FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

新潮社文庫の100冊2019|シビレル本[楽園のカンヴァス/金閣寺/1Q84 BOOK1〈4月-6月〉前編・後編/手のひらの音符/ぼくは勉強ができない/とにかくうちに帰ります/砂の女/青の数学/旅のラゴス]

kage

2019/09/14 (Sat)

img033.jpg

新潮文庫の100冊2019
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2019年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■今年の特典


#キュンタ大作戦

新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、「#キュンタ」で盛り上げて、「純金キュンタしおり」をゲットしよう!

応募方法

一冊買えばもらえる!

「キュンタうちわしおり」

※「キュンタうちわしおり」は「新潮文庫100冊」フェアを開催している全国主要書店でもらえます。
※「新潮文庫の100冊」購入者が対象です。
※「キュンタうちわしおり」は無くなりしたい終了します。

↓ ↓ ↓
キャンペーン公式アカウント
「@shinchobunko」をフォロー

📲撮る!
↓ 
#キュンタタグ付けで写真をSNSに投稿!


Twitter「@shinchobunko」フォロー

Instagram「@shinchobunko」フォロー

↓ ↓ ↓
当たる!
抽選100名様に「キュンタうちわしおり」が当たる!
※当選された方はDMが届きます。
*24K(表面加工)です。

応募締切
2019年9月5日(金)正午まで

締め切り以降の投稿は応募対象外となりますので、ご注意ください。

詳しいことは
「新潮文庫の100冊2019」ページで応募規約を含めて確認!


■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行



大丈夫。きみの悩みは、もう本になっている。この夏を、何冊生きよう。
 ⚡シビレル本

第25回山本周五郎賞受賞作
 📚とうとう、みつけたわね。(P396)
 楽園のカンヴァス/原田マハ(著)

ルソーとピカソが生涯抱えた秘密とは!? 

第25回山本周五郎賞受賞。雑誌「ダ・ヴィンチ」プラチナ本 OF THE YEAR 2012受賞。

王様のブランチBOOKアワード2012大賞受賞。 


楽園のカンヴァス (新潮文庫)
原田 マハ
新潮社 (2014-06-27)
売り上げランキング: 942


ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコンルソーの名画に酷似した一枚の絵。そこに秘められた真実の究明に、二人の男女が真贋判定に挑む。一枚の絵画の謎にじわじわと迫っていく度に味わえる高揚感が凄い。そしてその先にある真実に近づいた時‥そこにある深い想いを知った時グッときて涙が溢れた。絵を描く人の思い(情熱)から始まり、描かれた人、支える人、観る人、買う人、持つ人、研究する人、伝える人、奪う人、守る人‥等々その絵画に関わり魅せられた全ての人々の様々な想い、思惑、思い入れ、情熱‥それらがその時々交錯し作品が持つ力となる。著者の美術への情熱が痛いほど伝わってきた。興奮と感動の傑作アート・ミステリ。

原田マハ
┣1962(昭和37)年、東京都小平市生れ。
┣関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。マリムラ美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。その後フリーのキュレーター、カルチャーライターに。2005(平成17)年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、デビュー。『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞。
┣ペンネームはフランシスコ・ゴヤの「着衣のマハ」「裸のマハ」に由来する。
┣兄は、同じく小説家の原田宗典。

外部リンク
ブログ小説「いつかブライアント・パークで」
森ビルヒルズキャストでのインタビュー記事
原田マハ (@haradamaha) - Twitter
マハの展示室|原田マハ公式ウェブサイト(Maha Harada Official Website)






第8回(1956年) 讀賣文学賞小説賞受賞
 📚寺が寝静まる。私は金閣に一人になる。(P168)
 金閣寺/三島由紀夫(著)

コンプレックス。挫折。美。

23歳の男は、なぜ金閣を炎上させたか。 


金閣寺1

金閣寺 (新潮文庫)

一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇……。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン『金閣寺』は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品です。吃音の悩み、身も心も奪われた金閣の美しさ――昭和25年の金閣寺焼失事件を題材として、放火犯である若い学僧の破減に至る過程を抉る問題作。戦中戦後の時代を背景に、重度の吃音症の宿命、人生との間に立ちはだかる金閣の美への呪詛と執着のアンビバレントな心理や観念が、硬質で精緻な文体で綴られている。それまで三島に対し懐疑的否定的な評価をしていた旧文壇の主流派や左翼系の作家も高評価をし、名実ともに三島が日本文学の代表的作家の地位を築いた作品。

三島由紀夫
┣1925年1月14日-1970年11月25日(45歳没)、東京生れ。
┣1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。
┣主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体、古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。






2009年11月、「BOOK1」と「BOOK2」は第63回「毎日出版文化賞 文学・芸術部門」を受賞
エルサレム賞を受賞
スペイン芸術文学勲章の受勲

2010年本屋大賞の候補に挙がる(10位)
 📚見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつきりです。(前編:P32)
 1Q84 BOOK1〈4月-6月〉前編/村上春樹(著)

Qへの階段。

見かけにだまされないように。現実というのは常にひとつきりです――。

ここは1Q84年、謎に満ちた物語が降りてくる世界。 


1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 23,748


1Q84年──私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン夜空に不思議な月が浮かび、「リトル・ピープル」が棲む1Q84年の世界……深い謎をはらみながら、主人公・青豆と天吾の壮大な物語が始まる。村上春樹さんの長編、覚悟を決めて読み始めた。が、読み出したらするするってあっという間に村上マジックのどつぼに入り込む⁉ 青豆という女性、天吾という男性の2人の視点で物語が進む長編。青豆のほうは暗殺者として、天吾のほうはゴーストライターとして他人にはちょっと言えない道を辿る。自分が知っている現実の1984年とは微妙に違う世界。二人はまだ直接出会ってもいないが、今後どのようにつながっていくのだろうか。


 📚 ひょっとしたら、と彼女は思う、世界は本当に終わりかけているのかもしれない。(後編P105)
 1Q84 BOOK1〈4月-6月〉後編/村上春樹(著)

…『空気さなぎ』、宗教集団さきがけ、リトル・ピープル、そして夜空に浮かぶ月。

謎に満ちた「1Q84年の世界」を生きる天吾と青豆の運命は―。   


1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 6,090


1Q84年──私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン過去のトラウマ、フェミニズム、宗教とか社会のいろいろな問題が描かれていて興味深い。二人とも家庭環境がいびつで成長の過程での悲しみや辛さからの自立心がすごい。青豆と天吾のそれぞれの人柄や生き方に魅了されて、のめり込んでいく。続きはどうなるのか。非現実的であり精神論的であり途中から難しくなってきた。青豆と天吾の章がどういう形で繋がってくるのだろう。謎のリトルピープルの正体も気になる...。話は青豆と天吾がそれぞれ抜き差しならない状況に陥る。いよいよ面白くなってきたぞ♪大人しく3以降もゲットしてこようと思います。

村上春樹
┣1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。
┣1979年、『風の歌を聴け』でデビュー、群像新人文学賞受賞。主著に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞受賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『ノルウェイの森』、『アンダーグラウンド』、『スプートニクの恋人』、『神の子どもたちはみな踊る』、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』など。『レイモンド・カーヴァー全集』、『心臓を貫かれて』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『ロング・グッドバイ』など訳書も多数。
村上春樹新聞


Arikaシネマ2014b1

村上春樹の12作目の長編小説。書き下ろし作品である。装丁は新潮社装幀室。装画は(C)NASA/Roger Ressmeyer/CORBIS1⃣。2012年4月から6月にかけて、BOOK1、BOOK2、BOOK3がそれぞれ前編と後編とに分け、全6冊として新潮文庫より出版され、結局、全巻ミリオンセラーを記録した。


1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉前編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫)

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫)
心から一歩も外に出ないものごとなんて、この世界には存在しない―君たち二人の運命が、ただの成り行きによってここで邂逅したわけではない。君たちは入るべくしてこの世界に足を踏み入れたのだ。この1Q84年に。…雷鳴とどろく夜、青豆はさきがけのリーダーから「秘密」を明かされる。天吾と父親の宿命的な再会、そして猫の町。二人が迷いこんだ世界の謎はまだ消えない。

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)
青豆に言わなくてはならないことがいくつもあった。しかし今ここで天吾にできるのは、ただ名前を口にすることだけだ。青豆、と彼は呼びかけた。それから思い切って手を伸ばし、空気さなぎの中に横たわっている少女の手に触れた。…天吾と青豆、空に二つの月が浮かぶ1Q84年の世界で、二人はもう一度めぐり逢えるのか。深い森の中へ分け入るように、物語は続いて行く―。

1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉前編 (新潮文庫)
青豆は「さきがけ」のリーダーが最後に口にした言葉を覚えている。「君は重い試練をくぐり抜けなくてはならない。それをくぐり抜けたとき、ものごとのあるべき姿を目にするはずだ」。彼は何かを知っていた。とても大事なことを。―暗闇の中でうごめく追跡者牛河、天吾が迷いこんだ海辺の「猫の町」、青豆が宿した小さき生命…1Q84年、混沌の世界を貫く謎は、はたして解かれるのか。

1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫)
その誰かは、そこにあるものが本当にあることを確認するために、彼の幅広い手をいっそう強く握りしめた。長く滑らかな指、そして強い芯を持っている。青豆、と天吾は思った。しかし声には出さなかった。彼はその手を記憶していた。―青豆と天吾、二人は「物語」の深い森を抜けてめぐり逢い、その手を結び合わせることができるのか。ひとつきりの月が浮かぶ夜空に向かって…。

内部リンク
┣映画資料 |キーワードでひも解く「村上春樹の世界」 の記事リスト(エントリー順)






 📚人はいつだって、知らない間に一生のさよならをしている。(P24)
 手のひらの音符/藤岡陽子(著)

あの人、今頃どこで何をしてるんだろう――。

そう思い出す〈誰か〉がいる、すべての人へ! 


手のひらの音符 (新潮文庫)
藤岡 陽子
新潮社 (2016-08-27)
売り上げランキング: 25,706


デザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。45歳独身、何より愛してきた仕事なのに……。途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、恩師の入院を知らせる電話が。お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。幼馴染の三兄弟、とりわけ、思い合っていた信也のこと。〈あの頃〉が、水樹に新たな力を与えてくれる――。人生に迷うすべての人に贈る物語!

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン46歳、独身、もうすぐ無職。人生の岐路に立ったデザイナーの水樹は〈もう一度会いたい人〉を思い出した――。好きな仕事を失いそうになっている主人公の水樹の現在から始まり、話は子供時代からの大切な幼馴染たちとの日々の回想へ。そして世界中で唯一最強の味方の母に対する思いも新たに確認した。 辛いことの方が多かった中で、きらりとこぼれる光に満ちた思い出が宝物のように心に残る。日々の雑事に埋もれてしまいがちな根っこの部分。そんなことを改めて思う。 母や同僚、悠人の言葉が染み入って、終盤温かい涙が。気づけば涙が止まらない長編小説。ハッピーエンドはいいな。

藤岡陽子
┣1971年7月21日、京都生れ。
┣小説家、看護師。
┣同志社大学文学部卒業。報知新聞社にスポーツ記者として勤務。退社後、タンザニア・ダルエスサラーム大学に留学。帰国後、大阪文学学校(夜間部)に通いながら、小説を書いては投稿する日々を続けるが落選が続く。29歳の時に新人賞の最終候補に残るが、その後結婚し、出産したことで小説を書く余裕を無くしてしまう。また、経済的に夫に依存することに不安を感じ、慈恵看護専門学校を卒業して、看護師資格を習得。小説を書きたいという気持ちは依然として強かったため、2006(平成18)年、再び大阪文学学校(昼間部)で学び、同年「結い言」で北日本文学賞選奨を受賞。’09年『いつまでも白い羽根』でデビュー。2017年時点では、京都市内の脳外科に勤務。






映画『ぼくは勉強ができない』(1996年)出演:鳥羽潤/山口沙弥加/高橋和也
 📚でも、おまえ、女にもてないだろう。(P22)
 ぼくは勉強ができない/山田詠美(著)

どこかクールでカッコいい。

そんな男子高生が、退屈な学校にくらわすパンチ。 


ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
山田 詠美
新潮社
売り上げランキング: 3,051


ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ――。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン勉強よりも、もっと素敵で大切なことがあると思うんだ。退屈な大人になんてなりたくない。17歳の秀美くんが元気溌剌な高校生小説。自分の原点は父親が居ないことにある、と語る秀美。彼はそれゆえ決めつけられることと憐れまれることが嫌いだ。 彼は、それゆえ学力の高さとは異なる頭の良さ、考え方や価値観などの「人間そのもの」がより重要なことを知っている。秀美は勉強出来ないかもしれないけど、地頭はいいよね。 秀美が時折感じている「自分は他の人と違う」意識は私も昔から持っていて、だけどその思考こそが「平凡」であることに気付かされた。 勉強しか出来ない男より勉強は出来なくても女の子にモテる男のほうが魅力的なのはすごくわかる。 「女にモテる」とか、「いい顔をしてる」とかは、その人の内から溢れ出るものに起因することで、彼なりの判断基準なのだろう。 彼は普通の高校生で、日々の色んな所から感じ取り悩み学び成長していく。同じ日々の反芻のようで同じ日は一日もない。僕も社会人の日々に忙殺されてないで、日々を見ようと思った。ただ、この本を読んだ人が、「じゃあ私も勉強できなくていいやー」ってならないでほしいと思います。 勉強はできるに超したことはないですよ、もちろんガリ勉はダメですけど将来なにかに興味を持ったときにそれを行う力になるものの一つが勉強で得たものだと思います。秀実は、最後に気がついていますけど、作者もそこは伝えたかったのではないでしょうか。とても読みやすく、すぐ話に引き込まれました。一つ一つの言葉に共感でき、楽しみながら読むことができました。私の高校生の頃は、この主人公のような感じの生徒はあちこちに存在していたと思う。勉強はできないが健全だった高校時代を思い出した。

山田詠美 
┣1959年〈昭和34年〉2月8日東京生れ
┣小説家、漫画家。愛称は、ポンちゃん。
┣明治大学文学部中退。1985年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。1987年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。さらに、1989(平成元)年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、1991年『トラッシュ』で女流文学賞、1996年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、2005年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞を受賞する。他の著書に『ぼくは勉強ができない』『PAY DAY!!!』『ライ麦畑で熱血ポンちゃん』『無銭優雅』『学問』『タイニーストーリーズ』『ジェントルマン』等多数。現代を代表する人気作家である。

Arikaシネマ2014b5

劇場公開日:1996年6月8日
 ぼくは勉強ができない 



link09_c1.gif 

内部リンクD01-g031.gif
映画「ぼくは勉強ができない」(1996) 

----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
[作家自作を語る] 山田詠美『ぼくは勉強ができない』|新潮社
山田詠美『ぼくは勉強ができない』名言11選
山田詠美 小説「ぼくは勉強ができない」名 ...- NAVER まとめ
ぼくは勉強ができない(山田詠美)|新しい「古典」を読む ...






2018年第10回エキナカ書店大賞候補
 📚屋根は、すばらしい。(P165)
 とにかくうちに帰ります/津村記久子(著)

宮部みゆき、西加奈子、強力推薦! 

働き、悩み、それでも歩く人々の思いをつめた小説集。 


とにかくうちに帰ります (新潮文庫)
津村 記久子
新潮社 (2015-09-27)
売り上げランキング: 111,834


うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい――。職場のおじさんに文房具を返してもらえない時。微妙な成績のフィギュアスケート選手を応援する時。そして、豪雨で交通手段を失った日、長い長い橋をわたって家に向かう時。それぞれの瞬間がはらむ悲哀と矜持、小さなぶつかり合いと結びつきを丹念に綴って、働き・悩み・歩き続ける人の共感を呼びさます六篇。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコンうちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように。豪雨による帰宅困難者の心のざわつきを愛情込めて描く表題作ほか、共感ほとばしる全六編。ありふれた日常の、こういう人いるよね、こういうことあるよね、を丁寧に描いた小説。前半は職場の小さなことを丁寧に拾った超短編。後半の表題作は豪雨の中を苦労しながら帰宅する話、と言っては身もふたもないが、終業前に帰宅するか、させるかは悩むところだ。バスはすでに満員で乗れず、びしょ濡れでやっとたどり着いた駅では電車が運行停止して回復の目処がつかない。何回か覚えがある。職場のあるあるや、何気ない日常には共感できて、「職場の作法」はそこそこ面白く読むことができた。この本の登場人物たちは、″いい人″が多い。人間らしさのある、″いい人″。豪雨の中、帰宅困難になった人達が家を目指す表題作もよかったけど、小さな会社で働く事務員達の、地味だけどじわじわ可笑しい連作短編が本当に好き。主人公の鳥飼さん、その同僚の田上さんと浄之内さん、皆愛すべき人達だった。彼女達の物語をずっと読んでいたいw 解説の西加奈子さんの「ドラマティックとされる瞬間や出来事は現れないけれども、でもそれらと同じ熱量で日常に光を当てている」という説明にとても納得した。ドラマの物語からはほど遠い自分のこの現実の人生を、まさに西さんが解説してくれている通り、「悪くないんじゃないか」と思わせてくれる。

津村記久子(つむら きくこ)
┣1978(昭和53)年1月23日 、大阪府大阪市生まれ。
作風・人物
┣自身の会社員生活の経験を元に、働く人々や女性を描いた作品が多い。
┣大阪在住であり、近畿地方を舞台にした作品、関西弁を話す登場人物も多く描かれる。
┣スポーツ観戦が趣味で、海外サッカーやロードレース、フィギュアスケートのファンである。
┣1978(昭和53)年大阪市生まれ。2005(平成17)年「マンイーター」(のちに『君は永遠にそいつらより若い』に改題)で太宰治賞を受賞してデビュー。兼業作家として、会社から帰った後、睡眠を二回に分けてその合間に小説を執筆していた。’08年『ミュージック・ブレス・ユー!!』で野間文芸新人賞、’09年「ポトスライムの舟」で芥川賞、’11年『ワーカーズ・ダイジェスト』で織田作之助賞を受賞。’12年、10年半勤めた会社を退職し、専業作家となる。
筑摩書房|著者インタビュー
e-hon|著者との60分
楽天ブックス|著者インタビュー






第14回(1962年) 讀賣文学賞小説賞受賞
 📚欠けて困るものなど、何一つありはしない。(P103)
 砂の女/安部公房(著)

来る日も来る日も砂・砂・砂……。 

砂の女 (新潮文庫)
砂の女 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.08.09
安部 公房
新潮社
売り上げランキング: 1,856


砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男を穴の中にひきとめておこうとする女。そして、穴の上から男の逃亡を妨害し、二人の生活を眺める村の人々。ドキュメンタルな手法、サスペンスあふれる展開のうちに、人間存在の極限の姿を追求した長編。20数ヶ国語に翻訳されている。読売文学賞受賞作。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン新種の虫を探しに砂丘へと出かけた男が、滞在した部落で村の女と深い砂穴の底に埋もれていく一軒家に故なく閉じ込められ、あらゆる方法で脱出を試みる男を描いた物語。サスペンスフルな展開に引き込まれ、気づけば砂という不思議な存在に魅せられている。自由という言葉の本質に迫った、砂穴よりも深く、砂よりも密な一冊。さすが世界20数カ国語に翻訳紹介された名作。人間の本質がよく描かれており、終わり方に少しゾッとした。

安部公房(つむら きくこ)
┣1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日(68歳没)
┣小説家、劇作家、演出家。
┣東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
┣主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (芥川賞受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補と目された。
┣デジタル版 日本人名大辞典+Plus『安部公房』 - コトバンク
「安部公房とわたし」の真実 - 東洋経済
安部公房 - NHK人物録






ライトノベル
 📚―やり続ければ、いつか届く。(P16)
 📚大雪の中、彼女の上にだけ数字が降っていた。(P8)

 青の数学/王城夕紀(著)

その数式(まほう)が、君の青春を変える。 

青の数学 (新潮文庫nex)
王城 夕紀
新潮社 (2016-07-28)
売り上げランキング: 42,127


雪の日に出会った女子高生は、数学オリンピックを制した天才だった。その少女、京香凜(かなどめかりん)の問いに、栢山(かやま)は困惑する。「数学って、何?」――。若き数学者が集うネット上の決闘空間「E2」。全国トップ偕成高校の数学研究会「オイラー倶楽部」。ライバルと出会い、競う中で、栢山は香凜に対する答えを探す。ひたむきな想いを、身体に燻る熱を、数学へとぶつける少年少女たちを描く青春小説。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン雪の日に出会った女子高生は、数学オリンピックを制した天才だった――。数学に高校生活のすべてを賭す少年少女たちを描く、熱く切ない青春長編。「数学にたった一人で挑んでいるのが、自分一人ではないと知るためだ。」「この数日間の風景が、いつか君を救うだろう。夜の底で。」一人でやっているのは、自分一人ではない。心に残るセリフでした。 答えのない世界でもがく登場人物が描かれてはいましたが、やや物足りない印象。 「数学とは何か」「なぜやり続けるのか」という問い。 主人公の栢山を始め,天才少女京や数学の恩師柊、十河の挫折、新開の葛藤等、登場人物の心象がはっきりとは描かれずに終わってしまった印象。彼らそれぞれの彼らなりの声が聞きたいと思った。P16の次の数字は「11221131132111311231」、チョコレートの問題、面白かった! 理解できたのは所詮ここまで…。高校の頃、数学の先生が「数学は答えは一つでも、そこに辿り着く方法は一つではない。ロマンだ。」と、熱く語っていたのを思い出しました。数学に魅了された彼ら。ここまで夢中になれるって羨ましい。いい青春してるな。

王城夕紀(おうじょう ゆうき)
┣1978(昭和53)年、神奈川県生れ。
┣小説家。ファンタジーやSFに分類される作品を得意とする。
┣早稲田大学第一文学部卒業。2014(平成26)年、「天の眷族」でC・NOVELS大賞特別賞を受賞。同作を『天盆』と改題し、デビュー
。他の著書に『マレ・サカチのたったひとつの贈物』などがある。座右の銘は「朴魯なるにしかず」。
C★NOVELS公式サイト 受賞時エッセイ(2014年7月)
王城夕紀 (@yukiojo2014) - Twitter


青の数学2: ユークリッド・エクスプローラー (新潮文庫nex)
王城 夕紀
新潮社
売り上げランキング: 95,621


数式(まほう)は解け、僕の青春が始まる。

数式(まほう)は解け、僕の青春が始まる。数学オリンピック出場者との夏合宿を終えた栢山は、自分を見失い始めていた。そんな彼の前に現れた偕成高校オイラー倶楽部・最後の一人、二宮。京香凜の数列がわかったと語る青年は、波乱を呼び寄せる。さらに、ネット上の数学決闘空間「E2」では多くの参加者が集う“アリーナ”の開催が迫っていた。ライバル達を前に栢山は……。数学に全てを賭ける少年少女を描く青春小説、第2弾。






 📚旅をすることがおれの人生にあたえられた役目なんだ。(P104)
 旅のラゴス/筒井康隆(著)

旅をすることがおれの人生にあたえられた役目なんだ。

集団転移、壁抜けなど不思議な体験を繰り返し、

二度も奴隷の身に落とされながら、

生涯をかけて旅を続ける男・ラゴスの目的は何か? 


旅のラゴス (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社
売り上げランキング: 4,704


北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン集団転移、壁抜けなど不思議な体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅を続ける男・ラゴスの目的は何か? ラゴスが旅する町は、どこも独特の香りと空気の肌触りを感じる。一方で現代、町の均質化を感じる。どちらが良いとかないけれど、前半戦で結構お腹いっぱい。ひたすら旅を続けるラゴスは人間的に魅力的であったが、何とも言えない読後感が…ちょっと期待し過ぎた感。でもやはり旅欲は刺激されたしワクワクしたし旅の終わりは切ない。普段あまり馴染みのないSFファンタジーのジャンルだったのも新鮮でした。

筒井康隆
┣1934(昭和9)年、大阪市生れ。
┣小説家、劇作家、俳優
┣同志社大学卒。1960年、弟3人とSF同人誌〈NULL〉を創刊。この雑誌が江戸川乱歩に認められ「お助け」が〈宝石〉に転載される。1965年、処女作品集『東海道戦争』を刊行。1981年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989(平成元)年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年、『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1996年12月、3年3カ月に及んだ断筆を解除。1997年、パゾリーニ賞受賞。2000年、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。2002年、紫綬褒章受章。2010年、菊池寛賞受賞。2017年、『モナドの領域』で毎日芸術賞を受賞。他に『家族八景』『敵』『銀齢の果て』『ダンシング・ヴァニティ』『アホの壁』『現代語裏辞典』『聖痕』『世界はゴ冗談』など著書多数。


Arikaシネマ2014b1
  旅のラゴス

著者:筒井康隆
イラスト:野原幸夫(徳間書店版)/影山徹(新潮文庫版)
発行日:1986年9月30日(単行本)/1989年7月15日(徳間文庫)/1994年3月1日(新潮文庫)
発行元:徳間書店/新潮社
ジャンル:サイエンス・フィクション/ファンタジー小説

『旅のラゴス』(たびのラゴス)は、筒井康隆の長編小説。SF雑誌『SFアドベンチャー』に1984年4月号から1986年6月号にかけて連作形式で不定期連載され、1986年に徳間書店より単行本が刊行された。その後、1989年に徳間文庫に収録、1994年に新潮文庫版が出版された。

新潮文庫版は刊行以来、毎年3,000から4,000冊売れるロングセラーだったが、2014年頃より増刷10万冊を超えるヒットになった。出版社の新潮社は原因不明の謎のヒットと呼んでいる1⃣。この現象は『日本経済新聞』(2015年4月15日)にも取り上げられた2⃣

新潮社の編集者の調査によれば、Twitterで広まっていた「スタジオジブリが『旅のラゴス』のアニメ化を筒井康隆に持ちかけたが、筒井が断った」というデマが発端で、そのデマを元に書店でポップに立てた人がいて、それをきっかけに売れ始めたという。筒井本人はアニメ化は歓迎とコメントしている3⃣

----------------------------------------------------------------------------------------
脚注|旅のラゴス(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1⃣・「謎のヒットに注目集まる 筒井康隆『旅のラゴス』が売れています! | 新潮文庫メール アーカイブス」新潮社2015年4月22日
2⃣ ・“筒井康隆「旅のラゴス」 発売後20年、謎のヒット”. 日本経済新聞. (2015年4月15日) 2018年3月26日閲覧。
3⃣・”スタジオジブリからのアニメ化の申し出を断った”?『旅のラゴス』はフェイクニュースで得をしていた! 筒井康隆×塩田武士『騙し絵の牙』対談【後編】|ダ・ヴィンチ (2017年12月8日). 2018年3月27日閲覧。

外部リンク
筒井康隆 (@TsutsuiYasutaka) - Twitter
笑犬楼大通り 2008年(平成20年)6月24日オープン。
  ┣笑犬楼大通り 偽文士日碌 - 筒井の"ブログ"
特別インタビュー筒井康隆の紫福談 ま、今日も笑って一服 - 愛煙家通信Web版・喫煙文化研究会



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック