FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

2019年夏、土曜ドラマ『それぞれの断崖』

kage

2019/09/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★8月3日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 それぞれの断崖

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小杉健治「それぞれの断崖」(集英社文庫)
脚本:洞澤美恵子
演出:村松弘之/藤木靖之/遠藤光貴
プロデューサー:西本淳一/大久保直実
主題歌:Angel/CHEMISTRY

E13-b043.gif
外部サイト:それぞれの断崖

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
志方恭一郎:遠藤憲一
都内にある「マルコーコンピューター」の企画開発部長。高卒だが抜てきされて部長になった、情にもろい性格の仕事人間。5年前に購入した郊外の一軒家に、妻・雪子と2人の娘と息子の5人で暮らす。ある日突然、息子の恭介が同級生に殺され「被害者の父」となる。家族が崩壊していく中、憎悪の果てに加害者の母であるはつみを捜し出すが、絶対に許せないはずのはつみに、自分と同じ苦しみを見て心を揺さぶられる。

八巻はつみ:田中美里
事件の加害少年である中学2年生の満の母親で、クラブのホステス。25歳で結婚しすぐに満を産んだが、間もなく離婚したため女手一つで育てている。最愛の息子が同級生を殺害したという十字架の重さに苦悩し、恐怖や悲しみを忘れるかのように恭一郎との仲に踏み出す。

志方雪子:田中美佐子
恭一郎の妻。高卒で「マルコーコンピューター」に入社し、開発部で一緒だった恭一郎と結婚。元来は明るい性格の女性。恭介の不登校や家庭内暴力に悩む中、恭介が殺されて「被害者の母」となる。一方的な世間の注目にさらされ、周囲の環境や恭一郎との関係が変わっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一が禁断の愛に翻弄される父親役で主演。家族の崩壊と再生を描く人間ドラマ! 
社会派ミステリーの名手・小杉健治による同名小説を原作に、犯罪被害者家族と加害者家族の崩壊と再生を描く人間ドラマ。同級生に殺害された息子の無念を晴らすべく、身分を偽って加害者の母に近づいた被害者の父親が、禁断の愛という皮肉な運命に翻弄(ほんろう)されていく。

主人公の志方恭一郎を演じるのは、出演作が途切れない実力派俳優の遠藤憲一。令和初の主演作で、被害者の父でありながら加害者の母とひかれ合うという複雑な役どころを熱演する。さらに、被害者の母となり崩壊する家族を支える恭一郎の妻・雪子に田中美佐子、加害者の母で恭一郎にひかれていくシングルマザー・八巻はつみに田中美里が扮する。

2019夏号:2019年7月1日〜2019年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
都内のコンピューター会社で働く志方恭一郎(遠藤憲一)の、14歳になる息子の恭介(渡邉蒼)が刺殺される。恭一郎が警察から犯行を疑われ、家族からも責められている中、犯人として逮捕されたのは、恭介の同級生で13歳の八巻満(清水大登)だった。
少年法で守られ、刑罰の下されることのない満に対して怒りを爆発させる恭一郎だったが、世間からは人でなし呼ばわりされた上に、仕事も友人も失い、家族からは背を向けられてしまう。絶望の淵でもがく恭一郎は、満と、その母・はつみ(田中美里)へ激しい憎悪を向けるが、自分と同じ痛みと悲しみをはつみの中に見た時、その気持ちが大きく揺らいでいく…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年7月28日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/8/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
コンピューター会社で働く志方(遠藤憲一)の中学2年生の息子・恭介(渡邉蒼)が家庭内暴力を振るうようになった。志方も妻・雪子(田中美佐子)ら家族も原因が分からず、頭を悩ませる。そんな中、志方は恭介の同級生・満(清水大登)と出会う。満は母・はつみ(田中美里)と2人暮らしだという。翌晩、志方が深酒をして帰宅すると、警察から信じがたい知らせが届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月8日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/8/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
志方(遠藤憲一)は、恭介(渡邉蒼)を殺害したのが満(清水大登)だったこと、13歳の満は刑事責任を問われないことに激怒する。志方は手記を出すが、満への殺意むき出しの内容に世間の非難が殺到。一方、はつみ(田中美里)は志方家への謝罪を望むが、弁護士の若菜(内田滋)に止められる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/8/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
満(清水大登)の少年院送致が決まったが、志方(遠藤憲一)は過激な発言のせいで裁判の傍聴も許されない。満がなぜ恭介(渡邉蒼)を殺害したのか、どこの少年院に送致されるかなど、情報は開示されず、感情のやり場のない志方は弁護士・若菜(内田滋)の元へ押し掛ける。そこへ、はつみ(田中美里)がやって来た。憎しみに燃える志方は、家路を急ぐはつみの後をつける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月24日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/8/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
素性を隠し、はつみ(田中美里)を店に訪ねたことを雪子(田中美佐子)に話した志方(遠藤憲一)。だが、雪子からはもう加害者家族に関わらないでと言われてしまう。さらに、会社では懲罰人事のような異動を受け、志方は鬱屈を募らせる。一方、はつみは満(清水大登)から、もう来ないでほしいと告げられていた。そんな中、志方は取引先の丹野(梨本謙次郎)の転勤を知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年8月26日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/8/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
はつみ(田中美里)に心引かれる志方(遠藤憲一)だが、素性を明かせず、苦悩する。一方、家では長女・真弓(仁村紗和)が元婚約者と復縁し、会社では新たなプロジェクトに起用されるなど、悪いこと続きだった志方の日常は変わり始めていた。そんなある日、志方は雪子(田中美佐子)にはつみとの関係を気付かれ、また、はつみにも偽名を使っていることを知られてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月6日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/9/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
志方(遠藤憲一)の前で、はつみ(田中美里)と雪子(田中美佐子)が対峙(たいじ)する。謝罪するはつみに、雪子は「一生罪を背負って苦しんでください」と言い放つ。雪子は娘を連れて実家に帰り、1人になった志方は取り返しがつかない事態を痛感。そんな中、新潟赴任が決まった志方は、はつみに連絡をする。だが、電話は着信拒否となり、店も辞めたことが分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月14日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/9/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
満(清水大登)が少年院を出た。志方(遠藤憲一)は、はつみ(田中美里)と3人でやっていけるのか、満を許していいのかと自問する。だが、会社を解雇され、雪子(田中美佐子)ら家族とも決別した志方には、はつみ母子と生きる以外、道がない。志方は懸命に満と接し始める。一方、満は謝罪のため雪子らを訪ねるが、雪子は恭介を殺した理由を満の口から聞きたいと言い…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月19日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/9/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
志方(遠藤憲一)は、はつみ(田中美里)、満(清水大登)の3人で生きていこうと心に決めたが、満の父親になり切れずに悩んでいた。一方、少年院を出て以来、世間の目にさらされ続ける満は、ふさぎ込むばかり。そんなある日、志方を父親として受け入れられない満は、包丁を持ち出してはつみに突き付け、志方と別れて自分と2人で暮らしてほしいと心情をぶつける。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック