FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

2019年夏、プレミアムドラマ 盤上の向日葵

kage

2019/09/29 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★9月8日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ 盤上の向日葵

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柚月裕子「盤上の向日葵」
脚本:黒岩勉
演出:本田隆一
制作統括:管原浩/渋谷英史
主題歌:ポラリス/鈴木雅之

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 盤上の向日葵

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
上条桂介:千葉雄大
奨励会を経ずにプロになった気鋭の将棋棋士で、六段。タイトル6冠保持者の壬生芳樹との竜昇戦に挑む。長野の諏訪地方で生まれ育ち、貧しい暮らしのために小学生の頃から新聞配達などをして働いていた。10歳の頃、唐沢と出会い、独学で覚えた将棋の手ほどきを受けるようになる。

佐野直子:蓮佛美沙子
埼玉県警所沢北署の地域課に勤務する警察官。元奨励会員で、白骨遺体と共に発見された駒が貴重な品だということを見抜く。将棋に詳しいことを見込まれ、石破と組んで捜査に当たることになる。

石破剛志:大友康平
埼玉県警捜査一課のベテラン刑事。直子と共に、貴重な駒の出所を調べるため全国を旅することに。最初は直子にきつく当たるが、次第に考えを変えていく。

上条庸一 :渋川清彦
桂介の父。諏訪でみ渋川清彦そ職人として働くが、桂介が小学2年生の時に妻を亡くしてからは、酒を飲んでは賭け事で金を使い果たす生活に。息子に満足に食事も与えず、養育を放棄してしまう。

東明重慶:竹中直人
破天荒な将棋の真剣師。異名は“鬼殺しのジュウケイ”。元アマチュアの名人だったが、現在は表舞台に出ることなく賭け将棋で生活している。

唐沢光一朗:柄本明
上条の恩人で、校長まで務め上げ定年退職した元教諭。子ども時代の上条に将棋を教え、妻の美子と一緒にわが子のように世話をし、物心両面で支援した。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
千葉雄大主演。過酷な運命を背負った青年の半生を描く本格ヒューマンミステリー! 
2018年本屋大賞2位の同名小説が原作の本格ヒューマンミステリー。奨励会を経ずにプロとなり、タイトル戦に挑む異端の棋士・上条桂介を、同局連続ドラマ初主演の千葉雄大が演じる。身元不明の白骨遺体と一緒に埋められていた将棋の名駒を手掛かりに刑事たちが真相へと迫っていく過程で、過酷な運命を背負いながら棋士の頂点を目指した青年の半生があぶり出されていく。

元奨励会員の警察官で将棋の知識があることから捜査に加わる佐野直子に蓮佛美沙子、直子とペアを組む埼玉県警捜査一課のベテラン刑事・石破剛志に大友康平が扮するほか、渋川清彦、竹中直人、柄本明ら実力派俳優が脇を固める。


2019夏号:2019年7月1日〜2019年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
平成6年。将棋の奨励会を経ずにプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉雄大)は、タイトル6冠保持者の壬生芳樹(笠松将)との竜昇戦に挑んでいた。同じ頃、山中から白骨遺体が発見され、一緒に埋められていた将棋の駒について、埼玉県警捜査一課の刑事・石破剛志(大友康平)は元奨励会員の経験を持つ警察官の佐野直子(蓮佛美沙子)とコンビを組み、所有者の特定を進める。
さかのぼって昭和47年の長野・諏訪。貧困の日々を過ごす小学生の上条は、教師を定年退職した唐沢光一朗(柄本明)の温かい支援を受け、将棋に魅了されていく。やがて、成長した上条は伝説の真剣師・東明重慶(竹中直人)と出会い、その運命が大きく動きだしていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月8日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/9/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1994年、埼玉の山中で白骨遺体が見つかった。県警刑事・石破(大友康平)と将棋の奨励会を退会して警察官になった佐野(蓮佛美沙子)は遺体と共に埋められた貴重な駒の所有者を捜す。同じ頃、奨励会を経ず実業界からプロ入りした棋士・上条(千葉雄大)は「竜昇戦」でタイトル6冠の壬生(笠松将)に挑む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/9/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1980(昭和55)年。東大生の上条(千葉雄大)は、将棋道場で賭け将棋の真剣師‘鬼殺しのジュウケイ’こと東明(竹中直人)と知り合い、賭け勝負の旅打ちに同行した。1994(平成6)年。上条はかつて訪れた遠野で竜昇戦第3局に挑む。一方、石破(大友康平)と佐野(蓮佛美沙子)は駒を買った人物の情報を得るが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月19日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/9/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
石破(大友康平)は上条(千葉雄大)が父・庸一(渋川清彦)を殺したと推測。だが佐野(蓮佛美沙子)は判断を保留する。一方、遺体が遺棄された頃、IT企業社長の上条が東明(竹中直人)と交流を続けていたと分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月25日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/9/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
遺体の身元が東明(竹中直人)と判明。石破(大友康平)と佐野(蓮佛美沙子)は上条(千葉雄大)をマークするため、竜昇戦最終局の決戦場である山形・天童へ向かう。警察の動きを察した上条は、壬生(笠松将)との対局のさなか、3年前の東明との別れに思いをはせる。当時、病気を患っていた東明は、上条に埼玉・所沢の山へ連れて行ってもらい、そこで命を懸けた真剣勝負を申し入れる。




D10-g019.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック