FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

2019年夏、月曜ドラマ『パパ、はじめました』

kage

2019/10/08 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★9月2日スタート 

BS日テレ 毎週月曜 24:00~24:15

 パパ、はじめました

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:三田卓人/川尻恵太/佐藤満春/森田哲矢
監督:橋本和明
プロデューサー:三田村奈緒子/久保真一郎

E13-b043.gif
外部サイト:パパ、はじめました

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
成瀬光太郎:黒羽麻璃央
大学卒業後に勤めていた不動産会社を半年で辞めてフリーターに。特に夢もなくブラブラ過ごしていたある日、幽霊になった一ノ瀬に、経営していたカフェ「スカイブルー」と一人娘の雛を託される。不器用で料理は苦手だが、その優しい人柄で周囲を温かい気持ちに変える力を持つ。パパになり、人生を変えようと思っている。

上月和泉:植田圭輔
光太郎の幼なじみで、保険の営業のトップセールスマン。ずっと光太郎を思ってきたが、告白できずにいる。恋愛以外は思いついたら即行動する猪突猛進型。今回、思い切って会社を辞めて住み込みで「スカイブルー」を手伝うことを決意。笑顔はかわいいが、うその笑顔であることも多く、キレやすい一面も。

遊佐麗音:水江建太
「スカイブルー」の常連だったミュージシャン。売れない時代、一ノ瀬にいつも朝食をおごってもらっていたため、恩返しをしたいと住み込みでアルバイトをすることに。インディーズではトップだが、なぜ売れているのかと思うほど奇抜な曲を作る。たまによく分からない格言を名言のように言う。

一ノ瀬雛:早坂ひらら
一ノ瀬の一人娘で、7歳の小学2年生。引き取ってもらった光太郎に感謝しつつも、そのどんくささにあきれている。ちょっと生意気で、大人びたことを言っては周囲をドキリとさせることも。両親を失った悲しみを乗り越え、やがて3人と家族になっていく。

一ノ瀬傑:長谷川忍
光太郎のおじさん。不慮の事故で亡くなるが、娘の雛のことが心配で幽霊としてこの世をさまよい続けている。経営していた「スカイブルー」を無事残せることになり成仏したいとも思うが、心が折れそうになる光太郎の夢枕に立っては、叱咤激励を続ける。

篭谷吉平:森田哲矢
消費者金融の借金取り。乱暴者に見えるが情にもろく、取り立ての成績を全く上げられていない。500万円の借金取り立てのため「スカイブルー」を訪れ、最初は3人に怖がられるものの、次第になめられて、そのうち店番なども手伝うように。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
黒羽麻璃央、植田圭輔、水江建太が出演する新感覚の子育てコメディードラマ! 
黒羽麻璃央、植田圭輔、水江建太演じる3人の若者が子育てに奮闘する新感覚のコメディードラマ。千葉の湾岸にあるカフェ「スカイブルー」を舞台に、さまざまなトラブルを持ち込むゲストが登場し、ドタバタ劇が繰り広げられる中で「家族とは何か?」を問いかける。

事故で亡くなった親戚のおじさんの幽霊から、7歳になる娘とカフェを託されたフリーターの成瀬光太郎を黒羽が、その幼なじみの上月和泉を植田が、店の常連ミュージシャン・遊佐麗音を水江が演じる。お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢やシソンヌの長谷川忍らも出演するほか、ゲストには2.5次元舞台などで注目を浴びる人気の若手俳優が週替わりで登場する。


2019夏号:2019年7月1日〜2019年9月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月 日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大学卒業後に勤めていた不動産会社を半年で辞めてフリーターになり、特に夢もなく毎日を過ごしていた成瀬光太郎(黒羽麻璃央)。そんなある日、光太郎の夢枕に、不慮の事故で亡くなった親戚のおじさん・一ノ瀬傑(長谷川忍)が立ち、千葉・袖ケ浦で経営していたカフェ「スカイブルー」と娘の雛(早坂ひらら)を託す。
託されたものの、料理が下手で客に出すハンバーグを黒焦げにしてしまう光太郎。そのピンチに、店の常連だったミュージシャンの遊佐麗音(水江建太)と、光太郎にひそかに思いを寄せる幼なじみの上月和泉(植田圭輔)が救いの手を差し伸べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月2日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/9/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
フリーターの光太郎(黒羽麻璃央)の夢枕に、不慮の事故で亡くなった親戚の傑(長谷川忍)が立ち、千葉・袖ケ浦で経営していたカフェと娘の雛(早坂ひらら)を託す。料理が下手で客に出すハンバーグを黒焦げにしてしまう光太郎。そのピンチに、店の常連だったミュージシャンの麗音(水江建太)と、光太郎にひそかに思いを寄せる幼なじみの和泉(植田圭輔)が救いの手を差し伸べる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月9日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/9/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光太郎(黒羽麻璃央)らが切り盛りするカフェ「スカイブルー」でチキンカレーを食べた客・春川(橋本祥平)が新米ディレクターだと名乗り、テレビ番組で紹介させてほしいと申し出る。麗音(水江建太)は反対するが、和泉(植田圭輔)が借金返済のためだと言い、光太郎も春川の必死な様子に自身を重ね合わせ、引き受けることに。しかし、春川からはいろいろな要望が出されて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月16日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/9/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
和泉(植田圭輔)が3キロのオムライスを30分で完食したら賞金1万円、失敗したら逆に5千円をもらう企画を思いつく。大食いに自信のある光太郎(黒羽麻璃央)も、半分も食べ切れないような量だ。そこに挑戦者が現れ、麗音(水江建太)はその人物が話題のイケメンフードライター・ブラックホール如月(松村龍之介)だと気付く。簡単に平らげた如月に、和泉はリベンジを図るが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月18日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/9/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
麗音(水江建太)から初恋について尋ねられた光太郎(黒羽麻璃央)が思い出話をしていると、初恋の人・みどり(大平峻也)が突然、来店。光太郎は小さい頃、みどりを女の子だと思っていたのだ。ロールキャベツを振る舞うことにした光太郎は、資産家の子であるみどりに借金を頼もうと考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月25日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/9/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長時間「スカイブルー」に居座る大学生・富樫(中村太郎)が、生まれて初めて女性をデートに誘うメッセージに悩んでいると知った光太郎(黒羽麻璃央)達はすっかり応援モード。和泉(植田圭輔)がその長文を縮めて勝手に送信したため、富樫は怒って店を出ていく。だがその後、富樫がOKをもらえたと報告に。麗音(水江建太)がおしゃれにコーディネートし、彼をデートに送り出す。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月1日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/10/08放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
光太郎(黒羽麻璃央)を連れ戻すため、市議会議員を務める父親の秘書・篠原(立石俊樹)がやって来た。押し問答の末、光太郎は実家には帰らないと篠原を追い返す。その夜、寝付けない光太郎と、子どもの頃のことを語り合った和泉(植田圭輔)は「時間をかけてゆっくりパパになればいい」と励ます。後日、再び篠原が現れ、雛(早坂ひらら)の将来のためだとある提案をするが…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック