FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2019年春、金曜ドラマ『インハンド』

kage

2019/06/21 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 インハンド

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:朱戸アオ「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)
脚本:吉田康弘/田辺茂範/福田哲平
演出:平野俊一/岡本伸吾/青山貴洋
プロデューサー:浅野敦也/佐藤敦司

E13-b043.gif
外部サイト:インハンド

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
紐倉哲:山下智久
右手にロボットハンドのような義手を装着している変人天才科学者。専門は寄生虫学。なぜか金持ちで、巨大植物園を買い取り、最先端の研究機材を備えた自宅兼研究室にして引きこもっている。生き物やその生態を愛するが、人間には関心がない。

高家春馬:濱田岳
救命救急の専門医。ある事件をきっかけに紐倉の助手となる。優しい性格のおせっかい焼きで、いつも紐倉に振り回されている。寄生虫は苦手。

牧野巴:菜々緒
内閣官房サイエンス・メディカル対策室の容姿端麗なエリート官僚。東京大学を首席で卒業している。現在、外務省から出向中のため、できるだけ早く戻りたいと考えている。目的のためなら手段を選ばない一面を持つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山下智久が義手の天才科学者に! 最新科学で事件を解決するサイエンスミステリー
朱戸アオの同名漫画を原作に、未知の病気や事件を最新科学で解決するサイエンスミステリー。山下智久が右手に黒いロボットハンドのような義手を装着した変わり者の天才科学者・紐倉哲に扮する。

お人よしで正義感の強い紐倉の助手・高家春馬を濱田岳、クールでやり手の美人官僚・牧野巴を菜々緒が演じるほか、オリエンタルラジオの藤森慎吾がエリート官僚の御子柴隼人役で連続ドラマに初出演。牧野や御子柴の上司で室長の網野肇を光石研が演じるなど、個性的な面々が顔をそろえる。

脚本は「コウノドリ」(同系)の吉田康弘、「トクサツガガガ」(NHK)を手掛けた田辺茂範らが担当。人々を救う感動の救命劇を1話完結で描く。




2019春号:2019年4月1日〜2019年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもる紐倉哲(山下智久)は、気の向くままに好きな寄生虫の研究をしている人嫌いでドSな変わり者。そんな紐倉と助手の高家春馬(濱田岳)の元に、従来の概念を超える未知の病気や事件などを担当する牧野巴(菜々緒)が訪ねてくる。

牧野はある病院で心筋梗塞で亡くなった複数の患者が、日本ではまれな“シャーガス病”という感染症にかかった可能性があるという匿名の告発状が届いたことを明かし、紐倉へ協力を求める。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月12日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
右手にロボットハンドの義手を持つ寄生虫学者・紐倉(山下智久)の研究室に、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の官僚・牧野(菜々緒)がやって来る。ある病院で死亡した患者達が日本ではまれな感染症にかかっている可能性があると匿名の告発状が届いたという。牧野から調査協力を要請された紐倉は断るが、牧野の出した条件に食いつき力を貸すことにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月19日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
紐倉(山下智久)は、アドバイザー就任を要請する牧野(菜々緒)の依頼を断る一方で、高家(濱田岳)と共に東京都内の感染症センターへ。そこには、日本に生息していないダニが媒介するウイルスに感染し、昏睡(こんすい)状態に陥った患者の女性・明莉がいた。感染源を捜す紐倉達は明莉の自宅を訪ね、9歳の息子・渉(込江大牙)と対面。そんな中、新たな感染者が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月26日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、大学時代の恩師で美容関係の団体のCEO・瀬見(観月ありさ)の講演へ。以前から若返り治療を研究する瀬見は、自身も若々しさを保ち続けていた。紐倉は、ベニクラゲの酵素を使うというその研究の話を聞こうとするが、瀬見に会うことができない。そんな中、牧野(菜々緒)が、瀬見の研究に副作用が疑われる症例が出ているという情報をもたらす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月3日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
外務事務次官・源田(紫吹淳)の元に「日米外相会談を中止しなければ、娘・恵奈(吉川愛)を‘人を自殺させる病原体’で自殺に追い込む」という脅迫状が届く。差出人は病原体の被害者として、3人の名を挙げていた。牧野(菜々緒)の調査依頼を珍しく素直に受けた紐倉(山下智久)は、恵奈から話を聞く。恵奈と被害者3人は幼なじみで、同じ治験のバイトをしたという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月10日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
牧野(菜々緒)と高家(濱田岳)は、紐倉(山下智久)が失ったはずの右手に痛みを感じる「幻肢痛」に苦しんでいることを知る。原因はかつての助手・入谷(松下優也)との過去にあるようだ。一方で、牧野は室長の網野(光石研)から、紐倉をアドバイザーとして招くよう命じられる。紐倉を信用していいか分からなくなっていた牧野は、高家と共にその過去を探ろうと決意する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
紐倉(山下智久)はサイエンス・メディカル対策室からの依頼で、‘日本陸上界のエース’と呼ばれる長距離選手・野桐(清原翔)へのドーピング検査を担当する。野桐は素行不良なことで知られており、共に出向いた高家(濱田岳)と牧野(菜々緒)は、彼の奇抜な言動に戸惑いを隠せない。一方、紐倉は、野桐の言動にはその裏に科学的な意味付けがあることに気付き、彼に興味を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
牧野(菜々緒)は、紐倉(山下智久)と高家(濱田岳)に、小学1年生の美香(吉澤梨里花)を引き合わせる。美香は生まれつき免疫系に疾患がある「原発性免疫不全症候群」で、現在は入院中。牧野から治療法を見つけてほしいと頼まれた紐倉達は、同疾患を研究していた亡き科学者・賢一(永岡卓也)の研究所へ向かう。そして、賢一と親子で研究を進めていた父・将之から内容を聞き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月31日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
巨大グループ企業のロビーにある、女性の頭部が赤くなったポスターが話題に。同企業会長・園川(柄本明)の息子・直継(夙川アトム)が飛び降り自殺をしたことから、それは「呪いのポスター」と噂されていた。紐倉(山下智久)はポスターやその周辺の赤い色が細菌によるものと見抜き、バイオテロの可能性を示唆。調査を始めた紐倉の前に、大学の同期・遠藤(要潤)が経産省の役人と共に現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月7日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高家(濱田岳)は訪ねてきた母・良子(宮崎美子)から、故郷の村唯一の病院の院長・陽子(市毛良枝)が、高家が解雇された病院に入院中だと聞く。担当医の院長・黒野(正名僕蔵)はろくに治療もせず、対症療法を続けていた。高家は紐倉(山下智久)と共に、黒野の思惑を探る。一方、網野(光石研)や牧野(菜々緒)らは、紐倉の元上司・福山(時任三郎)が設立を目指す感染症対策施設の調査を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月14日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/6/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村へ。福山(時任三郎)が村で実行を企てているある計画について、村民の間では反対運動が起きていた。高家はそこで、運動を率いる地元の友人・棚橋とその恋人・美園(石橋杏奈)に再会する。一方、福山の計画の報告書を入手した網野(光石研)達は、記載された内容に疑いを抱き、確認のため牧野(菜々緒)が相羽村に乗り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月21日更新】
■ あらすじ(第11話  2019/6/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
福山(時任三郎)の息子・新太(磯村勇斗)の行方がつかめない中、紐倉(山下智久)は福山が抱える大きな問題を知り、がくぜんとする。相羽村で確認されたウイルスは危険かつ感染力も強く、高家(濱田岳)は有効な治療法もないまま懸命に患者と向き合っていた。だが、高家の友人・棚橋や美園(石橋杏奈)もこの騒動に巻き込まれてしまう。村外ではウイルス対策本部が設置され、牧野(菜々緒)らは紐倉と連携して感染拡大の勢いを抑えるキットを考案。一方で、牧野らは厚労省に情報を流していたスパイを特定する。







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック