FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2019年夏、連続ドラマW「湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」

kage

2019/08/10 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月6日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW「湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」(光文社文庫)
脚本:清水友佳子/吉川菜美/藤澤浩和
監督:吉田康弘/滝本憲吾
プロデューサー:井上衛/澤岳司

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW「湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
藤吉佳香:寺島しのぶ
女手一つで娘を育ててきた女性。女優をしている娘・弓香の告発により、自分は“毒親”だったのかと悩む。「親子関係の卒業」という言葉を聞き、子離れを決意するが、ある人物から脅迫されてしまう。

藤吉弓香:足立梨花
女優。幼い頃から佳香の過干渉に悩まされてきた。再会した同級生との恋や新しいドラマの仕事などを、実は佳香が裏で潰していたことを知り、テレビのトークショーで佳香への鬱積した感情を爆発させる。

天野幸奈:清原果耶
全ては自分のせいだと信じ続ける女性。ある青年による無差別大量殺人事件が起きた際に、「全て私の責任です」と証言を始める。真実と妄想の境界線を行き来している。

漣涼香:中村ゆり
おしぼり工場で働きながら脚本家を目指す女性。なかなか目が出ない中で、新人シナリオ大賞に入賞するが、大賞受賞者の薫子に対して嫉妬心と焦りを募らせる。

樋口明日実:倉科カナ
優し過ぎて殺人を犯してしまう女性。小さな頃から、母に「優しい人になりなさい」と言われて育ってきた。失敗続きの同僚に対しても社内で唯一、丁寧に応対していたが、中途入社してきた男性からある指摘をされる。

寺崎淑子:伊藤歩
地元を出ることなく40歳になるまで実家で暮らしてきた女性。猫のスカーレットにだけ心を開いている。奔放だった妹が妊娠して東京から実家に帰って来ると、妹には甘い母親も含めて、家の中の空気が変わっていき、戸惑いを感じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
湊かなえの短編集を連続ドラマ化。“毒”を抱えた女性たちを描くミステリー! 
人気作家・湊かなえが、母と娘の関係を軸にしながら人間の情念を描いて直木賞候補作にもなった短編集を連続ドラマ化。全6話で、それぞれに“ポイズン(毒)”を抱えた女性たちが登場する。寺島しのぶ、足立梨花、清原果耶、中村ゆり、倉科カナ、伊藤歩が各話の主人公を務め、毒親に悩まされる女性や、全ては自分のせいだと信じ続ける女性、脚本家を目指すもライバルの活躍にいら立ちを募らせる女性、優し過ぎて殺人を犯してしまう女性、奔放な妹と対照的に40歳近くまで猫だけに心を開いてきた女性など、さまざまな女性たちの生きざまが描かれる。


2019夏号:2019年7月1日〜2019年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
女優の藤吉弓香(足立梨花)は、自分を思うようにコントロールしようとする母親・佳香(寺島しのぶ)の存在に小さい頃から悩まされてきた。佳香は、弓香にとってまさに“毒親”だったのだ。佳香に反発して上京した弓香だったが、束縛から逃れられたわけではなかった。佳香が裏で動いていたことで恋人と別れることになり、大切な仕事を失っていたと知った弓香は、トーク番組で佳香を告発し、それが大きな反響を呼ぶ。弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、子離れを決意するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月6日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/7/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
女優の弓香(足立梨花)は幼い頃から、自分を思うようにコントロールしようとする母・佳香(寺島しのぶ)の存在に悩まされてきた。親友・理穂(山下リオ)の結婚式のために帰省した弓香は、再会した同級生・浅岡(落合モトキ)と恋に落ち、女優として確実に転機となる主演ドラマも決まる。ところがどちらも気に入らない佳香が、裏でその話を潰すべく動いていたことを知り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月13日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/7/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
女手一つで育てた弓香(足立梨花)からテレビ番組で‘毒親’と言われた佳香(寺島しのぶ)は衝撃を受ける。どこが間違っていたのか悩む佳香は、偶然知り合った中学生・乃愛(山田杏奈)から親子関係の‘卒業’という言葉を聞いて子離れを決意する。しかし、弓香の過去の秘密を知るという弘子(渡辺真起子)が現れ、状況は一変。やがて弓香は佳香の思いを知ることになるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/7/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ショッピングモールで16歳の正幸(高橋優斗)による無差別大量殺人事件が起きた。警察署で面会を断られたOL・幸奈(清原果耶)は、弁護士・牧村(峯村リエ)の元へ。かつて自分が母・聡美(坂井真紀)と暮らしていたアパートで、正幸(中川望)も母・志保(水崎綾女)と生活し、2人の心は今もつながっているのだという。さらに、今回の事件は自分の責任だと告白する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月23日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
涼香(中村ゆり)はおしぼり工場で働きながら脚本家を目指して8年目。入賞した新人シナリオ大賞の授賞式で、大賞の薫子(山田真歩)と出会う。ところが、内心見下していた薫子が認められていくのに対し、プロデューサー・郷(和田正人)に便利使いされるばかりの涼香は焦りを募らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
明日実(倉科カナ)は幼い頃から、母・実貴子(赤間麻里子)に「優しい人になりなさい」と言われて育った。それ故、学校でも会社でも、誰に対しても優しく、現在も失敗続きの同僚・友彦(浜野謙太)に唯一、丁寧に応対している。しかし、中途入社の淳哉(奥野瑛太)にある指摘をされて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月8日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
淑子(伊藤歩)は奔放な妹・有紗(佐津川愛美)とは対照的に、40歳になる現在まで実家で暮らし、愛猫にだけ心を開いている。妊婦が襲撃される物騒な事件が相次ぐ中、出産を控えた有紗が東京から帰省。淑子には厳しい母・和子(梅沢昌代)が有紗には甘く、淑子の世界は崩れていく。



D10-g019.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック