FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2019年メディアミックス作品)3月23日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/03/23 (Sat)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(3月23日全国公開)

3月23日(土)公開
┣美人が婚活してみたら
┣KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- II カケル×ジョージ×ミナト 


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:婚活
 美人が婚活してみたら  【3月1日公開】

美人が婚活してみたら
小学館クリエイティブ (2017-05-11)


美人が婚活してみたら2
小学館クリエイティブ (2018-04-11)


美人が婚活してみたら(3) (Vコミ)
とある アラ子
小学館クリエイティブ (2019-03-11)
売り上げランキング: 51,753


■内容紹介
仕事にも容姿にも恵まれていたアラサー美女のタカコは、ある大きな恋を終えた途端、燃え尽き症候群になってしまった。
それまでの自由奔放だった恋愛関係を見直したタカコは、「自分に必要なのは、本当に好きな人との落ち着いた生活だ」と初めて気づく。だが、自由すぎる恋しかしてこなかったうえ、気づけばすっかり三十路を超えてしまったタカコの周辺にいるのは、既婚の女友達や男性ばかり。自分を変えるため、そして金銭的にも安泰な人生をゲットするために一念発起したタカコは、渋々婚活サイトに登録してみるのだが……?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 結婚したい…! 美人アラサーの狂騒劇 
不倫を繰り返して来た32歳美人のタカコ。一念発起して婚活するも、好きになれる人にはなかなか出会えず。

家族や友達に恵まれながらも不倫を繰り返してきた美人、タカコ32歳。結婚したいと思っている自分に気付き、一念発起して婚活をするも、好きになれる人にはなかなか出会えず。……人と出会う時、容姿は良くも悪くも入り口ではないか、と思う。かつて、女でも尻込みしてしまうほど美人の方と働いたことがある。しかし尻込みしたのは一時的で、本当に気さくで気持ちの良い方だった。きっと美人の方はそういう面が“入り口”の奥に隠されてしまうこともあるだろうし、本人もまたそれに惑わされることがあるのかもしれない。美人かそうでないかは、結婚し易さに関係ないと思いますが、もし婚活サイトに超絶美人が居たら、誰でもサクラだと疑うことでしょう。自虐風に描かれているものの、どこか上から目線を感じさせる主人公に好感が持てず……こういうメンタルだと幸せになれないってことなんだなあ。美人かどうかは関係なくて。うーん。





■映画ストーリー
美しく仕事もできるが、既婚者ばかりと恋愛してきたWEBデザイナーのタカコ(黒川芽以)は、32歳にして本気で婚活をしようと決意する。彼女は自分を変え、やすらかな人生を手にするため、親友のケイコ(臼田あさ美)に勧められた婚活サイトに登録。そしてタカコの前に園木(中村倫也)と矢田部(田中圭)が現れる。

★映画チェック★
婚活女性の本音を描いたとあるアラ子によるコミックを実写映画化。不毛な恋愛に疲れて婚活を始めた女性が、理想と現実の間で揺れ動く。恋愛運のないヒロインを『南風(なんぷう)』などの黒川芽以が演じるほか、臼田あさ美、中村倫也、田中圭らが共演。『勝手にふるえてろ』などの大九明子が監督、お笑いコンビ・シソンヌのじろうが脚本を務めた。


■スタッフ
監督:大九明子
原作:とあるアラ子
脚本:じろう

☑映画詳細データ
製作国:日本
製作:吉本興業
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー/テレビ朝日
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:KATSU-do
カラー
(新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)

■キャスト(役名)
黒川芽以(タカコ)
臼田あさ美(ケイコ)
中村倫也(園木)
田中圭(矢田部)
村杉蝉之介(相坂)
レイザーラモンRG(久保田)
市川しんぺー(梅沢)
矢部太郎(荒木)
平田敦子(沢渡)
成河(前澤)








ジャンル:アニメ作品
 KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- II カケル×ジョージ×ミナト 
   【3月23日公開】


KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 全国横断いたしまSHOW!
朝前 みちる
KADOKAWA (2019-02-23)
売り上げランキング: 235,749



KING OF PRISM by Pretty Rhythm プリズムスタァ公式ファンブック (e-MOOK)

宝島社 (2016-09-16)
売り上げランキング: 459,676


■内容紹介
口コミがきっかけでロングラン上映となり、ついに、次回作の制作が発表された話題の映画
『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』の付録付きファンブックが発売!
オバレへのインタビューやエーデルローズ新入生のバッグの中身予想、コウジのあのレシピ
を本格的に再現など、作品の世界を楽しみつくす一冊です。

【付録】
1)エーデルローズ生徒手帳型カードケース
2)描き下ろしポスター(A3変型 2種)
3)エーデルローズ学生証(10人分)

【内容】
Over The Rainbowインタビュー
エーデルローズ新入生のバッグの中身を予想!
コウジのレシピ再現
キャストインタビュー:寺島惇太
キャスト対談:畠中 祐×武内駿輔
スタッフ対談:菱田正和×長崎行男、西 浩子×依田 健
ほか







■映画ストーリー
十王院カケルは、シュワルツローズの総帥、法月仁の息がかかる真田常務によって、苦境に立たされる。さらに報道番組では、カケルが十王院ホールディングスの専務取締役を解任されると伝えられ、一条シンや太刀花ユキノジョウらエーデルローズのメンバーは彼を心配していた。そして彼が本名のカズオではなく、カケルという名前でプリズムスタァを志した訳が明らかになる。

★映画チェック★
華やかなショーの世界の人間ドラマを描いたアニメを、劇場編集版として公開する全4編の第2弾。フィギュアスケートや歌、ダンス、心の飛躍を表現するプリズムジャンプなどから構成されるプリズムショーに挑むプリズムスタァ候補生たちのうち、十王院カケル、高田馬場ジョージ、鷹梁ミナトがフィーチャーされ、アニメ版にはないおまけパートも上映される。カケル、ジョージ、ミナトの声を、八代拓、杉田智和、五十嵐雅が担当した。

■スタッフ
監督:菱田正和
助監督:渡辺葉
シリーズ構成:青葉譲
キャラクター原案:松浦麻衣
キャラクターデザイン・総作画監督:原将治
サブキャラクターデザイン・総作画監督:諏訪壮大/戸田さやか
サブキャラクターデザイン:水澤智可
総作画監督:黒川あゆみ
CGディレクター・プリズムショー演出:乙部善弘
プリズムショー演出:京極尚彦/今中菜々
色彩設計:赤間三佐子
美術監督:スコット・マクドナルド
美術設定:高橋麻穂
撮影監督:神木正士
編集:坂本雅紀
音楽:石塚玲依
音響監督:長崎行男

☑映画詳細データ
製作国:日本
音楽制作・原作・配給:エイベックス・ピクチャーズ
原作・アニメーション制作:タツノコプロ
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
製作:キングオブプリズムSSS製作委員会
カラー

■声の出演(キャラ名)
寺島惇太(一条シン)
斉藤壮馬(太刀花ユキノジョウ)
畠中祐(香賀美タイガ)
八代拓(十王院カケル)
五十嵐雅(鷹梁ミナト)
永塚拓馬(西園寺レオ)
内田雄馬(涼野ユウ)
蒼井翔太(如月ルヰ)
武内駿輔(大和アレクサンダー)
杉田智和(高田馬場ジョージ)
柿原徹也(神浜コウジ)
柿原徹也(神浜コウジ)
前野智昭(速水ヒロ)
増田俊樹(仁科カヅキ)
関俊彦(氷室聖)
森久保祥太郎(黒川冷)
浪川大輔(山田リョウ)
三木眞一郎(法月仁)










関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック