FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

角川文庫カドフェア2019|名作×「文豪ストレイド」アニメビジュアルカバー2019(人間失格/羅生門・鼻・芋粥/セロ弾きのゴーシュ/李陵・山月記・弟子・名人伝etc.)

kage

2019/08/06 (Tue)

img033.jpg

文庫フェア


川文庫『カドフェス2019』。

発見!角川文庫・カドフェス2019
     ×
天気の子(7・19公開・新海誠監督最新作)


天気の子
天気の子
posted with amazlet at 19.07.20
UNIVERSAL MUSIC LLC (2019-07-19)
売り上げランキング: 1


雨が
大地に染み込むように
言葉が
心にじんわり広がる。

光が
雲間を貫くように
言葉が
心に鋭く刺さる。

気まぐれに変わる
夏の空。
気まぐれに読む
夏の本。

予報もできない結末が
きっと あなたを待ち受ける。


■今年の特典



スペシャルカバーLINE UP

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
スペシャルカバーの販売は2019年6月14日から、全国の書店にて発売開始
※なくなり次第終了となります。 ※Amazon、楽天などのネット書店ではカバーが異なる可能性がございます。

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
文豪ストレイドッグス×角川文庫(全4種)
かまわぬ和柄Specialカバー(全8種類)


カドフェス対象本を1冊買うと、その場でもらえる!
はさんで楽しむ!
【数量限定】発見!クリアファイルプレゼント

カドフェス対象本を1冊ご購入につき、店頭にてその場でプレゼント!
デザインはこの夏公開の映画『天気の子』、創刊70周年を迎えた角川文庫の第1作目『罪と罰』、ハッケンくんの全3種類!

┣天気の子
┣罪と罰
┣ハッケンくん

※2019/6/14よりなくなり次第終了。
※対象店舗は、全国のカドフェス展開中の書店さまで、カドフェスの帯がついている文庫が対象です。
(店舗、一部ネット書店によっては取扱いのない場合がございます)
※恐れ入りますが、クリアファイルのデザインはおまかせいただくことをご了承ください。


抽選で合計100名に当たる!
特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーン

応募締め切り 2019年9月2日(月)23時59分まで

下記の応募フォームより、ご応募いただいた方から抽選で合計100名様に、カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分)をプレゼント!

★図書カードNEXTの使用方法はこちら
カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分):合計100名様

┣天気の子:34名様
┣罪と罰:33名様
┣ハッケンくん:33名様

■応募締め切り
2019年9月2日(月)23時59分まで

■注意事項
※あらかじめ下記をご了承のうえでご応募ください
○おひとりにつき応募は1回まで。複数回ご応募いただいた場合でも、プレゼントの抽選対象はひとりにつき1口分となります。
○入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
○当選者の発表は、賞品の発送(2019年11月上旬予定)をもって代えさせていただきます。また、発送先は日本国内に限ります。
○賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。
○応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社の「プライバシーポリシー」の定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。

■応募に関するお問い合わせ
KADOKAWAカスタマーサポート
お問い合わせフォーム: https://www.kadokawa.co.jp/support/c/
※カドフェス2019 特製図書カードNEXTプレゼントキャンぺーンとご明記ください。
※当落に関するお問い合わせには応じかねます。

↓ ↓ ↓ ↓
カドフェス2019特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーンに応募する


■フェアのジャンル項目



新海誠関連書籍!
青春いっぱい!
感動する!
名作
頭の栄養
手に汗にぎる!
心をつかむロングセラー

■アイコンの説明


・・・・受賞作
・・・・映像化
・・・・感想文にオススメ
📲・・・・電子書籍あり



 ■名作
 名作×「文豪ストレイド」アニメビジュアルカバー2019

<シリーズ累計250万部突破!「文豪ストレイドッグス」シリーズとは!?>

文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)
春河35
角川書店 (2013-04-03)
売り上げランキング: 13,449


『文豪ストレイドッグス』(ぶんごうストレイドッグス)は、原作:朝霧カフカ・作画:春河35による日本の漫画作品。

『ヤングエース』2013年1月号より連載中。略称は「文スト」。

中島 敦、太宰 治、芥川龍之介、与謝野晶子、泉鏡花、F・スコット・フィッツジェラルドなど国内外の文豪のイメージをモデルに擬人化されたキャラクターが、「人間失格」「羅生門」などといった各文豪に関連する異能力を用いて戦うバトルアクションコミックス。

舞台は横浜。孤児院を追われた主人公・中島 敦は、とある自殺志願の男・太宰 治を助けたことから、異能力集団「武装探偵社」に所属することに。やがて、ポートマフィアの芥川龍之介らや、北米の異能力集団・組合(ギルド)との対決が激化していく――!

2015年8月にアニメ化が発表され、2016年4月から6月まで第1期、同年10月から第2期の分割2クールとして放送された。



文豪ストレイドッグス』特設サイト

「名作」×
「文豪ストレイド」アニメビジュアルカバーコラボ6




 人間失格/太宰 治(著)

人間失格 アニメカバー版 「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー/太宰 治

¥価格不明
Amazon.co.jp

自己の生涯を極限までに作品に昇華させた太宰文学の代表作。

「恥の多い生涯を送って来ました」。無頼の生活に明け暮れた太宰自身の生涯を極限まで作品に昇華させた内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」。ほかに、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の呼び名の由来にもなった「桜桃」も収録。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1最初は、なんて嫌いな主人公と思っても実は誰にでも似たところがあると気づく。
「恥の多い生涯を送って来ました」。無頼の生活に明け暮れた太宰自身の生涯を極限まで作品に昇華させた内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」。ほかに、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の呼び名の由来にもなった「桜桃」も収録。 読み進めるにつれて、人の心の弱さが怖くなりました。薄い氷の上を歩くような危うさがあるというか。ドロドロした醜い塊が内臓に溜まっていくような気持ち悪さがあります。解説にもあるように太宰治本人がモデルになった作品。絶望とか、罪とか、心を蝕んでいく病魔とか、壮絶な人生を歩いてきた人にしか書けないと思います。”神様みたいないい子でした”、という最後の一文は太宰治の、そうでありたいという願望、もしくは主張か救済でしょうか。 太宰治という作家さんの表現方法が素晴らしくて、この時代からこんな書き方が取れていたことに驚き、天才だったのだなと思う。 手記の内容が書かれていて、どんな風に人生に迷い、苦しみ、足掻いて来たのか。とても丁寧に描かれていた。 きっとこういう迷いとか苦しみが『文スト』の太宰さんの設定に反映されたんだろうな…。とにかく絶望的に暗い話だ‼ だから自分自身に行き詰ると、いつも『人間失格』を開く。主人公・葉蔵の弱さは人間の弱さや優しさを代弁してくれているようで、私は何度もこの文学に救われている。 私が太宰を、文学を、愛するきっかけになった本書。これからも何度も開くだろう。そしてどうしようもなく弱い自分を慰め、生きていく力をくれるだろう。




Arikaシネマ2014b7

2019年9月13日公開
 人間失格 太宰治と3人の女たち

日本史上最大のベストセラー

『人間失格』誕生までの

太宰の恋と人生を映画化!




■映画ストーリー
ベストセラーを連発する人気作家の太宰治(小栗旬)は、妻子がいながら作家志望の弟子・太田静子(沢尻エリカ)、夫を亡くした山崎富栄(二階堂ふみ)とも関係を持ち、さらに自殺未遂を繰り返すという型破りな生活を送っていた。そして太宰は、二人の愛人から子供がほしいと迫られる中、夫の才能を信じる妻・美知子(宮沢りえ)に支えられ、「人間に失格した男」をめぐる新作の執筆に取り掛かる。

★映画チェック★
「走れメロス」「斜陽」などで知られる作家・太宰治の「人間失格」誕生に迫るドラマ。写真家で『ヘルタースケルター』などの監督を務めた蜷川実花がメガホンを取り、酒と女に溺れながらも圧倒的な魅力を持つ男の生涯と、太宰をめぐる正妻と2人の愛人との恋模様を描く。太宰には小栗旬がふんし、役作りのため大幅な減量を行った。太宰の正妻を宮沢りえ、愛人を沢尻エリカと二階堂ふみが演じる。

■スタッフ
監督:蜷川実花
脚本:早船歌江子
撮影:近藤龍人

☑映画詳細データ
製作国:日本
企画・配給:松竹
配給:アスミック・エース
製作:『人間失格』製作委員会
カラー
リンク:http://ningenshikkaku-movie.com/

■キャスト(役名)
小栗旬(太宰治)
宮沢りえ(津島美知子)
沢尻エリカ(太田静子)
二階堂ふみ(山崎富栄)
成田凌(佐倉潤一)
千葉雄大(太田薫)
瀬戸康史(伊馬春部)
高良健吾(三島由紀夫)
藤原竜也(坂口安吾)








太宰 治(だざい おさむ)
┣1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日 (満38歳没)
┣青森県北津軽郡金木村生まれ。
┣小説家。
┣主題:人間の心理、古典や説話のオマージュ、人間の宿痾
┣デビュー作:「列車」
📚代表作
『富嶽百景』(1939)
『走れメロス』(1940)
『津軽』(1944)
『お伽草紙』(1945)
『ヴィヨンの妻』(1947)
『斜陽』(1947)
『人間失格』(1948)

自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。






 羅生門・鼻・芋粥/芥川龍之介 (著)

羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫)
芥川 龍之介
KADOKAWA/角川書店 (2007-06-23)
売り上げランキング: 22,479


珠玉と呼ぶにふさわしい極上短編が、こんなに読みやすくなりました 。

荒廃した平安京の羅生門で、死人の髪の毛を抜く老婆の姿に、下人は自分の生き延びる道を見つける。表題作「羅生門」をはじめ、初期の作品を中心に計18編。芥川文学の原点を示す、繊細で濃密な短編集。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1行き場のない侘しさや孤独を芥川はきっと物語に込めたんだ
芥川龍之介の初期の作品を中心とした、18編の短編集。平安京の南にある荒廃した羅生門で、若者はどう生きていこうか悩む。盗みか餓死かという究極の選択の中、死体の髪の毛を抜く老婆の姿を見て、若者は自分の生き延びる道を見つける。文壇処女作である表題作「羅生門」をはじめ、初期の作品を中心に計18編。

存在悪、状況悪などの人間の内面にある醜い部分に焦点をあてている作品が多い繊細で濃密な物語。人間の本質としての悪(存在悪)と人間関係の織り成す社会の悪(状況悪)の認識というテーマのもとに描かれる作品に通底するペシミズム。表題の『羅生門』『鼻』『芋粥』三作は、なるほど確かに人間のもつ悪というものをあぶりだしているかのように思える。『ひょっとこ』『父』も、授業で投げこみ教材として扱えるかもしれない。「鼻」は、文学仲間と夏目漱石に読んで貰うことを目的に「新思潮」という雑誌が編集され、載せられた。それを夏目漱石が書簡で絶讚したのは有名である。「羅生門」は、黒澤明監督の映画の題名としても有名である。もちろん原作であるが、映画の内容としては、「藪の中」というやはり芥川の短編が原作と言える。私は、この映画を劇場で見た。だから、随分昔のことである。芥川は、後期に行き詰まって、精神的に不安定になった。そのあたりのことを、谷崎潤一郎が話している録音テープがある。それ故に、少なからず文章を追うことが苦しいと感じる時もあった。 しかし、日々努力し良い方向に進まなければならないと感じることもできた。 特に、芋粥の中で述べられているが、人間の欲望・願いとは達成されないからこそ、価値を持つのだろうと思う。実際、考えているうちは楽しいが、行動に移し、達成してしまうと味気ないことも多いのである。彼は、芥川の初期の作品を高く評価している。

芥川龍之介(あくだがわりゅうのすけ)
┣1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日(35歳没)
┣大日本帝国・東京府東京市京橋区(現:東京都中央区)
┣小説家。
📚代表作
『鼻』(1916年)
『戯作三昧』(1917年)
『地獄変』(1918年)
『藪の中』(1922年)
『河童』(1927年)
『歯車』(1927年)

その作品の多くは短編小説である。また、『芋粥』「藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。『蜘蛛の糸』『杜子春』といった児童向けの作品も書いている。






 セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治 (著)



なにもかも投げ出したい…

そんな夜に何度も読み返したい名作。 。


楽団のお荷物だったセロ弾きの少年・ゴーシュが、夜ごと訪れる動物たちとのふれあいを通じて、心の陰を癒しセロの名手となっていく表題作。また「やまなし」「シグナルとシグナレス」「氷河鼠の毛皮」「猫の事務所」「雪渡り」「グスコーブドリの伝記」など、賢治が生前に新聞・雑誌に発表した名作・代表作の数々を収録。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1生前に新聞・雑誌に発表した
名作・代表作の数々を収める宮沢賢治氏の寓話集。

楽団のお荷物のセロ弾き、ゴーシュ。彼のもとに夜ごと動物たちが訪れ、楽器を弾くように促す。鼠たちはゴーシュのセロで病気が治るという。表題作の他、「オツベルと象」「グスコーブドリの伝記」等11作収録。 宮沢賢治はテーマが難解ですね。でも惹かれて読んでしまうから不思議。「雪渡り、やまなし、氷河鼠の毛皮、シグナルとシグレス、オツベルと象、ざしき童子のはなし、寓話猫の事務所、北主将軍と三人兄弟の医者、グスコーブドリの伝記、朝についての童話的構図。小学生の頃に授業で扱った「注文の多い料理店」は中々に分かりやすく痛快な物語でしたが、此の短編集に組み込まれている物語はある種難しい点が多かった気がします。゚. セロ弾きのゴーシュをみると、永遠虹路の世露を思いだします。 拙い所感ですが(ほとんど何も内容がない笑)、どうぞよしなに.。

宮沢賢治(みやざきけんじ)
┣1896年8月27日 - 1933年9月21日(37歳没)
┣ 岩手県稗貫郡里川口村(現・花巻市)
┣詩人、童話作家、短編小説
┣デビュー作:『春と修羅』(1924年)
📚代表作
『注文の多い料理店』(1924年)
「雨ニモマケズ」(1931年)
「銀河鉄道の夜」(未定稿)
『風の又三郎』(1934年)

仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行った。作品中に登場する架空の理想郷に、郷里の岩手県をモチーフとしてイーハトーブ(Ihatov、イーハトヴあるいはイーハトーヴォ (Ihatovo) 等とも)と名付けたことで知られる。彼の作品は生前ほとんど一般には知られず無名に近く、没後、草野心平らの尽力により作品群が広く知られ、世評が急速に高まり国民的作家となっていった。そうした経緯もあって日本には広く愛好者がおり、出身地である岩手県花巻市は彼の故郷として有名である。






 李陵・山月記・弟子・名人伝/中島 敦 (著)



中島敦を読むとなぜかモヤモヤする。

でも、どこか心地いいんだ。


五千の少兵を率い、十万の匈奴と戦った李陵。捕虜となった彼を司馬遷は一人弁護するが。讒言による悲運を描いた「李陵」、人食い虎に変身する苦悩を描く「山月記」など、中国古典を題材にとった代表作六編。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1中島敦を読むと不安になる。
でも、この不安がどこか心地よいのは何故だろう⁉

戦いの最中に悪計に翻弄され悲運に苦しむ2人を通して、人間関係のみにくさ、美しさを綴る「李陵」。他に、自らの自尊心のため人喰い虎に変身する李徴の苦悩を描く「山月記」など、中国古典に材をとり、人間の存在とは何かを鮮烈にといかける中島敦の代表作6編を収録。短い創作ものの「山月記」、実在した古代中国の男の生きざまを描いた「李陵」、「弟子」を含む名作集。 「李陵」、「弟子」とも、理不尽ともいえる運命に翻弄されつつも自分の人生と向き合う主人公の姿に痺れる。 特に「李陵」は、武帝や司馬遷などの有名人が登場することもポイントが高いが、当時の先進国として日本人が憧れた古代中華帝国や北方民族匈奴の領域というエキゾチックな舞台と、主人公を取り巻く逞しくも悲壮な空気感が、なんともいえない雰囲気を醸し出しており、味わい深い。人って今も昔もあまり変わらないものなのかなって。 話の中身は全然古くないし、読んでいくと今でも通用する普遍的な義や業の数々が心の中に突き刺さる。 古典や漢文には明るくない身でも読みやすくてぐいぐい引き込まれた。もう少し勉強してから参考文あたりを読み直ししたいな。

中島 敦(なかじま あつし)
┣1909年(明治42年)5月5日 - 1942年(昭和17年)12月4日(33歳没)
┣東京府東京市世田谷区
┣小説家。
┣デビュー作:『古譚』(山月記、文字禍)(1942年)
📚代表作
『山月記』(1942年)
『光と風と夢』(1942年)
『李陵』(1942年)





Arikaシネマ2014b1

 ■ARIKA?が選ぶ名作×「文豪ストレイド」アニメビジュアルカバー
 汚れつちまつた悲しみに……中原中也詩集
 /中原中也(著) 編者:佐々木 幹郎


汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

夭折の天才詩人・中原中也の作品がいま蘇る!まったく新しいアンソロジー。

「汝陰鬱なる汚濁の許容よ、更めてわれを目覚ますことなかれ!」(羊の歌『山羊の歌』所収より)。

日本の近代詩史に偉大な足跡を残した夭折の天才詩人中原中也。30年の生涯の間に作られた詩の中に頻出し、テーマとなることが多かった三つの言葉、「生きる」「恋する」「悲しむ」を基軸に、制作年月推定順に作品を精選。代表作「汚れつちまつた悲しみに……」をはじめとする、今なお心を揺さぶられる詩篇の数々から、中也の素顔を浮かび上がらせるまったく新しいアンソロジー詩集。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1夭折の天才詩人・中原中也の世界、詩がこんなに強いものだったとは。
こんな厨二病にしか見えないタイトルですが、文豪が書いた名作です。 内容は大正デモクラシーの煽りを受けている所為なのか、なんなのか、この時代特有の荒廃的な厨二病的表現の詩集で正直な感想はとにかく難しい!詩集とは感ずることが全てであり、ココでああだこうだと書き連ねるものではないと思っている。表題作であり、中原の代表作でもある「汚れつちまつた悲しみに……」も良かったが、いちばん良かったのは「頑是ない歌」かな。生きることは辛く、悲しい。それでも、自身を前に歩ませる何かを信じて、詩を作りつづけた詩人だったんじゃなかろうか?なんて事を思った。人生の辛苦を我が身に引き受けて、生き抜こうとする姿は、前記で読んだ太宰とは対照的な感じもする。けれど、時代は変われど、人間の根底にある想いは通じているのかもしれない。かつて読んだ『山羊の歌』と『在りし日の歌』に掲載されている詩を中心に、雑誌で発表されただけの詩や、未発表の作品がこの詩集で蘇った。流れるような言葉の運び方が印象的だが、内容は深い。人間として生きてゆく中での不条理や、死を前提として輝きを増す命への、中也の温かな眼差しを感じる。そして、哀しみの多い世であっても、生きることに情熱を燃やし、希望を見出している中也の姿が想像できた。そしてその詩一遍一遍が彼の生き様を表している気がして、とてもかっこよかった。鷺城さん、解説まで読まれることをお勧めします。30歳で亡くなったんだなぁ……。早世が惜しまれてならない。折に触れて読み返したい。きっとその時々によって感じることが違うはず。


中原中也(なかはら ちゅうや)
┣1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日(満30歳没)
┣山口県吉敷郡下宇野令村生まれ
┣職業:詩人、歌人、翻訳家
┣ジャンル:詩、短歌、翻訳
┣主題:喪失感、哀惜、憂鬱
┣文学活動:ダダイスム、四季派

📚代表作
『山羊の歌』(1934)
『在りし日の歌』(1938)

・‥…━━━☆
代々開業医である名家の長男として生まれ、跡取りとして医者になることを期待され、小学校時代は学業成績もよく神童とも呼ばれたが、8歳の時、弟がかぜにより病死したことで文学に目覚めた。13歳の時に雑誌に投稿した短歌が入選。23年山口中学落第、京都の立命館中学3学年に転入。24年詩人富永太郎を知る。25年上京後、日本大学予科に入学するも退学。小林秀雄、大岡昇平らと交流する。26年「朝の歌」、29年「無題(のち「サーカス」と改題)」発表。33年結婚。34年『山羊の歌』を刊行する。36年長男文也死す。37年『在りし日の歌』を編集。37年結核性脳膜炎を発病。同年10月22日永眠。 中也は30歳の若さで死去したが、生涯で350篇以上の詩を残した。訳詩では『ランボオ詩集』や数は少ないがアンドレ・ジイドの作品などフランス人作家の翻訳もしている。





映画化作品
 D坂の殺人事件/江戸川乱歩 (著)

D坂の殺人事件 (角川文庫)/江戸川 乱歩

¥価格不明
Amazon.co.jp

大乱歩が残した作品群から、推理・探偵小説を選りすぐった傑作集!

名探偵・明智小五郎が初登場した記念すべき表題作を始め、ミステリ要素を多く含んだ作品をセレクト。

自らも数々の推理小説を書き、多くの推理作家の才をも発掘してきた巨人の傑作選をぜひご堪能あれ。

◆もくじ
┣D坂の殺人
┣二銭銅貨
┣何者
┣心理試験
┣地獄の道化師

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1明智小五郎、初登場。ここから始まる、心躍る探偵譚!
東京のD坂にある白梅軒という喫茶店で、明智小五郎という探偵小説好きの妙な男と話していた。すると向かいの古本屋の様子がおかしい。なんとその店の妻が首を絞められ殺されてたという――。様々な状況証拠から、私は明智が犯人ではないかと推理するが…。国民的名探偵が初めて登場する記念すべき表題作を始め、推理・探偵小説を中心にセレクトした傑作選。

本邦の誇る名探偵・明智小五郎と初のお目見えを果たす「D坂の殺人」は犯人のマゾとかサドとかいう狂気に少しゾクゾク。D坂の殺人事件で初めて登場した明智小五郎は、その後数々の事件を解決し、名探偵明智となった。そのすぐれた洞察力の原点はD坂の‥‥にあると思います。もじゃもじゃ頭の着流し青年が、冷やし飴でしたか冷やし水でしたか、喫茶店で飲みながら、著者と一緒に 道向こうの貸本屋をジー――ッと見ているシチュエーションが面白い。怪人や悪党の捕物劇をする明智もカッコ良いが、この静の推理も粋なものである。

本書に収録された5編の作品のうち、私がいちばん乱歩にしてやられたと思ったのは「何者」。犯人が分かったと思ったら実は…!という展開がおもしろかったです。事件が収束したと見せかけての大どんでん返し。意外な形での明智小五郎の登場には、思わず快哉を叫んだ。明智さんの正体といい、志摩子さんに聞かれた事といい、犯人ざまぁと思いましたね。犯人ざまぁといえば「心理試験」こちらもスカッとした。知的で自信ありげな犯人をじわじわ追いつめるところがいいね。

最後の「地獄の道化師」は......!!! いやだ、本気で怖い(((;゚Д゚)))) 何これ、眠れん!犯人がわかったときにはゾゾッと怖気がはしる思いでした。嫉妬の行き着く果てがあのラストだと思うと行った犯罪そのものは許されることでは決してないけれど、ほんの少し憐れだった。しかし、明智さん、犯人の自殺を予期してたなら対策練って助けなさいよと思いました。

冷静沈着、それでいて大胆不敵、博学にして変装の達人…明智小五郎初登場の「D坂の殺人事件」を含むこの短編集を読み終える頃には、私はすっかりこの名探偵に惚れこんでいた。明智小五郎の真実を追求するエゴが強烈!わずかな手がかりでも真実にたどり着いてしまうかっこよさね。推理小説の大家・大乱歩の傑作の数々を、ご堪能あれ!!!

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
┣1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日(満70歳没)
┣三重県名賀郡名張町生まれ
┣大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家
┣戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。
┣実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。
┣日本推理作家協会初代理事長。位階は正五位。勲等は勲三等。
┣ペンネーム(江戸川乱歩)はアメリカの作家、エドガー・アラン・ポオに由来する。
┣主題:推理小説
┣デビュー作:『二銭銅貨』(1923)

📚代表作
『D坂の殺人事件』(1925)
『陰獣』(1928)
『孤島の鬼』(1930)
『怪人二十面相』(1936)
『幻影城』(1951、評論)
『探偵小説四十年』(1961、自伝)

🎬映画━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『D坂の殺人事件』(1998年・R-15公開)
┣監督:実相寺昭雄
┣脚本:薩川昭夫
┣音楽:池辺晋一郎
┣編集:西東清明
┣製作:東映、東北新社
┣『D坂の殺人事件』と『心理試験』、『屋根裏の散歩者』を合わせて原作とした映画。嶋田久作の演じる明智小五郎は原作とは違って洋服姿である。また前半部で登場する時は頭の毛はモジャモジャであるが、後半部に登場する時は整髪したものになっている。

出演
蕗屋清一郎:真田広之
明智小五郎:嶋田久作
須永時子:吉行由実
花崎マユミ:大家由祐子
笠森糺:岸部一徳
鈴木欣哉:六平直政
斎藤勇:齋藤聡介
秋村キセ子:小川はるみ
小林芳雄:三輪ひとみ
秋村修平:寺田農
庄司武彦:堀内正美
反町邦雄:東野英心
都築茂:広瀬昌亮
安堂俊光:岡野進一郎
土屋ミツ:原知佐子

‥…━━━☆・‥…━━━☆
『D坂の殺人事件』(2015年・R-15公開)
┣監督・脚本:窪田将治
┣製作・配給・宣伝:キングレコード
┣制作協力:サモワール
┣音楽:與語一平
┣配給協力:ブラウニー
┣企画協力:講談社/フライデー編集部
┣カラー・115分
┣江戸川乱歩没後50周年記念作品として窪田将治監督が失恋殺人(原作:妻に失恋した男)に続き江戸川乱歩を映画化。

原作との違い
明智小五郎のデビュー作で、独身の二十代で高等遊民という設定であったが…
↓ ↓ ↓
・映画は既に前作から「AKC探偵事務所」を構えている職業探偵となっており、夫人の文代が助手を務めている。事件の捜査はもっぱら彼女が担当していて、明智の立ち位置は安楽椅子型探偵に近い。
・明智役は前作に引き続いて草野康太が演じたが、文代夫人と浪越警部は配役が変更された。
・屋根裏の散歩者』のキャラクターである郷田三郎を登場させ、明智のライバル的な立場になるというアレンジが加えられている(郷田を演じた河合龍之介は、次作『屋根裏の散歩者』でも引き続いて同役を演じた)。

出演
花崎悦子:祥子
郷田三郎:河合龍之介
明智小五郎:草野康太
鈴木(蕎麦屋の主人):仁科貴
明智文代:大谷英子
浪越警部:近藤芳正
花崎(古書店の主人):木下ほうか





映画化作品
 斜陽/太宰治(著)

斜陽 アニメカバー版 「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー/太宰 治

¥価格不明
Amazon.co.jp

戦後のベストセラー、太宰の代表作が文字が大きく読みやすくなりました!

没落貴族のかず子は、華麗に滅ぶべく道ならぬ恋に溺れていく。

最後の貴婦人である母と、麻薬に溺れ破滅する弟・直治、無頼な生活を送る小説家・上原。戦後の混乱の中を生きる4人の滅びの美を描く。

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1みな破滅に向かっていく、そこにはすさまじいプライドが……
「人間は恋と革命のために生れて来た」。古い道徳とどこまでも争い、“太陽のように生きる”べく、道ならぬ恋に突き進んでいく29歳のかず子。最後の貴婦人の誇りを胸に、結核で死んでいく母。自分の体に流れる貴族の血に抗いながらも麻薬に溺れ、破滅していく弟・直治。無頼な生活を送る小説家・上原。戦後の動乱の時代を生きる四人四様の、滅びの美しさ。戦後のベストセラーになった、太宰の代表作。

恋愛小説に近い感じの小説です。美しくて愛らしい母親の描写からはじまり、おとぎ話のようなふんわりとした不思議な雰囲気で物語は進んでいくものの、中盤から徐々に仮面が剥がれはじめて、最終的には現実に向き合わされます。これは「崩壊」の物語。言いようのないどうしようもなさや絶望が、ぴたりと言い当てられてる感じ。直治は、自分を守る最期の砦として自分をなくしたんだろうなぁ…。最後まで貴族であったお母さま、貴族である自分と戦いお酒や薬に溺れ自ら命を絶った弟・直治、妻子ある男への恋を貫こうとする娘・かず子。さすがにどなたのお気持ちにも同調することはできなかったのですが。「戦闘、開始。」「人間は、恋と革命のために生れて来た。」「しくじった。惚れちゃった。」すごい言葉の数々。恋は人を強くする。そして、弱くもする。人間とは脆く、儚い生物だと太宰から教わった気がする。

直治の遺書に書いてある「人間には生きる権利があるのと同様に、死ねる権利もあるはずです」という言葉がとても印象的でした。直治のいう「死ぬる権利」とかほんと巫山戯んなとか思ってましたが、只こうして歳を経て読んでみると、彼の言い分は非常に的を得ているように思うのです。所謂厨二と言われている事の世間の蔑み様とは如何なるものか。甘えだとは思う。でも切って捨てはしない。あまりにトンデモ展開でまったくついていけない部分もあったけれど、これだけ死に深く向き合って書かずにはいられなかった太宰は、本当に生きづらかったのだろうなぁ…とつくづく思う。著者が意としたところを汲み取れたかわかりませんが、美しくも儚い世界を堪能しました。母も弟も主人公も、まさに『斜陽』。直治の手紙は真に迫るものがありました。強そうで脆い。太宰自身にかぶるのでしょうか。

🎬映画━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「斜陽」(2009年5月9日公開)
┣監督:秋原正俊
┣脚本:落合雪恵
┣配給:カエルカフェ
┣上映時間:80分

出演
かず子:佐藤江梨子
上原二郎:温水洋一
かず子の母:高橋ひとみ
直治:伊藤陽佑
三宅医師:真砂皓太
和田:小倉一郎
上原の妻:凜華せら
米屋の娘:有末麻祐子
近隣の住民:今村祈履
旧家の女中:駒井亜由美
ちどりのママ:初嶺麿代





 みだれ髪/与謝野晶子(著) 訳注:今野寿美

みだれ髪 (角川文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

「みだれ髪」全399首を訳とともに味わう!

「やは肌のあつき血汐に触れも見でさびしからずや道を説く君」「みだれ髪を京の島田にかへし朝ふしてゐませの君ゆりおこす」「いとせめてもゆるがままにもえしめよ斯くぞ覚ゆる暮れつ行く春」……燃えるような激情を詠んだ与謝野晶子の第一歌集「みだれ髪」。近代短歌の金字塔をうちたて、多くの若い詩人や歌人たちに影響を与えた作品の数々を、現代語訳とともに味わう。晶子の同時代作品を集めた「みだれ髪拾遺」を所収。

目次
┣みだれ髪
┣臙脂紫
┣蓮の花船
┣白百合
┣はたち妻
┣舞姫
┣春思
┣みだれ髪 拾遺

解説:野田宇太郎
新版解説:今野寿美
挿絵:藤島武二

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1あまりにまっすぐで、あまりに赤裸々な恋する女性の美しさに圧倒される!
久しぶりの与謝野晶子。あの『みだれ髪』が全訳を引っ提げて帰ってきた‼ 読んでいて与謝野晶子がすごい情熱的で行動的な女性なのが伝わってきた。与謝野晶子は歴史のイメージだったので、こんな女性なんだ、とあらためて感じました。一句一句が凄い衝撃を与えます。情熱的な歌の数々から感じられる恋愛感情がとにかく突き刺さります。まさに人生をかけた恋をして、それを歌という形で遺していった。今の人の恋愛には見られないような想いなのかもしれません。と語れるほど恋愛経験ありませんが、与謝野晶子の情熱に満ちた歌に憧れすら感じます。季節の情景と淡い恋心が浮かび、現代とは違うけど、当時の青春が蘇る、青春心はいつの時代も共通しているのだと感じる。淡い記憶の中に、情熱的な心や行動的なものも感じられた。 短歌も解釈が付いていて、より心情や情景を描きやすいと思う。詩とか歌とか、文学に対する教養など皆無であります故、作品についてはとても語れなど致せませぬが、素人なりにまず一言、内容がすごい乙女。ここに描かれている一行は全てに於いて、現代文のどんな一行も敵わないほどのインパクトを与えます。それに伴い、現代口語で表されている訳がとてもお洒落。短歌と訳注が見開きで並んでいる構成も分かりやすくて素晴らしいと思いました。一つ一つの歌がとても素敵で、恋をしている女性の美しさ、女性の気持ちが分かる歌ばかりでした。

与謝野晶子(よさの あきこ)
┣1878年(明治11年)12月7日 - 1942年(昭和17年)5月29日(満63歳没)
┣堺県和泉国第一大区甲斐町(現在の大阪府堺市堺区甲斐町東1丁・甲斐町西1丁)生まれ
┣職業:歌人、作家、思想家
┣ジャンル:短歌
┣主題:恋愛感情・反戦思想
┣文学活動:ロマン主義
┣雑誌『明星』に短歌を発表しロマン主義文学の中心的人物となった。

📚代表作
『みだれ髪』(1901)
『君死にたまふことなかれ』(1904)

・‥…━━━☆
20歳ごろより店番をしつつ和歌を投稿するようになる。浪華青年文学会に参加の後、1900年(明治33年)、浜寺公園の旅館で行なわれた歌会で歌人・与謝野鉄幹と不倫の関係になり、鉄幹が創立した新詩社の機関誌『明星』に短歌を発表。翌年家を出て東京に移り、女性の官能をおおらかに謳う処女歌集『みだれ髪』(鳳晶子)を刊行し、浪漫派の歌人としてのスタイルを確立した。のちに鉄幹と結婚、子供を12人出産している(うち1人は生後2日で亡くなる)。子だくさんだったが、鉄幹の詩の売れ行きは悪くなる一方で、彼が大学教授の職につくまで夫の収入がまったくあてにならず孤軍奮闘した。来る仕事はすべて引き受けなければ家計が成り立たず、歌集の原稿料を前払いしてもらっていたという。多忙なやりくりの間も、即興短歌の会を女たちとともに開いたりし、残した歌は5万首にも及ぶ。『源氏物語』の現代語訳『新新源氏』、詩作、評論活動とエネルギッシュな人生を送り、女性解放思想家としても巨大な足跡を残した。1940年5月に脳出血で右半身不随になり、1942年(昭和17年)1月4日意識不明になる。同年5月、死去。墓は多磨霊園にある。





 痴人の愛/谷崎潤一郎 (著)

痴人の愛 アニメカバー版 「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー/谷崎 潤一郎

¥価格不明
Amazon.co.jp

谷崎の耽美主義が最も発揮された代表的作品。

日本人離れした家出娘・ナオミの魔性に捕らわれた男の狂おしい愛の記録。

解説・島田雅彦


「つまりナオミは天地の間に充満して、私を取り巻き、私を苦しめ、私の呻きを聞きながら、それを笑って眺めている悪霊のようなものでした」 独り者の会社員、譲治は日本人離れした美少女ナオミに惚れ込み、立派な女に仕立てやりたいと同居を申し出る。我儘を許され性的に奔放な娘へ変貌するナオミに失望しながら、その魔性に溺れて人生を捧げる譲治の、狂おしい愛の記録。谷崎の耽美主義が発揮された代表作。解説・島田雅彦

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1無邪気なふりで男心を操るナオミが本当にスゴいんです。
独り者の会社員、譲治は日本人離れした美少女ナオミに惚れ込み、立派な女に仕立ててやりたいと同居を申し出る。我慢を許され性的に開放な娘へ変貌するナオミに失望しつつも、その魔性に溺れて人生を捧げる譲治の、狂おしい愛の記憶。谷崎の耽美主義が発揮された代表作。カフェーの女給から見出した15歳のナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った真面目な男が、次第に少女にとりつかれ破滅するまでを描く物語。小悪魔的な女の奔放な行動を描いた代表作で、「ナオミズム」という言葉を生み出した。主人公・河合譲治による、7年前(足かけ8年前)から約5年間の回顧として書かれている。譲治とナオミの年齢(数え年)は、物語開始時点で28歳と15歳、実質的な終幕となる最終章1つ手前で32歳と19歳、エピローグ的に語られる最終章で36歳と23歳である。

読んでてナオミの憎たらしさときたら半端ない。情熱というには何かが足りない恋である。同居を続けるなかでナオミへ失望し彼女の本質的なところを理解しているはずなのに、その魔性に溺れ歪で狂おしい愛に堕落していく男の記録。あのナオミという女性は、男の人から見たらどうなんだろうか?女性から見たら最低の部類に入りますが、それがまた魅力的に映るのかな?しかし十代後半でこのずる賢さは逆に尊敬の念に値するとも思えます。主人公・譲治はナオミの肉体的な魅力の虜になり、会社を辞め、田舎の財産を売った金で横浜にナオミの希望通りの家を買い、2人は暮らすようになる。もう譲治はナオミのすることに何も反対をしない。譲治は、限りなく美しさがましてゆくナオミの肉体の、奴隷として生きていくって........そんなのありですか? とにかく「?」がいっぱいの小説です。「?」いっぱいですが、面白いです。人それぞれ、では言い切れない愛の形でございます。ナオミへの愛は果たして人としてなのか、育ててきた人形のようなものへの愛なのか。ここまで人としての尊厳を捨てて、成り下がるのってすごいよね。ナオミもかなり最低で恐ろしい魔性な女性なのですが、そのナオミを自分の思うがままの女にしようとした譲治も最低だと思ったのでこの物語の結末は自業自得だと思いました。最後の一文がある意味での答えなのかもしれない。

これまで1949年、1960年、1967年、1980年と4度映画化されたのだけど、もし今、実写化するとしたら、誰だとナオミにぴったりなんだろう?なんて思いながら文豪シリーズ読了。400頁近い分量で綴られているのは、底知れぬ女の魔性と、それに理性を破壊され屈服する、マゾヒスティックな男の狂気です。女性賛美と形容するには、あまりにも淫靡で禍々しく歪んだ愛の世界。日本人離れした家出娘・ナオミの魔性に捕らわれた男の狂おしい愛の記録。いつも時代でも様々な愛の形容があるのだなぁと痛感しました。

谷崎潤一郎という作家は、正真正銘のド変態さんですなぁw 

ウケケケ(・´艸`・)( ̄艸+ ̄)(・´艸`・)ウケケケ

谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)
┣1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日(満79歳没)
東京市日本橋区蛎殻町2丁目14番地(現・東京都中央区日本橋人形町1丁目7番地)生まれ
職業:小説家、劇作家、随筆家
ジャンル:小説、戯曲、随筆、翻訳、和歌
主題:女体美の探究、マゾヒズム、江戸の絢爛、悪魔的心理、デカダンス、フェティシズム、モダニズム、異国趣味、美とエロスの曼荼羅、日本の伝統美、母恋い、風俗絵巻、老人の性
文学活動:耽美派、悪魔主義、古典回帰
デビュー作:『誕生』(戯曲、1910)、 『刺青』(1910)

📚代表作
『刺青』(1910)
『痴人の愛』(1924-1925)
『卍(まんじ)』(1928-1930)
『蓼喰ふ虫』(1928-1929)『春琴抄』(1933)
『陰翳禮讚』(随筆、1933-1934)
『細雪』(1944-1948)
『少将滋幹の母』(1949-1950)
『鍵』(1956)
『瘋癲老人日記』(1961-1962)

・‥…━━━☆
明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。

Arika報告書v1アイコンちなみに『文豪ストレイドッグス』に登場する谷崎潤一郎の妹・ナオミの元ネタ。この『痴人の愛』に登場するナオミが、谷崎潤一郎の義妹をモデルにしていたことにちなんでいる。ナオミのモデルは、当時谷崎の妻であった千代の妹・小林せい子。谷崎は連載再開の断り書きで、この小説を「私小説」と呼んでいる。




 アニメが大人気のコミックス
 「文豪ストレイドッグス」とのコラボカバーをまとった角川文庫16冊セット


角川文庫文豪ストレイドッグスコラボカバー16冊セット

武蔵野/国木田 独歩 (角川文庫)
日本の自然主義の先駆けと称された表題作をはじめ、初期の名作を収録した独歩の第一短編集。中島京子氏による豪華解説つき。

羅生門・鼻・芋粥/芥川龍之介 (角川文庫)
大正5年、東大在学中の芥川は、久米正雄・菊池寛らと創刊した第四次「新思潮」に「鼻」を発表、漱石の賞賛を得、異才はにわかに文壇の脚光を浴びた。『今昔物語』に取材の表題作のほか、人生の暗黒を見つめる理知と清新な抒情、卓抜な虚構と明晰な文体は、すでにゆるぎない作風を完成している。理知と清新な抒情、卓抜な虚構と明晰な文体を示す作品群。

人間失格/太宰 治 (角川文庫)
無頼の生活に明け暮れた太宰自身の苦悩を描く内的自叙伝であり、太宰文学の代表作である「人間失格」と、家族の幸福を願いながら、自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の由来にもなった「桜桃」を収録。

李陵・山月記 弟子・名人伝/中島 敦(角川文庫)
五千の少兵を率い、十万の匈奴と戦った李陵。捕虜となった彼を司馬遷は一人弁護するが。讒言による悲運を描いた「李陵」、人食い虎に変身する苦悩を描く「山月記」など、中国古典を題材にとった代表作六編。

D坂の殺人事件/江戸川 乱歩 (角川文庫)
乱歩が残した作品群から、推理・探偵小説を選りすぐった傑作集!名探偵・明智小五郎が初登場した記念すべき表題作を始め、推理・探偵小説を中心に収録。自らも数々の推理小説を書き、多くの推理作家の才をも発掘してきた巨人の傑作選をぜひご堪能あれ。

痴人の愛/谷崎 潤一郎 (角川文庫)
日本人離れした家出娘ナオミに惚れ込んだ譲治。 自分の手で一流の女にすべく同居させ、妻にするが、ナオミは男たちを誘惑し、堕落してゆく。 ナオミの魔性から逃れられない譲治の、狂おしい愛の記録。

堕落論/坂口安吾 ((角川文庫)
「堕ちること以外の中に、人間を救う便利な近道はない」。第二次大戦直後の混迷した社会に、かつての倫理を否定し、新たな考え方を示した『堕落論』。安吾を時代の寵児に押し上げ、時を超えて語り継がれる名作。

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集(角川文庫)
「汝陰鬱なる汚濁の許容よ、更めてわれを目覚ますことなかれ!」(羊の歌『山羊の歌』所収より)。
日本の近代詩史に偉大な足跡を残した夭折の天才詩人中原中也。30年の生涯の間に作られた詩の中に頻出し、テーマとなることが多かった三つの言葉、「生きる」「恋する」「悲しむ」を基軸に、制作年月推定順に作品を精選。代表作「汚れつちまつた悲しみに……」をはじめとする、今なお心を揺さぶられる詩篇の数々から、中也の素顔を浮かび上がらせるまったく新しいアンソロジー詩集。

天衣無縫/織田作之助(角川文庫)
戦中・戦後に無頼派として活躍した著者の、大阪の魅力溢れる名短編集!太宰治、坂口安吾とともに無頼派として活躍し、大阪という土地の空気とそこで生きる人々の姿を巧みに描き出した短編の名手による表題作を始め「夫婦善哉」「俗臭」「世相」など代表的作品を集めた傑作選。

みだれ髪/与謝野 晶子 新版解説:今野 寿美 (角川文庫)
「やは肌のあつき血汐に触れも見でさびしからずや道を説く君」「みだれ髪を京の島田にかへし朝ふしてゐませの君ゆりおこす」「いとせめてもゆるがままにもえしめよ斯くぞ覚ゆる暮れつ行く春」……燃えるような激情を詠んだ与謝野晶子の第一歌集「みだれ髪」。近代短歌の金字塔をうちたて、多くの若い詩人や歌人たちに影響を与えた作品の数々を、現代語訳とともに味わう。晶子の同時代作品を集めた「みだれ髪拾遺」を所収。

斜陽/太宰 治 (角川文庫)
「人間は恋と革命のために生れて来た」。古い道徳とどこまでも争い、“太陽のように生きる”べく、道ならぬ恋に突き進んでいく29歳のかず子。最後の貴婦人の誇りを胸に、結核で死んでいく母。自分の体に流れる貴族の血に抗いながらも麻薬に溺れ、破滅していく弟・直治。無頼な生活を送る小説家・上原。戦後の動乱の時代を生きる四人四様の、滅びの美しさを描き、戦後、ベストセラーになった、太宰の代表作。

ドラコニアの夢/澁澤 龍彦 編集:東 雅夫 (角川文庫)
サドやコクトーの名訳で知られる仏文学者、西欧異端文化の紹介者、達意のエッセイスト、絢爛たる物語作家―いくつもの魅惑的な顔を有する文人・澁澤龍彦は、みずからの文学世界をドラコニア(龍彦の国)と呼んだ。本書は「澁澤龍彦×文豪」をコンセプトに、新世代の読者に向けて編まれたアンソロジーである。古今東西の文豪たちをめぐるエッセイを中心に、小説、評論、紀行、対談など全26篇を収録 。

高野聖/泉 鏡花 (角川文庫)
飛騨から信州への道中、高野山の旅僧は危険な旧道を選んだ富山の薬売りを追うが、蛇や蛭に襲われ、やっとのことで山中の一軒家にたどり着く。一夜の宿を頼むと、その家の婦人は、汗を流せと僧を川に誘い自分も全裸になって妖艶な魅力でせまってきた。心乱れる僧であったが、実はその婦人にはある恐ろしい秘密があった…。耽美な魅力が際立つ表題作ほか「義血侠血」「夜行巡査」「外科室」「眉かくしの霊」を収録。

セロ弾きのゴーシュ/宮沢賢治 (角川文庫)
楽団のお荷物のセロ弾き、ゴーシュ。彼のもとに夜ごと動物たちが訪れ、楽器を弾くように促す。鼠たちはゴーシュのセロで病気が治るという。表題作の他、「オツベルと象」「グスコーブドリの伝記」等11作収録。

舞姫・うたかたの記/森 鴎外 (角川文庫)
幼いころから優秀で、勤める省庁から洋行を命じられた太田豊太郎は、数年後、孤独感にさいなまれ、ふとしたきっかけで美貌の舞姫エリスと激しい恋に落ちた。すべてを投げだし恋に生きようとする豊太郎に、友人の相澤は、手を尽くして帰国をすすめるが…。19世紀末のベルリンを舞台に繰り広げられる、激しくも哀しい青春を描いた「舞姫」ほか、「うたかたの記」「文づかい」「普請中」、そして翻訳「ふた夜」を収録。

福沢諭吉「学問のすすめ」 ビギナーズ 日本の思想/福沢諭吉 訳:佐藤 きむ  解説:坂井 達朗 (角川ソフィア文庫)
国が独立存亡の危機にあった明治維新直後、福沢諭吉が、おおいに学問をしようと人々を励ましベストセラーとなった名著。近代国家へと邁進するなかで、近代人としての生き方を示唆したアドバイスは、国際化の進んだ現代にあっても、求められる日本人の姿を教えてくれる。国際社会にふさわしい人間となるために学問をしよう! 維新直後の明治の人々を励ます福沢のことばは現代にも生きている。現代語訳と解説で福沢の生き方と思想が身近な存在になる。略年表、読書案内付き。



 アニメが大人気のコミックス
 角川つばさ文庫「文豪ストレイドッグス」コラボカバー4冊セット


角川つばさ文庫 文豪ストレイドッグスコラボカバー4冊セット

一度は読んでおきたい日本の名作が、角川つばさ文庫に登場です!

山月記・李陵 中島 敦 名作選(角川つばさ文庫)
袁〓が林の中を歩いていると、突然、草むらの中から一匹の虎があらわれた。なぜか人間の言葉を話すその正体は、袁〓がよく知る人物で…。(「山月記」)無理な戦いを命じられ、敵に捕まった李陵。その李陵をかばったために、思わぬ罰を受けることになった司馬遷。運命に苦しんだ、二人の人生とは…。(「李陵」)中島敦の代表作を、読みやすい言葉に改めて収録。一度は読んでおきたい、日本の名作!小学上級から。

走れメロス 太宰 治名作選(角川つばさ文庫)
友情と信頼をまもろうと命がけで走る青年の姿をえがいた「走れメロス」など、太宰の本当の良さがわかる感動的な11の短編。犬がこわいのに犬に好かれてしまう太宰と飼い犬との交流を楽しく語る「畜犬談」、重い病の妹とその姉に起こる奇跡をミステリー風に物語る「葉桜と魔笛」、キリストへの愛ゆえの裏切りをユダが語る「駈込み訴え」のほか、「トカトントン」「桜桃」などドラマチックな物語や心にのこる名作ばかりの決定版。さし絵多数。小学上級から。

くもの糸・ 杜子春  芥川龍之介作品集(角川つばさ文庫)
地獄に落ちた大どろぼう・〓陀多(かんだた)の目の前に、極楽から1本のくもの糸がおりてきた。〓(かんだた)陀多はその糸を上って地獄をぬけ出そうとするが…。(「くもの糸」)お金がある時にはだれもがちやほやし、貧乏になるとだれも見向きもしない。そんな人間に愛想がつきた杜子春は、仙人になるために辛い苦行に挑むことになるのだが…。(「杜子春」)表題作をはじめ、「鼻」「トロッコ」「羅生門」など、必ず読みたい11編の名作を収録!!小学中級から。

宮沢賢治童話集 風の又三郎(角川つばさ文庫)
風の強い日にやってきたふしぎな転校生・高田三郎。赤い髪をした三郎は、みんなに風の神の子、風の又三郎と呼ばれるようになる。そして学校の友だちと山に遊びにいく又三郎だけれど!?日本でいちばん愛されている童話作家・宮沢賢治の代表作「風の又三郎」のほか、「祭の晩」「北守将軍と三人兄弟の医者」「貝の火」「虔十公園林」が入った心あたたまる名作集!小学中級から。


ふせん(WEB配信)

文豪ストレイドッグス×角川文庫 コラボカバー第2弾CM


シリーズ累計410万部突破、TVアニメでも人気沸騰中の『文豪ストレイドッグス』。3月にはアニメ化を記念した角川文庫とのコラボが実施され、『人間失格』、『羅生門・鼻・芋粥』など文豪たちの作品がアニメ描き下ろしイラストカバーにて登場し、話題となりました。そしてアニメ13話に、織田作之助、坂口安吾の新キャラクター2人が登場。その2人と第1クールから登場している中原中也が、角川文庫の文豪作品のカバーとなることが番組内のCMにて発表され、SNS上で大きな反響を呼んでいます。ナレーションは織田作之助役の人気声優・諏訪部順一さんが担当し、アニメの世界観そのままに、『文豪ストレイドッグス』の人気を加速させています。


2016年1月30日発売
 文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦


小説『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』PV


綾辻行人、京極夏彦、辻村深月がキャラ化!
文豪ストレイドッグスの世界についに現代作家が登場! 大人気コミックの新たなスピンオフ小説!!


人気の文豪異能バトルアクションに現役作家が初参戦!話題騒然のコラボミステリ!!
著者: 朝霧カフカ

内容:綾辻探偵事務所を開いている綾辻行人は、“殺人探偵”の異名をとる名探偵。
だが、あまりにも危険な異能を持つために異能特務課の新人エージェント、辻村深月の監視を受けている。そんなある日、綾辻はある殺人事件の解決を依頼される。その奇怪な手口から綾辻は、永遠の宿敵、怪人・京極夏彦の関与を疑うのだが……!?
殺人探偵・綾辻と妖術師・京極。知と力を尽くした死闘が今、幕を開けるーー!!

文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦/KADOKAWA/角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

著者:朝霧カフカ
カバー・口絵​イラスト:春河35
​定価:1000円+税
B6判
ISBN 978-4-04-103730-0-C0093


コミックスでは描かれていない、小説だけのオリジナルストーリー!
 小説「文豪ストレイドッグス」(角川ビーンズ文庫)

文豪ストレイドッグス 太宰治の入社試験 (角川ビーンズ文庫)/KADOKAWA/角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

[ 内容 ]
カタブツ理想主義者の国木田独歩は、危険な依頼を専門とする“武装探偵社”の一員。彼は謎の新入り・太宰治とコンビを組み、幽霊屋敷事件を捜査するが、予想外の展開に!? 闇が蠢く横浜で“異能力”対決、開幕!!

文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代 (角川ビーンズ文庫)/KADOKAWA / 角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

[ 内容 ]
“異能”を使い暗躍する兇悪なポート・マフィア。組織のなんでも屋・織田作之助は、首領直々の命を受け、情報屋・坂口安吾の行方を追うことに。だが、それは史上最年少幹部・太宰治の組織決別へとつながる事件に!?

文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話 (角川ビーンズ文庫)/KADOKAWA/角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

[ 内容 ]
かつて横浜で用心棒をしていた福沢諭吉は、妙なことから傍若無人な天才少年・江戸川乱歩の面倒を見るはめに。仕事で福沢たちが赴いた劇場で不可解な殺人が起き!? 2人の出会いと探偵社の日常を描く豪華2本立て!



CV:上村祐翔(中島敦役)

小説版「文豪ストレイドッグス」シリーズ
著:朝霧カフカ イラスト:春河35

大ヒットコミックスの原作×漫画のタッグが手がけるオリジナルストーリー!

文豪ストレイドッグス 55Minutes (角川ビーンズ文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

[ 内容 ]
盗賊捕縛の依頼で、“航海する島”スタンダード島を訪れた探偵社一行。だが島 では今まさにテロリストが未曾有の異能兵器を起動しようとしていた……。大ヒットコミックスの原作者による小説版、待望の第4弾!


Arikaシネマ2014b5

2018年3月3日公開
 映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」 

消えない傷、それが異能力

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE (1) (角川コミックス・エース)

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル) (角川ビーンズ文庫)

■内容紹介
まよい、あがき、さけぶ。だって僕は生きたかった――。

大人気異能アクションバトル「文豪ストレイドッグス」、話題の映画を実力派作家・銃爺が完全コミカライズ!!


その「霧」のなかでは、異能力者が自らの力を使い命を絶つという――。
不可解な事件への関与が疑われる謎の能力者・澁澤龍彦の確保に動く武装探偵社。
泉鏡花と共に澁澤のもとへ向かう中島敦が、敵対する芥川龍之介から聞かされた驚きの真実とは?
ヨコハマに血嵐が吹き荒れた「龍頭抗争」から6年。
澁澤、魔人・フョードル、そして姿を消した太宰治……過去の因縁が紡ぐ事件の行方は――。

劇場版アニメを完全ノベライズ!





■映画ストーリー
架空の都市、ヨコハマ。施設を追い出された青年の中島敦は、自殺嗜好のある太宰治と出会う。その後敦は、うわさの人食い虎退治を手伝う過程で、自身の異能を知ることになる。太宰はそんな敦を、軍や警察も踏み込めない事件を解決する武装探偵社に誘う。一方、港を縄張りとするポートマフィアの芥川龍之介が、敦を執拗(しつよう)に追い詰めていき……。

★映画チェック★
中島敦や太宰治といった文豪が特殊な能力を持つという設定のコミックを原作にしたアニメの劇場版。架空の都市を舞台に、自身の能力を知った青年がとある探偵社の一員となり、自らを狙う者たちとの攻防を繰り広げる。コミック原作の朝霧カフカと作画の春河35の協力のもと、アニメ版同様アニメーション制作のボンズ、監督の五十嵐卓哉、ボイスキャストの上村祐翔、宮野真守らが続投している。

■スタッフ
原作・脚本協力: 朝霧カフカ
漫画: 春河35
監督: 五十嵐卓哉
脚本: 榎戸洋司
キャラクターデザイン・総作画監督: 新井伸浩
メカニックデザイン: 片貝文洋
美術監督: 近藤由美子
美術監督補佐: 田邊浩子
色彩設計: 後藤ゆかり
撮影監督: 神林剛
編集: 西山茂
音楽: 岩崎琢
音響監督: 若林和弘
製作年:2018年
製作国:日本
日本公開:2018年3月3日 (角川シネマ新宿ほか)
音響制作:グロービジョン
アニメーション制作:ボンズ
配給:角川ANIMATION
製作:文豪ストレイドッグスDA製作委員会

■キャスト(役柄:声の出演)
中島敦: 上村祐翔
太宰治: 宮野真守
芥川龍之介: 小野賢章
中原中也: 谷山紀章
泉鏡花: 諸星すみれ
国木田独歩: 細谷佳正
江戸川乱歩: 神谷浩史
谷崎潤一郎: 豊永利行
宮沢賢治: 花倉洸幸
与謝野晶子: 嶋村侑
谷崎ナオミ: 小見川千明
福沢諭吉: 小山力也
森鴎外: 宮本充
エリス: 雨宮天
織田作之助: 諏訪部順一
坂口安吾: 福山潤
フョードル・D: 石田彰
澁澤龍彦: 中井和哉








関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック