FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2019年秋、WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」

kage

2019/10/13 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:30~23:00

 WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:清水匡/内片輝
監督:山本大輔
プロデューサー:松永綾/植田春菜/北川雅一

E13-b043.gif
外部サイト:WOWOWオリジナルドラマ 悪の波動 殺人分析班スピンオフ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
野木直哉/八木沼雅人:古川雄輝
本名は八木沼雅人。野木直哉と名を変え、身元を詐称してアパートで暮らしている。6歳の時、母親と一緒に誘拐され、足を骨折して身動きできない瀕死の状態で廃屋から発見されたという暗い過去を持つ。ある殺人事件をきっかけに、殺人鬼“トレミー”へと変貌を遂げる。

浅田吉佳 :SUMIRE
野木が住むアパートの隣の部屋の住人。野木が八木沼の名前だった、静岡での中学生時代の同級生。偶然、野木と同じアパートに住んでいたことで再会する。

矢島啓介 :深澤辰哉
神奈川県警川崎南署の所轄刑事。井口と共に、川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする。

浅田剛志 :平埜生成
吉佳の兄。母親違いの妹である吉佳に金をせびり、思い通りにならなければ暴力を振るう。それを野木が止めようとしたことで、野木の抱える闇があらわになっていく。

井口智一 :池田鉄洋
川崎で起きた“首くくり殺人”事件の捜査をする神奈川県警捜査一課の刑事。刑事として確固たる信念を持つ現場主義者。捜査線上に浮上した野木の存在を不審に思う。

如月塔子 :木村文乃
警視庁捜査一課十一係の刑事。後に、八木沼雅人と接触することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
古川雄輝主演で「殺人分析班」シリーズの殺人鬼・トレミー誕生秘話を描くスピンオフ 
麻見和史の原作を基に、同局の連続ドラマWで「石の繭」「水晶の鼓動」として映像化された木村文乃主演の大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズ。そこに登場する、古川雄輝演じるトレミーが冷酷な殺人鬼となるきっかけを描く、オリジナルのスピンオフドラマ。「石の繭」事件の直前、ある殺人事件をきっかけに、野木直哉と名前を変えた八木沼雅人がトレミーへと変貌を遂げていく。八木沼に思いを寄せるヒロイン・浅田吉佳役でSUMIREが出演するほか、Snow Man・深澤辰哉、平埜生成、池田鉄洋らが共演する。監督は、シリーズ1作目から演出を手掛ける内片輝をメインに、共同監督として山本大輔もメガホンを取る。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月3日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
2014年。神奈川・川崎市内で、女性ばかりを狙った連続殺人事件が起き、世間では“首くくり殺人”などと呼ばれる。犯人の手掛かりがつかめず警察の捜査が難航する中で、神奈川県警捜査一課の刑事・井口智一(池田鉄洋)は、この殺人事件の容疑者として、古びたアパートに暮らす男・野木直哉(古川雄輝)をマークする。
野木の本名は八木沼雅人で、6歳の時に母親と一緒に誘拐され、瀕死の状態で発見された“昭島母子誘拐事件”の被害者だった。野木は身元を詐称してアパートに住んでいたが、警察はそんな野木への疑いを深めていく。そんな中、野木は隣の部屋に住んでいる浅田吉佳(SUMIRE)と接触する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月3日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
川崎市内で、女性が首をつられて殺される事件が続発。神奈川県警捜査一課の刑事・井口(池田鉄洋)は容疑者として野木(古川雄輝)を独自にマークしていた。実は野木は、6歳の時に母親と共に誘拐され瀕死(ひんし)の状態で発見された「昭島母子誘拐事件」の被害者・八木沼雅人で、身元を詐称し暮らしている。隣人・吉佳(SUMIRE)は、そんな野木の正体に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
‘首くくり殺人事件’の4人目の被害者が出た。井口(池田鉄洋)の取り調べを受ける野木(古川雄輝)は、自分のうそも見抜けなかったことを挙げて警察を無能扱いし、井口らをいら立たせる。野木が警察を嫌う理由は、過去の誘拐事件にあった。一方、吉佳(SUMIRE)は兄・剛志(平埜生成)の暴力から救ってくれた野木に特別な感情を抱き始め、行動を共にするようになる。

D10-g019.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック