FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

新潮社文庫の100冊2019|恋する本❷|海外文学(若きウェルテルの悩み/赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―/ティファニーで朝食を/あしながおじさん/車輪の下/月と六ペンス)

kage

2019/09/07 (Sat)

img033.jpg

新潮文庫の100冊2019
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2019年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■今年の特典


#キュンタ大作戦

新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、「#キュンタ」で盛り上げて、「純金キュンタしおり」をゲットしよう!

応募方法

一冊買えばもらえる!

「キュンタうちわしおり」

※「キュンタうちわしおり」は「新潮文庫100冊」フェアを開催している全国主要書店でもらえます。
※「新潮文庫の100冊」購入者が対象です。
※「キュンタうちわしおり」は無くなりしたい終了します。

↓ ↓ ↓
キャンペーン公式アカウント
「@shinchobunko」をフォロー

📲撮る!
↓ 
#キュンタタグ付けで写真をSNSに投稿!


Twitter「@shinchobunko」フォロー

Instagram「@shinchobunko」フォロー

↓ ↓ ↓
当たる!
抽選100名様に「キュンタうちわしおり」が当たる!
※当選された方はDMが届きます。
*24K(表面加工)です。

応募締切
2019年9月5日(金)正午まで

締め切り以降の投稿は応募対象外となりますので、ご注意ください。

詳しいことは
「新潮文庫の100冊2019」ページで応募規約を含めて確認!


■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行



 
大丈夫。きみの悩みは、もう本になっている。この夏を、何冊生きよう。
 💑恋する本*:
 海外文学 ドイツ文学×英米文学

ドイツ文学
 📚ああ、ぼく以前でも人間はこんなに哀れなものだったんだろうか。(P153)
 若きウェルテルの悩み/ゲーテ(著)  高橋 義孝(訳)

あなたは恋のために死ねる? 

刊行後200年以上、世界の若者を魅了し続けた永遠の青春小説。 


若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
ゲーテ
新潮社
売り上げランキング: 18,124


ゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説で、ウェルテルの名が、恋する純情多感な青年の代名詞となっている古典的名作である。許婚者のいる美貌の女性ロッテを恋したウェルテルは、遂げられぬ恋であることを知って苦悩の果てに自殺する……。多くの人々が通過する青春の危機を心理的に深く追究し、人間の生き方そのものを描いた点で時代の制約をこえる普遍性をもつ。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコンゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説。許婚者のいる美貌の女性ロッテを恋したウェルテルの苦悩と煩悶を描く古典的名作である。

若い頃の恋は、苦しいですよね。寝ても覚めても、相手の事で頭の中はいっぱい♡ 最初は、そんな彼の事を微笑ましく思っていたのですが、くどいし暗い!いくらなんでもゲーテくん悩みすぎや〜!、ハゲるで⁉と、イラチに思うのは、私個人の気質か、それとも心が干上がりオバちゃんだから…(;´Д`)…?

原著:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)
┣1749年8月28日 - 1832年3月22日(82歳没)
┣ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。
┣ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

翻訳:高橋義孝
┣1913年3月27日 - 1995年7月21日
┣ドイツ文学者、評論家、随筆家。文壇関係者からは名前を音読みして「たかはし ぎこう」と称される場合もある、

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『若きウェルテルの悩み』(ドイツ語: Die Leiden des jungen Werthers)
1774年に刊行されたヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテによる書簡体小説。青年ウェルテルが婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし、叶わぬ思いに絶望して自殺するまでを描いている。出版当時ヨーロッパ中でベストセラーとなり、主人公ウェルテルを真似て自殺する者が急増するなどの社会現象を巻き起こした。そのため「精神的インフルエンザの病原体」と刊行時に呼ばれたが、現在も世界中で広く読まれている。





英米文学
 📚曲り角をまがったさきになにがあるのかは、わからないの。(P516)
 赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―
 /ルーシー・モード・モンゴメリ(著) 村岡 花子(訳)


美人じゃないけど最高にカワイイ! アンは女の子の永遠の憧れです。 

赤毛のアン 赤毛のアン・シリーズ 1 (新潮文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 4,904


ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく――。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン大きな眼にソバカスだらけの顔、おしゃべりが何よりも大好きな赤毛のアンが、夢のように美しいグリン・ゲイブルで過ごした少女時代の物語。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。

原著:ルーシー・モード・モンゴメリ
┣1874年11月30日 - 1942年4月24日。カナダ、プリンス・エドワード島生れ。1歳9カ月で母と死別、祖父母に育てられ教師になったが、30歳で書き始めた『赤毛のアン』のシリーズが熱狂的な人気を呼んだ。美しい島の自然を背景に、10冊のアン・シリーズのほか、より自伝的なエミリーのシリーズなどの小説、詩集、日記を残し、国内外の多数の読者の心を捉えた

翻訳:村岡花子
┣1893年〈明治26年〉6月21日 - 1968年〈昭和43年〉10月25日。山梨県生れ。東洋英和女学院高等科卒。翻訳家・児童文学者。児童文学の翻訳で知られ、モンゴメリの著作の多くと、エレナ・ポーター、オルコットなどの翻訳を手がけた。子どもニュース番組の「ラジオのおばさん」としても親しまれた。

アンの青春 赤毛のアン・シリーズ 2  (新潮文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 22,113


16歳のアンは、小学校の新任教師として美しいアヴォンリーの秋を迎えた。マリラが引き取ったふたごの孤児の世話、ダイアナやギルバートらと作った「村落改善会」の運営と忙しいなかにも、“山彦荘”のミス・ラヴェンダーとの出会いや、崇拝する作家モーガン夫人の来訪など、楽しい出来事が続く。少女からひとりの女性へと成長する多感な時期を描く、アン・シリーズ第2作。


アンの愛情 赤毛のアン・シリーズ 3  (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 70,897


レドモンド大学に進学したアンは、キングスポートの“パティの家”で仲良しの3人と共同生活を始めた。勉学に励みながら、訪問日には崇拝者たちを惹きつけ、文学を志す。そしてとうとうボーリングブロークの自分の生家を尋ねあてた。マーク・トウェインをして、「“不思議の国のアリス”以来の魅力ある人物」と言わしめ、絶賛されたアンは、ついに真実の愛情に目覚める―。


アンの友達 赤毛のアン・シリーズ 4 (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 61,451


ちょっとした気持の行き違いで長いこと途絶えてしまった人と人との愛情が、またふとしたことから甦る。10年も20年も離れていた婚約者同士が、ついにお互いの存在を再確認する―1908年の刊行以来、アンの物語は広範囲の読者の心を捉えてきたが、この第4巻ではアンから少し離れて、アンの周囲の素朴な人たちが愛ゆえに引き起す、さまざまな事件をいくつか紹介する。


アンの幸福 赤毛のアン・シリーズ 5  (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 171,578


サマーサイド高校校長として赴任したアンを迎えたのは、敵意に満ちた町の有力者一族、人間嫌いの副校長、意地悪な生徒たちだった。持ち前のユーモアと忍耐で彼らの信頼と愛情をかち得たアンが、忠実なレベッカ・デューや猫のダスティ・ミラーとともに、2人の未亡人たちの家〈柳風荘(ウィンディ・ウィローズ)〉で過した3年間を、レドモンド医科大で学ぶ婚約者ギルバートに宛てた愛の手紙で綴る。


アンの夢の家 赤毛のアン・シリーズ 6  (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 134,236


アンはついにギルバートと結ばれた。グリン・ゲイブルス初の花嫁は、海辺の小さな「夢の家」で新家庭を持った。男嫌いだが親切なミス・コーネリア、目をみはるほど美しいが、どこが寂しげなレスリー、天賦の話術師ジム船長などの隣人たちに囲まれて、甘い新婚生活を送る幸せな二人に、やがてさらにすばらしい授かりものが…。すべての人に熱愛されるアン・シリーズ第六巻。


炉辺荘(イングルサイド)のアン 赤毛のアン・シリーズ 7  (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 147,362


思い出多い「夢の家」に別れを告げて、アンは三色すみれでいっぱいの「炉辺荘(イングルサイド)」に移ってきた。いまや働きざかりの主婦となったアンは、忙しい夫ギルバート医師を助け、六人の子供たちの世話をし、次々に訪れる古い友人たちを歓待し、お手伝いのスーザン、猫のシュリンプとともに毎日息つく暇もない。しかし、必要とされる喜び、愛し愛される喜びは、なんとすばらしいものだろう。


アンをめぐる人々 赤毛のアン・シリーズ 8  (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 170,796


シンシア叔母さんお気にいりのペルシャ猫は、いったいどこへ消えたのか? どうしても父親を結婚式に招待したかったレイチェルの作戦は? 崇拝者を持ったことがないとは言えなかったばかりに、シャーロットが立ちいたった珍事態――平和に見えるアヴォンリーでも、人々は何かしら事件をかかえている。深い人間愛と豊かなユーモア、確かな洞察力で描かれた、アンをめぐる人々の生活。


虹の谷のアン 赤毛のアン・シリーズ 9  (新潮文庫)
モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 153,760


ウォルターが「虹の谷」と名づけた楓林の向こうの小さな谷には、いつもやさしい風が吹き、ブライス家の子供たちの夕方の遊び場所になっていた。母親を失くし、父も夢想家で、かまってくれる人のいない牧師館の子供たちも、しばしばここを訪れた。古い納屋の乾草の上から哀れな姿で発見された孤児メアリーも、この仲間に加わった。アンの子供たちの毎日を描く、アン・ブックス第九巻。


アンの娘リラ 赤毛のアン・シリーズ 10  (新潮文庫)
モンゴメリ
新潮社
売り上げランキング: 119,800


みごとに成長した六人の子供たちに囲まれて、アンは幸せな日を送っていたが、第一次大戦の影響は静かな炉辺荘(イングルサイド)にも及んできた。女たちは、出征してゆく息子や恋人を見送ったあと、寂しさをこらえて、精一杯元気に振舞った。養母マリラの名をもらったアンの末娘リラも、偶然引き取った戦争孤児の世話と、赤十字少女団の運営とで忙しい。リラの日記で綴るアン・ブックス最終巻。


アンの想い出の日々〈上〉 赤毛のアン・シリーズ 11  (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社 (2012-10-29)
売り上げランキング: 90,872


1908年の発表以来、世代を超えて読み継がれ、愛されてきた『赤毛のアン』。実は、モンゴメリの死の当日に何者かによって出版社に持ち込まれたシリーズ最終巻は、これまで本国カナダでも部分的にしか刊行されないままとなっていた。『アン』誕生100周年を機に詩、短編、ブライス家の語らいなど新原稿を含む、作者が望んだかたちに復元された完全版、待望の邦訳。ファン必読の書。


アンの想い出の日々〈下〉 赤毛のアン・シリーズ 11 (新潮文庫)
ルーシー・モード モンゴメリ
新潮社 (2012-10-29)
売り上げランキング: 85,113


ある日、古い教会で行われた結婚式。結婚行進曲が演奏されるなか、花嫁、花婿、ふたりの両親、友人たち…居合わせたそれぞれの想いが交錯する。そして、ブライス家に大きな影を落とした、アンの息子ウォルターの戦死。アンに似て詩の創作を愛した青年を亡くした悲しみを、残された家族はどう見つめるのか―。人生の光と影を深い洞察で見据えた、「アン・シリーズ」感動の最終巻。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1908年の『赤毛のアン』の成功の後、1909年の第2作『アンの青春』など、『赤毛のアン』シリーズ(アン・ブックス)を含め生涯に20冊の小説と短編集を書いた。特に『赤毛のアン』は何度も映画化され、40か国語に翻訳されるなどの成功を収めた。 『赤毛のアン』は日本では、1952年に村岡花子により翻訳・紹介され、主に少女たちの間で熱狂的に愛読された。のちに、中学の国語の教科書に収録され、1979年に世界名作劇場シリーズでテレビアニメ『赤毛のアン』として放送された。モンゴメリの生地、プリンス・エドワード島を訪れる日本人観光客は多い。


Arikaシネマ2014b3

赤毛のアン ファミリーセレクションDVDボックス
バンダイビジュアル (2012-12-21)
売り上げランキング: 7,607


世界名作劇場(フジ)
第5作『赤毛のアン』
1979年1月7日 - 12月30日(全50話)

世界名作劇場(BSフジ)
第26作『こんにちは アン〜Before Green Gables』
2009年4月5日 - 12月27日(全39話)

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界名作劇場(せかいめいさくげきじょう)
主に日本アニメーション(以下、日アニ)が制作して『カルピスこども名作劇場』や『ハウス食品・世界名作劇場』といった名称で放送されているテレビアニメシリーズである。 世界名作アニメ、世界名作アニメ劇場とも呼ばれる。 最広義には、1969年の『ムーミン』以後の作品を指す(日アニの公式では1975年の『フランダースの犬』以後)。 これまで約26作(数え方によって異なる)が製作・放送され、日本を代表するテレビアニメシリーズの一つとして知られている。すべての作品はフジテレビ系列で毎週日曜日の夜19時30分より本放送されていたため、かつてはフジテレビを代表するアニメ番組と認識されていた時期もある。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaシネマ2014b5

実写版「赤毛のアン」3部作

赤毛のアン コンプリートDVD-BOX
Happinet (2019-07-02)
売り上げランキング: 20,356


赤毛のアン 初恋 [DVD]
赤毛のアン 初恋 [DVD]
posted with amazlet at 19.07.31
Happinet (2019-07-02)
売り上げランキング: 25,989


赤毛のアン 卒業 [DVD]
赤毛のアン 卒業 [DVD]
posted with amazlet at 19.07.31
Happinet (2019-07-02)
売り上げランキング: 26,028


ルーシー・モード・モンゴメリーの名作児童小説をカナダで実写映画化した「赤毛のアン」、「赤毛のアン 初恋」、「赤毛のアン 卒業」の3部作。

1908年に発表されてから今年で110周年を迎えた原作は、カナダのプリンス・エドワード島を舞台に、想像力豊かでおしゃべりが大好きな少女アンが、様々な騒動を巻き起こしながらも、周囲の人々に温かく見守られながらのびのびと成長していく姿を描いた不朽の名作。物語の舞台となったプリンス・エドワード島で撮影が行われた映画は、作者モンゴメリの思いを受け継ぐ孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーの製作総指揮のもと、3部作として製作され、第1部「赤毛のアン」(16)は2017年に日本公開された。

第2部の「赤毛のアン 初恋」では、アンがマシュウとマリラ兄妹の家で暮らすようになって2年、素直に好きと言えない13歳の揺れる心を描き出す。完結編「赤毛のアン 卒業」では、教師を目指すアンの初めての下宿生活や卒業までの道のりをつづり、将来への夢をふくらませる16歳の主人公が悲しい試練を経験し、人生の大きな決断をするさまを描いた。

1作目から主演を務めてきたエラ・バレンタインは、大人の入り口に立つ16歳を演じた完結編で、カナダのアカデミー賞にあたるカナディアン・スクリーン・アワードの演技賞(青少年向け作品部門)を受賞。全3作でメガホンをとったジョン・ケント・ハリソン監督も同賞の監督賞に輝き、カナダ国民に愛されるシリーズとなった。





英米文学
 📚静けさと、つんと’すました’ところがいいのよ。(P65)
 ティファニーで朝食を/トルーマン・カポーティ(著)  村上春樹(訳)

海外名作新訳コレクション。

村上春樹×トルーマン・カポーティ、永遠の名作、みずみずしい新訳で待望の文庫化! 


ティファニーで朝食を (新潮文庫)
トルーマン カポーティ
新潮社
売り上げランキング: 64,495


第二次大戦下のニューヨークで、居並ぶセレブの求愛をさらりとかわし、社交界を自在に泳ぐ新人女優ホリー・ゴライトリー。気まぐれで可憐、そして天真爛漫な階下の住人に近づきたい、駆け出し小説家の僕の部屋の呼び鈴を、夜更けに鳴らしたのは他ならぬホリーだった……。表題作ほか、端正な文体と魅力あふれる人物造形で著者の名声を不動のものにした作品集を、清新な新訳でおくる。

目次:ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany's/花盛りの家 House of Flowers/ダイアモンドのギター A Diamond Guitar/クリスマスの思い出 A Christmas Memory
訳者あとがき:村上春樹

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン気まぐれで可憐なヒロイン、ホリー・ゴライトリーが再び世界を魅了する。カポーティの永遠の名作が村上春樹のみずむずしい翻訳を得て新たに輝く!「ティファニーで朝食を」は原作と映画がかなり異なるので、映画ファンの方は「えっ」と思われる作品。 

原著:トルーマン・カポーティ
┣1924年9月30日 - 1984年8月25日。ニューオリンズ生まれ。19歳のときに執筆した「ミリアム」でO・ヘンリ賞を受賞。1948年『遠い声 遠い部屋』を刊行し、「早熟の天才」と絶賛を浴びる。著書に『夜の樹』『草の竪琴』『ティファニーで朝食を』『冷血』『叶えられた祈り』など。晩年はアルコールと薬物中毒に苦しみ、1984年に死去。

翻訳:村上春樹
┣1949(昭和24)年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市育ち。 早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ティファニーで朝食を』(原題: Breakfast at Tiffany’s)
アメリカ合衆国の小説家トルーマン・カポーティによる中編小説。1958年にランダムハウスから出版された。ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性主人公を描く。1961年にオードリー・ヘプバーン主演でパラマウント映画によって映画化された。

題名は主人公の言う「ティファニーで朝食を食べるご身分」というたとえで、当時ニューヨーク5番街にあるティファニーは宝石店であり実際のレストランではなかった(したがって、本来はヒロインの素っ頓狂な性格を現す、的外れな言い回しである)が、映画の影響を受け2017年にブランド初となるダイニングスペースがオープンした。映画版では題名を意識してか、冒頭でオードリー・ヘプバーンがティファニーのショーウィンドウを前に朝食を食べるシーンがある。

Arikaシネマ2014b5

1961年11月8日 115分
 ティファニーで朝食を 

ティファニーで朝食を[AmazonDVDコレクション]
パラマウント (2018-03-20)
売り上げランキング: 13,741


監督:ブレイク・エドワーズ
脚本:ジョージ・アクセルロッド
原作:トルーマン・カポーティ
製作:マーティン・ジュロー、リチャード・シェファード
出演者:オードリー・ヘップバーン、ジョージ・ペパード、パトリシア・ニール

ティファニーに資本主義の繁栄を象徴させて自由の貴重さを描いてみせるトルーマン・カポーティの原作とは異なり、映画は主人公と語り手の作家との恋を中心に描いている。





英米文学
 📚わたしはあなたのもので、あなたはわたしのものです。(P251)
 あしながおじさん/ジーン・ウェブスター(著) 岩本正恵(訳)

孤児院育ちのジュディに訪れた奇跡――。

百年読み継がれてきたシンデレラストーリー! 


あしながおじさん (新潮文庫)
ジーン ウェブスター
新潮社 (2017-05-27)
売り上げランキング: 64,663


孤児院で育ったジュディの人生に、とびきりのチャンスと幸せが舞い込んできた。名を名乗らない裕福な紳士が、奨学金を出して彼女を大学に通わせてくれるという。ただし条件がひとつ。毎月、手紙を書いて送ること。ジュディは謎の紳士を「あしながおじさん」と呼び、持ち前のユーモアがあふれた手紙を書き続けるのだが――。最高に素敵なハッピーエンドが待ち受ける、エバーグリーンな名作。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン孤児院育ちのジュディが謎の紳士に出会い、ユーモアあふれる手紙を書き続け――。最高に幸せで素敵な結末を迎えるシンデレラストーリー!エバーグリーンな名作。17歳まで孤児院で育ったジェルーシャに大学進学の援助を申し出てくれた謎の人物スミス氏こと、あしながおじさん(ジュディによる命名)。条件は作家を志すことと、月に一度の手紙。序章以外はすべてあしながおじさんへの手紙になっている。手紙だけでここまでユニークに女学生の生活を想像させ、尚且つ話を展開していくのが本当にすごい。

シンデレラ的なジュディの話にこちらまでもあしながおじさんになった気分で手紙が読めます。もしやと中盤辺りにこの方があしながおじさんなのでは?と薄々と気付いていましたが、全く気づかないジュディにこっちまで鈍感だな。しかし、気付いていたらこんなにもラブレター的に書けないだろうな。運命的な2人なんだろうな。幸せな気分になりました。あしながおじさんの正体も結末も昔、アニメで見たから知っていたけど、本はまた違った想像力をもたらせてくれる。まさかの結末に毎回「ほわぁ」となったのも懐かしい。これは『続』を読むか悩む。だってとっても素敵なラストなんだもの。作者の別作品「おちゃめなパッティ」もまた読み返してみようかな。

原書:ウェブスター・ジーン
┣1876年7月24日 - 1916年6月11日。ニューヨーク生れ。ヴァッサー大学卒業後、1912年に出版した『あしながおじさん』と’15年の『続あしながおじさん』で名声を博す。大学在学中から社会事業にも興味を寄せ、後に少年感化院や刑務所改善の特別委員などを務めた。1915年に結婚し、翌年に女児を出産するがその直後、産褥熱により39歳で亡くなった。

翻訳:岩本正恵
┣1964年 - 2014年12月31日。翻訳家。東京都出身。東京外国語大学英米語科卒業。大学在学中は本の雑誌社で助っ人アルバイトをしていた。 卒業後、会社員生活をしながら翻訳学校に通い、翻訳家となる。

続あしながおじさん (新潮文庫)
ジーン ウェブスター
新潮社 (2017-05-27)
売り上げランキング: 122,171


幸せな結婚を果たした級友ジュデ ィに、彼女の育った孤児院の運営を任されることになったサリー・マクブライド。何不自由ない家庭で育ったサリーにはとても抱えきれない重荷だが、ジュディや恋人の政治家、嘱託医にユーモアたっぷりの愚痴を手紙に書いて送るうち、少しずつ院長の責務に喜びを見出していく――。『あしながおじさん』に勝るとも劣らない、愛と感動の結末が待つ名作。


Arikaシネマ2014b3

平成2年度文化庁子供向テレビ用優秀映画賞受賞作品



1990年に『私のあしながおじさん』のタイトルでフジテレビ「ハウス世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は1990年1月14日から同年12月23日で全40話。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界名作劇場(せかいめいさくげきじょう)
主に日本アニメーション(以下、日アニ)が制作して『カルピスこども名作劇場』や『ハウス食品・世界名作劇場』といった名称で放送されているテレビアニメシリーズである。 世界名作アニメ、世界名作アニメ劇場とも呼ばれる。 最広義には、1969年の『ムーミン』以後の作品を指す(日アニの公式では1975年の『フランダースの犬』以後)。 これまで約26作(数え方によって異なる)が製作・放送され、日本を代表するテレビアニメシリーズの一つとして知られている。すべての作品はフジテレビ系列で毎週日曜日の夜19時30分より本放送されていたため、かつてはフジテレビを代表するアニメ番組と認識されていた時期もある。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaシネマ2014b5

1955年9月14日 126分
  あしながおじさん

第28回アカデミー賞

足ながおじさん [AmazonDVDコレクション]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-03-16)
売り上げランキング: 54,810


スタッフ
原作:ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』
監督:ジーン・ネグレスコ
脚本:フィービー・エフロン、ヘンリー・エフロン
配給:20世紀フォックス

出演者:フレッド・アステア、レスリー・キャロン、テリー・ムーア

1955年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジーン・ウェブスターによる小説『あしながおじさん』をミュージカル映画化した作品である。映画後半、いきなりセットがガラリと変貌するが、その部分のダンス振付は世界的振付家のローラン・プティが担当した。撮影中、主演のフレッド・アステアが愛妻を亡くして乗り切ったエピソードも有名。





ドイツ文学
 📚この冬、ぼくは彼女にキスをしたんだ。(P162)
 車輪の下/ヘルマン・ヘッセ(著) 高橋健二(訳)

いい学校に行くだけが人生か? 

傷つきながらも旅立とうとする君、これを読め。 


車輪の下 (新潮文庫)
車輪の下 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.07.30
ヘルマン ヘッセ
新潮社
売り上げランキング: 31,650


ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通った。だが、そこでの生活は少年の心を踏みにじる規則ずくめなものだった。少年らしい反抗に駆りたてられた彼は、学校を去って見習い工として出なおそうとする……。子どもの心と生活とを自らの文学のふるさととするヘッセの代表的自伝小説。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン大人のエゴが子供をダメにする典型例。何のために勉強して誰のためにやるのか、漠然とした疑問!?思春期に揺れる価値観。子供の心を押しつぶす教育の車輪から逃れようとして、人生の苦難の渦に巻き込まれていく少年ハンスに、著者自身の体験をこめた自伝的小説。ヘッセの詩的な描写が美しい。不朽の名作とは、こういう本である。

原著:ヘルマン・ヘッセ
┣1877年7月2日 - 1962年8月9日。ドイツの作家。両親はキリスト教伝道者。神学校に進むが学校生活になじめず、神経を病み退学。その後も高校を退学、3日で書店を退織職するなど挫折を繰り返す。しかし独学で勉強し、27歳で出した初めての小説『ペーター・カーメンツィント』で成功を収め、有名作家となる。主な作品に『車輪の下で』『デーミアン』。1946年ノーベル文学賞受賞。1962年脳内出血のため自宅で睡眠中に死去。

翻訳:高橋健二
┣1902年9月18日 - 1998年3月2日。ドイツ文学者でヘルマン・ヘッセやエーリッヒ・ケストナー作品の翻訳者として知られる。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『車輪の下』(独語:UNTERM RAD)
ヘルマン・ヘッセの長編小説。1905年に発表された。なお、邦訳本によっては『車輪の下に』や『車輪の下で』と題するものもある。 周囲の人々からの期待を一身に背負い、その軋轢の中で心を踏み潰されていく少年の姿を描く自伝的長編小説。日本では、ヘッセの作中で最も有名な作品の一つである。題名の「車輪」は、主人公の少年ハンスの青年期における多感で繊細な心を無残にも踏み潰す社会や村落の仕組みを表現していると思われる。

ハンスという少年は、天才的な才能を持ち、エリート養成学校である神学校に2位の成績で合格する。町中の人々から将来を嘱望されるものの、進学校の仲間と触れ合ううちに、勉学一筋に生きてきた自らの生き方に疑問を感じる。そして、周囲の期待に応えるために、自らの欲望を押し殺し、その果てに、ハンスの細い心身は疲弊していく。勉強に対するやる気を失い、ついに進学校を退学する。 その後、機械工となり出直そうとするが、挫折感と、昔ともに学んだ同級生への劣等感から自暴自棄となり、慣れない酒に酔って川に落ち溺死したようにも受け取れるが、真相は語られてはいない。





英米文学
 📚その絵を描いたのは、知ってはならない秘密を知った罪深い男だ。(P352)
 月と六ペンス/サマセット・モーム(著) 金原瑞人(訳)

「じゃあ、どうして奥さまを捨てたんです?」

天才画家の情熱の生涯を描く歴史的大ベストセラー。 


月と六ペンス

月と六ペンス (新潮文庫)

限定プレミアムカバー

ある夕食会で出会った、冴えない男ストリックランド。ロンドンで、仕事、家庭と何不自由ない暮らしを送っていた彼がある日、忽然と行方をくらませたという。パリで再会した彼の口から真相を聞いたとき、私は耳を疑った。四十をすぎた男が、すべてを捨てて挑んだこととは――。ある天才画家の情熱の生涯を描き、正気と狂気が混在する人間の本質に迫る、歴史的大ベストセラーの新訳。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコンロンドンでの安定した仕事、温かな家庭、そのすべてを捨て、一路パリへ旅立った四十をすぎた男が挑んだものとは―――。パリで再会した彼の口から真相を聞いたとき、私は耳を疑った。ある天才画家の情熱の生涯を描き、正気と狂気が混在する人間の本質に迫る、英文学の歴史的大ベストセラーの新訳!

原著:サマセット・モーム
┣1874年1月25日 - 1965年12月16日。イギリスの小説家・劇作家。フランスのパリに生れるが、幼くして両親を亡くし、南イングランドの叔父のもとで育つ。ドイツのハイデルベルク大学、ロンドンの聖トマス病院付属医学校で学ぶ。医療助手の経験を描いた小説『ランベスのライザ』(1897)が注目され、作家生活に入る。1919年に発表した『月と六ペンス』は空前のベストセラーとなった代表作である

翻訳:金原瑞人
┣1954(昭和29)年岡山県生れ。翻訳家、英文学者。法政大学社会学部教授。エッセイ『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『サリンジャーに、マティーニを教わった』のほか、ヘミングウェイ『武器よさらば』、モーム『月と六ペンス』、カート・ヴォネガット『国のない男』、アレックス・シアラー『青空のむこう』など訳書多数。芥川賞作家金原ひとみの実父。


英国諜報員アシェンデン (新潮文庫)
サマセット モーム
新潮社 (2017-06-28)
売り上げランキング: 180,493


スパイ小説の先駆にして金字塔。

諜報員でもあった文豪による古典エンターテイメント!


時はロシア革命と第一次大戦の最中。英国のスパイであるアシェンデンは上司Rからの密命を帯び、中立国スイスを拠点としてヨーロッパ各国を渡り歩いている。一癖も二癖もあるメキシコやギリシア、インドなどの諜報員や工作員と接触しつつアシェンデンが目撃した、愛と裏切りと革命の日々。そしてその果てにある人間の真実――。諜報員として活躍したモームによるスパイ小説の先駆にして金字塔。


ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)
サマセット モーム
新潮社 (2015-08-28)
売り上げランキング: 213,651


味わいと企み、機知とユーモア。

英文学屈指の文豪の短篇を新訳。

八篇の極上の物語。


避暑地でダイエット中の中年女性たちの前にスレンダーな女性が現れて巻き起こる仲間割れ。結核療養所での患者同士の結婚式。占領軍のドイツ兵の子を身ごもったフランス人女性の気丈。政治家が精神科医に告白する屈辱的な幻視。カジノで危険な芸をみせて生計を立てる夫婦の悲哀。ヨーロッパを舞台に、味わいと企みと機知とユーモアに彩られた大人の嗜み、その極致八篇を新訳で愉しむ。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence)
1919年に出版されたサマセット・モームの小説。画家のポール・ゴーギャンをモデルに、絵を描くために安定した生活を捨て、死後に名声を得た人物の生涯を、友人の一人称という視点で書かれている。この小説を書くにあたり、モームは実際にタヒチへ赴き、ゴーギャンの絵が描かれたガラスパネルを手に入れたという。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック