FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

新潮社文庫の100冊2019|ヤバイ本③|エッセー、随筆(ミッキーマウスの憂鬱/残るは食欲/本屋さんのダイアナ/月の影 影の海〔上・下〕 十二国記)

kage

2019/09/23 (Mon)

img033.jpg

新潮文庫の100冊2019
文庫フェア


潮文庫『新潮文庫の100冊』。

2019年のテーマ「この感情は何だろう。」

毎年夏になると、出版各社の文庫を紹介したパンフレットが書店に並びます。

これらのパンフレットのなかでも「新潮文庫の100冊」のキャンペーンは、1976年から始まり40年近い歴史があります。

2900余点の新潮文庫の中から編集部が厳選した100点を、「恋する本」「シビレル本」「考える本」「ヤバイ本」「泣ける本」の5テーマに分類しておすすめします。

■今年の特典


#キュンタ大作戦

新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、「#キュンタ」で盛り上げて、「純金キュンタしおり」をゲットしよう!

応募方法

一冊買えばもらえる!

「キュンタうちわしおり」

※「キュンタうちわしおり」は「新潮文庫100冊」フェアを開催している全国主要書店でもらえます。
※「新潮文庫の100冊」購入者が対象です。
※「キュンタうちわしおり」は無くなりしたい終了します。

↓ ↓ ↓
キャンペーン公式アカウント
「@shinchobunko」をフォロー

📲撮る!
↓ 
#キュンタタグ付けで写真をSNSに投稿!


Twitter「@shinchobunko」フォロー

Instagram「@shinchobunko」フォロー

↓ ↓ ↓
当たる!
抽選100名様に「キュンタうちわしおり」が当たる!
※当選された方はDMが届きます。
*24K(表面加工)です。

応募締切
2019年9月5日(金)正午まで

締め切り以降の投稿は応募対象外となりますので、ご注意ください。

詳しいことは
「新潮文庫の100冊2019」ページで応募規約を含めて確認!


■フェアのジャンル項目


恋する本
シビレル本
考える本
ヤバイ本
泣ける本


■アイコンの説明


=受賞作
=映像化
📚=新潮文庫の一行


大丈夫。きみの悩みは、もう本になっている。この夏を、何冊生きよう。
  ヤバイ本


 📚 おまえのミッキーは、俺にまかせておけ。(P233)
 ミッキーマウスの憂鬱/松岡圭祐(著)

バックステージへようこそ! 

史上初! ディズニーランド青春小説! 


ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
松岡 圭祐
新潮社
売り上げランキング: 31,577


東京ディズニーランドでアルバイトすることになった21歳の若者。友情、トラブル、恋愛……。様々な出来事を通じ、裏方の意義や誇りに目覚めていく。秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの〈バックステージ〉を描いた、史上初のディズニーランド青春成長小説。登場人物たちと一緒に働いている気分を味わってみて下さい。そこには、楽しく、爽快な青春のドラマがあるはずです。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン秘密のベールに包まれた巨大テーマパーク。その〈裏舞台〉で働く新人バイトの三日間を描く、夏休みに読みたいディズニーランド青春成長小説。夢と魔法の王国の末端のスタッフとして、働き始めた後藤君(21)。ゲストとしてインパークしていた時と違う、ディズニーの現実を目の当たりにする。 理想とかけ離れた仕事に気落ちする彼の前に、ミッキーマウスの最大の危機が! 冒頭から始まる主人公の勘違い君ぶりや、保身に走ろうとする会社人間のクズっぷりも実社会あるあるで面白い。何事もシステム化された中にいて、人間の手作り感とやりがいに気づいた後藤君の姿は、かつて新人だった人たちに元気を与えてくれるはず。裏話として楽しめますが、正社員と非正規、利権争い、個人の葛藤など社会の縮図として、読めるお仕事小説でもある。

松岡圭祐
┣1968(昭和43)年生れ。1997(平成9)年『催眠』で小説家としてデビュー。映像化もされ、ベストセラーとなる。以後、『催眠』『千里眼』『マジシャン』の三大シリーズをコンスタントに発表し続け、いずれも大ヒットを記録。





 📚 そんなにたくさんバターをつけないの!(P52)
 残るは食欲/阿川佐和子(著)

物欲なし。愛欲なし(と思われる)。

アガワに残されたのは食欲のみ! 

とりあえずのビールから、手間ひまかけたローストチキンまで。

おいしい日常がここに集結。 


残るは食欲 (新潮文庫)
阿川 佐和子
新潮社 (2013-03-28)
売り上げランキング: 54,680


幼い頃から食べることが好きだった。母手作りの素朴な家庭料理を、家族で囲んだ温かな食卓──。大人になった今は一人で作って一人で食べて「私は天才かっ」と一人で叫ぶ。季節外れのローストチキン。深夜に食したホヤ。カビの生えたパンだってちょいちょいっと削れば、あらおいしい。少し孤独。けれど食欲全開、今日も幸せ。雑誌「クロワッサン」の連載をまとめた極上の食エッセイ。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン季節外れのローストチキン。カチンコチンのフランスパン、思い出のオレンジケーキ。食欲全開、今日も幸せ。食欲こそが人生だ。極上の食エッセイ。人間、最後まで燦然と残る欲望は食欲。幼少期に家族と囲んだ食卓も、今ひとりでつく食卓も、阿川佐和子の食欲は美味しさいっぱいに描き出す。食にまつわるエッセイ本は難しいジャンルだと思う、個人的には当たり外れが多いと感じる。作り方をつらつらと載せていても美味しさが伝わらないし、美味しさを薀蓄とともに書いてあっても読者が置いてけぼりになってしまう。著者はそこが絶妙で、料理を作る姿は文を読んでいても聡明さが伝わってくるが、自身が犯したドジを混ぜることで印象がぐっと愛らしくもなる。「とりあえずビール」のローマの休日パロディが面白かった。これを読んでいると、だんだんお腹が空いてきて大変(笑)。ジャガイモの冷製スープとか玉ねぎじっくり炒めたオニオングラタンスープとか試してみたい。美味しいものを作ることは最強の処世術だと思う。

阿川佐和子
┣1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。他に『うからはらから』『正義のセ』『聞く力』など。

Arikaシネマ2014b1
 新潮社|書籍一覧まとめ

 親族(うから)兄弟姉妹(はらから)が波乱を巻き起こす、長編ホームコメディ。
 私は断じてこの家族がキライです!


うから はらから (新潮文庫)
阿川 佐和子
新潮社 (2014-02-28)
売り上げランキング: 478,152


夫と別れ、実家に出戻った未来を突如襲った両親の熟年離婚。悲嘆に暮れたのも束の間、父が連れてきた再婚相手は、豊かすぎる悩みを抱えた茶髪巻髪の小娘。しかもクソ生意気なコブ付きで……。自分の人生曲がり角。なのに家族が巻き起こす騒動で頭の痛い日々は続く。良かれ悪しかれ親族(うから)兄弟姉妹(はらから)──。嫌いだったあの人も、憎らしいアンチクショウさえも愛おしくなる、長編家族小説。



 残り物で作った怪しいスープ。
 初めて食べたスパム。読めば幸せ「おいしい」の連続!


魔女のスープ: 残るは食欲 (新潮文庫)
阿川 佐和子
新潮社 (2014-10-28)
売り上げランキング: 176,790


ある晩閃いた。スープでも、作ろう。あらゆる残り物を鍋に投入し、出来上がったのは赤茶色の怪しい液体。映画「バベットの晩餐会」に出てくる魔女のスープのよう。恐る恐る食してみれば、うん、おいしい。一緒に食べてくれる人がいれば愛が芽生えるのではないかしら? 楽屋にあった鮭弁当、干涸びた納豆、新鮮なお刺身──愛はさておき、食べ過ぎた。今日も幸せ、極上の食エッセイ。



 父の大好物、オックステイルシチュウに娘も挑戦。
 自制心を失う日々を綴る食エッセイ。


娘の味: 残るは食欲 (新潮文庫)
阿川 佐和子
新潮社 (2015-10-28)
売り上げランキング: 245,004


母特製のオックステイルシチュウは父の大好物だった。「よし!」母のレシピを引っ張り出していざ勝負。色々手順は違ったけれど、娘なりの思い出の味は、食べてニンマリ、うん美味しい。冷蔵庫の危ない食材も、気楽な独り身だから気にせず食べちゃう。体重計は気にはなるけど、自制心を失う日々も悪くない。今日も財布を握ってスーパーへ走る。食いしん坊が止らない、極上のエッセイ。





 📚私に命令できるのは、この世界で私ひとりだけ・・・・・。(P342)
 本屋さんのダイアナ/柚木麻子(著)

 私は大穴(ダイアナ)。

こんな名前を初めて褒めてくれた、あの子。

最強のガール・ミーツ・ガール小説!


本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
柚木 麻子
新潮社 (2016-06-26)
売り上げランキング: 72,344


私の名は、大穴(ダイアナ)。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれ ど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれた――。正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。地元の公立と名門私立、中学で離れても 心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が……。少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン私の名は、矢島大穴。変な名前も金髪もはしばみ色の瞳も大嫌いだった、あの子に出会うまでは。心ふるえる最強のガール・ミーツ・ガール小説。この本を読んだ人は誰だって、不器用で純粋なダイアナと彩子のニ人を抱きしめたくなるだろう。 それだけ、ニ人には応援したくなる強さと美しい心があるのだ。 少女小説の端々をオマージュしたこの物語には、私たち大人になった少女達をセピア色の思い出とともに包み込んでくれる気がする。私はどっちのタイプ寄りかな? なんて思ったり。 10年程で親友だったニ人の生き方がどんどん離れて行って。それでもやっぱりいつも自分と比べるのはお互いで。 女の子だって生きて行くのにもがくんだよね!穏やかに見えても穏やかな心じゃない時もあるよね、確かに。

柚木麻子
┣1981(昭和56)年、東京都生れ。2008 (平成20)年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞し、2010年に同作を含む『終点のあの子』でデビュー。 2015年『ナイルパーチの女子会』で山本周五郎賞を受賞。ほかの作品に 『ランチのアッコちゃん』『伊藤くん A to E』『その手をにぎりたい』『奥様はクレイジ ーフルーツ』などがある。


Arikaシネマ2014b1
 新潮社|書籍一覧まとめ

 文学史上もっとも不遇な新人作家、それが私。
 爆笑と震撼の実録(!?)文壇小説。


私にふさわしいホテル (新潮文庫)
柚木 麻子
新潮社 (2015-11-28)
売り上げランキング: 162,257


文学新人賞を受賞した加代子は、憧れの〈小説家〉になれる……はずだったが、同時受賞者は元・人気アイドル。すべての注目をかっさらわれて二年半、依頼もないのに「山の上ホテル」に自腹でカンヅメになった加代子を、大学時代の先輩・遠藤が訪ねてくる。大手出版社に勤める遠藤から、上の階で大御所作家・東十条宗典が執筆中と聞き――。文学史上最も不遇な新人作家の激闘開始!



 獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。


BUTTER
BUTTER
posted with amazlet at 19.09.14
柚木 麻子
新潮社
売り上げランキング: 40,495


男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、梶井への取材を重ねるうち、欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。「木嶋佳苗事件の闇について、柚木さんでなければ描けなかった。この本を読んで、女性と話をするのが怖くなった。」(佐藤優氏)





 📚裏切って卑怯者になるよりずっといい。(下巻P84)
 月の影 影の海〔上・下〕 十二国記/小野 不由美(著)

全てはこの瞬間のため! 裏切ること、信じることを知った旅。

その果てに少女を待つ途轍もない「決断」とは。

「十二国記」が動きだす! Episode1 


月の影  影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 770


月の影  影の海 (下) 十二国記 1 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 1,192


「わたしは、必ず、生きて帰る」──流れ着いた巧国(こうこく)で、容赦なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた心を救ったのは、〈半獣〉楽俊(らくしゅん)との出会いだった。陽子が故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国(えんこく)の王を訪ねた二人に、過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍(とてつ)もない「決断」への幕開けに過ぎなかった!

…‥‥‥…
Arika報告書v1アイコン十二国記読み直し月間。この一巻は陽子が心身ともにひたすら打ちのめされるばかりで本当につらい……。作者の筆力が高くて情景が目に浮かびやすいので、余計に「もうやめてあげて」という気分になります。この展開があるから、ここからの陽子の立ち直りと成長が映えるんですけどね。楽俊はやく来て。あと、改めて読み返すと、景麒はどう考えても言葉足らずで無茶苦茶だなぁ、と笑。追手のせいで余裕が無かったとはいえ、陽子に何の予備知識もないことは分かってるんだから、もうちょっとさぁ……。語弊がありそうだが、言う。ファンタジーのくせに、甘い顔を全く見せてくれない。突然異界に連れ去られた陽子の前に次々と立ち塞がる、異形の獣や人の裏切り。心が擦り切れそうなしんどい展開が続くけれど、なぜか寧ろ説得力があって、すごく納得できてしまう。極彩色の風景の中で土や垢に汚れ血を滲ませて生きる少女の姿が、どんな言葉や描写よりも雄弁にこの物語の意味を教えてくれるからかもしれない。めちゃくちゃ面白い。世界観にはまって、先が気になって止まらなかった。裏切り、人間関係、家族と読んでいて辛くもあった。つながりは絶対的なものではないと思うと、なんだか怖くなってくる。上巻で主人公陽子は絶望のどん底、底辺まで突き落とされた。そこから立ち上がって力強く登るから、陽子は読者に愛される。故郷で人との対立を避け、他人の求める理想的人物を演じてきた陽子は、そのすべてから切り離されて、自分のあるべき姿を見失った。そんな彼女が、異郷の人々の清濁全てを飲み込んで、こうありたい自分、揺らがない自分自身の信念を見つけた瞬間がとんでもないカタルシス。そしてそんな彼女だけが成し遂げられる大役。読者の誰もが、陽子の新たな旅路を応援しているはず。ちなみに十二国記シリーズの中で一番好きなキャラは楽俊です。私が本格的にこのシリーズにハマったポイントは、陽子と楽俊が雁国で再会した時の会話と、陽子が王と知った直後の二人の会話でした。何回読んでも楽俊の「もちろん逃げて良かったんだ」で泣きそうになります。王と知って距離を置こうとする楽俊に陽子が言った「わたしと楽俊の間にはたかだか二歩の距離しかないじゃないか」も好きな台詞です。長編大作なので、ゆっくりこの世界を踏み締めて楽しんでほしい。

小野不由美
┣大分県中津生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東亰異聞」が1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞。著書に『魔性の子』『月の影 影の海』などの〈十二国記〉シリーズ、〈ゴーストハント〉シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』などがある。


Arikaシネマ2014b1
 新潮社|書籍一覧まとめ

 こんなにも恐ろしく異形の者が、夜の中には潜んでいたのか――。
 帝都の夜闇に官能美漂わせる伝奇ミステリ。


東亰異聞 (新潮文庫)
東亰異聞 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.09.14
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 14,240


帝都・東亰、その誕生から二十九年。夜が人のものであった時代は終わった。人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎が跋扈する街・東亰。新聞記者の平河は、その奇怪な事件を追ううちに、鷹司公爵家のお家騒動に行き当たる……。人の心に巣くう闇を妖しく濃密に描いて、官能美漂わせる伝奇ミステリ。



📺屍鬼(2010年7月放映)
 超弩級ホラー堂々の文庫化。
 村は死によって包囲されている――。


屍鬼(一) (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 208,832


人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躙したかのように散乱していた――。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも……。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。


 この怖さ、空前絶後、超大作全五巻! 如何なる業の故なのか――。

屍鬼(二) (新潮文庫)
屍鬼(二) (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.09.14
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 135,820


「尋常でない何かが起こっている」。死者の数は留まるところを知らず、村は恐怖の連鎖に陥っていた。山々に響き渡る読経、毎日のように墓場に消えていく真白き棺。さらにそのざわめきの陰で、忽然と姿を消している村人たちがいた――。廃墟と化した聖堂に現れる謎の少女。深夜、目撃されるトラックの残響。そして闇の中から射る、青白い視線……。目が離せない展開、戦慄の第二幕。


 この恐さ逃げ場なし! 戦慄、感嘆の超絶ホラー。

屍鬼(三) (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 59,804


逃げ場のない恐怖の底に堕ちた村で、深夜、何者かの影が蠢き始めていた。窓の外に佇む凍えた気配、往来の途絶えた村道で新たに営業し始めた葬儀社、そして、人気のない廃屋から漏れる仄暗い灯……。その謎に気付いた者たちの背後に伸びる白い手。明らかになる「屍鬼」の正体。樅の木に囲まれた墓場で月光が照らし出した、顔を背けんばかりの新事実とは――。もう止まらない、驚愕の第三巻。


 暴かれる屍鬼の正体…そして殺戮の幕が開く。

屍鬼(四) (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 59,216


屍鬼(四) (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 59,216



 恐るべき大作、衝撃の最終巻。祭囃子の中でどよめく群れは、鬼か人か――。


屍鬼(五) (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 60,606


村人たちはそれぞれに凶器を握り締めた。「屍鬼」を屠る方法は分かっていた。鬼どもを追い立てる男たちの殺意が、村を覆っていく――。白々と明けた暁に切って落とされた「屍鬼狩り」は、焔に彩られていつ果てるともなく続いていった。高鳴る祭囃子の中、神社に積み上げられる累々たる屍。その前でどよめく群れは、果たして鬼か人間か……。血と炎に染められた、壮絶なる完結編。



 風車が葬送曲を奏で、闇の主神が死を司る。禁断の島へようこそ。
 絶賛を浴びた、長篇ミステリ!


黒祠の島 (新潮文庫)
黒祠の島 (新潮文庫)
posted with amazlet at 19.09.14
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 23,472


「そう――ここは黒祠なのですよ」近代国家が存在を許さなかった“邪教”が伝わる、夜叉島。式部剛は失踪した作家・葛木志保の姿を追い求め、その地に足を踏み入れた。だが余所者を忌み嫌う住民は口を閉ざし、調査を妨害するのだった。惨事の名残を留める廃屋。神域で磔にされていた女。島は、死の匂いに満ちていた。闇を統べるのは何者なのか? 式部が最後に辿り着いた真実とは。



第26回 山本周五郎賞
残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―(2016年1月公開)
 怨みを伴う死は「穢れ」となり、あらたな怪異の火種となるのか──。


残穢(ざんえ) (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2015-07-29)
売り上げランキング: 18,586


畳を擦る音が聞こえる、いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、何かが床下を這い廻る気配がする。だからあの家には人が居着かない──何の変哲もないマンションで起きる怪奇現象を調べるうち、浮き上がってきたある「土地」を巡る意外な真実。著者9年ぶりの500枚書き下ろし、戦慄のドキュメンタリー・ホラー長編。


十二国記

 「この物語は、これから始まる全てのプロローグです。」小野不由美。
 違和感を抱いて生きる少年の周辺で続く凄惨な事件の謎――。
 「十二国記」が動きだす! Episode0


魔性の子 十二国記 0 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2012-06-27)
売り上げランキング: 1,127


どこにも、僕のいる場所はない──教育実習のため母校に戻った広瀬は、高里という生徒が気に掛かる。周囲に馴染まぬ姿が過ぎし日の自分に重なった。彼を虐(いじ)めた者が不慮の事故に遭うため、「高里は祟(たた)る」と恐れられていたが、彼を取り巻く謎は、“神隠し”を体験したことに関わっているのか。広瀬が庇おうとするなか、更なる惨劇が……。心に潜む暗部が繙(ひもと)かれる、「十二国記」戦慄の序章。


 王を選ぶ役割を果たせぬ少年の葛藤! 
 十年の時を経て故国へ戻された幼い麒麟は正しい「決断」を下せるのだろうか――。
 『魔性の子』の謎に迫る衝撃作! 《完全版》「十二国記」Episode2


風の海 迷宮の岸 十二国記 2 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 925


幼(いとけな)き麒麟に迫り来る決断の時──神獣である麒麟が王を選び玉座に据える十二国。その一つ戴国(たいこく)麒麟の泰麒(たいき)は、天地を揺るがす〈蝕(しょく)〉で蓬莱(ほうらい)に流され、人の子として育った。十年の時を経て故国(くに)へと戻されるも、役割を理解できぬ麒麟の葛藤が始まる。我こそはと名乗りを挙げる者たちを前に、この国の命運を担うべき「王」を選ぶことはできるのだろうか。


 王とは、幸福な居場所(くに)を約束するもの。だが――。
 尚隆に出会った瞬間、「王」と信じた六太。
 しかし、雁国に謀反が勃発。二人の男の理想はどちらが民を救うのか。
 《完全版》「十二国記」Episode3


東の海神(わだつみ)  西の滄海 十二国記 3 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2012-12-24)
売り上げランキング: 1,153


国が欲しいか。ならば一国をやる。延王(えんおう)尚隆(しょうりゅう)と延麒(えんき)六太(ろくた)が誓約を交わし、雁国に新王が即位して二十年。先王の圧政で荒廃した国は平穏を取り戻しつつある。そんな折、尚隆の政策に異を唱える者が、六太を拉致し謀反を起こす。望みは国家の平和か玉座の簒奪(さんだつ)か──二人の男の理想は、はたしてどちらが民を安寧(やすらぎ)に導くのか。そして、血の穢(けが)れを忌み嫌う麒麟を巻き込んだ争乱の行方は。


 苦難を抱え、人はみなその運命に泣いていた。
 陽子は王ゆえに葛藤し、少女たちは嫉妬と羨望に哭く。――希望に向かい旅立つのだが。
 《完全版》「十二国記」Episode4


風の万里  黎明の空 (上) 十二国記 4 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2013-03-28)
売り上げランキング: 1,135


人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊(しょうけい)は、芳国(ほうこく)国王である父が簒奪者(さんだつしゃ)に殺され、平穏な暮らしを失くし哭(な)いていた。そして鈴は、蓬莱(ほうらい)から辿り着いた才国(さいこく)で、苦行を強いられ泣いていた。それぞれの苦難(くるしみ)を負う少女たちは、葛藤と嫉妬と羨望を抱きながらも幸福(しあわせ)を信じて歩き出すのだが──。


 王は全ての希望と信じ、人々は立ち上がる! 圧政に苦しむ民たち、命を落とした子ども――
 国の安寧と幸せは、必ずやこの手で! 《完全版》「十二国記」Episode4


風の万里  黎明の空 (下) 十二国記 4 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2013-03-28)
売り上げランキング: 1,180


王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く。鈴もまた、華軒(くるま)に轢き殺された友の仇討ちを誓う──王が苦難(くるしみ)から救ってくれると信じ、慶を目指すのだが、邂逅(であい)を果たす少女たちに安寧(やすらぎ)は訪れるのか。運命は如何に!


 12年ぶりのオリジナル短編集! ファン待望! 書下ろし2編を含む4編収録。

丕緒の鳥 (ひしょのとり)  十二国記 5 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2013-06-26)
売り上げランキング: 459


「希望」を信じて、男は覚悟する。慶国に新王が登極した。即位の礼で行われる「大射(たいしゃ)」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。陶工である丕緒(ひしょ)は、国の理想を表す任の重さに苦慮していた。希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか──表題作「丕緒の鳥」ほか、己の役割を全うすべく煩悶し、一途に走る名も無き男たちの清廉なる生き様を描く全4編収録。



 大人たちに勇気がないのなら、あたしが王になる! 
 12歳の少女が国を統べることは叶うのか。
 シリーズで大人気の珠晶が、いよいよ登場! 
 《完全版》「十二国記」Episode6


図南の翼 (となんのつばさ) 十二国記 6 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2013-09-28)
売り上げランキング: 953


国を統(す)べるのは、あたししかいない! 恭国(きょうこく)は先王が斃(たお)れて27年、王不在のまま治安は乱れ、妖魔まで徘徊(はいかい)していた。首都連檣(れんしょう)に住む少女珠晶(しゅしょう)は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしを与えられ、闊達な娘に育つ。だが、混迷深まる国を憂える珠晶はついに決断する。「大人が行かないのなら、あたしが蓬山(ほうざん)を目指す」と――12歳の少女は、神獣麒麟により王として選ばれるのか。



 王が約束した理想の郷。――夢は現に近づけるのか。
 陽子と楽俊、泰麒も登場する珠玉の全5編! 
 シリーズ累計160万部突破! 《完全版》「十二国記」Episode7


華胥の幽夢 (かしょのゆめ) 十二国記 7 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2013-12-24)
売り上げランキング: 651


王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国(さいこく)の宝重である華胥華朶(かしょかだ)を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟(さいりん)は病に伏した。麒麟が斃(たお)れることは国の終焉を意味するが、才国の命運は──「華胥」。雪深い戴国(たいこく)の王・驍宗(ぎょうそう)が、泰麒(たいき)を旅立たせ、見せた世界は──「冬栄」。そして、景王(けいおう)陽子が楽俊(らくしゅん)への手紙に認(したた)めた希(ねが)いとは──「書簡」ほか、王の理想(ゆめ)を描く全5編。



 Episode8《完全版》「十二国記」。
 還らぬ王、消えた麒麟。この国を襲う激震は、なぜ――。
 泰麒の行方を捜すため景王と延麒たちが動き出す!! シリーズ累計170万部突破!


黄昏の岸 暁の天 十二国記 8 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社 (2014-03-28)
売り上げランキング: 701


王と麒麟が還らぬ国。その命運は!? 驍宗(ぎょうそう)が玉座に就いて半年、戴国(たいこく)は疾風(はやて)の勢いで再興に向かう。しかし反乱鎮圧に赴(おもむ)いた王は戻らず、届いた凶報に衝撃を受けた泰麒(たいき)も忽然(こつぜん)と姿を消した。王と麒麟を失い、荒廃へと向かう国を案じる将軍は、命を賭(と)して慶国(けいこく)を訪れ、援助を求める。戴国を救いたい──景王陽子の願いに諸国の麒麟たちが集う。はたして泰麒の行方は。



 驍宗様(あなた)こそ泰麒(わたし)が玉座に据えた王。だが――。
 戴国の怒濤を描く大巨編、開幕! Episode9


白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 2


戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!



 王だからこそ戴国(ここ)を守りたい。民が幸福に暮らす国となるように。
 Episode9


白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美
新潮社
売り上げランキング: 3


民には、早く希望を見せてやりたい。国の安寧を誰よりも願った驍宗(ぎょうそう)の行方を追う泰麒(たいき)は、ついに白圭宮(はっけいきゅう)へと至る。それは王の座を奪い取った阿選(あせん)に会うためだった。しかし権力を恣(ほしいまま)にしたはずの仮王には政(まつりごと)を治める気配がない。一方、李斎(りさい)は、驍宗が襲われたはずの山を目指すも、かつて玉泉として栄えた地は荒廃していた。人々が凍てつく前に、王を捜し、国を救わなければ。──だが。


小野不由美「十二国記」新作が、10月より発売決定!!




シリーズ累計900万部突破の大人気シリーズ「十二国記」は、1991年刊行の『魔性の子』から日本のファンタジー界に衝撃を与えた物語。多くの読者に読み継がれてきたシリーズ、18年ぶりの新作が、全四巻でこの秋ついに!
一、二巻が10月12日(土)、 三、四巻が11月9日(土)連続刊行です。
ナレーションは2002~2003年のアニメ化で楽俊を演じた鈴村健一が担当しています。


E13-b043.gif
┣特設:特設ページ公開中!
十二国記ーウキペディア
小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト (外部リンク)



Arikaシネマ2014b3

ジャンル:ファンタジー
 十二国記 

十二国記 Blu-ray BOX
十二国記 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 19.09.14
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-11-26)
売り上げランキング: 1,195


放送日:2002年4月9日~2003年8月30日

■キャスト
久川綾、石津彩、うえだゆうじ、子安武人、相沢まさき、山口勝平、鈴村健一、岡野浩介、釘宮理恵、勝生真沙子、ゆかな、藤原啓治、進藤尚美、石田彰、若林直美、桑島法子、高山みなみ、山崎和佳奈、鈴木れい子、西村知道、平松晶子、川上とも子、千葉千恵巳、大川透、中田和宏、野島健児、西凜太朗、松本保典、大倉正章、家中宏

■スタッフ・制作会社
原作:小野不由美、キャラクター原案:山田章博、監督:小林常夫、脚色:曾川昇、キャラクターデザイン:田中比呂人/楠本祐子、コンセプトデザイン:森木靖泰/宮本治雄/若林厚史/清水恵子、美術監督:東潤一、色彩設定:佐藤祐子、撮影監督:松本敦穂、音楽:梁邦彦、音響監督:柏倉ツトム、アニメーションプロデューサー:本間道幸/押切万耀、プロデューサー:末川研、制作統括:渡辺俊雄/吉國勲/柏木敦子/ 冨永慎一、制作会社:
ぴえろ

■ 主題歌
【OP】梁邦彦「十二幻夢曲」
【ED】有坂美香「月迷風影」

■作品解説
中嶋陽子は、どこにでもいる平凡な女子高生だった。ある日、“ケイキ”と名乗る金髪の青年が現れ、さらには異形の獣たちが襲ってくるまでは。ケイキは陽子を主と呼び、見知らぬ異世界へと連れて行く。そこは、十二人の王と十二頭の麒麟によって治められる十二の国々からなる不思議な世界だった。 この世界はどこなのか。なぜケイキは自分をこの世界に連れてきたのか。そもそも、なぜ自分は妖魔と呼ばれる奇怪な獣たちに追われているのか。異世界にたどり着くなりケイキとはぐれてしまった陽子は、数々の疑問を抱えたまま、生き延びるため、見知らぬ世界での厳しい戦いを始めるのだった……。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3中国風異世界を舞台にしたファンタジー
小野不由美さんが1991年から刊行している人気小説をアニメ化。霊獣・麒麟によって補佐され、天意によって選ばれた王が支配する十二の国を舞台に、異世界に召還された女子高生・中嶋陽子の冒険が描かれる。天命と人為の狭間で織りなす人間ドラマや、古代中国の神仙伝説、政治・軍事制度などから着想を得たと思われる独特の世界観が人気を博した。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック