FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2019年メディアミックス作品)8月24日に映画公開される原作&コミック

kage

2019/08/24 (Sat)

メディアミックス2019

2019年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(8月24日全国公開)

8月24日(土)公開
┣米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:戦争
 米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯   【8月24日公開】

「米軍が恐れた不屈の男」瀬長亀次郎の生涯
佐古 忠彦
講談社
売り上げランキング: 59,791


■内容紹介
全国で大行列、「天声人語」で絶賛された話題の映画を書籍化。「この沖縄の大地は、再び戦場となることを拒否する!基地となることを拒否する!」わがもの顔で闊歩するアメリカ軍に、たった一人で抵抗したカメジローの「魂の言葉」

プロローグ 瀬長亀次郎とは何者だったのか
第1章 沖縄を魅了した演説
第2章 米軍vs.カメジロー
第3章 獄中日記
第4章 「抵抗者」の軌跡
第5章 那覇市長・カメジローの奮闘
第6章 父として、夫として
第7章 国会へ―佐藤首相と対峙
第8章 亀次郎の思想
エピローグ 亀次郎の遺したもの

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1対米従属の独占資本の政治的代理人、亀次郎が当時の首相である佐藤栄作を評した言葉!  
終戦直後、占領下の沖縄で、初めて堂々と米軍にモノを言った伝説の男・瀬長亀次郎。「地球の裏側から来たアメリカは、ぬするれいびんど……泥棒だ!」演説会には10万人を超える人々が集まり、熱狂する。ついに米軍は微罪で亀次郎を逮捕、宮古島の監獄に送るが、奇跡的に生還、那覇市長に当選。市長の任期はわずか1年で終わったが、70年には衆議院議員に当選。佐藤栄作首相とド迫力の論戦を繰り広げた。

2017年夏に公開された映画「米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー」は各地で満員御礼が続出する大反響を巻き起こした。瀬長亀次郎は、終戦直後、米占領下の沖縄で、「沖縄人民党」を率い、初めて堂々とアメリカにモノを言ったとしていまも英雄視される伝説の男だ。全国で唯一、凄惨な地上戦を経て占領され、米軍支配下で息を呑むようにして生活していた沖縄の人々は、亀次郎の演説に快哉を叫んだ。「一握りの砂も。一滴の水も。ぜーんぶ、私たちのものだ。地球の裏側から来たアメリカは、ぬするれいびんど……泥棒だ!」演説会には10万人を超える人々が集まり、米軍の度重なる妨害にもかかわらず亀次郎の言葉に熱狂する。ついに米軍は微罪で亀次郎を逮捕、宮古島の監獄に送るが、奇跡的に生還を果たし、市民の後押しを得て那覇市長に当選した。妨害の連続で市長の任期はわずか1年で終わったが、70年には衆議院議員に当選。佐藤栄作首相に対し、「沖縄は再び戦場となることを拒否する!」とド迫力の論戦を繰り広げた。「伝説の男」の骨太な生涯を描いた感涙の映画が、ついに書籍化。

戦後の沖縄で、米軍の弾圧に負けずに不屈の精神で頑張っていた人だった。那覇市長になってからの米軍の嫌がらせは本当に腹ただしく、2度も市長不信任案可決となって去るときに、勝ったと亀次郎が記したのはすごい。その通りで、米軍は正面から堂々と市長を退かすことはできずに、亀次郎が去ったことでさらに市民は熱狂した。言葉が魅力的で演説で訴える言葉はとても響き、市民に寄り添う人だった。その後は国会で奮闘している。今でも故翁長知事のように瀬長に続く政治家がおり、戦後の沖縄を支えたひとだと思った。亀次郎には、二度ぼれです。 亀さんが復活していまの堕落した議員に喝を入れて欲しい!






■映画ストーリー
カメジローこと政治家の瀬長亀次郎氏は、甚大な被害を出した沖縄戦後も長らくアメリカの占領下に置かれた沖縄の実情を、弾圧に負けずひたすら訴え続け、1990年に議員を勇退して2001年に亡くなる。瀬長氏は、およそ230冊の日記を遺(のこ)しており、そこには家族との日常をはじめ、さまざまなことが書かれていた。

★映画チェック★
『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』の続編となるドキュメンタリー。政治家として名をはせたカメジローこと瀬長亀次郎氏の魅力を、彼が遺(のこ)した日記から浮かび上がらせる。TBSのキャスターとして多くの番組に出演してきた監督の佐古忠彦、音楽の坂本龍一、撮影の福田安美らが前作より続投し、語りを山根基世と俳優の役所広司が務める。


■スタッフ
監督:佐古忠彦
撮影:福田安美
音声:町田英史
編集:後藤亮太
プロデューサー:藤井和史/刀根鉄太
語り:山根基世/役所広司
音楽:坂本龍一/兼松衆/中村巴奈重/中野香梨/櫻井美希

☑映画詳細データ
製作国:日本
配給:彩プロ
技術:カラー(一部モノクロ)/ビスタサイズ/ステレオ
(ユーロスペースほか)

■キャスト(役名)
瀬長亀次郎

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック