FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

角川文庫カドフェア2019|手に汗にぎる!❻|🎬メディア・ミックス作品|映画「アルテミスと妖精の身代金」(アルテミス・ファウル 妖精の身代金/北極の事件簿)

kage

2019/08/24 (Sat)

img033.jpg

文庫フェア


川文庫『カドフェス2019』。

発見!角川文庫・カドフェス2019
     ×
天気の子(7・19公開・新海誠監督最新作)


天気の子
天気の子
posted with amazlet at 19.07.20
UNIVERSAL MUSIC LLC (2019-07-19)
売り上げランキング: 1


雨が
大地に染み込むように
言葉が
心にじんわり広がる。

光が
雲間を貫くように
言葉が
心に鋭く刺さる。

気まぐれに変わる
夏の空。
気まぐれに読む
夏の本。

予報もできない結末が
きっと あなたを待ち受ける。


■今年の特典



スペシャルカバーLINE UP

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
スペシャルカバーの販売は2019年6月14日から、全国の書店にて発売開始
※なくなり次第終了となります。 ※Amazon、楽天などのネット書店ではカバーが異なる可能性がございます。

不朽の名作がスペシャルカバーで勢ぞろい!
文豪ストレイドッグス×角川文庫(全4種)
かまわぬ和柄Specialカバー(全8種類)


カドフェス対象本を1冊買うと、その場でもらえる!
はさんで楽しむ!
【数量限定】発見!クリアファイルプレゼント

カドフェス対象本を1冊ご購入につき、店頭にてその場でプレゼント!
デザインはこの夏公開の映画『天気の子』、創刊70周年を迎えた角川文庫の第1作目『罪と罰』、ハッケンくんの全3種類!

┣天気の子
┣罪と罰
┣ハッケンくん

※2019/6/14よりなくなり次第終了。
※対象店舗は、全国のカドフェス展開中の書店さまで、カドフェスの帯がついている文庫が対象です。
(店舗、一部ネット書店によっては取扱いのない場合がございます)
※恐れ入りますが、クリアファイルのデザインはおまかせいただくことをご了承ください。


抽選で合計100名に当たる!
特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーン

応募締め切り 2019年9月2日(月)23時59分まで

下記の応募フォームより、ご応募いただいた方から抽選で合計100名様に、カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分)をプレゼント!

★図書カードNEXTの使用方法はこちら
カドフェス2019 特製図書カードNEXT(500円分):合計100名様

┣天気の子:34名様
┣罪と罰:33名様
┣ハッケンくん:33名様

■応募締め切り
2019年9月2日(月)23時59分まで

■注意事項
※あらかじめ下記をご了承のうえでご応募ください
○おひとりにつき応募は1回まで。複数回ご応募いただいた場合でも、プレゼントの抽選対象はひとりにつき1口分となります。
○入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
○当選者の発表は、賞品の発送(2019年11月上旬予定)をもって代えさせていただきます。また、発送先は日本国内に限ります。
○賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。
○応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社の「プライバシーポリシー」の定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。

■応募に関するお問い合わせ
KADOKAWAカスタマーサポート
お問い合わせフォーム: https://www.kadokawa.co.jp/support/c/
※カドフェス2019 特製図書カードNEXTプレゼントキャンぺーンとご明記ください。
※当落に関するお問い合わせには応じかねます。

↓ ↓ ↓ ↓
カドフェス2019特製図書カードNEXTプレゼントキャンペーンに応募する


■フェアのジャンル項目



新海誠関連書籍!
青春いっぱい!
感動する!
名作
頭の栄養
手に汗にぎる!
心をつかむロングセラー

■アイコンの説明


・・・・受賞作
・・・・映像化
・・・・感想文にオススメ
📲・・・・電子書籍あり



 ■手に汗にぎる!
 🎬作品|映画「アルテミスと妖精の身代金」 

映画原作📲
 アルテミス・ファウル
 妖精の身代金/北極の事件簿
 著:オーエン・コルファー  訳:大久保寛


アルテミス・ファウル 妖精の身代金 (角川文庫)
オーエン・コルファー
KADOKAWA (2007-07-22)
売り上げランキング: 125,622


悪の天才少年が大活躍! 人気シリーズ遂に文庫化! 

アルテミス・ファウルは、伝説的な犯罪一家に育った12歳の天才少年。「妖精の書」を解読したアルテミスは、妖精の黄金を手に入れようともくろむが、本物の妖精たちは、ハイテクで武装した危険な集団だった!


アルテミス・ファウル 北極の事件簿 (角川文庫)
KADOKAWA (2019-03-22)
売り上げランキング: 153,090


新種の妖精文字あらわる!! 

妖精世界の地底警察は、ゴブリンの犯罪組織に手を焼いていた。ルート司令官は、悪の天才少年アルテミス・ファウルに捜査への協力を依頼した。アルテミスの冒険が再び始まる!

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1犯罪一家の天才少年vs妖精
ハラハラがとまらないダーク・ファンタジー

新装版文庫でディズニーが「映画化」とあり、犯罪一家の少年が主人公ということで、面白そうで手に取った。ハリーポッターのブームの頃に出版され「悪のハリーポッター」と呼ばれていたとは! 今まで、「妖精」が出てくる、かなりファンタジックな内容なのかと思い読まずに敬遠していたが、ここに出てくる妖精たちは、魔法も使うが主にテクノロジーを駆使していたり、人間と同じような社会問題を抱えていたりと、親近感が湧いた。

『妖精の身代金』。12歳のアルテミス・ファウルII世は、犯罪一家ファウル家の当主だ。父親が行方不明になり母親は精神錯乱に陥って傾いた家運を立て直す資金作りのため、彼が手を出したのは何と妖精の黄金を奪うことだった。翼を失い科学の力を駆使して地下世界に住む妖精の警察組織LEPレコンとアルテミスとの駆け引きが始まる。まず妖精がお伽話に出てくるようなフワフワした存在ではなく科学技術を駆使する存在で、妖精間でも人種差別や性差別があり、様々な性格の妖精がいるという人間臭さが新しくて好感が持てた。報告書の形態で他の事件も気になってくる。始まりの事件を懐かしく思い出した。更に面白くなっていくシリーズに向けて魅力的なキャラクター紹介がなされている感。

『北極の事件簿』。妖精誘拐事件から1年後、13歳になったアルテミスの元に行方不明の父親の居場所の手掛かりになる動画が届く。一方ゴブリンの犯罪組織ブワ・ケル団が人間との取引と違法武器の所持に関わっていることが分かり、背後にアルテミスがいると睨んだホリーは彼を連行した。事実関係が分かると彼らは手を取ってゴブリンの反乱とロシアのマフィアに立ち向かうことになる。前作で敵同士だったアルテミスと妖精が協力する意外な展開だけでなく、信頼関係も深めていて驚いた。しかしアルテミスの年相応の寂しさや善良さ、人間性の成長が垣間見えて良かった。前回よりアルテミスが大人しく感じられた。悪さも活躍もいまひとつだったけど、苦手なことをやる羽目になったり、お父さんを助けようとしてたり、いじらしく一生懸命な(?)、そして雪やら泥やらプラズマまみれになるマッド・ボーイが見られて、ほっこり楽しめた。お父さん生きてたのね!ホリーは大活躍で、あれ、なんだかお二人さんいい感じ…?マルチも憎めなくて好き。彼みたいなキャラクターって、日本のファンタジーではあんまり見ないかも(おしりのたれぶた的にも)。今回は、ページ横の暗号も読んでみた。妖精からのメッセージだったのね。終盤怒濤の展開。マルチがいい味を出した回。今作ではアルテミスと執事バトラーの最強コンビの影が薄く、物語の展開は面白いけれど月並み、バトラー妹も登場しない、等々少々残念。最初は気に食わなかったアルテミスに、愛着が湧いてきました。バトラーとホリーのコンビも好き!


コルファー,オーエン
アイルランド生まれ。小さな頃から物語を書き始め、処女作のBenny and Omarがアイルランドで瞬く間にベストセラーとなる。本を執筆するための取材と称して、イタリア、チュニジア、サウジアラビアなど、数々の国に住む。『アルテミス・ファウル』シリーズで世界的ベストセラー作家に.


アルテミス・ファウル 永遠の暗号 (角川文庫)
KADOKAWA (2019-03-22)
売り上げランキング: 78,802


アルテミス・ファウル オパールの策略 (角川文庫)
KADOKAWA (2019-03-22)
売り上げランキング: 152,280





Arikaシネマ2014b7

劇場公開日:2019年秋、待望の映画化決定!
 ■ディズニー×悪のヒーロー
 アルテミスと妖精の身代金

アルテミス・ファウル 妖精の身代金 (角川文庫)
KADOKAWA (2019-03-22)
売り上げランキング: 123,700


■映画ストーリー
アルテミス・ファウル2世は、誘拐された父親を救い家族の財産を取り戻すために、従者でボディガードのバトラーとともに妖精を探してその財産を奪う計画を企てる。

★映画チェック★
全世界発行部数2500万部を突破したSFファンタジー小説を、ウォルト・ディズニーが映画化する「Artemis Fowl」が、「アルテミスと妖精の身代金」の邦題で2019年の秋に日本で公開されることが決定した。「マイティ・ソー」「オリエント急行殺人事件」を手掛けたケネス・ブラナーがメガホンをとり、ディズニー作品では珍しい“ダーク・ヒーロー”の物語を紡ぐ。

■スタッフ
監督:ケネス・ブラナー
脚本:コナー・マクファーソン
原作:オーエン・コルファー『アルテミス・ファウル 妖精の身代金』(角川文庫)
製作:ジュディ・ホフランド/ケネス・ブラナー
音楽:パトリック・ドイル
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
編集:マーティン・ウォルシュ

☑映画詳細データ
原題:Artemis Fowl
製作年:2019年
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

■キャスト(役名)
フェルディア・ショー (アルテミス・ファウル2世)
ララ・マクドネル (ホリー・ショート)
ノンソー・アノジー(ドモヴォイ・バトラー)
タマラ・スマート ( ジュリエット・バトラー)
ジュディ・デンチ (コマンダー・ルート)
ジョシュ・ギャッド (マルチ・ディガムズ)
ホン・チャウ(妖精)
ミランダ・レイソン(アンジェリーン・ファウル)
ニケ・パテル( フォーリー)
ジョシュア・マクガイア(ブライアー・カジェン)
チー=リン・ニム (トラブル・ケルプ)
ジーン=ポール・リー (グエン)
マット・ジェサップ (バッド)
シモーヌ・カービー( バーン)
サリー・メシャム (スカイ・ウィロウ)



----------------------------------------------------------------------------------------
映画.ニュース
----------------------------------------------------------------------------------------
ディズニーのYA小説「アルテミス・ファウル」映画化
Arika感想(映画)aアイルランドの作家オーエン・コルファーによる大ベストセラー「アルテミス・ファウル」シリーズが原作。伝説的な犯罪一家に育った12歳の天才少年アルテミス・ファウル2世と、魔法とハイテクノロジーを駆使する妖精たちとの戦いを描いた。01年の刊行開始当初は3部作の予定だったが、人気に火がつき増刊となり、12年に発表された第8巻「Artemis Fowl: The Last Guardian」で完結を迎えた。40カ国以上で翻訳され、世界中で人気を博している。

ある日、アルテミスのもとにかかってきた1本の電話。それは行方不明の父親を誘拐したと語る犯人からのもので、身代金として1トンに及ぶ“フェアリー・ゴールド”を要求されてしまう。アルテミスは父親を取り戻すため、天才的な頭脳を武器に妖精たちの財産強奪を企てる。「ヘンリー五世」(1990)で第62回アカデミー賞の監督賞と主演男優賞にノミネートされた経歴を持つブラナー。「マリリン 7日間の恋」「ダンケルク」で俳優として活躍しながら、「エージェント:ライアン」など監督としてのキャリアも積み上げており、本作では「シンデレラ」に続き再びディズニーとタッグを組んだ。あわせて、サングラスの奥で不敵にほほ笑むアルテミスの姿が浮かび上がるティザービジュアルもお披露目。「アルテミスと妖精の身代金」は、アメリカで8月から、日本で秋から公開される。







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック