FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2019年秋、プレミアムドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』

kage

2019/10/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:三遊亭圓朝「怪談 牡丹燈籠」
脚本:源孝志
演出:源孝志
プロデューサー:川崎直子/石崎宏哉
制作統括:千野博彦/伊藤純/川崎直子/八木康夫

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
お国:尾野真千子
飯島家の奥方付きの侍女だったが、奥方・りつの死後、平左衛門の側女となる。さらに、平左衛門の目を盗んで隣家の源次郎と密通し、平左衛門の謀殺と飯島家の乗っ取りという悪計を巡らせる。それを孝助に見とがめられると、平左衛門共々殺してしまおうと画策する。

宮辺源次郎:柄本佑
飯島家の隣に屋敷を構える旗本・宮辺家の次男で、いまだに部屋住みのごくつぶし。生来の放蕩者で父から勘当されるが、遠縁にあたる平左衛門のとりなしで家に戻る。恩人であるはずの平左衛門の側女となったお国と、密通の不義を犯す。

黒川孝助:若葉竜也
飯島家の家人。父親が酒に酔って刃傷沙汰に及び斬られて死んだため、住んでいた長屋の大家に町人として育てられる。武家奉公を志し、平左衛門を父の敵と知らずに飯島家に奉公することに。剣の手ほどきを受ける平左衛門に、忠義を尽くす。

萩原新三郎:中村七之助
美男の若い浪人。士官もせず、親の残した遺産で何不自由なく読書三昧の暮らしを送っている。友人の医者・山本志丈に紹介されたお露と一目で恋に落ちる。幽霊となっても通ってくるお露を恐れ、悪霊封じの仏像とお札をもらう。

お露:上白石萌音
平左衛門の美しい一人娘。新三郎と知り合い互いに恋に落ちるが、身分違いの許されぬ恋を嘆き、新三郎を慕うあまり焦がれ死んでしまう。思いの強さから成仏できず、幽霊となって新三郎のもとに通い、逢瀬を重ねる。

伴蔵 :段田安則
新三郎の下男。いわゆる小悪党。悪霊封じをされて新三郎に会えなくなった幽霊のお露から、新三郎の家の仏像とお札を取り除くよう頼まれる。妻・お峰の悪知恵で、幽霊たちから百両をせしめようとする。

飯島平左衛門:高嶋政宏
牛込に屋敷をかまえる江戸城御書院番組頭・八百石の旗本で、剣の達人。妻のりつが病死し、一人娘のお露と暮らす。まだ家督を継ぐ前に、酒乱の浪人に絡まれて斬り殺したという暗い過去を持つ。思うところあって孝助の士官を許す。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
プレミアムドラマ 令和元年版 怪談牡丹燈籠 
恋焦がれて死んだ美貌の娘の幽霊が、夜ごといとしい男を訪ねる幻想的なシーンで有名な怪談「牡丹燈籠」を令和版として映像化。原作となる、初代三遊亭圓朝による長編落語の全編は、お家乗っ取りをたくらむ希代の悪女・お国を中心とした色と欲の人間ドラマで、20年にわたる敵討ちと因果応報が展開される壮大な物語。今回は、ワイヤーアクションや特殊メーク、チャンバラなども盛り込み、尾野真千子の主演で和製ホラーとして描く。

共演者には、柄本佑、若葉竜也、中村七之助、上白石萌音、段田安則、高嶋政宏ら豪華俳優陣が名を連ね、語りを講談師の神田松之丞が務める。

2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
寛保3年。剣客で知られた旗本の青年・飯島平太郎(高嶋政宏)は、訪れた本郷の刀剣商で乱暴を働く酒乱の浪人を、若気の至りから切り殺す。16年後、平太郎は家督を継ぎ平左衛門となり、妻・りつとの間に一人娘のお露(上白石萌音)が生まれていた。しかし、りつは若くして病死し、りつの侍女だったお国(尾野真千子)が平左衛門の愛人となると、次第に権力を握っていく。
そんなある時、壮健な若者・黒川孝助(若葉竜也)が飯島家に士官を願い出ると、平左衛門は思うところありそれを許す。一方、お露は浪人の萩原新三郎(中村七之助)と出会って運命の恋に落ちるが、身分違いの恋に悩んで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
剣客で知られた旗本の青年・平太郎は、本郷の刀剣商で酒乱の浪人・黒川(神尾佑)に絡まれ、若気の至りから切り殺すも、幕府によっておとがめなしの裁定を受ける。時が流れ、飯島家の家督を継いだ平太郎改め平左衛門(高嶋政宏)は、御書院番組頭に。一人娘・お露(上白石萌音)はそのかれんさで評判となっていた。だが、病弱な妻の死後、侍女・お国(尾野真千子)が平左衛門の愛人となり、力を握っていく。そんな折、仕官を願う若者・孝助(若葉竜也)が飯島家へ。一方、お露は浪人・新三郎(中村七之助)と運命の恋に落ちる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
孝助(若葉竜也)は、かつて平左衛門(高嶋政宏)が殺した浪人の息子だった。孝助を鍛える平左衛門の心にはある決意が芽生えていく。隣家のならず者・源次郎(柄本佑)と深い仲になったお国(尾野真千子)は、平左衛門を殺して飯島家を乗っ取る悪計を巡らせるが、それを孝助に知られる。一方、新三郎(中村七之助)との身分違いの恋に心奪われたお露(上白石萌音)は焦がれ死にしてしまう。



D10-g019.gif




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック