FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2019年春、ドラマ24「きのう何食べた?」

kage

2019/06/28 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月5日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:12~24:52

 ドラマ24「きのう何食べた?」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:よしながふみ「きのう何食べた?」(講談社「モーニング」連載中)



脚本:安達奈緒子
監督:中江和仁/野尻克己/片桐健滋
プロデューサー:阿部真士/松本拓/祖父江里奈/佐藤敦/瀬戸麻理子
エンディング:iをyou/フレンズ

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマ24「きのう何食べた?」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
筧史朗:西島秀俊
町の小さな法律事務所で働く雇われ弁護士。賢二と2LDKで暮らし、食事の買い出しや支度を担当している。料理上手で、月の食費を2万5千円に収めるために毎日近所の安売りスーパーを巡っている。きちょうめんな性格で倹約家。

矢吹賢二:内野聖陽
史朗の恋人で、美容室で働く雇われ美容師。史朗のことを「シロさん」と呼ぶ。美容師ならではの手先の器用さを持ってはいるが、食事の支度は基本的に史朗にお任せ。人当たりのいい性格。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西島秀俊と内野聖陽がW主演。男性カップルの食卓を通して、柔らかな日常を描く! 
「大奥」「西洋骨董洋菓子店」など代表作多数の漫画家・よしながふみによる同名コミックを原作に、男性カップルの毎日の食卓を通して浮かび上がる、人生の機微とほろ苦くて温かな日常をリアルに描く。

西島秀俊が料理上手で倹約家の弁護士・筧史朗を、内野聖陽が史朗と同居する美容師の矢吹賢二に扮する。2人のビジュアルが原作のイメージ通りだと話題になったが、毎回披露される“おいしく安上がりな手料理”の実用的なレシピにも注目。脚本を手掛けるのは、「透明なゆりかご」(NHK)、「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」(ともにフジテレビ系)の安達奈緒子。


2019春号:2019年4月1日〜2019年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月4日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
小さな法律事務所で働く雇われ弁護士・筧史朗(西島秀俊)の日課は、定時に仕事を上がってから近所の安売りスーパーへ向かい、お買い得な食材を吟味し夕食の献立を組み立てていくこと。そして、夕食の支度が調った頃に、史朗と同居する美容師の矢吹賢二(内野聖陽)が帰宅してくる。2人は、「シロさん」「ケンジ」と呼び合う恋人同士で、夕食は日々の出来事や思いを語り合う大事な時間だ。

そんなある日、町を歩く2人は、賢二の美容室の常連・千石さんと出会う。「この人が例の彼氏さん?」と賢二に問う千石さんの言葉に、史朗は戸惑う。自分たちの関係を、職場や客にまで話している賢二に対し、史朗は職場にすら明かしていなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月4日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/4/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
街の小さな法律事務所で働く弁護士・史朗(西島秀俊)の日課は、定時で職場を出た後に近所のスーパーへ向かうこと。頭に入った近隣店舗の激安情報を基に買い物を終え、ひらめいたメニューを手際よく作っていく。食卓に並ぶ料理を見て充実感に浸っているところへ、美容師の賢二(内野聖陽)が帰宅する。実は2人は恋人同士。史朗は職場ではカミングアウトしていないが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月12日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
7月のある朝。休日の賢二(内野聖陽)は史朗(西島秀俊)を仕事に送り出した直後、史朗が忘れたスマートフォンに‘佳代子’という女性からメッセージが届いたのを偶然見てしまう。取りに戻った史朗に気付かれないよう取り繕うが、気になって仕方がない賢二。夕方になってもその一件が頭から離れない賢二は、変装して史朗が女性と約束していたスーパーへと向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月19日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秋の午後、史朗(西島秀俊)は実家へ。父・悟朗(志賀廣太郎)と母・久栄(梶芽衣子)は史朗と賢二(内野聖陽)の関係を受け入れていると言うが、どこか不自然だ。帰宅した史朗は、何ともいえない気持ちを賢二に話せない。日曜の昼。佳代子(田中美佐子)の家でコールスローを作っていた史朗は、佳代子の夫・富永(矢柴俊博)に、テニス仲間で同性愛者だという小日向(山本耕史)を紹介される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
悟朗(志賀廣太郎)の大手術前日。落ち着かない史朗(西島秀俊)に賢二(内野聖陽)は、久栄(梶芽衣子)へのプレゼントを差し出す。無理に渡さなくていいと言う賢二に、史朗は渡すと約束する。翌日、不安に耐えかねて泣きじゃくる久栄に、史朗はプレゼントのミニタオルを手渡すが、賢二からだと伝えるのをためらう。2週間後のクリスマスイブ。史朗はふと賢二との出会いを思い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月3日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
悟朗(志賀廣太郎)の術後の経過が順調で安心する史朗(西島秀俊)に、久栄(梶芽衣子)は「‘老い支度’をきちんと考えているのか」と案じる。賢二(内野聖陽)と添い遂げるつもりなのか、今後の話をしたいと、年末年始に里帰りするよう説得する久栄。思わず帰りたくないと吐露すると、賢二は「ぜいたくだ」と怒る。史朗はふと、賢二から家族の話を聞いたことがないと気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月10日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
史朗(西島秀俊)が小日向(山本耕史)からの度重なる誘いに頭を悩ませていた3月、弁護士事務所に女性の司法修習生が来ることに。所長の美江(高泉淳子)は、指導を史朗に託す。話を聞いた賢二(内野聖陽)は、史朗が修習生に迫られるのではとやきもきする。やって来た修習生・長森(真魚)は聡明(そうめい)かつ感じのいい女性。しかも、史朗に好意があるそぶりを見せてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月17日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
賢二(内野聖陽)は、史朗(西島秀俊)の友人カップルの小日向(山本耕史)と航(磯村勇斗)に初めて会う。その食事会で、史朗がある女性アイドルの大ファンと知り、やきもきする賢二。とはいえ、史朗が友人同士の食事会に初めて連れ出してくれたことがうれしく、翌日、風邪で寝込んだ史朗の世話も楽しげだ。一方の史朗は、台所に立つ賢二の手際の悪そうな様子が気になり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
7月の金曜の夜、史朗(西島秀俊)は賢二(内野聖陽)に誘われ、オーガニックレストランにいた。店は男女のカップルだらけで、現れた賢二の友人の長島(正名僕蔵)と本田(菅原大吉)は同性カップルだ。史朗は店内の客が自分達に違和感を覚えているのを察知し、初対面の2人を冷たくあしらってしまう。帰り道、史朗は賢二に八つ当たりするが、原因は別のところにあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月7日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
司法修習所時代の同期・菅沼(バッファロー吾郎A)の結婚パーティーに行った史朗(西島秀俊)。だが、独身だと知った女性達に猛アピールされ、困惑する。その頃、賢二(内野聖陽)は三宅(マキタスポーツ)の話を聞いていた。浮気を娘に見られたと悩む三宅に、賢二はパートナーを大切にすべきだと諭す。帰宅してナポリタンを作った史朗は、一人の食事に味気なさを感じる。(※放送休止の可能性があります)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月11日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/6/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある秋、賢二(内野聖陽)は三宅(マキタスポーツ)から、仕事復帰する妻・レイコ(奥貫薫)のため美容室の2階をエステルームに改装したいと相談される。浮気問題を心配していた賢二は仲のよさそうな2人にほっとするが、和やかな空気は長くは続かない。翌朝、史朗(西島秀俊)は賢二宛てに届いた封書を渡す。それは生活保護を受ける父親(内田文吾)の扶養照会書類で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月21日更新】
■ あらすじ(第11話  2019/6/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
師走のある土曜日、実家に帰った史朗(西島秀俊)は、やけに穏やかな久栄(梶芽衣子)の様子が気になる。すると久栄は、正月に賢二(内野聖陽)をうちに連れてくればと言い出す。しかし史朗は即答できず、返事をしないまま実家を後にする。帰宅した史朗は、クリスマスを前にそわそわする賢二に、今年のディナーは小日向(山本耕史)、航(磯村勇斗)を招いて過ごそうと提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月26日更新】
■ あらすじ(第12話  2019/6/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
 正月、ついに史朗(西島秀俊)の実家へ行く日を迎え、賢二(内野聖陽)はどうにも落ち着かない。実家に着くと、さすがに史朗の顔もこわばり、出迎えた久栄(梶芽衣子)と悟朗(田山涼成)も緊張で言葉がなかなか出ない。そんな中、久栄は唐揚げの準備のため史朗を連れて台所へ行ってしまう。気まずい空気の中、悟朗は「史朗のアルバムを見よう」と賢二に声を掛け、2階の部屋へ。高校時代の史朗はよく勉強をしていたと語る悟朗。賢二は、勉強に励んだのは同性愛者であるが故、将来を見据えた行動だったのではないかと話す。










関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック