FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

角川文庫カドフェア2019:感動する!❺|🎬メディア・ミックス作品|映画「Fukushima 50」(死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発)

kage

2019/07/31 (Wed)

img033.jpg

文庫フェア


川文庫『カドフェス2019』。

発見!角川文庫・カドフェス2019
     ×
天気の子(7・19公開・新海誠監督最新作)


天気の子
天気の子
posted with amazlet at 19.07.20
UNIVERSAL MUSIC LLC (2019-07-19)
売り上げランキング: 1


雨が
大地に染み込むように
言葉が
心にじんわり広がる。

光が
雲間を貫くように
言葉が
心に鋭く刺さる。

気まぐれに変わる
夏の空。
気まぐれに読む
夏の本。

予報もできない結末が
きっと あなたを待ち受ける。


■今年の特典



スペシャルカバーLINE UP

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
スペシャルカバーの販売は2019年6月14日から、全国の書店にて発売開始
※なくなり次第終了となります。 ※Amazon、楽天などのネット書店ではカバーが異なる可能性がございます。

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
文豪ストレイドッグス×角川文庫(全4種)
かまわぬ和柄Specialカバー(全8種類)


カドフェス対象本を1冊買うと、その場でもらえる!
はさんで楽しむ!
【数量限定】発見!クリアファイルプレゼント

カドフェス対象本を1冊ご購入につき、店頭にてその場でプレゼント!
デザインはこの夏公開の映画『天気の子』、創刊70周年を迎えた角川文庫の第1作目『罪と罰』、ハッケンくんの全3種類!

┣天気の子
┣罪と罰
┣ハッケンくん

※2019/6/14よりなくなり次第終了。
※対象店舗は、全国のカドフェス展開中の書店さまで、カドフェスの帯がついている文庫が対象です。
(店舗、一部ネット書店によっては取扱いのない場合がございます)
※恐れ入りますが、クリアファイルのデザインはおまかせいただくことをご了承ください。


抽選で合計100名に当たる!
特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーン

応募締め切り 2019年9月2日(月)23時59分まで

下記の応募フォームより、ご応募いただいた方から抽選で合計100名様に、カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分)をプレゼント!

★図書カードNEXTの使用方法はこちら
カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分):合計100名様

┣天気の子:34名様
┣罪と罰:33名様
┣ハッケンくん:33名様

■応募締め切り
2019年9月2日(月)23時59分まで

■注意事項
※あらかじめ下記をご了承のうえでご応募ください
○おひとりにつき応募は1回まで。複数回ご応募いただいた場合でも、プレゼントの抽選対象はひとりにつき1口分となります。
○入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
○当選者の発表は、賞品の発送(2019年11月上旬予定)をもって代えさせていただきます。また、発送先は日本国内に限ります。
○賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。
○応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社の「プライバシーポリシー」の定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。

■応募に関するお問い合わせ
KADOKAWAカスタマーサポート
お問い合わせフォーム: https://www.kadokawa.co.jp/support/c/
※カドフェス2019 特製図書カードNEXTプレゼントキャンぺーンとご明記ください。
※当落に関するお問い合わせには応じかねます。

↓ ↓ ↓ ↓
カドフェス2019特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーンに応募する


■フェアのジャンル項目



新海誠関連書籍!
青春いっぱい!
感動する!
名作
頭の栄養
手に汗にぎる!
心をつかむロングセラー

■アイコンの説明


・・・・受賞作
・・・・映像化
・・・・感想文にオススメ
📲・・・・電子書籍あり



 ■感動する!
 🎬作品|映画「Fukushima 50」 

|映|画|原|作|📲
「おすすめ文庫王国2017」(本の雑誌社)ノンフィクション部門 第1位
 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発/ 門田隆将 (著)

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)
門田 隆将
KADOKAWA (2016-10-25)
売り上げランキング: 699


あの時、何が起き、何を思い、どう闘ったのか。原発事故の真相が明らかに! 

2011年3月、日本は「死の淵」に立った。福島県浜通りを襲った大津波は、福島第一原発の原子炉を暴走させた。日本が「三分割」されるという中で、使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちがいた。あの時、福島第一原発で何が起こったのか。緊迫のドキュメンタリー。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)12011.3.11、福島を、日本を、救うために
福島原発で約50人の作業員が残り続けていた

東日本大震災での原発事故のルポ。原発事故は行政と事業者の慢心が生んだ事故である。あの事故は何故慢心が生んだか。実際にテロやスマトラ沖地震の津波による被害を考慮し、電源確保の対策をすべきところを時の政府と事業者は、日本には起こり得ないとし対策をとらなかった。また、当時の菅首相の無駄な現地視察は愚の骨頂だった。辛辣な言い方だが、事業者が命を賭けて事故を解決するのは当然なのだ。事業者が原発で録を食む。その録は事故を起こさない代償である。事故が起きれば命を失っても解決するのは当然のはず。それが責任だと思う。「死の淵を見た」とは吉田昌郎所長が己れの命の限りを意識したという意味ではない。東日本が、しいては日本の国体そのものが「死の淵」に立たされた境界線にいたという意味だ。福島原発事故の本を続けて読んだおかげで、3Dで迫る事実が私の精神に激しい揺さぶりをかける。死を覚悟し闘う現場の人間に投げつける菅の叱責と怒声。この雰囲気の中、吉田がとった行為を読めるのはP330。今も続く廃炉処理を残しつつも、こうして日本があること!これだけは事実です。考えさせられる事が多過ぎた一冊でした。過去形では、済まされ無いことを含め、読んで頂きたい一冊です。



Arikaシネマ2014b7

2020年3月全国ロードショー
 Fukushima 50 

この空に、誓う。

2011年3月11日午後2時46分

あの時、福島第一原発に残った名もなき作業員たちは、Fukushima 50と呼ばれた――

映画だから語られる真実

3.11、そして福島第一原発事故。
日本映画史上最大のスケールで世界へ発信する超大作。


■映画ストーリー
2011年3月11日午後2時46分。最大震度7という日本の観測史上、最大の地震が発生した。巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。原子炉は冷却が不可能となり、建屋が次々に水素爆弾を起こしてメルトダウンが迫っていた。 原発の当直長の伊崎利夫は次々と起こる不測の事態に対応せざるを得ない。所長の吉田昌郎は現場の指揮を執りつつ、混乱する本社とのやり取りに悪戦苦闘。福島原発を放棄すれば、その影響は5000万人にも及ぶ。自衛隊は緊急出動、米軍は「トモダチ作戦」を発動。その中で、福島原発の現場には約50人の作業員が残り続けていた。

★映画チェック★
東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画「Fukushima 50」が2020年に公開されます。原作は90人以上の関係者の取材をもとにした門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」。主演の佐藤浩市が福島第一原発1、2号機の当直長。渡辺謙は亡くなった福島第一原発の吉田昌郎所長を演じます。

■スタッフ
監督:若松節朗
脚本:前川洋一
音楽:岩代太郎
原作:門田隆将

☑映画詳細データ
製作・配給:KADOKAWA
配給:松竹
オフィシャルサイト:https://www.fukushima50.jp/

■キャスト(役名)
佐藤浩市(伊崎利夫)
渡辺謙(吉田昌郎)
吉岡秀隆(前田拓実)
安田成美(浅野真理)







映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)クランクアップ記者会見

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック