FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2019年秋、火曜ドラマ『まだ結婚できない男』

kage

2019/12/10 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月8日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 21:00~21:54

 まだ結婚できない男

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾崎将也
演出:三宅喜重/小松隆志/植田尚
プロデューサー:安藤和久/東城祐司/米田孝/伊藤達哉/木曽貴美子
主題歌:まだスイミー/持田香織

E13-b043.gif
外部サイト:まだ結婚できない男

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
桑野信介:阿部寛
偏屈で独善的で皮肉屋な建築家。ルックスがよくて人並み以上の収入もあるが、53歳の現在まで独身。建築家としての腕はよく仕事も早いが、高すぎるプライドと強いこだわりのためによく周囲と衝突してしまう。悪気なくうんちくをひけらかしたり、親切をあだで返したりしてしまうことも。料理・洗濯・掃除が得意で、趣味はクラシック音楽を大音量で部屋で聴くこと。

吉山まどか:吉田羊
弁護士。桑野に振り回され、ぶつかり合いながらも関係を深めていく。

戸波早紀:深川麻衣
桑野の部屋の隣に引っ越してくる謎の女性。

村上英治:塚本高史
建築士。桑野の設計事務所のアシスタントだったが、現在は桑野と共同経営者に。

岡野有希江:稲森いずみ
カフェの店長。まどかに弁護を依頼している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
13年ぶり待望の続編。
阿部寛演じる偏屈×独善的×皮肉屋の桑野に再び恋の兆しが!? 

阿部寛扮する、偏屈で独善的で皮肉屋だがどこか憎めない独身の建築家・桑野信介が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯に考えるまでの日常をコミカルに描いた「結婚できない男」(同系)の続編。主演の阿部のみならず、脚本の尾崎将也、演出を手掛ける三宅喜重、小松隆志、植田尚ら前作の制作陣が再集結する。

53歳になった桑野が出会う女性たちとして、弁護士の吉山まどか役で吉田羊、隣の部屋に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀役で深川麻衣、カフェの店長・岡野有希江役で稲森いずみが出演。塚本高史、草笛光子らおなじみのメンバーらも続投する。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
53歳になった建築士の桑野信介(阿部寛)は、以前と同じマンションで独身生活を謳歌(おうか)していた。自身の担当医だった早坂夏美(夏川結衣)とは、交際まで発展したものの愛想をつかされてしまい、その後破局。偏屈さにより一層磨きがかかる桑野だったが、将来のことを考えると少し不安を感じていた。そんな中、弁護士の吉山まどか(吉田羊)や、隣人の戸波早紀(深川麻衣)、カフェの店長・岡野有希江(稲森いずみ)と出会った桑野の運命の歯車が、突然動き始める。果たして桑野は、今度こそ“結婚”の扉を開き、人生のパートナーを見つけることができるのか。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
53歳になり、より一層偏屈さを増した桑野(阿部寛)は、以前と同じマンションに暮らし独身生活を謳歌(おうか)していた。アシスタントだった英治(塚本高史)は今や共同経営者。目下の悩みは、自分を中傷する匿名ブログの存在だ。そこで、桑野は弁護士・まどか(吉田羊)の事務所を飛び込みで訪ね、調査を依頼する。一方、マンションの隣室には、挙動不審な早紀(深川麻衣)が転居してくる。後日、桑野はまどかの実力を測るべく、裁判を傍聴する。まどかの依頼人は、夫からの離婚の申し出に同意しない有希江(稲森いずみ)で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
英治(塚本高史)達が、桑野(阿部寛)の名前で「婚活アプリ」にデータを登録。憤慨した桑野は自ら登録を削除しようとするも失敗し、多数のメッセージが着信して慌てる。しかし、ヨガ講師だという女性の文面を読み、まんざらでもない。削除していないことをまどか(吉田羊)や有希江(稲森いずみ)にまで知られてしまった桑野だが、無関心を装いつつ、女性と会うことにする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月22日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桑野(阿部寛)は、隣人で女優の早紀(深川麻衣)が飼い始めた犬が、ペットショップで気に掛けていたパグ犬で、タツオと名付けられたと知る。後日、早紀と立ち話をしていると、元恋人・野村(平田雄也)が現れ復縁を迫った。早紀の様子から、桑野は新恋人を装いその場をやりすごすが、野村が人気俳優だったことから、この時の3人の写真が週刊誌に掲載されてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月29日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
家が水漏れして圭子(三浦理恵子)家族の元に避難していた母・育代(草笛光子)が、圭子とけんかして桑野(阿部寛)のマンションにやって来た。リフォームが水漏れの原因とにらんだ桑野は、育代を伴い、まどか(吉田羊)に対処を依頼。桑野宅に滞在するうち、育代は早紀(深川麻衣)や有希江(稲森いずみ)とも知り合う。そんな中、桑野は育代の誕生日を祝うよう圭子に言われて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月5日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大仏に癒やされ、縁結びで有名な神社にも参拝したいと思い立ったまどか(吉田羊)が、有希江(稲森いずみ)と早紀(深川麻衣)を1泊で鎌倉に誘う。ところが、現地で桑野(阿部寛)を見掛け、しかも同じ宿だったことで、気分転換に来たはずの3人はどっと疲れる。そんな中、まどかは高校時代の後輩・エリカ(野波麻帆)と再会。一方、桑野は、‘やっくん’とおぼしき人物を見つけて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月12日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桑野(阿部寛)は、同じジムの薬丸(デビット伊東)が‘やっくん’だとにらんでいる。一方、まどか(吉田羊)の元には弁護士志望のいとこ・亮介(磯村勇斗)が長野から手伝いに来る。亮介はまどかの母親から、娘に恋人がいるのか確かめるよう頼まれていた。母親と確執があるまどかに、桑野は皮肉たっぷり。有希江(稲森いずみ)の店でもまどかにずけずけ物を言い、有希江から非難される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月19日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桑野(阿部寛)は店舗内装の依頼を渋るが、先方の専務・大島(岡部たかし)と会い、がぜんやる気に。英治(塚本高史)は桜子(咲妃みゆ)から、桑野に結婚の件を話すよう促されるが機会をつかめずにいた。一方、有希江(稲森いずみ)はビル社長と進めていた店の経営権譲渡の話をほごにされそうになり、まどか(吉田羊)に相談。同じ頃、桑野は依頼店舗が有希江のカフェの場所だと知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月26日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
英治(塚本高史)と桜子(咲妃みゆ)の結婚式に列席するのか、桑野(阿部寛)の返事は曖昧で、居合わせたまどか(吉田羊)らもあきれる。一方、圭子(三浦理恵子)と中川(尾美としのり)が桑野を呼び出し、ゆみ(平祐奈)がメイドカフェでアルバイトしている件を相談。そんな中、桑野から何とか出席の返事をもらった英治は主賓の挨拶を頼むが、素直にやるとは言わない桑野に…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桑野(阿部寛)が腹痛を訴え、救急搬送された。見舞ったまどか(吉田羊)ら3人は、あまりにも素直な桑野に驚き、有希江(稲森いずみ)と早紀(深川麻衣)は心を入れ替えたのではと考える。しかし、「一時的なもので、リバウンドする」と断言したまどかの見立ては当たる。そんな中、まどかと有希江を出演する舞台に招いた早紀は、桑野にも声を掛けたらどうかと提案されるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
桑野(阿部寛)は熟年離婚が決まった木村(伊藤正之)が1人で住む家の設計を手掛けているが、妻・玲子(宮田早苗)が建築の差し止めを要求。玲子側の弁護士はまどか(吉田羊)だった。桑野は木村側の弁護士・浅野(阪田マサノブ)に依頼され、証人として出廷することに。裁判当日、英治(塚本高史)夫婦、有希江(稲森いずみ)や早紀(深川麻衣)も傍聴する中、桑野とまどかはいつものように‘結婚観’の相違で対立し、裁判官もうろたえる。一方、まどかは母親の体調のこともあり、長野に戻って事務所を継ごうかと迷い始めていた。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック