FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2019年春—夏、連続ドラマW 神の手

kage

2019/07/21 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★6月23日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW 神の手

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:久坂部羊「神の手」(幻冬舎文庫)
脚本:田中洋史/幸修司
監督:兼重淳
プロデューサー:加納貴治/野村敏哉

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 神の手

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
白川泰生:椎名桔平
武蔵野総合医療センターの外科部長。人望が厚く、優秀な腕を持つ消化器外科医。若い末期がん患者・章太郎に安楽死の処置を施したことがきっかけで、安楽死法案の成立を巡り、推進派・反対派の両方から接近され、翻弄されていく。

山名啓介:杉本哲太
武蔵野総合医療センターの形成外科医。同じ大学出身でキャリアも一緒だが、自分とは対照的に評価の高い同僚の白川に対し、複雑な感情を抱えている。今の医局制度に不満があり、野心を隠し持ちながら「ジャモ」に入会する。

古林康代 :鈴木砂羽
テレビなどにもコメンテーターとして出演するジャーナリスト。章太郎の実母だが、育児放棄で養育を姉の晶子に任せてしまった負い目をひそかに感じている。強引で押しが強い性格。章太郎の死を知り、白川を告発する。

新見偵一 :北村有起哉
医療行政の改革を目的に設立した団体「ジャモ」の会長で、心臓外科医。山名ら医師を取り込んで、安楽死法案の成立を推進していく。

本村雪恵 :星野真里
横浜南部市民病院の看護師。かつて白川の下で働いていた。同志として寄り添い、苦悩する白川にアドバイスを送る。

佐渡原一勝 :近藤正臣
元内閣総理大臣で、政界を引退後も大きな影響力を持つ重鎮。「ジャモ」の後見人を務める。安楽死法案の推進派。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
椎名桔平が苦悩する外科医を熱演。終末期医療と安楽死の是非を問う医療サスペンス! 
現役医師でもあるベストセラー作家・久坂部羊の同名小説を原作に、“終末期医療における安楽死の是非”を真正面から取り上げ、人生の終焉について問い掛ける社会派医療サスペンス。主人公が施した安楽死の処置をきっかけに、安楽死法案の成立を巡って医学界、政界、マスコミ、市民団体を巻き込んだ大騒動が巻き起こる。

助かる見込みがなく耐え難い痛みに苦しむ末期がん患者を前に、苦渋の決断を下し、渦中の人物となってしまう外科医・白川泰生を演じるのは、「破裂」(NHK総合)に続き、久坂部原作のドラマ主演2作目となる椎名桔平。共演には、杉本哲太、鈴木砂羽、北村有起哉、星野真里、近藤正臣ら実力派俳優が脇を固める。


2019春号:2019年4月1日〜2019年6月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月 日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
腕利きの外科医・白川泰生(椎名桔平)の元に診察を受けに来た21歳の患者・古林章太郎(葉山奨之)は、検査の結果、肛門がんと診断され、白川によって手術を受ける。しかし、数カ月後に転移が判明し、回復の見込みがないまま耐え難い痛みに苦しむようになる。育ての親で伯母の古林晶子(坂井真紀)は、そんな章太郎に付き添ううちに、苦しみから解放してあげたいと白川に安楽死を懇願。苦悩の末、白川は章太郎に安楽死の処置を施す。
しかし、章太郎の母親でジャーナリストの古林康代(鈴木砂羽)は、章太郎の死を知って白川を告発。白川の行為は“殺人”か“過失致死”かと連日取り沙汰される中で、安楽死法案の成立が現実味を帯びていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月23日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/6/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
外科医・白川(椎名桔平)が担当する21歳の肛門がん患者・章太郎(葉山奨之)の病状が進行。章太郎はジャーナリストの母・康代(鈴木砂羽)が育児放棄したため、10年前から伯母・晶子(坂井真紀)が育てていた。やがて回復の見込みもなくなる中、痛みに苦しむ章太郎を見かねた晶子は、白川に安楽死の処置を懇願。章太郎自身も以前、安楽死を望むと口にしていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年6月30日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/6/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
白川(椎名桔平)の安楽死処置疑惑がテレビで報じられる。院長・和田(矢島健一)は白川に診療停止処分を言い渡し、同僚・山名(杉本哲太)を責任者に、査問会議が開かれる。山名は元総理・佐渡原(近藤正臣)を後ろ盾とする医療改革団体「ジャモ」の会員で、ある指示が出ていた。そんな中、白川は刑事の平野(正名僕蔵)から、康代(鈴木砂羽)が告訴状を出したと告げられて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月7日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/7/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
殺人の容疑で逮捕された白川(椎名桔平)だが、何者かの動きにより不起訴となり釈放される。マスコミは安楽死騒動の真相を究明しようと病院に殺到。その対策のため、「ジャモ」の会員である同僚の山名(杉本哲太)の提案により、白川は記者会見を開くことに。一方、安楽死法案成立を目指すジャモとそれにあらがう康代(鈴木砂羽)ら「阻止連」はそれぞれ別の一手に出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月14日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/7/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
白川(椎名桔平)の記者会見を見た「ジャモ」会長・新見(北村有起哉)は、安楽死法案成立の象徴として白川を担ぎ上げるべく動き出す。白川は悩みながらも、ジャモの医療改革を進めるためのセミナーに参加し、新見から佐渡原(近藤正臣)を紹介される。会場には佐渡原が心酔する‘センセイ’もいるらしい。一方、康代(鈴木砂羽)は一人、安楽死反対を唱え続けて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月18日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/7/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
病院を辞めた白川(椎名桔平)は、元「阻止連」の医師・大塚(井上肇)から終末期医療に入る患者・畠中(田山涼成)の対処を相談されるが、断ってしまう。佐渡原(近藤正臣)が裏で動いた「安楽死法案」が可決する中、「ジャモ」会長・新見(北村有起哉)が遺体となって発見される。一方、晶子(坂井真紀)に呼び出された白川は、康代(鈴木砂羽)の事務所であるものを見せられる。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック