FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年春—2020冬、テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』

kage

2020/01/24 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★2019年4月8日スタート 

テレビ朝日系 毎週月曜~金曜 12:30~12:50

 テレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:倉本聰
主題歌:進化樹/離郷の歌/中島みゆき

E13-b043.gif
外部サイト:やすらぎの刻~道

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
根来しの :風吹ジュン
無名の夫婦の生涯をつづる菊村の作品「道」のヒロイン。戦後から平成の世を生き抜く。

浅井(根来)しの :清野菜名
14歳の時、訳あって同業の養蚕農家から根来家に引き取られた。明るくおてんばな性格で度胸も満点。なぎなたは県の大会で2位に輝いたほどの腕前。男子相手のけんかにもひるまず立ち向かい、度々騒動を巻き起こす。

根来公平 :橋爪功
「道」のヒロイン・しのの夫。栄が水沼の魅力を投影したキャラクター。

根来公平 :風間俊介
養蚕農家・根来家の四男。小さい頃から“ついていないこと”ばかり起きるため、13歳にして「うまくいかないのが人生」と達観し、夢や希望を持たずに生きる。

菊村栄 :石坂浩二
かつての売れっ子シナリオライター。認知症となった妻・律子の介護に疲れ果てていた時、「やすらぎの郷 La Strada」から入居の誘いを受ける。夫婦での移住を決意した矢先に律子が他界。1人で入居することに。その後、入居者たちに触発されて新たに「道」のシナリオ執筆を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
倉本聰オリジナル脚本の帯ドラマ劇場を1年間放送! 新加入メンバーも共に物語を紡ぐ
倉本聰のオリジナル脚本により帯ドラマ劇場枠で1年間放送する、テレビ朝日開局60周年記念作品。2017年に放送された「やすらぎの郷」の続編で、石坂浩二演じる主人公のシナリオライター・菊村栄が新たに執筆する「道」が映像化されていくという壮大なストーリー。“ふるさと”をテーマに、戦中・戦後と激動の時代を生き抜いた無名の夫婦の生涯とともに、「やすらぎの郷」の“その後”も併せて描かれる。

物語は昭和初期から始まり、前半の主人公を清野菜名、戦後の高度成長期を経て現代に至るまでの後半を風吹ジュンが演じる。風吹は前作同様、菊村の亡き妻・律子との2役。そのほか、橋爪功、風間俊介など豪華キャストが多数共演する。


2019春号—2020冬号:2019年4月1日〜2020年3月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月 日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
テレビの全盛期を支えた“テレビ人”だけが入居を許される老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」。そこで暮らすシナリオライターの菊村栄(石坂浩二)は、お嬢と呼ばれる往年の女優・白川冴子(浅丘ルリ子)から、終戦の頃に出会った哀しい姉妹の話を聞く。
栄はその話を基に、新たなシナリオを執筆し始める。作品のタイトルは「道」。“ふるさと”をテーマに、山梨県のある山あいの村を舞台に据え、昭和・平成・現代を生き抜いた無名の夫婦の生涯を、時代とともに描き始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月7日更新】
■ あらすじ(第1週  2019/4/8-4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本家の栄(石坂浩二)がテレビ・映画界に貢献した者だけが入ることのできる老人施設「やすらぎの郷」で暮らし始めて2年余り。栄は古い資料の束から見つけたある台本に苦い思いを蘇らせる。それは満蒙開拓団の姉妹の悲話「機の音」。約10年前、往年の人気女優・冴子(浅丘ルリ子)、マヤ(加賀まりこ)の共演でドラマ制作が進められていたが、不本意な理由で中止になっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月14日更新】
■ あらすじ(第2週  2019/4/15 -4/19 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)は、1年半前に入居した歌舞伎の元女形・水沼(橋爪功)の部屋で、彼の原風景だという道の写真を見せてもらう。翌日、栄は水沼と海釣りに行き、彼の苦い誕生日の思い出を聞く。ついていない水沼の人生と、その原風景からヒントを得た栄の脳裏に、養蚕農家の少年・公平(風間俊介)と、彼の家に引き取られた少女・しの(清野菜名)の物語「道」の構想が浮かぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月21日更新】
■ あらすじ(第3週  2019/4/22 -4/26 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
公平(風間俊介)やしの(清野菜名)が通う分校の教師・室井(真山勇樹)が特別高等警察に連行された。大地主の息子・犬山(澄人)と仲間は、室井を慕う公平の三兄・三平(風間晋之介)をいじめ、しのが犬山らを成敗する。そんなしのや、室井は悪くないと毅然と抗議する三平の勇気に衝撃を受ける公平。だが、好意を寄せるしのと三平が近づいていく姿に心穏やかでいられない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年4月28日更新】
■ あらすじ(第4週  2019/4/29 -5/3 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三平(風間晋之介)は転任する室井(真山勇樹)から禁書を隠すよう頼まれ、公平(風間俊介)と親戚の鉄兵(平山浩行)、しの(清野菜名)がそれを手伝う。程なく、公平はしのと三平の密会の噂を聞き衝撃を受ける。そんな時、同じ分校のりん(豊嶋花)が公平の元を訪問。だが、公平は邪険に扱ってしまう。脚本を書き進める栄(石坂浩二)は、亡妻・律子(風吹ジュン)に思いを巡らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月5日更新】
■ あらすじ(第5週  2019/5/6 -5/10 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「やすらぎの郷」のバーで、マヤ(加賀まりこ)が栄(石坂浩二)に、10年前のドラマ制作中止の件を話すが、「道」の執筆に夢中の栄は気もそぞろだ。1941年、養蚕業を中心としていた公平(風間俊介)達の村は転換期を迎えていた。そんな中、公平は満蒙開拓団の話を聞く。一方、次兄・公次(宮田俊哉)が海軍飛行訓練学校に入ることに。その壮行会の席で、しの(清野菜名)が酒に酔う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月12日更新】
■ あらすじ(第6週  2019/5/13 -5/17 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2人きりで会うことを禁じられたしの(清野菜名)と三平(風間晋之介)は、鉄兵(平山浩行)からこっそり文を交わす方法を教わる。公平(風間俊介)の友人・ニキビ(関口アナン)の祖父・茂(古川がん)がいなくなる。周囲が心配する中、ある老人が茂の昔の恋人の話をする。戦前の公平達の物語を紡ぐ栄(石坂浩二)は、当時とは対照的に、人口減少の一途をたどる日本の現状について考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月19日更新】
■ あらすじ(第7週  2019/5/20 -5/24 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)はシナリオを書く際、登場人物がどんな人生を送ってきたか履歴をつくることを常としていた。「道」でそれを怠ったことを反省した栄は、履歴づくりに取り組む。「やすらぎの郷」では皆が大納言こと岩倉(山本圭)の容体を気に掛ける中、栄は新人コンシェルジュのエリ(板谷由夏)から声を掛けられる。実は栄とは20年以上前に面識があるのだという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年5月26日更新】
■ あらすじ(第8週  2019/5/27 -5/31 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)はエリ(板谷由夏)と2人で律子(風吹ジュン)らの墓参りに行く。幸福な一日を過ごし、高揚感を抱いた栄。そのせいか、夜は律子らが現れる夢を見てしまい、慌ててシナリオの続きに着手する。国防婦人会からの要請で、しの(清野菜名)は剣道場で女学生になぎなたを教えることに。その稽古を見た剣道師範代理の黒岩(續木淳平)らは、しのに異種試合を申し出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月2日更新】
■ あらすじ(第9週  2019/6/3 -6/7 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
公平(風間俊介)は、三平(風間晋之介)と鉄兵(平山浩行)が山で禁書を燃やしたことを黙っていられず、長兄の公一(佐藤祐基)に明かす。その話を、しの(清野菜名)が柱の陰で聞いていた。満蒙開拓団の最後の説明会が開かれ、友人の中で一人、日本に残る公平は疎外感を抱く。そんな中、公平はしのが男性とただならぬ雰囲気で一緒にいたという目撃談を聞き、衝撃を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月9日更新】
■ あらすじ(第10週  2019/6/10 -6/14 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
母・アヤ(岸本加世子)が突然、倒れた。根来家が大騒ぎになる中、公平(風間俊介)は海軍に入った次兄・公次(宮田俊哉)からアヤに宛てた手紙を発見。そこには、しの(清野菜名)に関する記述があり、驚いた公平は思わず手紙を隠してしまう。満蒙開拓団の出発を翌日に控え、公平は友人達と未来の話をする。翌朝、旅立った友人達と入れ替わるように、公次が一時帰宅する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月16日更新】
■ あらすじ(第11週  2019/6/17 -6/21 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「やすらぎの郷」で流れた緊急地震速報を巡り、秀次(藤竜也)の意外な一面を見た栄(石坂浩二)達。そんな中、かつての大女優・怜子(大空眞弓)が妹分の元女優・玉子(いしだあゆみ)と共に入居した。怜子と昔話をした冴子(浅丘ルリ子)やマヤ(加賀まりこ)は、話がかみ合わないことに驚きを隠せない。一方、冴子は梨園の御曹司・柳介(関口まなと)の大麻所持事件の報道が気になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月23日更新】
■ あらすじ(第12週  2019/6/24 -6/28 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大麻所持で逮捕状が出た梨園の御曹司・柳介(関口まなと)を警察に出頭させる役目を担った栄(石坂浩二)は、秀次(藤竜也)と共に、柳介が身を隠す冴子(浅丘ルリ子)の部屋で説得を試みる。その後、冴子は栄とマヤ(加賀まりこ)に自らの思いを語る。一方、入居早々、おしゃべりが過ぎて他の住人から避けられている怜子(大空眞弓)と玉子(いしだあゆみ)はある日、買い物に出て…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月1日更新】
■ あらすじ(第13週  2019/7/1 -7/5 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
怜子(大空眞弓)はかつてテレビ局で衣装部にいた高砂(でんでん)と100円ショップで再会する。同店に勤務する高砂から騒動について聞いた栄(石坂浩二)は、「人に喜ばれたい」という怜子の思いに触れ、自身の生きがいはシナリオを執筆することだと再確認。創作意欲を燃やす。その栄が書く「道」では、「大東亜戦争」が始まり、しの(清野菜名)らが住む村も戦時体制となる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月7日更新】
■ あらすじ(第14週  2019/7/8-7/12 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
愛国心の強いしの(清野菜名)と死ぬのが怖いと公言する三平(風間晋之介)の間に険悪な空気が流れる。公平(風間俊介)は2人の仲を修復しようとするが、しのと言い合いになり、取っ組み合いのけんかに発展する。村の桑畑跡地では軍が何かを造っていた。三平はそれが何なのか興味を抱き情報を持つ友人から話を聞く。そんな中、航空兵となった公次(宮田俊哉)が帰省する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月14日更新】
■ あらすじ(第15週  2019/7/15 -7/19 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)の部屋に突然、亡き父・栄一(梅宮辰夫)が現れた。栄一は、栄のドラマが天国で評判だが、忘れっぽい天国の住人のためにドラマのあらすじを最初から語ってくれと頼む。栄は「やすらぎの郷」の個性豊かな入居者達が起こした騒動や、執筆するシナリオ「道」について語り始める。一方、「道」では公一(佐藤祐基)らがしの(清野菜名)に家を出たい理由を問う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月21日更新】
■ あらすじ(第16週  2019/7/22 -7/26 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三平(風間晋之介)はしの(清野菜名)から家を出たい理由を聞くが、しのの言うことが理解できない。一方、公平(風間俊介)はニキビ(関口アナン)からの手紙で、満蒙開拓団の一人・紀子(佐久間麻由)が病に侵されて帰国したことを知る。紀子は公一(佐藤祐基)の元恋人だった。公平が公一と共に紀子の様子を見に行くと、彼女は病が伝染するからと山の蔵に隔離されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第17週  2019/7/29 -8/2 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鉄兵が見つからないまま、村では金属類回収令の下、寺のつり鐘が外されることに。公平(風間俊介)は鐘の音を懐かしみながら公次(宮田俊哉)に手紙を書く。その夜、公平らは庭先で公次がたたずむ姿を目にする。年が明けた昭和18年、しの(清野菜名)から手紙が届く。「道」をその時代まで進めた栄(石坂浩二)を現実に引き戻すように、マヤ(加賀まりこ)が噂話を持ち込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月4日更新】
■ あらすじ(第18週  2019/8/5 -8/9 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真野(ミッキー・カーチス)が流したみどり(草刈民代)に関する作り話がすぐに広まり、真野は喜々として拡散したルートを調べる。そんな中、栄(石坂浩二)は名倉(名高達男)の呼び出しを受けた。同じ頃、元女優・めぐみ(松原智恵子)ら新入居者が一気に増え、施設の雰囲気が変わり始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月11日更新】
■ あらすじ(第19週  2019/8/12 -8/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
認知症の兆候があるめぐみ(松原智恵子)は、検査後、秀次(藤竜也)に頼み事をする。一方、栄(石坂浩二)の元に冴子(浅丘ルリ子)とマヤ(加賀まりこ)が血相を変えて現れる。「やすらぎの郷」には以前からの住人である冴子ら主流派と怜子(大空眞弓)ら新興勢力という派閥が生まれつつあった。そんな中、怜子ら一派が乃木坂テレビの開局60周年記念番組に出演することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月18日更新】
■ あらすじ(第20週  2019/8/19 -8/23 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)はある人形作家の展覧会に行き、昭和の子どもを人形で再現したその世界観に圧倒される。その夜、深酒をして戻った部屋で、しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)の姿を見た栄は、翌日からシナリオ「道」の執筆を再開する。「道」では、行方知れずだった鉄兵のその後が判明した。三平は、出征を目前にして耳を疑うようなことを公一(佐藤祐基)ら家族に切り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月25日更新】
■ あらすじ(第21週  2019/8/26 -8/30 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
しの(清野菜名)が村に帰ってきて程なく、紀子(佐久間麻由)が息を引き取った。だが、肺の病が伝染するからと、家族は彼女が療養していた蔵ごと燃やすという。それを知った公一(佐藤祐基)は紀子の元へ急ぎ、公平(風間俊介)も後を追う。そんなある日、しのが子を宿していることを明かす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月1日更新】
■ あらすじ(第22週  2019/9/2-9/6 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
しの(清野菜名)は生まれた男児を剛と名付け、公平(風間俊介)と共に深い愛情を注ぐ。そんな中、公平に徴兵検査の召喚状が届く。同じ頃、戦争で夫を亡くした女性・松岡(横山めぐみ)と16歳の娘・百合子(小川未祐)、7歳の息子・清が村に疎開してくる。一家の荷物の運び込みを手伝っていた公平は、荒木(須森隆文)の運転するトラックの車輪に右脚を挟まれてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月8日更新】
■ あらすじ(第23週  2019/9/9-9/13 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京で起きた空襲の報が村にもたらされた。東京から疎開してきた3兄弟はそれを聞いて家を飛び出し、騒動になる。そのさなか、公一(佐藤祐基)に召集令状が届く。一方、しの(清野菜名)の実家も被災し、実父が空襲で大きなやけどを負ったとの連絡が入る。栄(石坂浩二)がシナリオ「道」を執筆する現実世界では、栄は怜子(大空眞弓)から告別式で読む弔辞の原稿を頼まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月15日更新】
■ あらすじ(第24週  2019/9/16-9/20 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)が旅行のため2週間以上、やすらぎの郷を留守にすると聞いたマヤ(加賀まりこ)と冴子(浅丘ルリ子)は、違う目的なのではないかとあれこれ詮索する。それは噂となって施設内を駆け巡る。自身の憶測を確かめようとマヤが秀次(藤竜也)らと栄の部屋を訪問。栄は誤解だと笑い飛ばすが、ふと、マヤの憶測は正しいのではないかと疑問を抱き不安に陥ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月21日更新】
■ あらすじ(第25週  2019/9/23-9/27 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)はめぐみ(松原智恵子)のことで、秀次(藤竜也)から相談を受ける。秀次は古寺散策が日課のめぐみに付き添っているが、認知症が心配だという。そんな中、メーキャップアーティスト・八木(山下真司)が栄を訪ねてきた。それを知った怜子(大空眞弓)にいたずら心が芽生える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月29日更新】
■ あらすじ(第26週  2019/9/30-10/4 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)は戦後、当時の若者が心血注いで国を復興させたことを今の若者は知らないと憂う。栄が執筆する「道」の世界では、しの(清野菜名)や公平(風間俊介)らが玉音放送に耳を傾けていたが、天皇陛下の言葉の意味が分からない。その後、公平らは米兵が村に来襲した時のことを想定し、山で隠れ場所を探す。十分な広さの洞窟を見つけた公平らは泊まってみることにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月6日更新】
■ あらすじ(第27週  2019/10/7-10/11 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸子(木下愛華)の招きで、進駐軍通訳のジョー(夕輝壽太)が根来家にやって来た。しの(清野菜名)や公平(風間俊介)達は、日系3世として両国の狭間で苦しんだジョーの身の上話を聞く。同じ頃、村にはシベリア抑留を生き延びた兵士が帰還。公平らと再会を果たす。そんなある日、満州からの引き揚げ者で近所に住む姉妹・モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)が訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月13日更新】
■ あらすじ(第28週  2019/10/14-10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
冴子(浅丘ルリ子)が栄(石坂浩二)の元を訪れ、孫・柳介(関口まなと)のことを相談する。大麻騒動を起こした柳介が程なく釈放される見通しなのだが、冴子は身元引受人になり、「やすらぎの郷」で共に暮らしたいというのだ。ルール上、引き取ることは難しく、マヤ(加賀まりこ)もわがままだと意見するが、冴子は自分の気持ちはマヤには分からないと反論。2人は言い争いになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月20日更新】
■ あらすじ(第29週  2019/10/21-10/ 25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
偽の1万円札を持っていた冴子(浅丘ルリ子)は、名倉(名高達男)から入手先を聞かれるが、思い出せない。偽札は入居者の娯楽としての賭け事に使う小道具で、真野(ミッキー・カーチス)が考えたものだった。ところが、入居者が偽札を使い、外部で買い物をしたことが発覚し、栄(石坂浩二)は発案者を名倉に明かす。賭け事に否定的な名倉らに、真野はその必要性を熱く語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月27日更新】
■ あらすじ(第30週  2019/10/28-11/1 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)は真野(ミッキー・カーチス)らと久しぶりに釣りをして、「やすらぎの郷」の入居者が賭け事に夢中になった件を語り合う。部屋に戻った栄を秀次(藤竜也)が訪ね、めぐみ(松原智恵子)の様子がおかしいと言う。そんな中、目前に現れた亡父・栄一(梅宮辰夫)から頼まれた栄は、しの(清野菜名)や公平(風間俊介)の登場するシナリオ「道」の展開を説明する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月3日更新】
■ あらすじ(第31週  2019/11/4-11/8 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
昭和から平成になった年。次男・竜(駿河太郎)らが住む東京へ遊びに来た公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)だが、進化した電化製品などについていけない。山梨に帰る前日、公平らは竜の息子・翔(菅谷哲也)の案内で横浜観光をする。だが、翔は話し掛けてもほとんど返事をせず、公平らは戸惑う。竜は家に引きこもっている翔に手を焼いていた。相談された公平としのは…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月10日更新】
■ あらすじ(第32週  2019/11/11-11/15 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
翔(菅谷哲也)が突然、山梨のしの(風吹ジュン)らの家に現れ、農業をしたいと言い出した。しのは引きこもりの翔に務まるか不安を抱くが、公平(橋爪功)は四男・圭(山村憲之介)の畑仕事を手伝わせることに。翔は投げ出しそうになりながらも働き、公平らは褒めることなく静かに見守る。そんなある日、圭らが林で木を伐採していると、ひげ面の奇妙な男性(藤竜也)が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月17日更新】
■ あらすじ(第33週  2019/11/18-11/22 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
冬、翔(菅谷哲也)は鉄兵(藤竜也)の元で生き物を捕って暮らしていた。しの(風吹ジュン)は鉄兵の上着を作るため、機織りに打ち込む。しのの家に戻った翔は、桃園の手伝いで親しくなった詩子(渡辺早織)にしの達との東京での件を語る。それは「道」を執筆する栄(石坂浩二)の経験に基づいていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月24日更新】
■ あらすじ(第34週  2019/11/25-11/29 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
腕力に自信がある秀次(藤竜也)は中里(加藤久雅)や野村(芳野史明)ら若手スタッフに勝負を挑むが、全くかなわない。傷付く秀次を栄(石坂浩二)は見守る。玉子(いしだあゆみ)は怜子(大空眞弓)の機嫌を損ねたことを気に病んでいた。さとみ(水野久美)らは玉子を慰めながら、怜子に従順な理由を問う。一方、マヤ(加賀まりこ)は冴子(浅丘ルリ子)の最近の様子について栄に相談する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第35週  2019/12/2-12/6 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秀次(藤竜也)は中里(加藤久雅)らとの再勝負に向け、体を鍛える。先の勝負で秀次の惨敗を目にした栄(石坂浩二)はその心情をおもんぱかる。再勝負は秀次ら入居者3人と中里らスタッフ3人のチーム戦で行うことに。真野(ミッキー・カーチス)は勝敗を賭け事にし、興味津々の入居者に‘馬券’を売る。そんな中、栄は名倉(名高達男)の口から衝撃的なことを聞かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月8日更新】
■ あらすじ(第36週  2019/12/9-12/ 13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柳介(関口まなと)の携帯電話にマキタという人物から何度も連絡が入る。柳介の代わりに接触を試みた中里(加藤久雅)は秀次(藤竜也)に相談を持ち掛ける。一方、マヤ(加賀まりこ)が自身や知人の男女遍歴の記録を残したいと自叙伝を書き始め、栄(石坂浩二)らは思いとどまるよう説得する。栄が執筆する「道」では、しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)が孫をもう1人預かることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第37週  2019/12/16-12/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
村の高齢者から戦前の生糸作りの話を聞いた翔(菅谷哲也)は、養蚕に興味を抱く。かつて桑畑だった土地を整地して桑の栽培を始めようとするが、公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)は未経験者には無理だと心配する。そんな中、北海道から公平らの孫・しのぶ(清野菜名)がやって来る。いとこ同士の翔としのぶは仲良くなり、一緒に畑仕事に精を出す。翔はしのぶに、東京が肌が合わなかった理由を明かす。そんな中、台風が山梨を直撃し、公平の家やその周辺で停電が続く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第38週  2019/12/23-12/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
公平(橋爪功)らは、父親の巌(梨本謙次郎)とけんかをして家を飛び出した詩子(渡辺早織)を預かることになる。しの(風吹ジュン)は、翔(菅谷哲也)の恋人の存在を知ったしのぶ(清野菜名)の心情をおもんぱかる。そんな中、巌が詩子を迎えに来た。高校の教師をしている巌は、覇気のない最近の高校生に悲観的で、体罰についての持論を公平らに語る。一方、しのぶは公平としのを喜ばせたいと考え、孫全員からあるものを贈ることを思い付く。※12月27日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月5日更新】
■ あらすじ(第39週  2020/1/6-1/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
令和最初の正月。栄(石坂浩二)は天国から訪ねてきた亡き父・栄一(梅宮辰夫)ととそを酌み交わす。すると栄一は、正月休みで内容を忘れてしまったみんなのために、年末のあらすじを語るよう栄に頼む。栄が執筆するシナリオ「道」では、公平(橋爪功)が北海道からやって来た里子(菅野恵)らに、大みそかに起きた感動的な出来事を語る。その夜、しの(風吹ジュン)が公平におかしなことを言いだす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月12日更新】
■ あらすじ(第40週  2020/1/13-1/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柳介(関口まなと)が「やすらぎの郷」にいると知った彼の実家・歌舞伎の竹芝家が、番頭の井本を送り込んできた。井本はみどり(草刈民代)に、柳介は今後、英国の知り合いの元に預けるつもりだと告げる。一方、シナリオ「道」の原稿を紛失した栄(石坂浩二)は、落ち込んで痛飲する。柳介が渡英することを知った冴子(浅丘ルリ子)は、マヤ(加賀まりこ)らの前で泣きじゃくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第41週  2020/1/20-1/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栄(石坂浩二)は居酒屋で中山(近藤正臣)に会い、渡英した柳介(関口まなと)の芸能界復帰について相談する。数日後、栄は脚本界の巨匠・向井が「やすらぎの郷」の病院棟にいると知らされて驚く。余命わずかな向井の延命措置を娘・あゆみから頼まれた名倉(名高達男)は、栄に迷いを吐露する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック