FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2019年春、月曜ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』

kage

2019/06/17 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★4月8日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54

 ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:原作・横幕智裕 漫画・モリタイシ「ラジエーションハウス」(集英社)
脚本:大北はるか
演出:鈴木雅之
プロデューサー:中野利幸
主題歌:Remember Me/MAN WITH A MISSION

E13-b043.gif
外部サイト:ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
五十嵐唯織:窪田正孝
エックス線検査やCTで病変を写し出す診療放射線技師。写真には必ず真実が写ると信じている。アメリカで最も権威ある放射線科医から認められ、帰国してから甘春総合病院で働くことに。病の“写真家”として、患者の“視(み)えない病”を見つけ出し、次々と命を救っていく。

甘春杏:本田翼
甘春総合病院の放射線科医。前院長の娘で、父の愛した病院を守りたいという気持ちから、患者を助けたいと思いつつも病院のルールや効率を優先してしまう。医師免許を持たない診療放射線技師を見下している。真面目で、プライドが高く勝ち気な性格だが、実は自分に自信がない。

広瀬裕乃:広瀬アリス
甘春総合病院の新人診療放射線技師で、唯織の同僚。患者の役に立ちたいと一生懸命頑張るが、物覚えが悪くて不器用なため空回りしがち。高校時代はバスケットボール部のエースだったので体力に自信はあるが、自由奔放な行動をする唯織に振り回される。次第に、唯織の一番の理解者になっていく。

小野寺俊夫:遠藤憲一
甘春総合病院で働く診療放射線技師で、唯織の先輩。普段はギャンブル好きでだらしないが、本当は技師としてかなりの腕前を持つ。早くから唯織の天才的な才能に気付く。

黒羽たまき:山口紗弥加
唯織の同僚の診療放射線技師。男勝りな性格の上に、ドSで毒舌。小野寺に代わり、実質的に診療放射線技師のメンバーを裏で牛耳っている。独身。

鏑木安富:浅野和之
甘春総合病院・放射線科の科長兼診療部長。地位や名声を得ることに貪欲で、院長の座を狙っている。厄介事を起こす唯織を、病院から早く追い出したいと思っている。

大森渚:和久井映見
甘春総合病院の院長。同病院の“良心”であり、周りのみんなを優しく見守る母のような存在。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
窪田正孝がおきて破りの天才診療放射線技師役で月9初主演! ヒロインは本田翼 
同名コミックを原作に、エックス線検査やCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す診療放射線技師や、画像から病気を診断する放射線科医らの所属する放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、患者の病やけがの根源を見つけ出す、医療を縁の下で支えるヒーローたちの活躍を描く。

写真には真実が写ると信じる診療放射線技師・五十嵐唯織を月9ドラマ初主演となる窪田正孝が演じ、放射線科医・甘春杏に本田翼が扮する。新人技師・広瀬裕乃役の広瀬アリスのほか、遠藤憲一、山口紗弥加、浅野和之、和久井映見らが共演する。
脚本は「グッド・ドクター」の大北はるか、演出は「HERO」シリーズ(ともに同系)を手掛けた鈴木雅之が務める。




2019春号:2019年4月1日〜2019年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
エックス線検査やCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す診療放射線技師と、画像から診療上の所見を得る読影をして、病気を診断する放射線科医。放射線科“ラジエーションハウス”では、彼らが患者の病やけがの根源を見つけ出すべく、縁の下の力持ちとなって日夜奮闘している。
アメリカで最も権威ある放射線科医から認められた診療放射線技師の五十嵐唯織(窪田正孝)は、日本に戻り甘春総合病院で働き始める。そこの放射線科医・甘春杏(本田翼)は、前院長の娘で、医師免許を持たない技師を見下していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月8日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/4/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
唯織(窪田正孝)は幼なじみの放射線科医・杏(本田翼)が働く病院に診療放射線技師として勤めることに。新人技師の裕乃(広瀬アリス)は初出勤の途中で出会った唯織が同期と知って驚く。そんな中、頭痛で倒れた写真家・菊島(イッセー尾形)の頭部画像が、体内の金属の影響でうまく写らないと判明。技師長の小野寺(遠藤憲一)らは杏から打開策を求められる。唯織は菊島の担当を志願し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
膝の痛みで来院した少年・健太郎(石田星空)のレントゲン画像を見た杏(本田翼)は、成長痛と診断。その帰り、健太郎の母親・美佐子(中越典子)が病院前で倒れる。美佐子に見覚えがある小野寺(遠藤憲一)の指摘から、唯織(窪田正孝)は美佐子に詳しい検査をするべきだと訴えるが、彼女は聞き入れない。一方、離婚問題を抱える小野寺を訪ねて、息子・大樹(田中奏生)がやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
裕乃(広瀬アリス)とたまき(山口紗弥加)は結婚を控え乳がん検診に訪れた今日子(内山理名)を担当。乳腺密度が高い彼女はマンモグラフィーによる診断が難しい体質だったが、杏(本田翼)は放射線科科長の鏑木(浅野和之)から病気でなければ異常なしとするよう言われる。だが、唯織(窪田正孝)は別の検査の必要性を今日子に直接訴える。一方、練習でたまきの胸部を撮った裕乃は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)がある患者の症状を気に掛けていると知る。そんな中、大学生・美月(山本舞香)が右肩の痛みで来院。原因不明で様子を見ると話す整形外科医・辻村(鈴木伸之)の診断に杏は迷いを感じるが何も言えない。一方、美月の影響で高校時代を思い出し、暗い気持ちになった裕乃(広瀬アリス)は、仕事で追い詰められていた。裕乃は唯織の勝手な行動にいら立ち…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月6日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
遺体をCTなどで検査し死因を探る「死亡時画像診断(Ai)」の要請が入り、小野寺(遠藤憲一)はAiスペシャリストの威能(丸山智己)や唯織(窪田正孝)らと対応。公園で死亡した13歳の直樹(南出凌嘉)に外傷はなく、弟の雄太(斎藤汰鷹)は自分のせいと考えていた。小野寺はAiを拒否する両親・勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)を説得。やがて、意外な死因が分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鏑木(浅野和之)は渚(和久井映見)に、唯織(窪田正孝)の行為は医師法に抵触する可能性があると告げ、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得る。そんな中、公園で遊んでいて腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部のCT画像を見た杏(本田翼)は、脾臓(ひぞう)からの出血を確認。将来、傷口が目立たなくて済むように、画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR(画像下治療)による止血を提案するが、鏑木から開腹手術をするよう命じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月20日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
軒下(浜野謙太)は中学校の同級生の志朗(篠原篤)と真貴(松本若菜)夫妻と再会。真貴は乳がんの疑いがあり、再検査を優先してほしいと頼まれた軒下だが、特別扱いはできず心苦しさを覚える。志朗の精神状態が気になる唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)に相談。杏は唯織に頼り過ぎだと注意されており、一線を引こうとする。一方、小野寺(遠藤憲一)はあることを調べ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月27日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
腹痛の患者・陽子(佐藤めぐみ)を鏑木(浅野和之)が虫垂炎と診断する。唯織(窪田正孝)は別の病気の可能性を指摘して鏑木を怒らせるが、同意見の杏(本田翼)は再検査を断行。夫・祐一(板橋駿谷)に本音を隠していた陽子は、罰が当たったとつぶやく。そんな中、杏が気に掛けていた小児科の患者・久美(稲垣来泉)がいなくなる。一方、辻村(鈴木伸之)は杏の体調を心配する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月3日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/6/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
倒れた杏(本田翼)が肩を痛め、検査を巡って唯織(窪田正孝)と辻村(鈴木伸之)の意見が対立する。一方、辻村の父で有名医大教授の丈介(名高達男)の依頼で、大物政治家の安野(中村梅雀)が入院。偽装入院の噂を打ち消す‘それらしい診断名’を要求された主治医の辻村は、形だけの検査を小野寺(遠藤憲一)らに指示する。ところが、現れた丈介が検査の中止を命じ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月5日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/6/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
病院に杏(本田翼)の父で前院長の正一(佐戸井けん太)が現れる。うつ病の正一は頭痛に悩んでいたが、原因は不明だった。そんな中、辻村(鈴木伸之)が担当する1歳男児の検査が行われ、鎖骨骨折と判明。男児は3カ月前にも腕を骨折し、心当たりがない母親の茜(西原亜希)は困惑していた。唯織や杏らは骨折しやすい病気と見抜くが、さらに深刻な事態が待ち受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月11日更新】
■ あらすじ(第11話  2019/6/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)に、正一(佐戸井けん太)の脳の髄液漏れの検査を進言。それが頭痛の原因で、うつ病ではないと考えたのだ。唯織の予想通りの病気だと判明する中、正一が意識を失い、救うためにはある手技が必要と分かる。専門医を待つ時間がない状況に、杏は経験のない手技に臨むと決めるが、父親を前にした杏の手がすくんでしまう。意を決した唯織は、医師免許があると明かして治療を代わる。唯織の行動は裕乃(広瀬アリス)ら技師チームとの間に溝を生み、やがて外部に漏れたことで大問題に発展する。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック