FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

2019年夏、木曜ドラマ『サイン─法医学者 柚木貴志の事件─』

kage

2019/09/12 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★7月11日スタート 

テレビ朝日系 毎週木曜 21:00~21:54

サイン─法医学者 柚木貴志の事件─ 

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「サイン」(韓国SBSテレビ)
脚本:羽原大介
演出:七高剛/山本大輔
プロデューサー:内山聖子/飯田爽/下山潤
主題歌:ミラーズ/東方神起

E13-b043.gif
外部サイト:サイン─法医学者 柚木貴志の事件─

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柚木貴志:大森南朋
「日本法医学研究院」の解剖医。権力に屈することなく“真実と正義”を追求する真っすぐな法医学者。院長・兵藤の一番弟子で、解剖の腕は超一流。口が悪く偏屈な無頼派だが、胸の奥底には人としての温かい心が宿っている。

和泉千聖 :松雪泰子
警視庁捜査一課の管理官。女性初の捜査一課長を目指す野心家。男性社会である警察組織の中で、悔しさをバネに必死に勉強して今の地位まで這い上がってきた。勝ち気で心(しん)が強い。柚木とはかつて恋人関係にあり、一時は婚約もしていた。普段は冷静で落ち着き払っているものの酒癖が悪い。

中園景:飯豊まりえ
「日本法医学研究院」の新人解剖医。真摯に法医学と向き合う。尊敬する院長・兵藤の一番弟子である柚木のもとで、自ら弟子になることを志願。柚木に虐げられながらも、くじけず食らいついていく、打たれ強く天真らんまん。実は過去に身内がある事件に巻き込まれている。

高橋紀理人:高杉真宙
警視庁捜査一課の警部補。千聖の部下。女たらしの一匹狼。若手ゆえに経験値は浅いが、刑事としての勘がさえており、仕事は優秀。千聖の迫力に時折おびえながらも、臆することなくズケズケと物を言う。生意気だが、なぜか憎めない新世代刑事。

伊達明義 :仲村トオル
国立大学の法医学教授。「真実とは勝者に与えられるもの」と言い切り、権力側に寄り添う危険な男。自らの保身のためなら、時には解剖結果の改ざんもいとわない。かつて、兵藤と「日本法医学研究院」院長の座を争って負けたが、今もなおその椅子を虎視眈々(たんたん)と狙っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
大森南朋が解剖医役で主演! 法医学と絶対的権力が壮絶な戦いを繰り広げるサスペンス! 
韓国で最高視聴率を記録した大ヒットドラマ「サイン」を大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら豪華キャストの共演でリメーク。“真実と正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かう姿を描く。

韓国版は実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」を舞台に、国や権力の息がかかりやすい状況下での攻防戦を描いているが、日本では該当する国家機関がないため「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を設定。法医学の現場で実際に起こりうる、解剖結果への干渉や忖度を国レベルに押し上げて、物語をダイナミックに動かしていく。


2019夏号:2019年7月1日〜2019年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
国民的な人気を誇る男性歌手がライブ会場の控室で死んでいるのが発見される。事件現場からは指紋も採れず、遺体が唯一の証拠に。警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は、遺体を死因究明に特化した国家機関「日本法医学研究院」へ搬送するよう指示する。一方、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、ある情報から、この男性歌手の死がただの病死ではないとにらむが、千聖は解剖結果が出るまで捜査は一旦保留だと一蹴する。そんな中、「日本法医学研究院」の院長が最も信頼する解剖医・柚木貴志(大森南朋)が男の司法解剖を一任する。しかし、解剖直前に想定外の横やりが入り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月11日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/7/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ライブ会場の控室で人気歌手・北見(横山涼)の遺体が見つかり、国家機関「日本法医学研究院」の解剖医・柚木(大森南朋)が司法解剖を行うことに。だが突然、担当が法医学教授の伊達(仲村トオル)に変更される。元婚約者でもある警視庁捜査一課管理官・千聖(松雪泰子)を問い詰めた柚木は、不可解な圧力を察知。新人解剖医の景(飯豊まりえ)を巻き込み、遺体を盗んで解剖する暴挙に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/7/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柚木(大森南朋)が働く大学で女性遺体の解剖が行われ、柚木は自殺に見せ掛けた他殺と判断。景(飯豊まりえ)は理由が気になる。一方、伊達(仲村トオル)も女性遺体を担当し、自殺と断定。2遺体に同じあざがあると気付いた警視庁捜査一課刑事・紀理人(高杉真宙)の捜査により、連続殺人の疑いが浮上し、千聖(松雪泰子)は柚木に相談する。そんな中、現場を訪れた景が何者かに襲われる。

※7月25日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/8/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
暴力団員の千葉(諫早幸作)がスナックで銃殺され、伊達(仲村トオル)の指示で副院長の橘(淵上泰史)がその解剖を担当。組織対策四課の本郷(土屋佑壱)ら警察の捜査通りと結論づけるが、柚木(大森南朋)は解剖時間の短さを不審に思う。事件に疑念を抱く千聖(松雪泰子)らは現場にいたという暴力団員・原(笠松将)から意外な話を聞く。景(飯豊まりえ)はひそかに解剖データを手に入れ…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/8/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
景(飯豊まりえ)は柚木(大森南朋)と、法医研元院長・兵藤(西田敏行)の家を訪問。父亡き後、兵藤と暮らしていた柚木の新人時代や25年前に伊達(仲村トオル)らと奔走した法医研設立の話を聞く。後日、柚木は別の場所で同時刻に死亡した2人の解剖を担当。2人は共に柚木の父の勤務先病院の医師だった。さらに柚木宛てに法医研の過去の捏造(ねつぞう)を指摘する手紙が届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月9日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/8/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
柚木(大森南朋)の亡父・啓介(岡安泰樹)が勤めていた病院の医師が連続して死亡した件で別の関係者の遺体が見つかり、景(飯豊まりえ)の心配をよそに柚木が解剖を担う。千聖(松雪泰子)らが同病院院長・小笠原(篠井英介)を怪しむ中、柚木は毒殺の可能性に言及。そんな中、25年前に小笠原が執刀した手術で亡くなった患者の父・安本(おかやまはじめ)が、柚木を訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月22日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/8/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
通り魔に頭部を殴られた女性遺体の解剖を担当する景(飯豊まりえ)は、残された刻印や凶器から、意識不明で入院中の妹・優(黒崎レイナ)を3年前に襲った人物と同一犯だと推測する。紀理人(高杉真宙)は現場付近で金づちを持っていたゲーム会社元社員・落合(渋谷謙人)を取り調べるが彼にはアリバイが。思い詰めていく景の状況を柚木(大森南朋)が知る中、落合が釈放される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月27日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/8/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
千聖(松雪泰子)の元に以前、歌手を殺害したとして自首した清花(柳美稀)から無実を訴える連絡が入る。清花は真実を話すから会いに来てと言う。柚木(大森南朋)は上司の指示で捜査できない千聖に代わり、清花と面会。だが、清花は様子がおかしく、無実の訴えも記憶違いと言い出す。柚木が刑務所で入れ違いに出て行った楓(森川葵)を気に掛ける中、不測の事態が起き…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月5日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/9/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人気歌手・北見永士(横山涼)を毒殺した罪で服役するも不審死を遂げた宮島清花(柳美稀)、そして実際に永士の飲み物に青酸カリを入れた所属事務所社長・会田幹彦(猪野学)。2人と共謀した主犯は次期総裁候補・島崎藤一郎(小木茂光)の娘・島崎楓(森川葵)であり、彼女こそが北見を窒息死させてとどめを刺したに違いない――。北見の喉から見つかった青い繊維と照らし合わせ、そう確信する「日本法医学研究院」の解剖医・柚木貴志(大森南朋)。だがその矢先、真実の鍵を握る会田が死亡してしまう! しかも、ホテルの部屋から飛び降りたと見られる会田の遺体は、島崎の秘書・佐々岡充(木下ほうか)の要請で、島崎と裏でつながる「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)が解剖することになり…!?

 その頃、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は会田の死に島崎サイドが関与していることを立証し、追い詰めようと計画。まもなく千聖の部下・高橋紀理人(高杉真宙)が、死亡推定時刻範囲内に会田の宿泊階で、楓らしき女が目撃されていたことを突き止める。だが、翌日に迫った司法解剖で伊達が自殺と判断すれば、捜査の続行は不可能だ…。自らのキャリアをふいにする可能性を視野に入れながらも、真実追求の覚悟を決めた千聖は、島崎の妨害を封じ込める“禁じ手”を実行することに! 一方、柚木はある切り札を盾に、伊達の助手として会田の司法解剖に参加。当然のごとく2人の解剖所見は食い違いを見せるが、その直後に伊達が耳を疑う言葉を発し…!

 そんな中、楓がついに任意聴取に応じる。だが、そこには“思わぬ落とし穴”が待ち受けていた――。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月12日更新】
■ あらすじ(第9話・最終回 拡大スペシャル  2019/9/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)とその部下・高橋紀理人(高杉真宙)は、次期総裁候補の娘・島崎楓(森川葵)が国民的人気歌手・北見永士(横山涼)を窒息死させるために使ったと思われる“青いぬいぐるみ”を押収。照合検査のために、新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は北見の喉から見つかった“青い繊維”を持って、解剖医・柚木貴志(大森南朋)らが待つ「日本法医学研究院」へと急行する。だが、景は“青い繊維”を柚木らに手渡すと、なぜか検査が始まるのを待たず部屋の外へ。その様子が気になった柚木は、彼女の後を追うが…。

そんな中、あろうことか想定外の検査結果が出る。ぬいぐるみの繊維と“青い繊維”は「一致しなかった」というのだ! 真実を証明する最後の手立てを失い、苛立ちを隠せない柚木…。ちょうどその頃、「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)のもとには、意外な人物がやって来て…!?

真犯人である楓を追い詰めようとするたび、権力によって次々と閉ざされていく真実追及への扉。それでも諦められず、事件当日の監視カメラ映像を再度チェックした柚木は“ある異変”を見抜き、そこに“真実”が隠されていると確信する。ところが、権力側は一枚も二枚も上手で…!?

やがて柚木は何が何でも“真実”を明らかにするため、ある方法で楓の罪を暴く“真実のサイン”を手に入れようと思いつく。それは想像を絶する結末を伴う、まさに“決死の勝負”だった――。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック