FC2ブログ
2020 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2020 03

2019年秋、連続ドラマW トップリーグ

kage

2019/11/09 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月5日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW トップリーグ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:相場英雄「トップリーグ」「トップリーグ2 アフターアワーズ」(ハルキ文庫)
脚本:篠崎絵里子/星野和成
監督:中前勇児

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW トップリーグ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡直樹:玉山鉄二
大手在京新聞社・大和新聞の記者。入社15年目にして政治部へ異動となり官房長官番となる。破竹の勢いで永田町の中枢に上り詰め、政界の深い闇に切り込んでいく。

酒井祐治:池内博之
松岡の元同僚で、大手出版社の週刊誌のエース記者。都内の埋め立て地で発見された旧紙幣、1億5千万円の真相を追う中で、日本史上最大の疑獄事件にぶち当たる。

大畑康恵:佐久間由衣
酒井の後輩記者。

灰原美樹:小雪
大和新聞の記者。松岡の同期。

阿久津康夫:陣内孝則
大和新聞の政治部部長。

近藤道家:小林薫
内閣官房長官。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
玉山鉄二が日本史上最大の疑獄事件を追う新聞記者役で主演! 
食肉偽装問題を取り上げた「震える牛」、巨大企業の不適切会計問題を描いた「不発弾」など、社会のタブーに切り込んだ作品で注目を集める相場英雄の同名小説を連続ドラマ化。玉山鉄二が、総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者を指す“トップリーグ”に上り詰める主人公の新聞記者・松岡直樹を演じ、池内博之扮する週刊誌のエース記者・酒井祐治と共に、日本史上最大の疑獄事件を追っていく。佐久間由衣、光石研、佐野史郎、小雪、陣内孝則、小林薫らが共演し、同局の連続ドラマWで放送した「震える牛」の篠崎絵里子が脚本、「不発弾~ブラックマネーを操る男~」の星野和成らが監督を務める。



2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大手在京新聞社・大和新聞の経済部に勤める松岡直樹(玉山鉄二)は、1年という約束で政治部へ異動するが、その初日に部長の阿久津康夫(陣内孝則)から、「余計なことはするなよ」と忠告される。しかし、初めての官房長官定例会見でルールを無視して官房長官・近藤道家(小林薫)へ質問を投げ掛けた松岡は、それが功を奏したのか近藤の目に留まり、トップリーグへと上り詰めていく。一方、松岡の元同僚で週刊誌のエース記者・酒井祐治(池内博之)は、埋立地で発見された旧紙幣、1億5千万円の真相を追っていた。そんな中で強盗事件が発生。被害者は、酒井が取材したばかりの相手だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月2日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大和新聞経済部の松岡(玉山鉄二)は、1年で戻してもらう約束で政治部へ異動する。初日、部長の阿久津(陣内孝則)に「余計なことはするなよ」と忠告された松岡だが、初めて臨んだ官房長官定例会見でルールを無視して長官の近藤(小林薫)に質問。それが功を奏したのか、近藤から番記者しか参加できない「懇談会」に出るよう名指しされる。一方、松岡の元同僚で週刊誌記者の酒井(池内博之)は、埋め立て地で発見された金庫内の1億5千万円が旧紙幣であることとその出どころを、警視庁刑事・柴田(光石研)から聞き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡(玉山鉄二)は、官房長官・近藤(小林薫)から子育て支援の政策記者に指名され、気合が入る。その反面、近藤の意図がつかめないでいた。一方、取材相手が殺されがくぜんとする酒井(池内博之)は、埋め立て地で見つかった金庫の謎に絡む口封じだと確信。そして、後輩の大畑(佐久間由衣)、警視庁捜査一課の柴田(光石研)と調査を進める中で、ある人物が浮かび上がる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月19日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
松岡が政策記者を務める子育て支援について情報が錯綜する中、松岡は近藤官房長官の口添えで独自取材の記事を出す。「近藤に気を付けろ。阿久津を信用するな」政界に取り込まれていく松岡にそう忠告する酒井は、退職理由を話し始める。初めて聞く酒井の過去に困惑する松岡。そしてある日、政界に裏金を流す「筒美ルート」の全容解明と近藤官房長官と疑獄事件の関与を追っていた酒井が何者かに刺され……。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月26日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「酒井さんの意志を継いでください」通り魔に刺された酒井の代わりに記事を出してほしいと大畑に頼まれ苦悩する松岡。そんな中、娘が何者かに突き飛ばされたと藍子(中村映里子)から連絡が入る。記者として正義を貫き記事を出すか、父親として家族を守るために記事を握りつぶすか……、究極の選択を前に松岡が下す決断とは?! 5年後――。松岡と同期の灰原美樹(小雪)が念願の政治部に異動してくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月2日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
5年前、疑獄事件の真実を葬り去った松岡はトップリーグとしてスクープを連発。一方、灰原は民政党の不正献金疑惑をつかみ記事を出そうとするのだが圧力によりこの件の取材を禁じられてしまう。「力が欲しい」と嘆く彼女に近藤は政治家にならないかと提案。灰原は正義と権力のはざまで揺れ動く。ある日、疑獄事件を追い続ける柴田が松岡を訪れる。松岡は事故死したと聞いていた父親とある人物との衝撃的なつながりを聞かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月9日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
「真実を突き止めてすべてを終わらせる」松岡は父親の死の真相を知り疑獄事件の全容解明を決意。一方、民政党の公認候補として出馬を決めた灰原だが、酒井が刺され松岡の娘が大けがをした過去に近藤が関与しているのではと疑念を抱き困惑していた。そして松岡の熱意に感化された酒井も松岡とともに再び記事を出すことを覚悟する。金庫発見を機に浮かび上がった官邸最大のタブー。真実を求め闘う記者たちがつかみ取ったものとは?!


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック