FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

新潮社文庫の100冊2019|考える本③|メディアミックス作品(日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―)

kage

2019/09/18 (Wed)

img033.jpg

新潮文庫の100冊2019
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2019年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■今年の特典


#キュンタ大作戦

新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、「#キュンタ」で盛り上げて、「純金キュンタしおり」をゲットしよう!

応募方法

一冊買えばもらえる!

「キュンタうちわしおり」

※「キュンタうちわしおり」は「新潮文庫100冊」フェアを開催している全国主要書店でもらえます。
※「新潮文庫の100冊」購入者が対象です。
※「キュンタうちわしおり」は無くなりしたい終了します。

↓ ↓ ↓
キャンペーン公式アカウント
「@shinchobunko」をフォロー

📲撮る!
↓ 
#キュンタタグ付けで写真をSNSに投稿!


Twitter「@shinchobunko」フォロー

Instagram「@shinchobunko」フォロー

↓ ↓ ↓
当たる!
抽選100名様に「キュンタうちわしおり」が当たる!
※当選された方はDMが届きます。
*24K(表面加工)です。

応募締切
2019年9月5日(金)正午まで

締め切り以降の投稿は応募対象外となりますので、ご注意ください。

詳しいことは
「新潮文庫の100冊2019」ページで応募規約を含めて確認!


■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行



大丈夫。きみの悩みは、もう本になっている。この夏を、何冊生きよう。
  考える本
 🎬作品 

エッセー・随筆/茶道
第43回報知映画賞 監督賞 (2018年10月13日に公開『日日是好日』/主演:黒木華
 📚「生きてる」って、こういうことだったのか!(P7)
 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―/森下典子(著)

人生の挫折のなかで発見した、五感で季節を味わう歓び……。

生きる勇気が湧いてくる感動の一冊。 


日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)
森下 典子
新潮社
売り上げランキング: 856


お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる……季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン二十歳の春、お茶に出会えた。就職の悩み、失恋の傷、大切な人との別れ。いつも「お茶」に救われた。「人生のバイブル!」と共感を集めた名エッセイ。どこか清々しくゆったりとした時間の流れを体感しているような、そんなエッセイだった。母が以前お茶を習っていた事もあり、一度だけ私も誘われて、友達と着物を着て近所の先生のお宅に伺った事がある。作法も何も知らずに行ったあの時は、ただただ大変だった記憶しかない。だけど、お茶を通して見える世界の限りない奥深さや、五感全てで四季を感じ味わいながら生活する事の素晴らしさ心の豊かさが、あの空間の中にはあったのだなぁと時を経て気付かされました。それはきっと、最高の贅沢なのかもしれない。 才能がある人がいるかどうかは解らないけど、茶道は心の栄養になるのかな。 雨の章が特に好き。雨の日を好きになりそう。日々是好日。こちらの黒木華は会っているように思います。ちょっと映画を見たくなりました。

(2018年メディアミックス作品)10月13日に映画公開される原作&コミック


森下典子
┣1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を1987年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける。『典奴ペルシャ湾を往く』『前世への冒険――ルネサンスの天才彫刻家を追って』『ひとり旅の途中』『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』『いとしいたべもの』などの著書がある。
Instagram[新潮社「日日是好日」]公式アカウント
森下典子エッセイ おいしささ・え・ら


Arikaシネマ2014b1
 新潮社|書籍一覧まとめ

  五十代、独身、母と二人暮らし。「生き物は飼わない」母娘に、突然舞い降りた猫日和。

猫といっしょにいるだけで (新潮文庫)
森下 典子
新潮社 (2014-10-28)
売り上げランキング: 50,770


五十代、独身、母と二人暮らし。仕事のスランプで切羽詰る日々だった。訪れた神社で「しあわせをください」とつぶやいた翌日、庭の白木蓮の切り株に、彼らは舞い降りた。「猫は嫌いだし、生き物は飼わない」と決めていたが、愛護協会や保健所も頼れない……。やがて始まるにぎやかで、穏やかな日常。『日日是好日』の著者が描く、笑って泣ける猫日和! 『いっしょにいるだけで』改題。


Arikaシネマ2014b5

2018年10月13日公開
 日日是好日

日日是好日
日日是好日
posted with amazlet at 19.08.17
(2019-04-24)
売り上げランキング: 6,038


■映画ストーリー
大学生の典子(黒木華)は、突然母親から茶道を勧められる。戸惑いながらも従姉・美智子(多部未華子)と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさん(樹木希林)の指導を受けることになる。

★映画チェック★
茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイを映画化した人間ドラマ。母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く。メガホンを取るのは『ぼっちゃん』などの大森立嗣。主人公を『小さいおうち』『リップヴァンウィンクルの花嫁』などの黒木華、彼女と一緒に茶道を学ぶ従姉を『ピース オブ ケイク』などの多部未華子、茶道の先生を『わが母の記』などの樹木希林が演じる。

■スタッフ
監督・脚本:大森立嗣
原作:森下典子
音楽:世武裕子
撮影:槇憲治
照明:水野研一
美術:原田満生、堀明元紀
録音:吉田憲義
装飾:田口貴久
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:豊川京子
製作国:日本
製作:「日日是好日」製作委員会
製作幹事・製作プロダクション・配給:ヨアケ
製作幹事:ハピネット
製作プロダクション:ハーベストフィルム
配給:東京テアトル
特別協賛:カジワラ
(シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか)

■キャスト(役柄)
黒木華(典子)
樹木希林(武田先生)
多部未華子(美智子)
原田麻由(田所)
川村紗也(早苗)
滝沢恵(由美子)
山下美月(ひとみ)
郡山冬果(典子の母)
岡本智礼(典子の弟)
荒巻全紀
南一恵
鶴田真由(雪野)
鶴見辰吾(典子の父)







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック