FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(2019年メディアミックス作品)6月14日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/06/14 (Fri)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(6月14日全国公開)

6月14日(金)公開
┣劇場版 誰ガ為のアルケミスト
┣ガラスの城の約束
┣劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム
┣柴公園
┣泣くな赤鬼
┣Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム
┣メン・イン・ブラック インターナショナル


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:アニメ作品
 劇場版 誰ガ為のアルケミスト   【6月14日公開】

誰ガ為のアルケミスト 砂の彼方の刹那 (ファミ通文庫)
はせがわ みやび
KADOKAWA (2019-06-29)
売り上げランキング: 1,151


■内容紹介
故郷を捨て、放浪の旅をするセツナは、砂漠地帯で巫女マシュリを救ったことから村へ招かれて一時の休息をとることに。マシュリとその弟と過ごし“ぬくもり”を感じてしまったセツナは、彼らが“大切な存在”になる前に離れようと考える。そんな彼女の前に、バベル聖教会の異端審問官アシュバが現れ「この村は罪を犯している」と言い放つ。村の真実とは、そしてセツナが見出す運命は――!? 大人気タクティクスRPGが、豪華コード付きで小説化!






■映画ストーリー
高校で演劇部に所属するカスミは、自分に自信を持てずにいた。ある日彼女は何者かの声に導かれ、異世界バベル大陸へ召喚される。伝説の存在の暗黒竜デストルークに錬金術も魔法も封じられて“闇の魔人”が支配する大陸で、カスミは魔法使いたちと一緒に行動する。そして闇の魔人がレジスタンスの村を襲い、カスミが秘める本当の強さが覚醒しようとしていた。

★映画チェック★
通称“タガタメ”と呼ばれるシミュレーションRPG「誰ガ為のアルケミスト」を映画化したアニメーション。ゲームに登場するキャラクターたちと、映画オリジナルのヒロインの冒険が映し出される。アニメ「マクロス」「アクエリオン」シリーズなどのほかゲームのオープニングアニメーションを手掛けた河森正治が総監督、『THE IDOLM@STER』シリーズなどに携ってきた高橋正典が監督を務める。ヒロインの声を、声優の水瀬いのりが担当した。


■スタッフ
監督:高橋正典
原作:今泉潤/FgG
総監督・ストーリー構成:河森正治
脚本:根元歳三
キャラクターデザイン:嘉手苅睦
サブキャラクターデザイン:戸谷賢人
作画監督:宮西多麻子/長坂寛治/大河内忍/福田佳太/田中亜優/堀内修/出野喜則/小園菜穂/芳賀亮/小橋陽介
美術監督:古宮陽子/湖山真奈美
美術設定:ニエム・ヴィンセント/ロキャテリ・ロイック/ジェローム・ペリヤ
色彩設計:秋元由紀
編集:兼重涼子
特殊効果:永良雄亮
CGディレクター:原田丈
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:Akiyoshi Yasuda
音楽制作:フライングドッグ

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:アスミック・エース
製作:FgG
アニメーション制作:サテライト
カラー

■声の出演(役名)
水瀬いのり(カスミ)
逢坂良太(エドガー)
降幡愛(リズベット)
花江夏樹(ロギ)
石川界人
堀江由衣(ウロボロス)
生天目仁美
内田雄馬
今井麻美
早見沙織
江口拓也
Lynn(メラ)
福山潤(ニクス)





ジャンル:親子
 ガラスの城の約束   【6月14日公開】

ガラスの城の約束 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ジャネット ウォールズ
早川書房
売り上げランキング: 22,241


■内容紹介
NYで活躍する記者のジャネットはある晩パーティへ向かう道すがら、ホームレスになってゴミをあさる母を見かける…衝撃の再会を機によみがえる家族との日々。ポンコツ車で夜逃げを繰り返す極貧生活のなか、夢ばかり追う身勝手な父母への怒りと愛の狭間で苦悩しつつ、少女は勇敢に人生を切り拓いていく。全米350万部を突破した大ベストセラーにして、映画化もされた感動のファミリー・ドキュメント。
第1章 路傍の母
第2章 砂漠
第3章 ウェルチ
第4章 ニューヨーク
第5章 感謝祭

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 NYで活躍する記者が明かした極貧の少女時代。
夢見がちで勝手な父母への怒りと愛のはざまで苦悩しつつ自立していく姿が胸を打つ 

“事実は小説よりも奇なり”という言葉を、何度も思い出した。NFはこれだからやめらんない。病んでたヒルビリー両親なのに、子供全員夢叶えてる。問題解決力がのびたの!?こんだけ所謂機能不全家庭なのに、「機能」の定義の方を疑ってしまうくらい父は愛に満ち、母は無茶苦茶なりに一理ある。特に「宗教に関してどうこういうもんじゃない」。著者の家族愛が行間から伝わってくるけど、末妹の例があるし、母が心折れたのが38では当然だし、アル中は病気で苦しかったろう。在り方を肯定はできないのが難しい。「父親が理想の父親でなかったことに失望したことのある娘」なら誰しも一気読みであろう。献辞に「魅力的な人間は過去に支えられていると教えてくれたジョンへ」と書いてあった。 砂漠のクリスマスはほんとうにうらやましい体験で感動的。人間って愚かで、弱くてどうしようもなく、面白い。 私の脳内では、父親役はクレイン・クロフォードである。あのリーサルウェポンでの死を恐れない無軌道ぶり、ナイーブな演技、そして素行が悪くて主役なのに降板させられる生き方。彼にしか演じられない。 映画を見るべきか否か。






■映画ストーリー
ニューヨーク・マガジンの人気コラムニスト、ジャネット(ブリー・ラーソン)はある日、ホームレス同然の父レックス(ウディ・ハレルソン)と再会する。両親は彼女が幼いころ、定職につかず夢を追い求めて気の向くままに生活していて、仕事がうまくいかない父は酒に溺れ、家で暴れた。成長したジャネットは大学進学を機にニューヨークへ旅立ち、両親と関わらないようにしようと考えていた。

★映画チェック★
ジャーナリスト、ジャネット・ウォールズの自叙伝を、『ショート・ターム』のブリー・ラーソンとデスティン・ダニエル・クレットン監督が再び組んで映画化。父親との再会を機に隠してきた子供時代の記憶をたどる女性を映し出す。ヒロインにラーソンがふんするほか、両親を、『スリー・ビルボード』などのウディ・ハレルソンと『インポッシブル』などのナオミ・ワッツが演じる。

■スタッフ
監督・脚本:デスティン・ダニエル・クレットン
脚本:アンドリュー・ラナム
原作:ジャネット・ウォールズ
プロデューサー:ギル・ネッター
撮影:ブレット・ポウラク
美術:シャロン・シーモア
衣装:ミレン・ゴードン=クロージャー/ジョイ・ハナエ・ラニ・クレットン
編集:ナット・サンダーズ
作曲:ジョエル・P・ウェスト

☑映画詳細データ
英題:THE GLASS CASTLE
製作国:アメリカ
提供・配給:ファントム・フィルム
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
カラー/シネマスコープ/5.1ch
(新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか)

■キャスト(役名)
ブリー・ラーソン(ジャネット)
ウディ・ハレルソン(レックス)
ナオミ・ワッツ(ローズマリー)
マックス・グリーンフィールド(デヴィッド)
セーラ・スヌーク(ローリ)
ジョシュ・カラス(ブライアン)
ブリジット・ランディ=ペイン(モーリーン)






ジャンル:アニメ作品
 劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム   【6月14日公開】

『LisOeuf♪(リスウフ♪)』vol.13 (M-ON! ANNEX 636号)

エムオン・エンタテインメント (2019-05-31)
売り上げランキング: 10,091


■内容紹介
●発売情報
「LisOeuf♪vol.13」
5月31日(金)発売

【表紙・巻頭特集】
「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」
撮りおろしインタビュー(キャスト):緑川 光×内田雄馬
インタビュー:宮野真守
クリエイターインタビュー:上松範康(Elements Garden)×紺野さやか
藤間 仁(Elements Garden)×藤永龍太郎(Elements Garden)

【裏表紙・巻末特集】
GRANRODEO

【特集】
「この音とまれ! 」
キャストインタビュー:内田雄馬/蒼井翔太
クリエイターインタビュー:羽岡 佳/橋本みぎわ

「真夜中のオカルト公務員」
キャストインタビュー:福山 潤×土岐隼一
クリエイターインタビュー:Evan Call

「A3!」
ミニアルバム春組・夏組『BRIGHT EP』レビュー

【インタビュー】
鈴村健一
豊永利行
ラックライフ

【連載】
野島健児の「のじけんBAR」
ゲスト:山本和臣

【付録クリアファイル】
「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」
HE★VENS描きおろし表紙イラスト使用

©UTA☆PRI-MOVIE PROJECT








■映画ストーリー
シャイニング事務所に所属するST☆RISH、その先輩の QUARTET NIGHT、そして突如登場したレイジングエンターテインメント所属のHE★VENSは、その歌声で数多くのファンに夢を与え、ライバルとしてしのぎを削って成長を重ねてきた。この三つのアイドルグループが同じステージ立つことになり、各グループが持ち味を存分に生かすライブが始まる。

★映画チェック★
人気ゲームソフトを原作にしたアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズの劇場版。アイドルグループの頂点を目指して切磋(せっさ)琢磨してきたST☆RISH、QUARTET NIGHT、HE★VENSが、ライブを披露する。総監督にアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」などの永岡智佳、ボイスキャストには鈴村健一、谷山紀章、宮野真守、諏訪部順一らシリーズおなじみの面々が結集した。

■スタッフ
原作:上松範康/ブロッコリー
総監督:古田丈司
監督:永岡智佳
CGディレクター:中島宏
キャラクターデザイン原案:倉花千夏
キャラクターデザイン・総作画監督:藤岡真紀
キャラクターモデリングスーパーバイザー:宮嶋克佳
音楽:Elements Garden

☑映画詳細データ
製作国:日本
制作:A-1 Pictures
配給会社:松竹
製作:うた☆プリ劇場版製作委員会
カラー

■声の出演(役名)
寺島拓篤(一十木音也)
鈴村健一(聖川真斗)
谷山紀章(四ノ宮那月)
宮野真守(一ノ瀬トキヤ)
諏訪部順一(神宮寺レン)
下野紘(来栖翔)
鳥海浩輔(愛島セシル)
森久保祥太郎(寿嶺二)
鈴木達央(黒崎蘭丸)
蒼井翔太(美風藍)
前野智昭(カミュ)
緑川光(鳳瑛一)
小野大輔(皇綺羅)
代永翼(帝ナギ)
内田雄馬(鳳瑛二)
高橋英則(桐生院ヴァン)
木村良平(日向大和)
山下大輝(天草シオン)








ジャンル:動物
 柴公園   【6月14日公開】

柴公園 (実業之日本社文庫)
紙吹 みつ葉
実業之日本社 (2018-12-06)
売り上げランキング: 95,719


■内容紹介
柴連れおっさんたちの壮大な愛すべき無駄話。富士見西口公園に散歩にやってくる、三人のおっさんと三匹の柴犬。犬の名前は知っていても互いの名前は知らない“パパ”同士は、犬との生活で起きる些細な事件に首を突っ込みあっては、犬の話題に花を咲かせ続ける。そこに麗しき美女と白柴の子犬が…犬を愛するすべての人と、現代社会に疲れた人に癒しを贈る、公園ダベリエンターテイメント!

柴公園 (バンブー・コミックス)
コノマエヨミ子 永森裕二
竹書房 (2019-06-14)
売り上げランキング: 48,690


■内容紹介
ある街の公園。
柴飼いの3人のおっさんは、日々壮大な無駄話を繰り広げていた。
それを聞いていた3匹の柴犬は、不思議がったり共感したりーー。

柴犬の目線で描かれる、おっさん×公園ダベリエンターテインメント!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 おっさん×公園ダベリエンターテインメント!!
柴犬を飼い朝夕の散歩の時間が一緒。この共通項でのみつながっている3人の柴犬パパの日常。ゆるい会話+事件?謎?どうでもイイ?些事顛末。三人のおじさんと三匹の柴犬の連作短編8話。柴犬がとても可愛いです(笑)あたるパパやポチママなどなど・・・犬を飼っている登場人物の名前が一度も出てこない所に、ワンちゃんで繋がる人たちの少し特殊な関係性と犬愛が垣間見えた作品。特に大きな事件や出来事が起こる訳では無いけれど、おじさん達の会話のやり取りが始終まったりしていて読めばほっこり平和な気持ちになれて面白かったです。終盤で現れる"あの人"と"あのワンコ"のコラボが見えて嬉しかった。ツッコミ会話テンポが笑えるが、雰囲気ビミョーな一作。そこがイイのか?








■映画ストーリー
公園では、柴犬を連れたあたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)が、日々他愛のない話をしていた。あるとき、三人の中で唯一の独身であるあたるパパと、白い柴犬ポチの飼い主ポチママ(桜井ユキ)に恋の予感が訪れる。その仲を応援するじっちゃんパパとさちこパパは、あたるパパが正体不明のイケメン(水野勝)とひそかに会っているのを見掛ける。

★映画チェック★
柴犬連れの中年男3人が公園で話すさまを描いたドラマの劇場版。彼らの日常に異変が起こる。ドラマ版同様『榎田貿易堂』などの渋川清彦、『キャタピラー』などの大西信満、ドラマ「この世界の片隅に」などのドロンズ石本が中年男たちにふんするほか、桜井ユキ、山下真司、佐藤二朗らが共演。ドラマ版の共同監督を務めた『人狼ゲーム』シリーズなどの綾部真弥が監督を担当する。


■スタッフ
監督:綾部真弥
製作総指揮:吉田尚剛
企画・脚本:永森裕二
プロデューサー:岩淵規
撮影:伊藤麻樹
照明:藤森玄一郎
録音:井家眞紀夫
装飾:うてなまさたか
衣裳:岡本佳子
ヘアーメイク:佐々木愛
小道具:古澤禅
助監督:石田和彦/田口桂
動物トレーナー:ZOO動物プロ
制作担当:田中清孝
編集:岩切裕一
劇伴:沢田ヒロユキ/カラリスト/今塚誠/ポスプロ/キュー・テック

☑映画詳細データ
製作国:日本
制作プロダクション:メディアンド
企画・配給:AMGエンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント
製作:「柴公園」製作委員会
カラー
(イオンシネマ・シネマート新宿ほか)

■キャスト(役名)
渋川清彦(あたるパパ)
大西信満(じっちゃんパパ)
ドロンズ石本(さちこパパ)
桜井ユキ(ポチママ)
水野勝(ヒロト)
松本若菜(室町洋子)
寺田農(光蔵)
山下真司(校長先生)
佐藤二朗(芝二郎)
(DOG)
喜(あたる)
くう(じっちゃん)
なな(さちこ)
パコ(ポチ)
いっちゃん(一郎)








ジャンル:恩師
 泣くな赤鬼   【6月14日公開】

せんせい。 (新潮文庫)
重松 清
新潮社 (2011-06-26)
売り上げランキング: 4,587


■内容紹介
先生、あのときは、すみませんでした―。授業そっちのけで夢を追いかけた先生。一人の生徒を好きになれなかった先生。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった先生。そして、そんな彼らに反発した生徒たち。けれど、オトナになればきっとわかる、あのとき、先生が教えてくれたこと。ほろ苦さとともに深く胸に染みいる、教師と生徒をめぐる六つの物語。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 先生、あのときは、すみませんでした──。 
にんじん、赤鬼、気をつけ礼 はうるうるして読み終えた。先生と言えども、同じ人間。教科指導はできても、最初から順調に人を教育できる訳じゃあない。みんな もがきながら生きている。私も教育現場で働いているが、上手にクラス経営をされている先生とそうでもない先生とお見かけします。先生もそうでない人も 同じ人間。苦しみながら成長していくんだよ みんな。先生だってただの一人の人間にすぎないって読んでる方が少なくてびっくり! 重松清さんはなんか言葉数少ない男性目線から書いてるイメージがあって少し暗い気持ちにもなるけどそこから最後にガッと温かさに包み込む力が半端ない。 ベタはエンディングが多いので結局泣いてしまいました。メッセージがすごい伝わってくる。教える側も教えられる側もそのことを忘れないでほしいなと思った。重松さんは泣かせてくれます。教師だって人間だということ、子供時代には中々考えられないなあと、まだ学生の身分である"人間"は思います。さて、「気をつけ、礼。」は自叙伝でしょうか。何となくそんな気がしました。






■映画ストーリー
城南工業野球部の監督を務め、鬼のように厳しい指導と陽に焼けた赤い顔から赤鬼先生の異名を持つ小渕隆(堤真一)は、甲子園出場目前まで部を導くが、惜しくもかなわなかった。それから10年、小渕は50代になり野球への情熱も衰えていた。ある日病院を訪れた彼は、教え子だった斎藤智之(柳楽優弥)と再会する。そこで、野球のセンスに恵まれながらも高校を中退した彼が結婚し家庭を築いている一方、末期ガンで余命半年だと知る。

★映画チェック★
作家・重松清の短編集「せんせい。」に収められた一編を原作にしたヒューマンドラマ。高校野球部の監督だった教師と教え子の再会を描く。メガホンを取るのは『キセキ -あの日のソビト-』などの兼重淳。『クライマーズ・ハイ』などの堤真一、『ディストラクション・ベイビーズ』などの柳楽優弥、『恋のしずく』などの川栄李奈らが共演した。


■スタッフ
原作:重松清
監督・脚本:兼重淳
脚本:上平満
主題歌:竹原ピストル
企画プロデュース:長澤昌子

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:KADOKAWA
カラー

■キャスト(役名)
堤真一(小渕隆)
柳楽優弥(斎藤智之)
川栄李奈(斎藤雪乃)
竜星涼(和田圭吾)
堀家一希(斎藤智之(高校生))
武藤潤(和田圭吾(高校生))
佐藤玲(小渕佐知)
キムラ緑子(斎藤智美)
麻生祐未(小渕陽子)





ジャンル:アニメ作品
 Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム  【6月14日公開】

プリズマ☆イリヤ3rei!! 4―Fate/kaleid liner (角川コミックス・エース 200-13)
ひろやま ひろし Fate/stay night
KADOKAWA (2014-03-22)
売り上げランキング: 41,896







★映画チェック★
ビジュアルノベルゲーム「Fate / stay night」に登場するイリヤスフィール・フォン・アインツベルンをメインにしたアニメシリーズを映画化。原作者ひろやまひろし監修のオリジナルストーリーで、イリヤをはじめとするキャラクターたちがドタバタ劇を繰り広げる。アニメーション制作を SILVER LINK.、監督をアニメシリーズに携ってきた大沼心が担当。ボイスキャストには門脇舞以、名塚佳織、斎藤千和ら本シリーズの声優陣が名を連ねる。


■スタッフ
原作:ひろやまひろし/TYPE-MOON
監督:大沼心
脚本:井上堅二/水瀬葉月
キャラクターデザイン:平田和也
音響監督:土屋雅紀
音響効果:出雲範子
音響制作:グロービジョン
音楽:加藤達也
音楽制作:ランティス

☑映画詳細データ
製作国:日本
アニメーション制作:SILVER LINK.
配給:角川アニメーション
製作:Prisma☆Phantasm製作委員会

■声の出演(役名)
門脇舞以(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン)
名塚佳織(美遊・エーデルフェルト)
斎藤千和(クロエ・フォン・アインツベルン)
伊瀬茉莉也(森山那奈亀)
加藤英美里(嶽間沢龍子)
伊藤かな恵(栗原雀花)
佐藤聡美(桂美々)
高野直子(マジカルルビー)
かかずゆみ(マジカルサファイア)
杉山紀彰(衛宮士郎)
植田佳奈(遠坂凛)
伊藤静(ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト)





ジャンル:SF
 メン・イン・ブラック インターナショナル   【6月14日公開】

メン・イン・ブラック インターナショナル (竹書房文庫)
竹書房 (2019-06-14)
売り上げランキング: 36,353


■内容紹介
2019年、地球に潜伏するエイリアンは増殖し、進化!〓彼らを取り締まるエージェントも世界各地で、強化!〓舞台は地球全域!今度のチームは、“超エリート”の新人女子と敏腕だけどプレイボーイ!?の先輩男子!

ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ主演で世界的大ヒットを記録したシリーズ『メン・イン・ブラック』。
その最新作が、2019年6月14日(金)公開の『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。

〈あらすじ〉ニューヨークに本部を置く最高機密機関〈メン・イン・ブラック〉――MIB。所属するエージェント達はブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球に生息するエイリアンが、犯罪や侵略行為を行わないように監視し取り締まっている。エリート新人女性エージェントMは、MIB内部にいるとみられるスパイを探し出すためロンドン行きを命じられる。ロンドン支部で待っていたのはイケメンチャラ男の敏腕エージェントH。上官のハイTの指令に従い、Hとコンビを組んで、何にでも変態することができるエイリアン探しを開始。イギリス、フランス、モロッコと世界各国で捜査を進めるが、スパイの手が伸びていることを二人は知らなかった……。小説版には、〈前日譚〉の短編を特別収録。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1全世界大ヒットシリーズ『メン・イン・ブラック』最新作  
小説版!新チーム結成! 初ミッションは――MIB内部のスパイを摘発せよ!ニューヨークに本部を置く最高機密機関“メン・イン・ブラック”―MIB。所属するエージェント達はブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球に生息するエイリアンが、犯罪や侵略行為を行わないように監視し取り締まっている。エリート新人女性エージェントMは、MIB内部にいるとみられるスパイを探し出すためロンドン行きを命じられる。ロンドン支部で待っていたのはイケメンチャラ男の敏腕エージェントH。上官のハイTの指令に従い、Hとコンビを組んで、何にでも変態することができるエイリアン探しを開始。イギリス、フランス、モロッコと世界各国で捜査を進めるが、スパイの手が伸びていることを二人は知らなかった…。小説版には、“前日譚”の短編『H&ハイ・Tの事件ファイル “死の商人”を捜し出せ!』を特別収録。




■映画ストーリー
地球に生息している異星人たちの監視と取り締まりを行っている最高秘密機関MIBことメン・イン・ブラックの新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)は、MIBロンドン支部内に潜んでいるとされるスパイの摘発を命じられる。Mは、先輩エージェントのH(クリス・ヘムズワース)と共に任務の遂行にあたるが、スパイ側が仕掛けていた裏工作によってMIBから追われる立場になってしまう。

★映画チェック★地球に潜む宇宙人を監視するエージェントたちの活躍を描いた『メン・イン・ブラック』シリーズの第4弾敏腕だがいいかげんなHとエリート新人Mのコンビが、地球に迫る危機に挑む。監督は『ストレイト・アウタ・コンプトン』などのF・ゲイリー・グレイ。HとMを、『アベンジャーズ』シリーズなどのソー役でおなじみのクリス・ヘムズワース、『クリード』シリーズなどのテッサ・トンプソンが演じる。


■スタッフ
監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:マット・ハロウェイ/アート・マーカム

☑映画詳細データ
英題:MEN IN BLACK INTERNATIONAL
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

■キャスト(役名)
クリス・ヘムズワース(エージェントH)
テッサ・トンプソン(エージェントM)
リーアム・ニーソン(ハイT)
エマ・トンプソン(エージェントO)
レベッカ・ファーガソン
(日本語吹き替え)
杉田智和(エージェントH)
今田美桜(エージェントM)
磯部勉(ハイT)
高島雅羅(エージェントO)
上田燿司(エージェントC)
朴路美(リザ・スタヴロス)
後藤光祐(ヴァンガス)
谷昌樹(ルカ)
玄田哲章(フランク)



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック