FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

大人本セレクト(186)...「東京創元社」お薦めしたい単行本4冊[薔薇の名前/夜の国のクーパー/魔道師の月/鞄図書館]

kage

2019/03/13 (Wed)

■大人だから楽しんで読める、
大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・186

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、


「東京創元社」お薦めしたい単行本4冊

国内外の良質なエンターテインメント小説を世に送り出してきた「東京創元社」。

書評家はもちろん著名人やマンガ家のもファンがいる「東京創元社」の魅力を紹介。お薦め

ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版
 東京創元社レーベル紹介

文|庫|本

■カラフルに色分けされている創元推理文庫の背表紙。その色にはこんな区別があるのです。
ピンク=女性
茶色=英国作家
緑色=本格ミステリ、ユーモアなど
青色=警察小説、ハードボイルド、冒険小説など
黄色=日本人作家のミステリ
灰色=ファンタジイ、ホラー
藤色=創元SF文庫

*複数の条件を満たす場合はいずれかの色になります。例外もあります。

創元推理文庫
ミステリ・ホラー、ファンタジイ、歴史ロマンが収録。

創元SF文庫
古典名作から最新の話題作まで選りのSF文庫

創元ライブラリ
珠玉の文芸、評論、ノンフィクション等ジャンルを問わず、簡便な文庫


単|行|本

創元クライム・クラブ
ミステリ界のトップランナーたちの作品紹介

ミステリ・フロンティア
ミステリの次世代を担う新鋭作家のためのレーベル

海外文学セレクション
欧米の魅力ある現代文学を紹介。

キイ・ライブラリー
内外のミステリ・SFの評論・研究書・研究叢書。


link09_c1.gif 
ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版「東京創元社」



〈海外文学〉
 薔薇の名前〈上・下〉/ウンベルト エーコ(著)  河島英昭(訳)

*第1位『もっとすごい!!このミステリーがすごい!』1988-2008年版ベスト・オブ・ベスト海外編
*第1位『このミステリーがすごい!'91』海外編
*第2位「週刊文春」ミステリーベスト10/20世紀海外部門


薔薇の名前〈上〉
薔薇の名前〈上〉
posted with amazlet at 19.04.04
ウンベルト エーコ
東京創元社
売り上げランキング: 10,805


薔薇の名前〈下〉
薔薇の名前〈下〉
posted with amazlet at 19.04.04
ウンベルト エーコ
東京創元社
売り上げランキング: 9,385


Arika報告書v1アイコン中世イタリアの修道院で起きた連続殺人事件。図書館を備えた中世北イタリアの修道院で「ヨハネの黙示録」に従った連続殺人事件が起きた。元異端審問官のウィリアムは弟子と調査をはじめるが――。博学のエーコが描く重層的な知の迷宮と事件を読み解く難解さが全世界を熱狂させた文学史上に輝く傑作。事件の秘密は知の宝庫ともいうべき迷宮の図書館にあるらしい。記号論学者エーコがその博学で肉づけした長編歴史ミステリ。全世界で異例の大ベストセラーとなった話題作。




〈国内ミステリ〉
 夜の国のクーパー /伊坂 幸太郎(著)

夜の国のクーパー [単行本版]
東京創元社 (2014-08-01)
売り上げランキング: 174,686


Arika報告書v1アイコン戦争に敗れた国に住む人語をしゃべる猫のトム。舟が遭難して流れ着いた男。鉄国の占領軍の兵士たち。一年一度暴れ出すという巨木のクーパー。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない──。これは猫と戦争と、そして何より、世界の秘密のおはなし。寓話でもファンタジイでもないジャンル分け不能な不思議な世界観で”世の理”を描いた、伊坂幸太郎が放つ渾身の書き下ろし長編。著者あとがき=伊坂幸太郎。




〈国内ファンタジイ〉
 魔道師の月/乾石 智子(著)

魔道師の月
魔道師の月
posted with amazlet at 19.04.04
乾石 智子
東京創元社
売り上げランキング: 467,088


Arika報告書v1アイコン大地の力を操る心に闇を持たぬ稀有は魔道師。言葉の魔力を持ちながら心に傷を負った書物の魔道士。こんなにも禍々しく怖ろしい太古の闇に、なぜ誰も気づかないのか。繁栄と平和を謳歌するコンスル帝国の皇帝のもとにある日献上された幸運のお守り〈暗樹〉。だが、それは次第に帝国の中枢を蝕みはじめる。自らのうちに闇をもたぬ稀有な魔道師レイサンダー、心に傷を抱えた書物の魔道師キアルス。若きふたりの運命が人々の心に棲み破滅へと導く太古の闇を巡って交錯する。人々を破滅に導く太古の闇を退けることはかなうのか? デビュー作『夜の写本師』に続き書店員や書評家たちを読書界を瞠目させた新生ファンタジイ作家の第二作。解説=妹尾ゆふ子




〈コミック〉
 鞄図書館〈1-4巻〉/芳崎 せいむ(著)

この世のありとあらゆる本が詰まっている「鞄図書館」。

貸出期間は一年間。

あなたの一番読みたい本がここにあります。

鞄図書館1
鞄図書館1
posted with amazlet at 19.04.04
東京創元社 (2013-08-29)


鞄図書館2
鞄図書館2
posted with amazlet at 19.04.04
東京創元社 (2013-08-29)


鞄図書館3
鞄図書館3
posted with amazlet at 19.04.04
東京創元社 (2016-12-21)


鞄図書館4
鞄図書館4
posted with amazlet at 19.04.04
東京創元社 (2018-05-11)


Arika報告書v1アイコンあらゆる書物を所蔵するという、幻の〈鞄図書館〉。貸出期間は一年。使い込まれた風合いの小さな姿のその中に、無限の世界を秘めた喋る鞄と、トレンチコートに身を包み、寡黙に仕事に打ち込む司書。どんな本でも揃っているという人間の言葉を話す鞄図書館と、寡黙な男の司書。世界を旅する二人が出会った人たちの交流と繰り広げる数々の名作にまつわるハートウォーミングストーリー。鞄図書館がよく引用するゲーテの格言も心に響く、全ての本好きのためのコミック!

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック