FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2019年春、真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」

kage

2019/06/29 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★4月13日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 24:00~24:30

 真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:原作・松田康志 作画・花小路ゆみ「歌舞伎町弁護人 凛花」(実業之日本社)
脚本:守口悠介
監督:植田尚
プロデューサー:森田昇/澤田賢一
主題歌:NEW/The Winking Owl

E13-b043.gif
外部サイト:真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
美鈴凛花 :朝倉あき
歌舞伎町にある「美鈴弁護士事務所」で働く弁護士。以前は、六本木の法律事務所「ゴージャス」の花形弁護士だったが、父親の失踪により歌舞伎町で働くことに。毛嫌いしていた歌舞伎町での経験したことのない依頼内容に戸惑うが、持ち前の正義感と粘り強さで、困っている依頼人を助けていく。

牛島連司 :武田航平
「美鈴弁護士事務所」の事務員。凛花を昔から知る頼もしい存在で、凛花をサポートする。

山田蘭 :山地まり
「美鈴弁護士事務所」で働く凛花の後輩弁護士。凛花に憧れ、「ゴージャス」を辞めて歌舞伎町にやって来た。キュートで素直で憎めない、事務所のムードメーカー。

しのぶ :岡田浩暉
凛花たちの行きつけのスナックのママ。凛花の父親とは昔からの知り合い。歌舞伎町で暮らす人々の内面を映し見透かす、鏡のような存在。凛花たちが迷った時に温かい言葉を掛けてくれる、陰のキーパーソン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
朝倉あきが正義感あふれる弁護士に! 歌舞伎町のトラブルを解決する痛快エンタメ 
原作は、歌舞伎町を舞台に女性弁護士が活躍する同名漫画。ひょんなことから六本木の法律事務所を追われ、父親の経営する弁護士事務所で働くことになった主人公・美鈴凛花が、当初は毛嫌いしていた歌舞伎町で毎日のように舞い込んでくる案件と向き合ううちに、弁護士としてだけでなく人間としても成長していく姿と、卑劣な相手をスカッと打ち負かすさまを描く痛快エンターテインメント。凛花を演じるのは、民放連続ドラマ初主演となる朝倉あき。事務所の事務員・牛島連司役の武田航平、後輩弁護士・山田蘭役の山地まりのほか、凛花たちの行きつけのスナックのママ・しのぶ役で岡田浩暉が共演する。



2019春号:2019年4月1日〜2019年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大手企業の顧問弁護士を務め、六本木の法律事務所「ゴージャス」の花形弁護士として活躍する美鈴凛花(朝倉あき)は、父親の失踪をきっかけに手伝った仕事がもとで「ゴージャス」を追われてしまい、歌舞伎町にある父親の経営する「美鈴弁護士事務所」で働き始める。

仕事の依頼人は、キャバ嬢や風俗嬢、ホストなど、これまでまったく関わったことのない人々ばかり。自分には六本木のような華やかな世界がふさわしいと、歌舞伎町を毛嫌いしていた凛花だったが、今まで経験したことのない依頼に戸惑いながらも、個性豊かな仲間たちと力を合わせて、困っている依頼人を助けていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月13日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/4/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京・六本木の法律事務所の弁護士・凛花(朝倉あき)は、堀切(日向丈)が経営する大手IT企業と顧問契約を結ぶ。一方、同業の父・花太郎(渡辺裕之)が突然、姿を消した。事務員・牛島(武田航平)からの連絡で新宿歌舞伎町に駆け付けた凛花は、事務所を凛花に任せるという父の置き手紙に困惑。そこへストーカーにおびえるキャバクラ嬢・りお(出口亜梨沙)が訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
やむなく父・花太郎(渡辺裕之)の事務所の留守を預かることにした凛花(朝倉あき)の元に、先日助けたキャバクラ嬢・りお(出口亜梨沙)の同僚の由梨(渡辺万美)が相談に訪れる。不動産会社社長・権俵(宮川不二夫)に、借金を肩代わりしてもらった代償として‘愛人契約’を強いられているという。店のママ・好美(山田まりや)にも頼まれ、凛花は先方に乗り込むが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月4日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
凛花(朝倉あき)は六本木の事務所での後輩・蘭(山地まり)と再会。新たな顧問契約が決まり自信にあふれる蘭をうらやむ。一方、凛花は大手エンターテインメント企業に勤める順子(山崎真実)からセクハラの相談を受ける。上京した直後、だまされて一度だけアダルトビデオに出演させられたが、それを課長・猪原(御麿)に知られて脅され、体を触られるようになったという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月11日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
会社ぐるみのセクハラを証明できなかった凛花(朝倉あき)。出演したAV動画を社内メールで拡散された順子(山崎真実)は弁護依頼を取り下げてしまう。力不足を痛感し、落胆する凛花だが、牛島(武田航平)らの支えもあり、調査を続行することに。一方、先方の顧問弁護士として凛花の前に立ちはだかる蘭(山地まり)は、ある理由から、凛花に並々ならぬ対抗心を燃やしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月18日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
凛花(朝倉あき)はエステサロンで、有名IT企業の社長・飯島(中村公隆)についての噂を耳にする。そんな中、前の事務所の後輩・蘭(山地まり)が凛花の下で働くことに。近隣では3日前に、キャバクラ嬢が殺され、ホストの勇士(小柳心)が逮捕されていた。後輩ホストのタケシ(鷹松宏一)、シンヤ(藤田晋之介)、マコト(早瀬慧)は勇士の無実を訴え、凛花に弁護を依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月25日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
凛花(朝倉あき)が暴漢に襲われた。牛島(武田航平)が駆け付ける中、凛花は逃げた男の腕時計に注目。そして、勇士(小柳心)が逮捕された殺人事件の目撃者の一人・飯島(中村公隆)を訪ねた直後だったことから、事件との関連を疑う。さらにホームレス・勝馬(ふたむら幸則)から新情報を得る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月1日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
婚約者の定岡(聡太郎)に大金を貢いだ揚げ句、二股を掛けられ捨てられた紀香(倉田悠貴)が相談に訪れる。凛花(朝倉あき)は金を取り戻そうとするが、定岡は「金はもらったものであり、結婚の約束はしていない」としらを切る。‘アカサギ’つまり結婚詐欺師ではと疑う凛花だが証拠がつかめない。一方、紀香に感情移入する蘭(山地まり)は、身分を隠して定岡に接触する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月8日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/6/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
客の芝崎(遊佐亮介)にレイプされたソープ嬢の栞(川菜美鈴)が、凛花(朝倉あき)に告訴したいと相談。‘区議会のドン’と呼ばれる親を持つすねかじりのフリーター・芝崎は、親の顧問弁護士・檜山(西沢仁太)に対抗措置を指示。栞の店に客として現れた檜山は、裁判を起こせば「レイプ被害者だと世間に公表することになる」と‘セカンドレイプ’をちらつかせ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月11日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
凛花(朝倉あき)は当番弁護士として、元暴力団員・徳山(塩谷南)の弁護を担当。芸能プロダクション社長・亀田(近江谷太朗)への脅迫と傷害の容疑で先輩暴力団員らと共に逮捕された徳山は、呼び出されただけで事件には関与していないと容疑を否認する。不当な勾留に疑問を抱く凛花だが、担当検事が学生時代の先輩で初恋の相手でもある青柳(小林豊)と分かり動揺する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月22日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/6/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
バーのママ・しのぶ(岡田浩暉)が、フィリピン人女性のジェーン(マリア・コリコ)を凛花(朝倉あき)の事務所に連れてくる。旅行から帰ったら、夫の隆信(平野貴大)と息子のミツル(及川欽之典)が姿を消しており、離婚届を出されていたというのだ。凛花は、隆信がジェーンの許可なく書いた離婚届ならば無効にできると高をくくるが、届を調べてみると本人の筆跡で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月29日更新】
■ あらすじ(第11話  2019/6/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
凛花(朝倉あき)の父・花太郎(渡辺裕之)が歌舞伎町に戻って来る。しかし経緯は語らず謝りもしない花太郎に、凛花の怒りは収まらない。そんな折、早季子(小林涼子)が相談に訪れた。ラブホテルを経営していた内縁の夫・省吾(岸田研二)が急逝し、閉店の危機にあるという。省吾の弟・大吾(高橋努)がホテルを潰そうとしているらしく、凛花は調査に乗り出す。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック