FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋—2020冬、連続テレビ小説「スカーレット」

kage

2020/01/25 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2019年9月30日スタート 
NHK総合 毎週月曜~土曜 08:00~08:15

 連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:水橋文美江
演出:中島由貴/佐藤譲/鈴木航
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
主題歌:フレア/Superfly

E13-b043.gif
外部サイト:連続テレビ小説「スカーレット」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
川原喜美子:戸田恵梨香
3人姉妹の長女。9歳で滋賀・信楽に移り住み、地元の信楽焼に触れて育つ。幼い頃から貧しい一家を支える働き者。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分けとして歩み始める。お人よしな性格で、周囲に頼られることが多い。特技は絵と柔道。

川原常治:北村一輝
喜美子の父。大阪出身。小学校卒業後、商家にでっち奉公に出る。山っ気があり、いろいろな商売に手を出してきた。見栄っ張りで人がよく、金が全く身につかない。借金から逃れるために一家で信楽へ移り住んだ。

川原マツ:富田靖子
喜美子の母。大阪・八尾の大地主の娘。商売で実家に出入りしていた常治と駆け落ち同然で結婚する。穏やかでおっとりした性格。和洋裁の腕があり、学問もできる。体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。

川原直子:桜庭ななみ
喜美子の上の妹。3歳の時に空襲で1人取り残された記憶がトラウマとなる。わがままで自由奔放な性格。家の手伝いは大嫌い。早々に信楽を飛び出すが、反抗心と裏腹に甘えたい気持ちもあり、たびたび喜美子にトラブルを持ち込む。

熊谷照子:大島優子
喜美子の幼なじみ。信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢さま。プライドが高く、勝気な性格で、ちやほやされる割に友達ができない。転校生の喜美子に興味を持ち、一緒に柔道を習うなど、仲が良いのか悪いのか分からない不思議な関係。

大野信作:林遣都
喜美子の幼なじみ。信楽の「大野雑貨店」の一人息子。気が弱く、引っ込み思案な性格。器量よしで照子からさかんにアピールされるが気付かない。成長後は大きな変化を遂げ、喜美子を驚かせる。

草間宗一郎:佐藤隆太
謎の旅人。ふとしたことから常治が信楽に連れてきて、川原家の居候になる。戦時中は満州におり、日本で空襲にあって行方不明になった妻を捜している。信楽を去ってからも喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。

大野陽子:財前直見
川原家の隣人。信作の母。「大野雑貨店」を切り盛りする。祖母の住まいだった空き家を川原家に提供する。大らかな性格で、マツの良き友人となり、喜美子たち3姉妹のことも何かと気にかけている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
戸田恵梨香主演で滋賀・信楽を舞台に描く、女性陶芸家の波瀾万丈な物語 
滋賀の焼き物の名産地・信楽を舞台に、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の人生を描く波瀾万丈な物語。戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女性陶芸家の草分けとして歩み始める主人公・川原喜美子を戸田恵梨香が演じる。
脚本は「ホタルノヒカリ」(日本テレビ系)、同局の「みかづき」などを手掛けた水橋文美江が担当。タイトルの“スカーレット”は伝統的に炎の色とされる緋色のことで、窯の炎のほか、情熱的な人生の意味が込められている。

喜美子の両親を、北村一輝、富田靖子が演じるほか、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、財前直見らが共演する。

2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月29日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやって来た絵が得意な女の子・川原喜美子(川島夕空)。両親と2人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は幼いながらも一家の働き手だった。
15歳になった喜美子(戸田恵梨香)は復興が著しい大阪で就職し、新たな出会いによりさらに成長する。数年で信楽に戻ることになった喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込み、陶芸家を目指して奮闘する毎日が始まる。
そして、喜美子はものを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年9月29日更新】
■ あらすじ(第1週「はじめまして信楽(しがらき)」9/30~10/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
9月
┣30(月)滋賀・信楽の陶芸家・喜美子(戸田恵梨香)は理想の信楽焼を求め土と炎に向き合っている。1947年、9歳の喜美子(川島夕空)は事業に失敗した父・常治(北村一輝)と母・マツ(富田靖子)、妹2人と大阪から信楽に来た。

10月
┣1(火)喜美子は地面を掘る男(村上ショージ)に出会い、彼が集めているという、焼き物を作るための土に興味を抱く。これまで満足に勉強ができなかった喜美子は、転入先の小学校で授業についていけない。
┣2(水)喜美子は給食が楽しみ。一方、常治は大阪の闇市で、生きる気力をなくしたような草間(佐藤隆太)に出会い、家に連れて帰ってくる。草間の様子が気になっていた喜美子は、思いも寄らないことを言い出す。
┣3(木)給食費が払えない危機に、喜美子は草間に早く出て行ってもらおうと考える。以前、土を集めていた陶芸家・慶乃川の家を草間と訪れた喜美子は、慶乃川の焼き物を悪気なくけなす。その夜、草間は…。
┣4(金)得意な絵に没頭する喜美子は、常治が「女に学問は必要ない」と言っていたと主張し、授業中も描き続ける。だが、同級生の照子(横溝菜帆)が父親・秀男(阪田マサノブ)に告げ口をし、騒動になる。
┣5(土)喜美子は、照子と彼女が好意を抱く同級生の信作(中村謙心)の待ち合わせに付き合うことに。だが、信作は心の内を喜美子に打ち明け、姿を消してしまう。一方、常治が留守の家には招かれざる客が来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月6日更新】
■ あらすじ(第2週「意地と誇りの旅立ち」10/7—~10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣7(月)喜美子(川島夕空)は常治(北村一輝)の帰宅を待つ借金取りを追い返そうとする。そんな中、喜美子の妹・直子(やくわなつみ)が借金取りを激怒させる騒動が起きる。
┣8(火)再訪した草間(佐藤隆太)が借金を立て替えるが常治は受け入れない。理解できない喜美子に常治は「男の意地や」と言う。滞在を延長した草間はある計画を実行する。
┣9(水)喜美子は、再び旅立つ草間を引き留めようとするが、生き別れた大切な人の存在を聞かされ、笑顔で草間の背中を押す。隣町では人さらいの事件が発生していた。
┣10(木)喜美子の同級生・照子(横溝菜帆)が行方不明になり、捜索が行われる。照子と見知らぬ男の姿を目撃した喜美子は、草間に教わった技で照子を助けようとする。
┣11(金)15歳になった喜美子(戸田恵梨香)は、中学卒業後に照子(大島優子)の父が営む信楽一の窯元に就職することが決まっていた。だが、ある日突然、内定を取り消されてしまう。
┣12(土)常治は喜美子の新たな就職先を大阪で見つけてきた。信楽を離れたくない喜美子だが、本音を隠して大阪に行く決意をする。その話を聞いた照子と信作(林遣都)は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月13日更新】
■ あらすじ(第3週「ビバ!大阪新生活」10/14—~10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣14(月)喜美子(戸田恵梨香)の大阪での仕事は下着デザイナー・さだ(羽野晶紀)の営む下宿屋「荒木荘」の下働き。住人には、医学生の圭介(溝端淳平)や新聞記者のちや子(水野美紀)らがいた。
┣15(火)さだの家で長年下働きをしてきた大久保(三林京子)は、若過ぎる喜美子にはこの仕事は務まらないと言い放つ。落ち込む喜美子は、荷物の中からあるものを見つける。
┣16(水)喜美子は荒木荘で働かせてほしいと懇願し、大久保に学びながら仕事を覚えていくことになった。そんな中、しばらく姿を見せていない住人のことが話題になる。
┣17(木)喜美子がいない滋賀・信楽では友人・照子(大島優子)や父・常治(北村一輝)達が寂しい思いをしていた。一方、喜美子に信楽焼のかけらを見せられたちや子は興味を抱く。
┣18(金)荒木荘の仕事に加え、大久保がどこからか持ち込んだ大量のストッキングの補修を命じられた喜美子は寝不足になる。やがて喜美子は待望の給料日を迎えるが…。
┣19(土)さだの会社が行う下着ショーをちや子の取材の手伝いも兼ねて見に行くことになった喜美子。当日、おしゃれをして出掛け、ちや子が勤める新聞社にも立ち寄る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月20日更新】
■ あらすじ(第4週「一人前になるまでは」10/21—~10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣21(月)ちや子(水野美紀)が勤める新聞社で雑用係として働かないかと誘われた喜美子(戸田恵梨香)。条件も良く心が動くが、大久保(三林京子)に言い出せず、圭介(溝端淳平)らに相談する。
┣22(火)(午前7:45~午前8:00)試しに新聞社で働いてみることになった喜美子は、そこで見たちや子の働きぶりと俳優を目指す住人・雄太郎(木本武宏)の言葉に触発され、自分の将来を見詰め直す。
┣23(水)喜美子は、大久保に一人前と認めてもらうまで今の仕事を途中で放り出すことはできないと荒木荘にとどまる決意をする。滋賀・信楽の川原家では、事件が起きる。
┣24(木)空き巣に家の金を盗まれた常治(北村一輝)は、喜美子の給料を前借りするため、荒木荘にやって来る。喜美子が動揺していると、大久保の口から意外な事実が明かされる。
┣25(金)1955年、下働きの仕事を1人でこなす喜美子は、雄太郎の家賃滞納と、荒木荘の前を毎朝通るこわもての男性の行動に悩んでいた。そこで圭介に助けを求める。
┣26(土)照子(大島優子)から度々手紙を受け取る喜美子だが、内容は恋愛に関することばかり。一方、喜美子は食欲のない圭介を心配するが、彼はある女性に心を奪われていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月27日更新】
■ あらすじ(第5週「ときめきは甘く苦く」10/28—~11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣28(月)圭介(溝端淳平)の恋を後押ししようと考えた喜美子(戸田恵梨香)は、相手の女性・あき子(佐津川愛美)の父・庄一郎(芦屋雁三郎)に会い、彼のいいところをアピールする。
┣29(火)あき子が圭介に会おうと荒木荘を訪れる。圭介はたちまちあき子と親しくなり、応援してくれた喜美子に感謝する。だが、複雑な思いの喜美子は素直に喜べない。
┣30(水)喜美子は自分の気持ちを隠し、あき子と交際を始めた圭介のデートの練習相手を務める。2人の仲の良さに嫉妬したあき子は荒木荘を出てほしいと圭介に訴える。
┣31(木)仕事をしながら本格的に絵の勉強をしようと思い始めた喜美子。入学を決めた美術学校で特別講師を務める芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会を訪れる。

11月
┣1(金)サイン会会場で喜美子は偶然、草間(佐藤隆太)と再会。草間は、戦後生き別れた妻について思いも寄らない事実を打ち明ける。一方、ちや子(水野美紀)の新聞社では…。
┣2(土)草間の妻・里子(行平あい佳)が大阪の飲食店にいると聞いた喜美子は草間と共にその店を訪ねる。そんな中、喜美子の元に、常治(北村一輝)から緊急の連絡が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月‐日更新】
■ あらすじ(第6週「自分で決めた道」11/4—~11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣4(月)喜美子(戸田恵梨香)はマツ(富田靖子)を心配し、急いで滋賀・信楽に帰る。だが、マツが倒れたというのは、常治が喜美子を信楽に呼び戻すためについたうそだと分かる。
┣5(火)「荒木荘」で働きながら美術学校に通うつもりだと両親に明かした喜美子だが、常治は認めない。喜美子はそんな常治に反発し、翌朝、大阪へ戻ろうと家を出る。
┣6(水)喜美子は信作(林遣都)や直子(桜庭ななみ)の話から、常治の借金が膨れあがり、川原家の家計が火の車だと知る。一方、荒木荘のさだ(羽野晶紀)達は常治の電報を受け取っていた。
┣7(木)大阪に戻った喜美子は、さだや大久保(三林京子)らに信楽に帰ると告げる。新聞社を辞めたちや子(水野美紀)には会えなかったが、彼女への手紙を残して大阪を去る。
┣8(金)喜美子は照子(大島優子)の父・秀男(阪田マサノブ)が営む窯元「丸熊陶業」の食堂で働き始める。ある日、喜美子は絵が描かれた火鉢を初めて目にし、興味を抱く。
┣9(土)喜美子は火鉢の絵付け作業が忘れられず、照子や信作と作業場を再訪。職人達と会社のもめ事を目撃する。翌日、作業場には見知らぬ男性・深野(イッセー尾形)がいた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月10日更新】
■ あらすじ(第7週「弟子にしてください!」11/11—~11/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣11(月)喜美子(戸田恵梨香)は「丸熊陶業」の新しい絵付け職人・深野(イッセー尾形)の許可を得て絵付け作業を体験させてもらう。一方、常治(北村一輝)は喜美子の結婚相手を探す。
┣12(火)絵付けに没頭して帰宅が遅くなった喜美子は、常治が暴れた後始末をする家族の様子にぼうぜん。さらに翌朝、絵付けの作業場で思いがけないことを言われる。
┣13(水)雑誌記者に転身したちや子(水野美紀)が来訪。仕事について生き生きと話すちや子を前に、喜美子は絵付け職人の道を諦めなければならない境遇を嘆き、泣きじゃくる。
┣14(木)マツ(富田靖子)は喜美子のために、週に一度、絵付けを指導してくれる陶業会社を探し出す。そんな中、常治が喜美子の見合い相手・宝田(石田明)を家に連れてくる。
┣15(金)常治から絵付けを学ぶ了承を得られなかった翌日。喜美子は絵付け時の深野の様子や彼の壮絶な半生をマツや直子(桜庭ななみ)らに明かし、その上で自らの決意を語る。
┣16(土)常治は偶然出会った深野が丸熊陶業の絵付け職人と知る。深野の口にした弟子入り志願者が喜美子のことと気付いた常治は、「すぐ諦めるだろう」との言葉に…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月17日更新】
■ あらすじ(第8週「心ゆれる夏」11/18—~11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣18(月)喜美子(戸田恵梨香)が深野(イッセー尾形)の下で火鉢の絵付けを学び始めて3年がたった。ある日、喜美子は深野に新しいデザインを考えるよう言われ、思いを巡らせる。
┣19(火)図柄を描いた喜美子は社長・秀男(阪田マサノブ)に見せるため丸熊陶業の事務所へ。会社の経営には照子(大島優子)と結婚した婿の敏春(本田大輔)も携わっていた。
┣20(水)直子(桜庭ななみ)が東京の会社に就職することになった。一方、大野(マギー)と陽子(財前直見)夫婦はけんかの真っ最中。原因は謎のへそくりだと知ったマツ(富田靖子)は…。
┣21(木)業務拡大を図る丸熊陶業に若手社員3人が入社。敏春の案内で喜美子らのいる絵付け係へ挨拶に来た3人のうち、美術大学出身の八郎(松下洸平)は深野を前に固まる。
┣22(金)喜美子のデザイン案が新しい火鉢に採用されることに。敏春は‘信楽初の女性絵付け師’として喜美子に新聞社の取材を受けさせ、販売促進につなげようとする。
┣23(土)取材を受けた喜美子はニックネームまで付けられ、担ぎ上げられる。ところが、記事には深野のことが一切、触れられていなかった。このことに八郎がいら立つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月24日更新】
■ あらすじ(第9週「火まつりの誓い」11/25—~11/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣25(月)喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)が以前持っていたという深野(イッセー尾形)の絵を想像で描き上げ、八郎に贈る。そんな中、社長の秀男(阪田マサノブ)が倒れてしまう。
┣26(火)父を亡くした照子(大島優子)を慰める喜美子。照子は妊娠を告げ、さらに「丸熊陶業」の改革を明かす。その影響が絵付け係にも及ぶと聞いた喜美子は気が気でない。
┣27(水)喜美子は、百合子(福田麻由子)が夢をかなえるために高校へ進学したいと考えていることを知る。だが、常治(北村一輝)は相変わらず苦しい家計を理由に進学を認めない。
┣28(木)深野が滋賀・信楽を去り、長崎で若い絵付け師の弟子になるという話を八郎から聞いた喜美子は動揺。自分は丸熊陶業に残るべきか深野に付いていくべきか悩む。
┣29(金)喜美子は常治から、深野は解雇されたのかと聞かれ反論する。夏の「火まつり」に参加した喜美子、八郎、深野らはたいまつを担ぎ、神社を目指して山道を登る。
┣30(土)喜美子は自身の今後について決意を固める。そんな中、喜美子がデザインした火鉢の試作品が完成。喜美子は感激する一方、作陶に集中する八郎の姿を目撃する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第10週「好きという気持ち」12/2—~12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
12月
┣2(月)喜美子(戸田恵梨香)は、八郎(松下洸平)が勤務時間の前後に練習を重ねる陶芸に心奪われる。信作(林遣都)は滋賀・信楽の結婚適齢期の若者を集めた合同見合いを企画していた。
┣3(火)信作から合同見合いに誘われた喜美子は、八郎も来ると聞かされるが気が乗らない。そんな中、川原家に東京で働く直子(桜庭ななみ)から切実な内容の3通の電報が届く。
┣4(水)直子が心配な喜美子は東京に住む草間(佐藤隆太)に頼み、直子の様子を見に行ってもらうことにする。その一方で喜美子は陶芸を学ばせてほしいと八郎に頼み込む。
┣5(木)喜美子は八郎の結婚観を聞く。一方、信作の家では雑貨店を閉め、新たな商売を始めることになった。そんな中、直子が草間に連れられて、信楽に帰ってくる。
┣6(金)直子は東京であった出来事をマツ(富田靖子)に打ち明ける。一緒に飲んだ常治(北村一輝)に仕事で台湾へ行くと話した草間は、翌日、喜美子にある助言を残して旅立つ。
┣7(土)八郎から本格的に陶芸を教わり始めた喜美子。作業をしながら2人は互いを意識する。そんな中、八郎は喜美子が持つ信楽焼のかけらを見るため川原家を訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月‐日更新】
■ あらすじ(第11週「夢は一緒に」12/9—~12/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣9(月)常治(北村一輝)は、喜美子(戸田恵梨香)を抱き寄せた八郎(松下洸平)に殴り掛かる。喜美子は八郎への思いや陶芸のことを常治に説明しようとするが、聞き入れてもらえない。
┣10(火)気持ちを確かめ合った喜美子と八郎。交際の噂を聞きつけた照子(大島優子)は、喜美子の元に駆け込んでくる。信作(林遣都)は企画した合同見合いで女性にすり寄られ…。
┣11(水)喜美子と結婚の約束をした八郎は、常治に交際の許しをもらおうと何度も川原家を訪れるが、取り合ってもらえない。身重の照子は喜美子の前で産気づく。
┣12(木)喜美子が照子の出産に立ち会ったことを知らない常治は、帰宅が遅い喜美子を心配する。やがて、喜美子を川原家まで送り届けた八郎は、常治に呼び止められる。
┣13(金)喜美子との結婚を望む八郎にある条件を出した常治。八郎はそれを受け入れるが、納得できない喜美子は常治に反発。言い争いになる中、マツ(富田靖子)が意見する。
┣14(土)陶芸展に出す作品づくりに集中する八郎。気分転換にと、喜美子と共に開店間近の大野家のカフェを訪れた八郎は、店で使用するコーヒー茶わんの製作を頼まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月15日更新】
■ あらすじ(第12週「幸せへの大きな一歩」12/16—~12/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣16(月)東京で働く直子(桜庭ななみ)が正月に帰郷する。喜美子(戸田恵梨香)は、陶芸展に出す作品づくりが思うように進まない八郎(松下洸平)を心配し、ある提案をする。
┣17(火)喜美子の願いを受け入れた八郎は、大野(マギー)に頼まれた数の半分のコーヒー茶わん作りを喜美子に任せる。早速、茶わん作りを始める喜美子だったが、すぐに壁にぶつかる。
┣18(水)喜美子は徹夜で10個のコーヒー茶わんの形作りを終わらせる。初めての作陶に喜びを覚える喜美子は、八郎が作った分と合わせて仕上げの作業を進める。
┣19(木)喜美子は常治(北村一輝)に出された結婚条件である八郎の陶芸展入選は間違いないと確信し、結婚後の生活に思いをめぐらせる。その頃、常治は、ある秘密の計画を進めていた。
┣20(金)陶芸展の結果発表直前、川原家に喜美子と八郎が暮らすための部屋が増築される。常治は、口では喜美子と八郎の結婚に反対しているが、内心は2人の幸せを願っていた。
┣21(土)喜美子と八郎の結婚を記念して、家族写真を撮ることになる。その直前、陽子(財前直見)から電話で呼び出された喜美子は、家を飛び出して大野のカフェへ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月22日更新】
■ あらすじ(第13週「愛いっぱいの器」12/23—~12/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣23(月)1965年の夏、会社から独立した喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の間には、4歳の息子・武志(又野暁仁)がいた。そんなある日、照子(大島優子)が訪ねて来て、八郎に常治(北村一輝)の秘密を告げる。
┣24(火)常治がマツ(富田靖子)との温泉旅行から帰って来る。喜美子らは気丈に振る舞うが、百合子(福田麻由子)は悲しみをこらえきれず、家の外で涙を流す。
┣25(水)信作(林遣都)は、常治を元気づけるため、まつたけご飯を用意しようと考える。そんな中、喜美子が常治に贈ろうと提案した絵付け大皿が完成する。
┣26(木)常治の葬儀が終わり、喜美子と八郎は久しぶりに落ち着いて言葉を交わす。しばらくして、東京で働く直子(桜庭ななみ)が、鮫島(正門良規)という若い男性を連れて帰郷する。
┣27(金)直子は、東京の会社を辞めて鮫島と一緒に大阪で商売を始めると宣言する。そんな中、喜美子は八郎から、ジョージ富士川(西川貴教)が信楽で実演会を行うと聞く。
┣28(土)八郎の計らいで、ジョージ富士川が川原家にやって来た。ジョージ富士川と再会した喜美子は驚きながらも、かつて自分が抱いた夢を懸命に語り始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月5日更新】
■ あらすじ(第14週「新しい風が吹いて」1/6—~1/11—放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1月
┣6(月)喜美子(戸田恵梨香)は、順調に仕事をする八郎(松下洸平)を支えながら、時折自分の作品を作っていた。ある日、東京・銀座で八郎の個展を開くことが決定する。
┣7(火)八郎の弟子である畑山(田中亨)と稲葉(永沼伊久也)のけんかを喜美子が仲裁していると、信作(林遣都)がやって来て、最近の喜美子と八郎についてある指摘をする。
┣8(水)畑山と稲葉が去った日、三津(黒島結菜)という東京の美術大学出身の若い女性が八郎を訪ねて来て、弟子入りしたいと申し出る。今は弟子を取る余裕はないと八郎は断るが、三津は食い下がる。
┣9(木)畑山と稲葉が、喜美子と八郎の部屋に忍び込むところを目撃した三津は、逃げる2人を追い掛ける。その後、喜美子たちが現場を確認すると、研究内容を書いたノートとは別のノートがないことに気付く。
┣10(金)盗まれたノートを三津が取り返してきた。喜美子は、新しいものに意欲的な三津の存在は、今、創作の壁にぶつかっている八郎の刺激になるのではないかと考える。
┣11(土)川原家に住み込み始めて2カ月がたった三津は、マツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)とも親しくなっていた。一方、信作と百合子の距離はますます近づく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月12日更新】
■ あらすじ(第15週「優しさが交差して」1/13—~1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣13(月・㊗)東京・銀座の個展に向けた作品づくりに悩む八郎(松下洸平)。弟子の三津(黒島結菜)が無邪気に八郎の背中を押す一方、喜美子(戸田恵梨香)は個展を中止するよう助言する。
┣14(火)個展を開催すべきか迷う中、八郎は三津が何気なく語り始めた陶芸に関わる話に興味を抱く。陽子(財前直見)は百合子(福田麻由子)と結婚するつもりの信作(林遣都)を思い…。
┣15(水)予定通り個展を開く決断をした八郎は、銀座の会場へ下見に行くと喜美子に話す。絵付け小皿の大量注文を受けたばかりの喜美子だが東京に付いて行くと申し出る。
┣16(木)最近、八郎と親密な三津の言葉から、喜美子は自分が八郎を追い詰めているのではと複雑な思いを抱く。一方、八郎は柔道着姿の信作と照子(大島優子)に遭遇する。
┣17(金)喜美子は三津に、八郎のような人を好きになりたいと言われ動揺する。そんなある日、恋人の鮫島(正門良規)との間に子どもを授かったという直子(桜庭ななみ)が帰郷する。
┣18(土)喜美子が陶芸作品を応募した次世代展の結果を知らせる連絡が川原家に入る。その頃、下見のため上京の準備をしていた八郎に、三津は同行したいと言い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第16週「熱くなる瞬間」1/20—~1/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣20(月)八郎(松下洸平)が個展の下見のため上京している間、喜美子(戸田恵梨香)は作陶に打ち込む。そこへ照子(大島優子)が、さらに信作(林遣都)も訪れて、3人は童心に帰って語り明かす。
┣21(火)信作から電話で呼び出された百合子(福田麻由子)は普段とは違うその話しぶりに違和感を抱く。不安な気持ちを三津(黒島結菜)に伝えた百合子は翌日、信作の家に向かう。
┣22(水)八郎がジョージ(西川貴教)を連れて帰ってくる。ジョージは喜美子の持つ古い信楽焼のかけらが気になっていたという。喜美子はかけらの色合いを出す方法を教わる。
┣23(木)工房の電気窯が故障し、喜美子は大量の小皿を「丸熊陶業」の窯で焼かせてもらうことに。八郎は信楽焼のかけらの色を出したいと願う喜美子にある提案をする。
┣24(金)まきを使う「穴窯」は膨大な費用がかかると知りためらう喜美子に、八郎は今やりたいことをすべきだと助言する。そんな中、穴窯の話を聞いた直子(桜庭ななみ)が…。
┣25(土)喜美子と八郎の穴窯がついに完成する。早速、窯だきが始まり、喜美子と八郎は懸命にまきを投げ入れ続ける。だが、予定の3日を過ぎても目標温度に届かない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月‐日更新】
■ あらすじ(第-週「」1/—~1/—放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣(月)
┣(火)
┣(水)
┣(木)
┣(金)
┣(土)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月‐日更新】
■ あらすじ(第-週「」1/—~1/—放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
┣(月)
┣(火)
┣(水)
┣(木)
┣(金)
┣(土)



D10-g019.gif




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック