FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

角川文庫カドフェア2019:感動する!❾|🎬メディア・ミックス作品|雫井脩介(望み)

kage

2019/08/04 (Sun)

img033.jpg

文庫フェア


川文庫『カドフェス2019』。

発見!角川文庫・カドフェス2019
     ×
天気の子(7・19公開・新海誠監督最新作)


天気の子
天気の子
posted with amazlet at 19.07.20
UNIVERSAL MUSIC LLC (2019-07-19)
売り上げランキング: 1


雨が
大地に染み込むように
言葉が
心にじんわり広がる。

光が
雲間を貫くように
言葉が
心に鋭く刺さる。

気まぐれに変わる
夏の空。
気まぐれに読む
夏の本。

予報もできない結末が
きっと あなたを待ち受ける。


■今年の特典



スペシャルカバーLINE UP

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
スペシャルカバーの販売は2019年6月14日から、全国の書店にて発売開始
※なくなり次第終了となります。 ※Amazon、楽天などのネット書店ではカバーが異なる可能性がございます。

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
文豪ストレイドッグス×角川文庫(全4種)
かまわぬ和柄Specialカバー(全8種類)


カドフェス対象本を1冊買うと、その場でもらえる!
はさんで楽しむ!
【数量限定】発見!クリアファイルプレゼント

カドフェス対象本を1冊ご購入につき、店頭にてその場でプレゼント!
デザインはこの夏公開の映画『天気の子』、創刊70周年を迎えた角川文庫の第1作目『罪と罰』、ハッケンくんの全3種類!

┣天気の子
┣罪と罰
┣ハッケンくん

※2019/6/14よりなくなり次第終了。
※対象店舗は、全国のカドフェス展開中の書店さまで、カドフェスの帯がついている文庫が対象です。
(店舗、一部ネット書店によっては取扱いのない場合がございます)
※恐れ入りますが、クリアファイルのデザインはおまかせいただくことをご了承ください。


抽選で合計100名に当たる!
特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーン

応募締め切り 2019年9月2日(月)23時59分まで

下記の応募フォームより、ご応募いただいた方から抽選で合計100名様に、カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分)をプレゼント!

★図書カードNEXTの使用方法はこちら
カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分):合計100名様

┣天気の子:34名様
┣罪と罰:33名様
┣ハッケンくん:33名様

■応募締め切り
2019年9月2日(月)23時59分まで

■注意事項
※あらかじめ下記をご了承のうえでご応募ください
○おひとりにつき応募は1回まで。複数回ご応募いただいた場合でも、プレゼントの抽選対象はひとりにつき1口分となります。
○入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
○当選者の発表は、賞品の発送(2019年11月上旬予定)をもって代えさせていただきます。また、発送先は日本国内に限ります。
○賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。
○応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社の「プライバシーポリシー」の定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。

■応募に関するお問い合わせ
KADOKAWAカスタマーサポート
お問い合わせフォーム: https://www.kadokawa.co.jp/support/c/
※カドフェス2019 特製図書カードNEXTプレゼントキャンぺーンとご明記ください。
※当落に関するお問い合わせには応じかねます。

↓ ↓ ↓ ↓
カドフェス2019特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーンに応募する


■フェアのジャンル項目



新海誠関連書籍!
青春いっぱい!
感動する!
名作
頭の栄養
手に汗にぎる!
心をつかむロングセラー

■アイコンの説明


・・・・受賞作
・・・・映像化
・・・・感想文にオススメ
📲・・・・電子書籍あり




 ■感動する!
 🎬作品|雫井脩介 


映画化作品📲
 望み/雫井脩介 (著)

望み (角川文庫)
望み (角川文庫)
posted with amazlet at 19.07.22
雫井 脩介
KADOKAWA (2019-04-24)
売り上げランキング: 30,805


息子は殺人犯か被害者か――。究極の一気読みミステリ。 

年頃の息子と娘を育てながら平穏に暮らしていた石川一登・貴代美夫妻。9月のある週末、息子の規士が帰宅せず連絡が途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人が殺害されたと聞き、一登は胸騒ぎを覚える。逃走中の少年は二人だが、行方不明者は三人。息子は犯人か、それとも……。規士の無実を望む一登と、犯人でも生きていて欲しいと願う貴代美。揺れ動く父と母の思い――。心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1犯罪者を取り巻く家族の姿 !
最後まで読者を離さないストーリー展開、そして家族の悲しみが切ない

少年犯罪と家族の苦悩を描く。重いテーマの小説。被害者家族になるのか、加害者家族になるのか、心の葛藤が時間の経過毎に変わっていく様を繊細に描いている作品でした。高校生になってケガのために打ち込んでいたサッカーをやめてしまい夜遊びや喧嘩が増えていた息子。9月の連休前に帰ってこなくなり、そしてリンチ殺人事件が発生。被害者は息子の友人1人。行方不明者は3人。しかしどうやら逃走者は2人。後の1人は?息子は被害者?加害者?父母それぞれがかけるのはどちらにしても絶望でしかない望み。たった数日間を濃密に描く。テレビのニュースで報道された殺人事件に外出中の息子が関係している事が明らかになった家族の姿を描いている。仮に息子が加害者なら生きているが、加害者家族への世間からの風当たりは強く、父親は職を失い、妹は志望校にいけない、一方被害者側なら殺されているかもしれない、といった究極の状況。今回の「望み」は、究極の選択に苦しむ家族の物語。どちらも望みのない考えであるのに、すがってしまう家族の姿になんとも言えない感情がわいてきました。不安は結論が出たときにはそれ以上大きくならないが、先が見えないときには大きくなるといった表現がありましたが、まさにその通りだと思いました。 ネット社会の中で、こうした犯罪者を取り巻く家族の姿が巧く描かれており、もう、こんな年頃の男の子がひどい目にあったりあわせたりという話は辛すぎて読みたくない。なのに一気読み。ただ母には共感できず、無償の愛、母は強しという文脈は読んでいて辛い。 マスコミ報道のあり方なども考えさせられた。



Arikaシネマ2014b7

※映像化進行中、公開日未定
 望み 

あの子は殺人犯なのか。
それとも被害者なのか。
揺れ動く父と母の思い――。
あなたなら、「何」を望みますか。


■内容紹介
究極のシチュエーションで問いかける、比類なき心理サスペンス 
東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(かずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。2人は、高1の息子・規士(ただし)と中3の娘・雅(みやび)と共に、家族4人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、2人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、2人は胸騒ぎを覚える。行方不明は3人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は2人。息子は犯人なのか、それとも……。 息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。相反する父と母の望みが交錯する――。心に深く突き刺さる衝撃の心理サスペンス。

E13-b043.gif

🎬映画の詳細情報はこちらから↓↓↓
外部サイト:『望み』雫井 脩介特設サイト|KADOKAWA



Arikaシネマ2014b1

----濃密な心理描写の二冊なので、『望み』共々読んでほしい----

2007年9月29日公開、配給:東宝、監督:行定勲、主演:沢尻エリカ📲
 クローズド・ノート/雫井脩介 (著)
 イラスト:牧野千穂  デザイン:角川書店装丁室・高柳雅人


クローズド・ノート (角川文庫)
雫井 脩介
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 29,771


切なく暖かい、運命的なラブストーリー。 

自室のクローゼットで見つけたノート。それが開かれたとき、私の日常は大きく変わりはじめる――。『犯人に告ぐ』の俊英が贈る、切なく温かい、運命的なラブ・ストーリー!


📲
 つばさものがたり/雫井脩介 (著)

つばさものがたり (角川文庫)
雫井 脩介
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-01-25)
売り上げランキング: 130,544


『クローズド・ノート』の感動ふたたび! 感涙必至の家族小説!! 

パティシエールの小麦は、ケーキ屋を開くため故郷に戻ってきた。だが小麦の店を見て甥の叶夢は「はやらないよ」と断言する。叶夢の友達の「天使」がそう言っているらしいのだが……感涙必至の家族小説。



雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
┣1968年11月14日
┣小説家・推理作家
┣愛知県生まれ

代表作
┣『犯人に告ぐ』

主な受賞歴
┣新潮ミステリー倶楽部賞(1999年)
┣大藪春彦賞(2005年)

デビュー作
┣『栄光一途』

大学卒業後、出版社や社会保険労務士事務所などでの勤務を経て、1999年、内流 悠人(ないる ゆうと)名義で応募した『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2000年、同作でデビュー。その後推理小説を中心に発表し、2004年に刊行した『犯人に告ぐ』は、2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位に、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位に選ばれ、第26回吉川英治文学新人賞の候補となった。2005年、同作で第7回大藪春彦賞を受賞。2006年に刊行した『クローズド・ノート』以降は、恋愛小説や家族小説など作風を広げている。2016年、『望み』で第7回山田風太郎賞候補。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック