FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(4月の特集本④)マン・レイ 写真と恋とカフェの日々/ハーバート・R. ロットマン(著) 木下哲夫 (訳)

kage

2019/04/04 (Thu)

2019年4月の特集本|学ぶべき姿勢
学ぶ姿勢

憧れの生き方や暮らし方は人それぞれ違うけれど、

ひたむきに打ち込む姿を尊敬したり、

恰好いい生き方を真似してみたりすることは、

自分にとってもとても大きな力になるように思います。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

ノンフィクション
 マン・レイ 写真と恋とカフェの日々
 /ハーバート・R. ロットマン(著) 木下哲夫 (訳)


マン・レイ 写真と恋とカフェの日々
ハーバート・R. ロットマン
白水社
売り上げランキング: 1,124,398




Arikaアイコン(小)1不偏不覚
マン・レイ。この有名な写真家は、画家としてはなかなか認められなかぃた。若い時に故郷アメリカに見切りをつけ、1920年代の芸術があふれるパリへと飛んだ。好奇心が強く人間に興味がある彼は、下手なフランス語でズンズン個性的なメンバーの中へ入っていく。今まで収入源でしかなかったカメラを使うと、どこでも誰とでも親しくなれる!ということに気づく。「憧れのパリ」の中をカメラ片手にひょいひょうと、しかし確実に歩むマン・レイ。好きなことを続けるための場所の選択、仲間の作り方、自分に素直にあることの大切さが記されている。派閥というものに対してどう対処するのか、という点についても参考になります。反面、好きな絵については最後まで認められない辛さも感じ取れる本である。

マン・レイ(Man Ray)
1890年8月27日 - 1976年11月18日。アメリカ合衆国の画家、彫刻家、写真家。ダダイストまたはシュルレアリストとして、多数のオブジェを制作したことでも知られる。レイヨグラフ、ソラリゼーションなど、さまざまな技法を駆使し、一方でストレートなポートレート(特に同時代の芸術家のポートレート)も得意とし、ファッション写真と呼べるような作品もあったりと、多種多様な写真作品群を残している。

美の20世紀〈11〉マン・レイ (美の20世紀 11)
アレクサンダー ゲイムス
二玄社
売り上げランキング: 482,479


マン・レイ自伝 セルフ・ポートレイト
マン レイ
文遊社
売り上げランキング: 714,778


Photographs by Man Ray: 105 Works, 1920-1934
Man Ray
Dover Publications
売り上げランキング: 95,407






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック