FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

2019年夏、土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

kage

2019/09/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月27日スタート 

BSテレ東 毎週土曜 21:00~21:55

 土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:葉真中顕「W県警の悲劇」(徳間書店)
プロデューサー:森田昇/津嶋敬介/石田麻衣/宮川宗生
主題歌:鑑/安藤裕子

E13-b043.gif
外部サイト:土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
松永菜穂子:芦名星
W県警本部警務部所属の監察官で、警察の中の警察ともいわれるポジション。階級は警視。女性警察官であるために味わった過去の苦い経験から、県警内の男尊女卑という悪しき風潮を変えるために、県警の実質的な最高意思決定機関である“円卓会議”のメンバー入りを目指す。目的のためなら清濁併せのむ覚悟で出世を狙い、各所轄にいる女性警察官と対峙していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
芦名星演じる女性監察官がW県警を舞台に成り上がっていく異色の刑事ドラマ! 
社会派サスペンスの名手として名高い人気作家・葉真中顕の同名小説を原作にした、異色の刑事ドラマ。“女性警察官の鑑”になるべくW県警内でのし上がっていこうとするキャリア警視の女性監察官が、鋭い洞察力と観察力で、女性警察官が起こした過ちや事件の真相を暴いていく。

主人公の松永菜穂子を演じるのは、ゴールデン帯連続ドラマ初主演の芦名星。事件解決に至る謎解きに加えて、毎回、強力なゲストが登場して菜穂子と対峙する“女同士のバトル”も見どころの一つ。ゲストとして、佐藤仁美、佐津川愛美、谷村美月らが出演。ラストに繰り広げられるどんでん返しのみならず、第1話から最終話へとつながる驚愕の展開も描かれる。



2019夏号:2019年7月1日〜2019年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月20日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
県内随一の高級中華料理店の特別個室で開かれる、W県警本部の幹部たちの集まり、通称“円卓会議”に、極秘任務を担う松永菜穂子(芦名星)が呼び出される。監察官である菜穂子の仕事は、いわば“警察の警察”。女性警察官が起こした過ちや事件の真相を暴き、県警に被害が及ぶような問題を事前に片付けることで、菜穂子はこの会議のメンバーから認められようともくろむ。
菜穂子には、男尊女卑の色濃いこの県警を変え、女性警察官の道を作るという目標があった。生まれ持った洞察力や観察力を駆使し、各所轄にいる女性警察官と対峙していく菜穂子だが、どの警察官も一筋縄ではいかない女性たちばかりで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月27日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/7/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
菜穂子(芦名星)は‘警察の中の警察’といわれる警務部の監察官。警視正に昇進してW県警を改革することを目指している。そんな中、「犯罪組織に内部情報を流す裏切り者」を見つけ出すべく、菜穂子が特別任務を与えた、‘警察官のかがみ’と呼ばれる刑事・熊倉が遺体で見つかった。その死の真相に迫るため、菜穂子は熊倉の娘で所轄署刑事の清(佐藤仁美)に話を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
女子高生・咲良(ついひじ杏奈)への痴漢容疑により野倉署で取り調べを受ける有名ユーチューバー・宮川(山本浩司)が、冤罪を主張。その野倉署ではパワハラやセクハラが横行していた。聞き込みを行った県警監察官・菜穂子(芦名星)は、取り調べを担当する生活安全課の千紗(佐津川愛美)が秘め事を抱えていると察知する。千紗は痴漢事件を利用して賭けに出ようとしていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月9日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
少女惨殺事件の現場に辰沢署刑事・凛子(谷村美月)の遺留品があった。適切な処理のため、菜穂子(芦名星)は慎重に調査を進め、凛子が同じ刑事課の先輩・上原(山田純大)と不倫関係にあると見抜く。菜穂子の厳しい追及に、凛子は犯行時は上原とラブホテルにいたとアリバイを主張する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月17日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
3Dプリンターで銃を密造する半グレ集団を捜査する警察チーム内に問題があるとの情報から、菜穂子(芦名星)は調査を開始。鑑識課の近田(小林きな子)と千春(優希美青)を呼ぶ。同チームで組織犯罪対策課の野尻(鶴見辰吾)について話を聞く一方、千春が特殊な能力を有し、捜査に貢献できると知った菜穂子。そんな中、チームはいよいよ‘ガサ入れ’に突入するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月24日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
上層部より、大物政治家の息子・大輔(楽駆)が起こした万引き事件をもみ消すよう、菜穂子(芦名星)に指令が下る。大輔を逮捕した本郷署窃盗犯担当刑事・聡美(戸田菜穂)は、万引きに強い嫌悪感を持っているようだ。菜穂子がその背景を調査すると、実は聡美自身が仕事や育児に追われ、ストレスから万引き依存症になっている‘クレプトマニア’であることが分かる。

※8月31日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月7日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北本署組織犯罪対策課の刑事・高寺(鈴木砂羽)が、暴力団員・西窪(白石隼也)と許されない関係にあるとの情報が入り、菜穂子(芦名星)に調査の指令が下る。西窪は同じ組の幹部を殺して逃走していた。高寺は菜穂子に対し、一人の人間として純粋に西窪を愛していると言い、愛を貫くと主張。菜穂子は逃走先などの情報を引き出そうとするが、高寺は涙を流してかばう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月14日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日尾署の刑事・滝沢(床嶋佳子)が、カトリック教会の神父である自分の父親・徳治(団時朗)を殺したと自首する。菜穂子(芦名星)にとって滝沢は憧れの先輩刑事で、女性職員の地位向上のために、共に県警内で奮闘した仲だった。上層部から、スキャンダルになる前に調査するよう指示された菜穂子は、殺人の動機を知ろうと、息詰まる心理戦で滝沢の心の闇に迫っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月18日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/9/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
W県警初の女性警視正に昇格し、「円卓会議」の一員となった菜穂子(芦名星)。猿渡署管内で起きた、同署少年課刑事・下田(伊藤かずえ)の9歳の娘の失踪事件の捜索に参加し、事件にまつわる謎を解く。ところが、猿渡署を後にした菜穂子の前に‘あの事件’の刑事が現れた。今まで、県警内の8人の女性達の‘秘め事’に向き合ってきた菜穂子はその刑事と対峙(たいじ)する。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック