








ジャンル:結婚
 Bの戦場   【3月15日公開】



Bの戦場 2 さいたま新都心ブライダル課の機略 (集英社オレンジ文庫)
ゆきた 志旗
集英社 (2017-06-22)
売り上げランキング: 81,045


Bの戦場 3 さいたま新都心ブライダル課の果断 (集英社オレンジ文庫)
ゆきた 志旗
集英社 (2017-12-14)
売り上げランキング: 72,748


Bの戦場 4 さいたま新都心ブライダル課の慈愛 (集英社オレンジ文庫)
ゆきた 志旗
集英社 (2018-03-20)
売り上げランキング: 24,294


Bの戦場 5 さいたま新都心ブライダル課の変革 (集英社オレンジ文庫)
ゆきた 志旗
集英社 (2018-09-20)
売り上げランキング: 23,510




■内容紹介
物心ついた頃から“ブス”だったわたし。子供の時に参列した結婚式に憧れて、せめて誰かの幸せな瞬間を演出したいと、ウェディングプランナーの職に就いた。様々なお客様が人生の門出を祝おうとホテルを訪れる。そんなわたしが、やり手の美形上司・久世課長に求婚された!?「香澄さん、ずっと探していました。あなたのような…絶世のブスを」「はぁ!?(怒)」

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
〈受賞情報〉ノベル大賞大賞(2016年度)
Arikaアイコン(小)1 ホテルのブライダル部門で働いている…絶世の、不美人が主人公 
物心つく頃からブスだったわたし。結婚式に憧れて、自分は無理でも演出する人になろうとウェディングプランナーになった。そんなわたしが、ブスゆえに、やり手で絶世の美男子の久世課長に求婚され!? 絶世の美男子上司と絶世のブスの恋を描いた作品。ホテルのブライダル部門で働いている…絶世の、不美人が主人公。さいたま新都心のホテルのウェディングプランナー香澄(絶世のB)のお仕事小説兼諦め掛けていた恋、しかも超絶美男子上司と、という話。挿絵がちょいちょいあるけどそれぞれ顔が隠されているw。上司は審美眼は普通だけどB専で、口説き文句が正直辛い。Gと比較されたりとか全く嬉しくないやい。花屋さんの方が絶対安心と思ってたけど。ついに恋心に目覚めて可愛くなってきた香澄に戸惑う上司とか。卑下、コンプレックスに暴言とかそういうのがちょっと辛いけど文章軽快で読みやすく楽しいお仕事小説ではあるし、香澄には幸せになって欲しいな。恋愛模様がとても面白く上司がブスに放つ言葉を、ブスが心の中で突っ込むところがクスッと笑えた。ブスも恋すれば、最初は絶世のブスである事を褒めちぎるしかなかった上司も、『可愛い』と言ってくれる。女性は不思議な生き物だと改めて思った。確かに面白かったんだけど、なんだろうこの素直に面白かったと言えない気持ち ... 。ブスと言う単語が出過ぎなのがちょっと不快。








■映画ストーリー
香澄(よしこ)は自他共に認める絶世のブスのため自分の結婚は諦め、ウエデイングプランナーとして働いていた。ある日彼女は、突然イケメン上司の久世(速水もこみち)から求婚される。だが、自ら“意識高い系B専”と称する久世は、親しみを込めて香澄をドブス呼ばわりしたため彼女は久世を無視してせっせと仕事をこなすが、トラブルが起こる。

★映画チェック★
お笑いコンビ、ガンバレルーヤのよしこをヒロインに迎え、ゆきた志旗の小説を映画化したラブコメディー。容姿コンプレックスのため結婚を諦めていた主人公が、突如2人の男性に言い寄られる。ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」などの速水もこみちと、『猫忍』シリーズなどの大野拓朗がヒロインにアプローチする男性を演じる。ドラマ「私が恋愛できない理由」などの演出を担当してきた並木道子がメガホンを取った。

■スタッフ
監督:並木道子
脚本:久馬歩
原作:ゆきた志旗
製作:藤原寛
エグゼクティブプロデューサー:片岡秀介

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:KATSU-do
製作:吉本興業
カラー

■キャスト(役名)
よしこ(香澄)
大野拓朗(武内)
高橋ユウ
有村藍里
おのののか
山田真歩
安藤玉恵
速水もこみち(久世)




ジャンル:アニメ作品 えいがのおそ松さん   【3月15日公開】












■映画ストーリー
松野家の6つ子のおそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松は、成人後も女性経験がなくニートから脱することもできなかった。ある日、高校の同窓会に出席した彼らは、クラスメートが社会の一員として活躍しているのを知る。さえない自分たちの現状がバレてしまった彼らは、家に帰るとやけ酒をあおってふて寝する。次の日の朝、目を覚ましたおそ松たちの前に信じられない光景が広がっていた。

★映画チェック★
赤塚不二夫の代表作の一つ「おそ松くん」を原作にしたアニメの劇場版。全員がニートという松野家の6つ子が、高校の同窓会に出席したことから物語が展開する。監督の藤田陽一、脚本の松原秀、キャラクターデザインの浅野直之をはじめ、ボイスキャストの櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由らが結集した。


■スタッフ
原作:赤塚不二夫
監督:藤田陽一
脚本:松原秀
キャラクターデザイン:浅野直之
美術監督:田村せいき
色彩設計:垣田由紀子
編集:坂本久美子
撮影監督:福士享
音楽:橋本由香利
音響監督:菊田浩巳

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:松竹
アニメーション制作:studioぴえろ
カラー

■声の出演(キャラ名)
櫻井孝宏(おそ松)
中村悠一(カラ松)
神谷浩史(チョロ松)
福山潤(一松)
小野大輔(十四松)
入野自由(トド松)
遠藤綾(トト子)
鈴村健一(イヤミ)
國立幸(チビ太)
上田燿司(デカパン)
飛田展男(ダヨーン)
斎藤桃子(ハタ坊)
井上和彦(松造)
くじら(松代)









ジャンル:恋愛
 君は月夜に光り輝く   【3月15日公開】

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)
佐野 徹夜
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 1,214


君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫)
佐野 徹夜
KADOKAWA (2019-02-23)
売り上げランキング: 7,407


君は月夜に光り輝く (上) (MFC)
マツセダイチ
KADOKAWA (2019-02-22)
売り上げランキング: 37,294


■内容紹介
"この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。"

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 生きることにも死んでしまうことにも不安や恐怖はあるけど…… 
大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間が再び動きはじめた。今を生きるすべての人に届けたい最高のラブストーリー。死ぬまでにやりたいことリストを代行してもらうのってありきたりっていうかどこかで見たなと思ってしまった。読み終わる直前に映画化のことを知ったので、知らないうちにテレビとかで聞いてたのかもしれないけど。ただ、何でもいいから生きなきゃ、何かしなくちゃという気になった。まみずが卓也に出会うまで子供について考えなかったように、私も夫に出会うまで子供欲しいとも思わなかったし、どんどん欲深く生きていきたいと思った。さらっと読むことができたし ラスト近くはやはり泣けましたね。 映画も観たくなったし、卓也と香山のその後も気になるのでFragmentsも続けて読むつもりです。 生きることにも死んでしまうことにも不安や恐怖はあるけど、その不安や恐怖を自分自身で受け止める卓也やまみずは凄いと思いました。






■映画ストーリー
高校生の渡良瀬まみず(永野芽郁)は、死が近づくほど肌が強く光る“発光病”を患っていた。発光病の患者が成人まで生存した例はなく、彼女は病院から出られない。まみずの同級生の岡田卓也(北村匠海)は彼女の願いを実行し、感想を伝えることにする。その“代行体験”を通じてまみずは人生を楽しむようになり、卓也は彼女のことが好きになっていく。

★映画チェック★
第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の原作を映画化したラブストーリー。不治の病を患う少女と、彼女が願うことを代わりに体験する少年のエピソードがつづられる。NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などの永野芽郁と、『君の膵臓をたべたい』などの北村匠海が主演を務めた。『響-HIBIKI-』などの月川翔がメガホンを取り、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、長谷川京子、及川光博らが共演している。


■スタッフ
原作:佐野徹夜
監督・脚本:月川翔
音楽:伊藤ゴロー
劇中音楽:歌川幸人
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:春名慶/岸田一晃
プロデューサー:神戸明
ラインプロデューサー:濱崎林太郎
撮影:柳田裕男
美術:五辻圭
録音:加藤大和
照明:宮尾康史
編集:坂東直哉
助監督:牧野将
製作担当:和氣俊之
装飾:安藤千穂
VFXスーパーバイザー:鎌田康介
スタイリスト:望月恵
ヘアメイク:百瀬広美
スクリプター:中村愛由美
俳優担当:舟本佳子
音楽プロデューサー:北原京子
プロダクション統括:佐藤毅

☑映画詳細データ
製作国:日本
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
カラー
(全国東宝系)

■キャスト(役名)
永野芽郁(渡良瀬まみず)
北村匠海(岡田卓也)
甲斐翔真(香山彰)
松本穂香(岡田鳴子)
今田美桜(平林リコ)
優香(岡崎)
生田智子(渡良瀬律)
長谷川京子(岡田恭子)
及川光博(深見真)








ジャンル:アニメ作品
 グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION   【3月15日公開】















■映画ストーリー
国の組織CIRS(サーズ)が作った特殊技能訓練校・美浜学園には、行き場のない少女たちが集まっていた。拳銃使いのレナこと深見玲奈、狙撃が得意なトーカこと獅子ヶ谷桐花、爆弾と情報処理専門のクリスこと鯨瀬・クリスティナ・桜子、諜報(ちょうほう)活動を担当するムラサキこと狗駒邑沙季は、SORD(ソード)のメンバーとして危険な事件にかかわる活動を行っていた。ある日、入国予定だった要人が行方知れずになり、彼女たちは捜査を開始する。

★映画チェック★
危険な任務を与えられた少女たちの活躍を描く、PCゲームを基にしたアニメシリーズの劇場版。特殊技能訓練校に集まった少女たちが、事件を捜査する姿が描かれる。監督の天衝やキャラクターデザインの渡辺明夫ら、アニメ「グリザイア」シリーズのスタッフが再集結。ボイスキャストは内田真礼、佐倉綾音、名塚佳織、種崎敦美らが担当する。

■スタッフ
原作:フロントウイング
企画・プロデューサー:山川竜一郎
原案:藤崎竜太
監督・シリーズ構成・脚本:天衝
キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫
副監督:村山公輔
色彩設計:林可奈子
美術設定:塩澤良憲
美術監督:後藤俊彦
撮影監督:熊澤祐哉
CGIプロデューサー:根本繁樹
CGIディレクター:高橋将人
編集:武宮むつみ
音響監督:濱野高年
音響制作:マジックカプセル
音楽:藤間仁/松本文紀
楽曲プロデューサー:西村潤
PV・公式サイト制作:.MP
アソシエイトプロデューサー:小林亨庸尊
OPテーマ:黒崎真音
EDテーマ:南條愛乃

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:角川ANIMATION/MBSアニメーション
製作:Frontwing
カラー

■声の出演(キャラ名)
内田真礼(レナ)
佐倉綾音(トーカ)
名塚佳織(クリス)
種崎敦美(ムラサキ)
南條愛乃(マキ)
代永翼(ハルト)
井澤美香子(有坂秋桜里)
行成とあ(仙石一縷)
近江知永(野上)
北垣内春香(山本イヅミ)
ブリドカットセーラ恵美(稲垣チョコ&稲垣バニラ)
須藤翔(宇川千尋)





ジャンル:人生
 まく子   【3月15日公開】

まく子 (福音館文庫)
まく子 (福音館文庫)
posted with amazlet at 19.04.02
西 加奈子
福音館書店
売り上げランキング: 5,791


まく子 (福音館の単行本)
西加奈子
福音館書店
売り上げランキング: 74,301


■内容紹介
小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしく、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。そんなとき、コズエがやってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、なんだって「撒く」ことが大好きで、そして、彼女には秘密があった。信じること、与えること、受け入れること、そして変わっていくこと……。これは、誰しもに訪れる「奇跡」の物語。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1大人になると、傷つくのが怖くて、初めから信じられなくなることもある  
素敵で甘酸っぱい思春期の入口のお話。 大人になる事は汚ないし、いつまでも子供のままでいたい。 けれども大人になっていき、色々な事を受け入れていく事ができる。 そして、少しずつ強さも身に付ける。 父ちゃんも母ちゃんもうわきあいてもちょっと変わった人も社会にはいるんだよ、って事。意外な内容だったけど、良かった。 小学生の慧が住む温泉街に起こる不思議な夏。コズエと出会い大人になることや生命の再生について気づく。 ドノの、嘘つかれるのが嫌だから最初から信じないのは嫌、全部信じて嘘だと分かってから傷つく、みたいなセリフ、記憶に残った。 慧が大人になるのが怖くて泣くシーンや、お父ちゃんと下半身を確かめ合って、みんな変でみんなオエッなんだよ、と言ってもらったシーンも良かった。主人公の少年が大人になってゆく過程で、これほどまでの葛藤があるということが今更驚いています。私も男 女 一人づつ子育てをしましたが、そこまで苦しんで悩んでいたのかと、思い知らされました。大人になる時、心と体のバランスが取れないくらいの年代の子の心の揺れ方の表現はさすがだなぁ。 しかし、コズエの正体がホントにそうだったとは。 そこだけは、突拍子もないように感じてしまった。西さんの小説は登場人物の気持ちを深く掘り下げられていて、そこまで人の感情を読めることに驚きです。思春期の少年の繊細な心の描写が、美しい。西さんの絵も良い。暗闇で表紙を見たら、あっ!この本も粒で出来てる!洒落てます。







■映画ストーリー
ひなびた温泉街に暮らす小学5年生のサトシ(山崎光)は、成長に伴う体の変化に戸惑い、遊び人の父親光一(草なぎ剛)のことを不快に思っていた。そんな折、コズエ(新音)という少女が転入してくる。サトシは、奇妙な言動の彼女に驚くが、次第に心惹(ひ)かれていく。ある日コズエは、自分がほかの星からやってきたという秘密をサトシに打ち明ける。

★映画チェック★
直木賞受賞作「サラバ!」などで知られる西加奈子の小説が原作のドラマ。小さな温泉街を舞台に、転入してきた美少女の秘密を知ったことで成長していく少年の姿を映す。メガホンを取るのは、『うつろいの標本箱』などの鶴岡慧子。『真夏の方程式』などの山崎光、『Blue Wind Blows』の新音、『ハート・オブ・ザ・シー』などの須藤理彩、『クソ野郎と美しき世界』などの草なぎ剛が出演する。草なぎは多感な十代の少年を子供に持つ父親にふんしている。


■スタッフ
脚本・監督:鶴岡慧子
原作:西加奈子
プロデューサー:赤城聡

映画詳細データ
製作国:日本
配給:日活
カラー
(テアトル新宿ほか)

■キャスト(役名)
山崎光(南雲慧)
新音(コズエ)
須藤理彩(南雲明美)
草彅剛(南雲光一)
つみきみほ(コズエのオカアサン)
村上純(ドノ)
橋本淳(小菅)
内川蓮(生類)
根岸季衣(キミエおばちゃん)
小倉久寛(校長)







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック