FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2019年秋、水曜ドラマ『同期のサクラ』

kage

2019/12/18 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★10月9日スタート 

日本テレビ系 毎週水曜 22:00~23:00

 同期のサクラ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:遊川和彦
演出:明石広人
演出:南雲聖一
プロデューサー:西憲彦/大平太/田上リサ

E13-b043.gif
外部サイト:同期のサクラ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
北野サクラ:高畑充希
離島生まれで、島の人々と家族同然の付き合いをしてきたため、他人との距離感が近い。島に橋を架けるために「花村建設」に入社する。忖度できない性格で、どんな逆境でも自分を貫こうとする。

月村百合:橋本愛
「花村建設」に勤務するサクラの同期。クールで場の空気を読むイマドキの若者。常に自分の居場所を探している。

木島葵:新田真剣佑
「花村建設」に勤務するサクラの同期。厳格な父と優秀な兄に見下されてコンプレックスを持っており、家では居心地が悪い。社長になりたいと本気で思っているため、いくらでも忖度をする。

清水菊夫:竜星涼
「花村建設」に勤務するサクラの同期。応援部出身の熱血タイプ。仲間や頑張っている人の力になりたいと本気で思っている。

土井蓮太郎:岡山天音
「花村建設」に勤務するサクラの同期。二浪して大学を卒業。努力家で一級建築士を目指す。何でも悪い方に考えるネガティブな一面も。

火野すみれ:相武紗季
「花村建設」社員。人事部でサクラたちの面倒を新人研修から見ている。子育てと仕事の両立に奮闘中。

黒川森雄:椎名桔平
「花村建設」の人事部長。人の良さそうな上司に見えるが、サクラの敵か味方かは不明。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高畑充希が遊川和彦と再タッグ。
ヒロインの生きざまを見守った同期との10年間の記録 

同局放送の「過保護のカホコ」制作チームが再集結。主演の高畑充希が脚本家の遊川和彦と再びタッグを組むオリジナルドラマ。過疎の離島で育ち、「故郷の島と本土を結ぶ橋を架ける」という夢のためにゼネコン最大手「花村建設」に就職した主人公・北野サクラを高畑が演じる。

どんな逆境でも自分を貫くことの素晴らしさを教えてくれたサクラを見守り、支えようとする同期たちの姿を、1話ごとに1年ずつ丁寧に描いていく意欲作。サクラの同期に、橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音と若手俳優が顔をそろえるほか、先輩社員役で相武紗季、椎名桔平らが共演する。



2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
2009年春。ゼネコン最大手「花村建設」の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員・北野サクラ(高畑充希)の姿があった。過疎の離島で育ち、「故郷の島と本土を結ぶ橋を架ける」という夢のために入社したサクラは、自身の夢を語ることをはばからず、周囲から浮いた存在になってしまう。
さらに、新入社員研修でどうしても譲れないと自分を貫いたことで、徐々に会社人としての歯車が狂いだす。しかし、出会った時はサクラと関わりたくないと思った同期の面々だったが、絶対に夢を諦めないサクラに次第に触発されていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2009年、大手ゼネコン「花村建設」の入社式に、幼い頃から故郷・新潟の離島に「橋を架ける」ことが夢だった新入社員のサクラ(高畑充希)の姿があった。式での突拍子もない言動で、人事部長・黒川(椎名桔平)や新人の世話役・すみれ(相武紗季)を慌てさせたサクラは、その後の新人研修で、事務職志望の百合(橋本愛)、野心家の葵(新田真剣佑)、応援団出身の菊夫(竜星涼)、設計士を目指す蓮太郎(岡山天音)と同じ班になる。班のリーダーを任されたサクラは共同作業の「模型作り」に一切妥協を許さず、他の面々は振り回される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月16日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
意識が戻らないサクラ(高畑充希)を訪ねた同期の菊夫(竜星涼)は、入社2年目を思い出す。9年前の2010年、サクラは黒川(椎名桔平)に命じられ、すみれ(相武紗季)と共に「残業時間削減」を各部署に伝えて回る。菊夫は大学の先輩でもある横柄な部長・桑原(丸山智己)の下、心身共に疲弊していた。後日、桑原の元に単身、乗り込んだサクラは、菊夫を定時で帰すよう直訴する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月23日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/10/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2011年3月。入社3年目を目前に、サクラ(高畑充希)は‘ミス広報部’と評判の同期・百合(橋本愛)から、クライアントの会社の専務(小木茂光)にしつこく食事に誘われているので、同席してくれと頼まれた。サクラはレストランで百合が席を外した際、専務に‘百合の正直な気持ち’を伝えて、先方ばかりか、百合自身や広報部長の葦田(村田雄浩)も怒らせてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月30日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/10/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2012年9月。入社4年目のサクラ(高畑充希)は黒川(椎名桔平)の指示により、ストレスチェックのアンケートが未回答のままの社員に提出を促す。同期で設計部の蓮太郎(岡山天音)もその一人。サクラは「悩みはない」と言いつつもピリピリしている蓮太郎が今年も1級建築士の試験に落ちた上、部内で浮いていることに気付く。さらに蓮太郎は家族への不満も抱えていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月6日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2013年、入社5年目。葵(新田真剣佑)が「社長賞」を受賞し、表彰に立ち会ったサクラ(高畑充希)は、葵の父親が国交省の高級官僚だと知る。その夜、サクラの提案で、百合(橋本愛)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)がお祝いしようと集まったが、葵の皆を見下した態度にサクラ以外は怒って帰ってしまう。その直前、葵は部長の杉原(飯田基祐)からある要請を受けていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
すみれ(相武紗季)は、社長・花村(西岡徳馬)と親しい有名評論家・椿を招いての「女性活躍推進セミナー」のリーダーを任される。参加したサクラ(高畑充希)は、すみれが最近離婚し、8歳の娘・つくし(粟野咲莉)と2人暮らしだと知る。そんな中、打ち合わせに訪れた椿のマネジャー・米田が理不尽な条件を押し付けてきて、反発したサクラはプロジェクトから外される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月27日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/11/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
入社7年目の2015年。故郷で橋の工事が始まり、サクラ(高畑充希)は黒川(椎名桔平)と土木担当役員の桑原(丸山智己)から住民説明会に出るよう要請される。地盤が想定より弱いものの基礎工事の基準は満たしていることをサクラの口から説明し、島の人々を安心させてほしいという。帰郷したサクラは、同行した葵(新田真剣佑)ら同期4人を祖父・柊作(津嘉山正種)に会わせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月4日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
2019年12月。百合(橋本愛)はサクラ(高畑充希)の主治医から、これ以上回復は望めないので転院するよう勧められ、葵(新田真剣佑)らに相談する。遡ること3年。サクラは公私に大きな不幸が重なり、心身共に疲れ果てて休職した。そして、1年余りが経過。同期の4人は、部屋から出ず、誰とも会おうとしないサクラを心配し、それぞれのやり方で元気づけようとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人生の岐路に立つサクラ(高畑充希)の同期4人は、それぞれ悩みを抱えていた。百合(橋本愛)は起業しようか迷い、葵(新田真剣佑)は恋愛と結婚について悩んでいる。蓮太郎(岡山天音)は転職を考えているが、心配をかけるのが嫌ですみれ(相武紗季)にも言えず、NPO法人の代表に推されている菊夫(竜星涼)は自信が持てない。サクラは、そんな4人の悩みを解決しようとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
2020年4月。満開の桜の下に、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)が集まり、サクラ(高畑充希)の激動の人生を振り返る。その1カ月前、花村建設の副社長になった黒川(椎名桔平)に声を掛けられて会社に復帰したサクラは、新規プロジェクトのリーダーとして仕事にまい進する。黒川の理念に感化されたサクラは、同期からの悩み相談よりも仕事を優先させるようになってしまう。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック