FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」 (1985年-1995年|初回放映)

kage

2019/08/08 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

海外ドラマ

★“真のホームズ”と絶賛されたジェレミー・ブレット主演の英国グラナダ版

アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズシリーズ」を原作とする、英国グラナダTV製作のテレビドラマである。

主演のジェレミー・ブレットの死により、全原作を映像化できなかったものの、原作を忠実に映像化した本シリーズ。

小説のファンにも受け入れられ、真の「シャーロック・ホームズ」と世界中のホームズファンから絶賛され、定評がある。

 シャーロック・ホームズの冒険

📺日本国内での放送
日本ではNHKにおいて吹き替え版が製作され、1985年から1995年にかけて初回放映、その後何度も再放送された。放送枠の都合上、すべてのエピソードで5分ほどのカットが行われている。このため、ホームズがコカイン依存症であるなど重要なシーンが抜け落ちている。また、後にノーカット版のソフト化が行われた際、カットされたシーンの吹き替えを新たに取り直す必要に迫られることになった。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
オリジナル版
原作:サー・アーサー・コナン・ドイル
製作:マイケル・コックス/ジューン・ウィンダム・デービス
脚本:ジョン・ホークスワース/ジェレミー・ポール/デレク・マーロウ/アラン・プレーター/リチャード・ハリス/トレバー・ボウエン他多数
演出:ポール・アネット/ピーター・ハモンド他多数
音楽:パトリック・ゴワーズ
制作:英グラナダ・テレビジョン

NHK日本語版
翻訳:額田やえ子(「サセックスの吸血鬼」のみ宇津木道子)
演出:蕨南勝之
制作:テレシス

E13-b043.gif
外部サイト
シャーロック・ホームズの冒険データベース
シャーロック・ホームズの冒険 | AXNミステリー
シリーズ最高傑作『シャーロック・ホームズの冒険』の秘密を紐解く!


----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
シャーロック・ホームズ:ジェレミー・ブレット(声:露口茂〈追加収録:諸角憲一〉)
┣世界で最も高名な探偵。常に知的刺激を求めることが最優先とし世間的には変人の類である。風変わりな事件の捜査には寝食を惜しんで当たるが、何事もなく退屈をもてあますとワガママになって荒れ、コカインに手を出す悪癖を持つ(NHK放映版では負の側面がほぼ全てカットされている)。本質は騎士道精神に満ちあふれた礼儀正しい紳士で友情にも非常に厚い。相棒のワトスンに人間的に全幅の信頼を置いている(知性に関してはその限りでない)。趣味でバイオリンの演奏をするときもある。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジョン・H・ワトスン
👤第1・2シリーズ:デビッド・バーク(声:長門裕之〈追加収録:金尾哲夫/立木文彦〉)
👤第3シリーズ以降:エドワード・ハードウィック(声:福田豊土〈追加収録:園江治/宝亀克寿〉)
┣ホームズの同居人かつ唯一無二の親友であり、話の語り手である医師。インドでの軍医経験があるが負傷して帰国し、友人を介してホームズと知り合う。奔放なホームズに悩まされることも多いが、常に友情と尊敬の念で彼を見守る。ホームズ曰く最高の相棒である。なお、原作よりは多少推理力・観察力が鋭くなっている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハドスン夫人:ロザリー・ウィリアムズ(声:竹口安芸子)
┣ホームズが下宿するベーカー街221Bの家主。奔放な下宿人に相当手を焼いている。とは言えホームズの金払いの良さ、また彼が尊敬できる人物であることから、母のような立場で彼を見守っている。事件解決のためホームズが仮病を使った時、朝まで帰ってこなかった時などは心底から心配している描写が見られ、本作の人間関係の暖かさを象徴している。後に発売されたDVD完全版でも、引き続き竹口本人が追加吹替を行っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レストレード警部:コリン・ジェボンズ(声:川辺久造)
┣ロンドン警視庁(通称スコットランド・ヤード)の警部。ある時はホームズに敵愾心を燃やして対抗し、ある時は目の前でホームズの才能を見せ付けられて賛嘆する。役人らしく尊大なところはあるが、自分の手に余る難事件の相談をもちかけにベーカー街の2人を訪ねることもある。ホームズが名声に興味を示さない気質のために、事件解決の手柄を譲り受けている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブラッドストリート警部:ブライアン・ミラー(声:村越伊知郎)/デニス・リル(声:小林勝彦/上田敏也)
┣スコットランド・ヤードの警部。行動的で標準的な捜査を行う。ホームズには協力的で一定の敬意を払っているが、時として行動を諌めたり諫言したりすることもある。「青い紅玉」ではブライアン・ミラーが、「ブルースパーティントン設計書」と「マザランの宝石」ではデニス・リルが務めている(吹き替えは「ブルース〜」が小林、「マザラン〜」は上田が担当)。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイクロフト・ホームズ:チャールズ・グレイ(声:松村達雄:9話/それ以降:久米明)
┣シャーロック・ホームズの兄。ディオゲネス・クラブなるロンドン一風変わりなクラブの創設者の一人。
┣シャーロックよりも頭脳は明晰であるが、行動力がないために探偵には向かないと兄弟は自分達を評している。その頭脳を買われて、英国政府の情報分析や政策決定に深く関わっているとされる。本作においては後述する制作上の事情から登場作数も原作より増えた。演じるチャールズ・グレイの明朗さもあって、割と行動的な好々爺として描かれている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジェームズ・モリアーティ教授:エリック・ポーター(声:南原宏治)
┣シャーロック・ホームズ最大の敵。天才数学者という表の顔を持ちながら、ロンドンひいては欧州の犯罪を影で糸引く怪人物。
┣ホームズの度重なる妨害に業を煮やし、彼の抹殺に乗り出す。本作においては、原作での初登場作となる「最後の事件」以前に放映された「赤毛同盟」において登場する。わずか2話のみの登場ながら、原作の挿絵にもよく似ている風貌のエリック・ポーターの重厚な演技により、いわば急遽登場したホームズの仇敵に恐ろしいまでの現実感が与えられた(吹替の南原の威圧感ある演技も一役買っている)。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 |エ||ピ|ソ|ー|ド|ガ|イ|ド|  
 英国放映版準拠。
 日本で放映順に変化のあった場合は( )内にて。
 海外ではシリーズ名が変化していたが日本では一貫して「シャーロック・ホームズの冒険」

 第1シリーズ/The Adventures of Sherlock Holmes
----------------------------------------------------------------------------------------
■第1話 ボヘミアの醜聞/A Scandal In Bohemia
----------------------------------------------------------------------------------------
近く婚約発表をするボヘミア国王からホームズに、10年前、深い関係にあった女性エレーナから写真を取り戻してほしいという依頼があった。早速、ホームズは写真の在りかを探るため、エレーナに近づくが、思いがけない展開がホームズを待ち受けていた…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第2話 踊る人形/The Dancing Men
----------------------------------------------------------------------------------------
ホームズのもとにキュービット氏が落書きのような踊る人形の絵を持ち込んできた。訳を聞くと、妻エルシーがこれを見て怯えるので、その理由を探って欲しいという。ホームズは人形の絵が持つ意味を解き明かすが、既に事件は起きていた。

#2 踊る人形(字幕版)
#2 踊る人形(字幕版)
posted with amazlet at 19.08.07
(2015-11-06)
売り上げランキング: 25,505


📝暗号解読のシーンはNHK版では放映時間の都合でカットされた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第3話 海軍条約事件/The Naval Treaty
----------------------------------------------------------------------------------------
ワトソンの旧友で外務省の書記官パーシイは、伯父である外相の命令で書き移し中の秘密条約を何者かに盗まれてしまう。助けを求められたワトソンは、ホームズとともに書類を取り戻そうと動き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第4話 美しき自転車乗り/The Solitary Cyclist
----------------------------------------------------------------------------------------
ピアノを教えて生活するバイオレットのもとへ消息不明だった伯父の死を知らせに、伯父の知人カラザースとウッドレーが来た。バイオレットはカラザースの娘の家庭教師となり邸へ行き来する際、不審な男がつけてくることに気づく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第5話 まがった男/The Crooked Man
----------------------------------------------------------------------------------------
マローズ連隊の連隊長バークレー大佐が自宅で変死した。その傍で気を失って倒れていた夫人に嫌疑がかかると、スキャンダルを恐れた副司令官マーフィ少佐はホームズに調査を依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第6話 まだらの紐/The Speckled Band
----------------------------------------------------------------------------------------
朝のベイカー街に結婚を控えた若い女性ヘレンが訪ねて来た。母の遺産を相続する予定の彼女。だが、結婚直前に不審死した姉と同じ目に遭うのではと怯える、その訳とは…。

📝NHK再放送分より、一部語句が不適切な表現として変更されている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第7話 青い紅玉/The Blue Carbuncle
----------------------------------------------------------------------------------------
クリスマス間近のある朝、ピータースン巡査はガチョウと帽子を拾った。しかし、そのガチョウの体内からは伯爵夫人がホテルで盗まれたという大きなブルーダイヤが…。

 第2シリーズ/The Adventures of Sherlock Holmes
----------------------------------------------------------------------------------------
■第8話 ぶなの木屋敷の怪/The Copper Beeches
----------------------------------------------------------------------------------------
バイオレットは職業紹介所でルーキャッスルという男から、その美しい髪を切る代わりにと破格の給料を提示される。ホームズへ相談するも…。やがて彼女から助けを求める電報が届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第9話 ギリシャ語通訳/The Greek Interpreter
----------------------------------------------------------------------------------------
ある晩、メラスは見知らぬ場所に監禁中のギリシャ人の通訳をするはめに。他言すると命はないと脅され解放されるも、同宿のマイクロフトに相談。すると、その弟シャーロックが調査をすることに…。

👤マイクロフト初登場!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■第10話 ノーウッドの建築業者/The Norwood Builder
----------------------------------------------------------------------------------------
材木置場で火事があり、焼死体が見つかる。現場の状況から被害者は建築業者オールデーカーと断定され、被害者の財産を相続する立場にある弁護士マクファーレンが逮捕された。ホームズはマクファーレンに助けを求められるが、事態はかなり不利なもので…。

👤レストレード警部初登場!!
📝原作中の焼死体をめぐる無理のある設定が若干変更されている。
なお、吹き替え版ではレキシントン夫人役で南田洋子が登板し、ワトソン役の長門裕之と夫婦共演となっている。


----------------------------------------------------------------------------------------
■第11話 入院患者/The Resident Patient
----------------------------------------------------------------------------------------
若き医師トレヴェリアンは、ある条件でブレッシントンから開業資金を援助してもらっていた。医院は成功を収めたが、同居するブレッシントンが数週間前から何かに脅え、錯乱状態にあると話を聞いたホームズがブレッシントンに会いに行くと…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第12話 赤髪同盟/The Red-Headed League
----------------------------------------------------------------------------------------
赤毛の質屋ウィルスンは新聞広告に掲載された「赤髪連盟」に応募し、百科事典を書き写すだけで多額の報酬が手に入る仕事を得る。だが、2ヵ月後に突然の解散をした連盟の目的とは?

👤本作では次回の伏線としてモリアーティ教授が登場!

----------------------------------------------------------------------------------------
■第13話 最後の事件/The Final Problem
----------------------------------------------------------------------------------------
【ホームズ死亡による最終回】
犯罪組織の黒幕モリアーティ教授の“絵画盗難計画”を阻止したホームズは、一味に付け狙われることに。ロンドンを脱出したホームズ達は執拗に追いかける教授と遂に対決を…。

 第3シリーズ/The Return of Sherlock Holmes
----------------------------------------------------------------------------------------
■第14話 空き家の怪事件/The Empty House
----------------------------------------------------------------------------------------
ホームズがライヘンバッハの滝で消息を絶ってから3年。密室で射殺された貴族の検死結果を法廷で証言し終えたワトソンが帰宅すると目の前に姿を現したのはホームズだった。

#14 空き家の怪事件
#14 空き家の怪事件
posted with amazlet at 19.08.07
(2015-12-11)
売り上げランキング: 143,934


📝死亡したはずのホームズの帰還を描く
👥ワトスン役がエドワード・ハードウィックに交代。 

----------------------------------------------------------------------------------------
■第15(18)話 修道院屋敷/The Abbey Grange
----------------------------------------------------------------------------------------
修道院屋敷と呼ばれる館の主人ユースタスが殺され、ホプキンズ警部に呼び出されたホームズとワトソン。夫人の証言で犯人が地方一帯を荒らしていたランダル親子と判明するが、事件に疑問を感じたホームズは現場の状況から推理を展開し真実を浮かび上がらせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第16(17)話 マスグレーブ家の儀式書/The Musgrave Ritual
----------------------------------------------------------------------------------------
大学時代の友人で、英国で指折りの名門出身のマスグレーブに招待されたホームズ。ワトソンと連れ立って館に着いた夜、執事が姿を消した。執事は失踪前夜、マスグレーブ家に代々伝わる儀式書を盗み見しており、ホームズは儀式書に何か隠されていると推測する。

📝原作では昔話として語られるのみだが、本作ではワトスンを伴っての訪問中の突発事に変更されている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第17(16)話 第二の血痕/The Second Stain
----------------------------------------------------------------------------------------
公表されると重大な事態になりかねない手紙が、外相の自宅から紛失。首相と外相はホームズに内密の調査を依頼する。ホームズは文書を闇取引する三人の男の存在に目を付けるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第18(19)話 もう一つの顔/The Man with the Twisted Lip
----------------------------------------------------------------------------------------
平和な日常を送っていたネビルが、突然姿を消した。ロンドンの裏街でふと見上げた窓にネビルの姿を見かけた妻は、警察と家を調べる。だが、家の中に夫の姿はなく、物乞いの男ブーンがいただけ。夫人に依頼されたホームズは、手がかりがなく眠れぬ夜を過ごす。

📝邦訳題は「唇のねじれた男」が一般的であるがNHK基準に引っかかったためか変更。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第19(15)話 プライオリ・スクール/The Priory School
----------------------------------------------------------------------------------------
ホールダネス公爵の後継者サルタイア卿が失踪し、プライオリ・スクールのハクスタブル校長はホームズを訪ねるが、そのまま失神してしまう。同じくドイツ人教師も姿を消していることから誘拐事件と思われた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第20話 六つのナポレオン/The Six Napoleons
----------------------------------------------------------------------------------------
夜間の侵入者により、ナポレオン像が破壊される事件が連続発生。3度目の現場には、喉を切られた男性の死体が発見された。レストレード警部から相談を受けたホームズは捜査に乗り出す。全部で六つ存在するナポレオン像を狙う犯人の目的とは?

📝レストレード警部が合流する機会の多いエピソード。
📝テーブルクロス引きをホームズがさりげなく行うシーンがある。


 第4シリーズ/The Return of Sherlock Holmes
----------------------------------------------------------------------------------------
■第21(23)話 悪魔の足/The Devil's Foot
----------------------------------------------------------------------------------------
過労のホームズはワトソンに休養するようコーンワルに連れ出される。だが、ホームズ達を待っていたのは、一夜にして兄妹の1人が死亡し、2人が発狂する奇怪な事件だった。財産問題から家族と離れて暮らし、1人だけ助かったモーティマーに嫌疑がかかる。

👤この時期ジェレミーは降板を考えており、短髪なのはそのためである。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第22話 銀星号事件/Silver Blaze
----------------------------------------------------------------------------------------
競馬レースの本命馬、銀星号の調教師が殺され馬が行方不明に。馬主のロス大佐に捜査を依頼されたホームズは、ワトソンを連れダートムアに赴く。事件当夜、現場近くにいた予想屋に嫌疑がかかるが、ホームズは調教師の遺品から真犯人と馬の行方を推理する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第23(24)話 ウィステリア荘/Wisteria Lodge
----------------------------------------------------------------------------------------
ガルシアというスペイン人にウィステリア荘へ招かれ宿泊したエクルズ。翌朝、目覚めると家はもぬけの殻に。エクルズの依頼でホームズは現地に赴くが、ガルシアは既に殺されていた。ベインズ警部も捜査を進める中、ホームズはある人物に疑惑の目を向ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第24(25)話 ブルース・パーティントン設計書/The Bruce-Partington Plans
----------------------------------------------------------------------------------------
ホームズのもとを兄マイクロフトが訪れる。地下鉄の線路ぎわで死体となって発見された役人が、国家機密である設計図の一部を持っていた。残りの図面を探してほしいと頼まれたホームズは、現場を調べ死体の様子に着目する。事件は国家を危機に陥れる恐れが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第25(21)話 四人の署名/The Sign of Four
(2時間スペシャル:日本初回放送時は放映枠の都合で前後編)
----------------------------------------------------------------------------------------
若くて美しいメアリ嬢がホームズを訪れる。10年前から行方不明の彼女の父、モースタン大尉から新聞広告の連絡を通して毎年1個真珠が届くようになった。そして、今度は会いたいと手紙が…。メアリに同行したホームズ達は財宝を巡る事件に遭遇する。

#25 四人の署名(前・後編)
(2015-12-25)
売り上げランキング: 190,744


----------------------------------------------------------------------------------------
■第26話 バスカビル家の犬/The Hound of the Baskervilles
(2時間スペシャル:日本初回放映時は放映枠の都合で前後編)
----------------------------------------------------------------------------------------
ダートムアの豪族、サー・チャールズ・バスカビルが死んだ。バスカビル家では代々魔犬の祟りがあると言われ、死体の傍には巨大な犬の足跡が…。唯一の相続人サー・ヘンリーの護衛をホームズに託され、館周辺の捜査を始めたワトソンは、怪しい人影を目撃する。

 第5シリーズ/The Casebook of Sherlock Holmes
----------------------------------------------------------------------------------------
■第27話 レディ・フランシスの失踪/The Disappearance of Lady Frances Carfax
----------------------------------------------------------------------------------------
休暇で湖水地方のホテルに滞在中のワトソンは、個性的な女性レディー・フランシスと出会う。彼女の行動が気になったワトソンからの手紙を読んだホームズは彼女に危険が迫っていると察知する。そんな中、ある少佐の講演後、彼女が行方不明に…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第28(29)話 ソア橋のなぞ/The Problem of Thor Bridge
----------------------------------------------------------------------------------------
アメリカ人の大富豪ギブスンの妻、マリアの死体が自宅近くの橋の上で発見され、子供たちの家庭教師グレースが逮捕された。グレースの無実を信じるギブスンに捜査を依頼されたホームズは、彼の豪邸に滞在し手がかりを探し始める。

📝馬車が主流だった時代に、シリーズ初の自動車(1901年型メルセデス)が登場する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第29(28)話 ボスコム渓谷の惨劇/The Boscombe Valley Mystery
----------------------------------------------------------------------------------------
オーストラリア人の農園主、マッカーシーが殺害され息子のジェイムズが逮捕された。ジェイムズの幼なじみで大地主の娘アリスに依頼されたホームズはボスコムへ向かう。やがて、ホームズは両家に隠された過去の秘密を暴き、謎を見事に解き明かしていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第30(31)話 高名の依頼人/The Illustrious Client
----------------------------------------------------------------------------------------
ホームズのもとに匿名の依頼が舞い込む。悪人グルーナーが高名な将軍の令嬢を騙し、結婚しようとする計画を妨げてほしいと言うのだ。周囲の忠告を聞き入れない令嬢を説得すべく、ホームズは男爵の女性遍歴から糸口を掴むが、危険が迫り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第31(30)話 ショスコム荘/Shoscombe Old Place
----------------------------------------------------------------------------------------
名馬ショスコム・プリンセスのオーナー、サー・ロバートの周辺で大レースを前に起こる数々の不審な出来事。サー・ロバートに借金の返済を迫っていたブルーワーが失踪、姉とは絶交状態になり、暖炉からは人骨が…。調教師の依頼でホームズが調査に乗り出す。

👤当時19歳のジュード・ロウが出演している。
ジュード・ロウはその後ガイ・リッチー版シャーロック・ホームズでワトスンを演じた。 


----------------------------------------------------------------------------------------
■第32話 這う人/The Creeping Man
----------------------------------------------------------------------------------------
有名な自然科学者プレスベリ教授の令嬢は、婚約者で教授の秘書でもあるベネットを通じてホームズに捜査を依頼。深夜に3階の窓から何者かが覗いていたというのだ。ホームズは教授の動向に着目する。その頃、動物園では大型のオス猿が盗まれる事件が続発し…。

📝原作での無茶な設定を怪奇趣味を施すことで映像化している。


 2時間スペシャルシリーズ
----------------------------------------------------------------------------------------
■第33(34)話 犯人は二人/The Master Blackmailer
----------------------------------------------------------------------------------------
クロフト老婦人の孫息子二人は、ある恐喝者によって破滅させられた。夫人は同様の被害者が出ないようにとホームズに捜査を依頼。やがて、ホームズは犯人に辿り着き、ゆすりの手口も把握するが…。そんな折、結婚を間近に控えた令嬢がホームズに助けを求める。

📝シリーズ唯一のホームズのキスシーンが見られる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第34(33)話 サセックスの吸血鬼/The Last Vampyre
----------------------------------------------------------------------------------------
かつて、吸血鬼と噂されたサンクレア卿の酷い所業に耐えかねた村人達は、その一族を焼き殺した。100年後、子孫というストックトンが現れ、村人達は報復に慄く。さらに変死事件が続発。緊迫した状況を憂慮した牧師メリデューからの相談で、ホームズ達は村に向かう。

📝同名原作を元にしてはいるが脚色が多い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第35話 未婚の貴族/The Eligible Bachelor
----------------------------------------------------------------------------------------
名門の独身貴族、サイモン伯がアメリカ女性ヘンリエッタと結婚することに。だが、式の当日、花嫁の姿が消えた。ホームズはサイモン伯からの依頼で捜査を始めるが、気乗りせず苦悩する。やがて、サイモン伯の謎に満ちた結婚歴と複雑な人間関係が浮かび上がる。

📝原作「独身の貴族(別題:『花嫁失踪事件』)」を元にした一作。

  第6シリーズ/The Memoirs of Sherlock Holmes
----------------------------------------------------------------------------------------
■第36話 三破風館/The Three Gables
----------------------------------------------------------------------------------------
ホームズが暴漢に襲われ“ハーロウに近づくな”と警告される。そんな折、ハーロウから電報が…。一人暮らしの老夫人に家を買いたいと申し出があったが、不審な点があるので調べてほしいとのことだった。ホームズは最近亡くなった老夫人の孫と関連があると睨む。

📝原作においてホームズが黒人をののしるシーンがあるが(初期の原作では見られなかった差別意識である)、台詞態度とも真摯なものに変更。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第37話 瀕死の探偵/The Dying Detective
----------------------------------------------------------------------------------------
財産家の若き銀行員サベッジの妻が、ホームズに助けを求める。サベッジがいとこのスミスにけしかけられ、麻薬に溺れていくのが心配だというのだ。ホームズ達は館へ行くが、サベッジは熱病で死亡。莫大な遺産がスミスの手に。そして、ホームズも熱病になり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第38(40)話 金縁の鼻眼鏡/The Golden Pince-Nez
----------------------------------------------------------------------------------------
コラム教授の屋敷で、秘書スミスの死体が発見された。難航する捜査に思い余ったホプキンズ警部はホームズに相談。ホームズは多忙なワトソンの代わりに兄マイクロフトを同行させる。被害者の手にあった金縁の鼻眼鏡とスミスの死に際の一言は矛盾していて…。

👤ワトスン役のハードウィックのスケジュールの都合でマイクロフトが三度登場⁉

----------------------------------------------------------------------------------------
■第39(38)話 赤い輪/The Red Circle
----------------------------------------------------------------------------------------
ハドスン夫人は下宿屋を営むウォレン夫人から相談を受ける。イタリア系の男が高額で部屋を借りにきたが、部屋にこもったきり出て来ず、筆談で用事を済ませるというのだ。話を聞いたホームズが調べた結果、世界的政治結社の名が浮上、思わぬ事件へと発展する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第40(41)話 マザランの宝石/The Mazarin Stone (with The Three Garridebs)
----------------------------------------------------------------------------------------
ホワイト・ホール美術館からマザランの宝石が盗まれた。ハイランド地方に出かけているホームズに代わり、兄マイクロフトが捜査を開始する。犯人の見当はついているものの、確証がなく…。一方、ワトソンは旧師ガリデブの妹たちからある相談を持ちかけられる。

📝戯曲を書き直した原作に、「三人ガリデブ」を組み合わせて映像化されたもの。
👤ジェレミーが発作を起こし撮影直前に入院したため、登場シーンはマイクロフトに変更され、冒頭と終盤のジェレミーの出演は別撮りである。なお日本ではこのエピソードが最終話となった。

----------------------------------------------------------------------------------------
■第41(39)話 ボール箱/The Cardboard Box
----------------------------------------------------------------------------------------
スーザン・クッシングのもとにクリスマス・プレゼントが届いた。だが、ボール箱の中に入っていたのは、切り取られた二つの人間の耳。警察からの依頼で捜査を開始したホームズは耳の状態から殺人と推測。スーザンの二人の妹と事件との関連性に目を向ける。

👤復帰したジェレミー演じる最後のホームズである。


----------------------------------------------------------------------------------------
外部リンク
ドイル アーサー・コナン:作家別作品リスト(青空文庫)
英国政府観光庁 - アーサー・コナン・ドイルゆかりの地
原文著作集



---------------------------------------------------------------------------------------

DVD.png

世界中のホームズファンが絶賛するTVドラマ「シャーロックホームズの冒険」が世界初のブルーレイで登場

シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2012-12-04)
売り上げランキング: 2,882


1984年からイギリスで製作が開始された「シャーロック・ホームズの冒険」は、1985年からNHKで放送開始。今なお、最も原作に近い映像作品として世界中のファンから称賛を浴びている。今回のBD-BOXに収録されるのは、ファンに好評を博すノーカット英国オリジナル版。

世界初のブルーレイ化で、不朽の名作が鮮やかな映像で蘇る!吹替えには、マニアにはたまらないNHK放送版(露口茂&長門裕之)を収録! ※NHK放送時にカットされていた映像部分には、日本語吹替えを追加収録。

★映像はノーカットの英国オリジナル版を待望のHD収録!
★日本語吹替えには、人気のNHK放送版を使用。*NHK放送時にカットされていた映像部分にも、日本語吹替えを追加収録(声優は一部NHK放送版とは異なります)。
★英語字幕収録
★BD-BOXは12枚組のコンパクト仕様
★豪華特製ブックレット付き

【収録内容】
全41話収録+特典映像



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック