FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋、金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』

kage

2019/12/13 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月11日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 4分間のマリーゴールド

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:キリエ「4分間のマリーゴールド」(小学館ビッグスピリッツコミックス)
脚本:櫻井剛
演出:河野圭太
プロデューサー:橋本芙美

E13-b043.gif
外部サイト:4分間のマリーゴールド

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
花巻みこと:福士蒼汰
救急救命士。手を重ねた人の最期の姿が見える不思議な力を持つ。9歳の時に父が再婚し、義母とその子どもの沙羅、廉、藍と家族になる。子どもの頃から沙羅に思いを寄せている。ある時、沙羅の寿命が1年後の誕生日までだという運命を知ってしまう。

花巻沙羅:菜々緒
みことの義姉。画家。地元のカルチャースクールでお年寄り向けの絵画教室を開いたり、自宅のアトリエを開放して近所の子どもたちに絵を指導している。天真らんまんで家族にとって太陽のような存在。自分より周りのことを優先する優しい性格。マリーゴールドの花が好き。

花巻廉:桐谷健太
みことの義兄。警備員。父が亡くなり、母も不在がちな花巻家を守る大黒柱。元ヤンキーでこわもてだが、大の家族思い。格闘技が好きで、ジムにも通っている。沙羅や藍から辛らつな言葉を浴びせられることも多いが、怒ることはなく、逆に落ち込んでしまう性格。

花巻藍:横浜流星
みことの義弟。高校生。料理好きで、家族のためにご飯を作ることが自分の大事な役割だと思っている。あまり自らのことを口に出さず、きょうだいの中で一番クールに見えるが、子どもっぽい一面も持つ。姉の沙羅

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
福士蒼汰が救急救命士役で主演。
菜々緒演じる余命1年の義姉との切ないラブストーリー 

キリエの同名漫画を原作に、“死の運命”が見える特殊な能力を持つ救急救命士と、余命1年の義姉との恋を描く禁断のラブストーリー。救急救命士・花巻みことを福士蒼汰が、みことが思いを寄せる義姉・沙羅を菜々緒が演じる。

花巻家の長男・廉を桐谷健太、末っ子・藍を横浜流星が演じるなど、一つ屋根の下で繰り広げられる4人のやりとりも見どころの一つ。また、藍が料理好きという設定から、横浜が“料理男子”に初挑戦するなど、食卓を彩る家庭料理にも注目が集まる。
タイトルの“4分間”とは、救命における生死を分けるタイムリミットのこと。家族、そして生と死に向き合う愛の物語を、脚本の櫻井剛が切なく紡ぎ出す。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
救急救命士の花巻みこと(福士蒼汰)には、手を重ねた人の“死の運命”が見える不思議な能力があり、どれだけ力を尽くしてもそれが現実となってしまうため、やり切れない思いを抱えていた。
ある日、今は亡き父の再婚によって家族となった義理の姉・沙羅(菜々緒)の寿命が、1年後の28歳の誕生日までだという運命を見てしまう。子どもの頃から沙羅に恋心を寄せていたみことは、残酷な運命を変えられないかと苦悩し、あと1年、沙羅の幸せのために尽くすことを心に誓う。やがてみことは、胸に秘めた沙羅への気持ちを抑えきれなくなってしまい…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
救急救命士のみこと(福士蒼汰)は、自分の手を他人の手に重ねると、相手の‘死の運命’が見えてしまう特殊能力の持ち主。その運命を覆せたことはなく、悩みながらも仕事に打ち込んでいる。一方、みことは父親の再婚できょうだいとなった義兄・廉(桐谷健太)、義姉・沙羅(菜々緒)、義弟・藍(横浜流星)と仲良く暮らしているが、実は沙羅に思いを寄せていた。ある日、みことは心筋梗塞で倒れた男性・久司(原田文明)の心肺蘇生を行う。久司の死の光景を見たみことは運命を変えようと手を尽くし蘇生に成功するが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
みこと(福士蒼汰)らは救急出動要請を受けて、老婦人・和江(松金よね子)の元へ向かう。和江は息子の命日が近づくと寂しさから救急隊に連絡をしてくるため、みことの上司・江上(三浦誠己)らも対応に苦慮していた。一方、‘死の運命’を変えたいと強く願うみことは、沙羅(菜々緒)に人間ドックの受診を薦める。藍(横浜流星)は、そんなみことの様子に違和感を覚える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月25日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
廉(桐谷健太)の親友でフリーカメラマンの広洋(佐藤隆太)が帰国した。花巻家で、藍(横浜流星)の作った食事を共に楽しんだ広洋は、沙羅(菜々緒)を海外での仕事に誘う。まんざらでもない様子の沙羅に、みこと(福士蒼汰)は複雑だ。そんなある日、結婚式場から通報が。花婿の敦志(尾上寛之)が必死に呼び掛ける中、みことは倒れている花嫁・美亜(とももともも)の運命を見てしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月1日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)は灯台で今後のことを話し合う。一方、救命のスキルを上げたいみことは「気管挿管」の研修で病院に赴き、食道がんの患者・梓(筒井真理子)の施術を担当することに。梓は唯一の身内である娘と何年も会っていないという。その夜、広洋(佐藤隆太)の誘いで、廉(桐谷健太)を除く花巻家の面々は神社の秋祭りへ。そこで、みことは沙羅と2人きりになり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月8日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
みこと(福士蒼汰)は廉(桐谷健太)に、沙羅(菜々緒)を諦めたくないという思いをぶつけ、家族はぎくしゃくする。一方、廉の同僚・原田(橋本じゅん)の救急要請を受けたみこと達は、倒れた彼の妻・理沙(七瀬なつみ)の元へ。理沙と手を合わせたみことは死のビジョンを見てしまう。その光景には、なぜか派手なアロハシャツを着て涙を流す原田と共に、廉の姿もあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月15日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
廉(桐谷健太)も藍(横浜流星)も自分にできることをしようと試行錯誤する中、みこと(福士蒼汰)から不意に告げられた言葉に驚く沙羅(菜々緒)は、どう応えたらいいのか思い悩む。一方、みことの後輩・上田(伊藤あさひ)は心身共に疲弊し、異動を願い出るべきか考えていた。そんなある日、非番の上田は男児が倒れる現場に遭遇。駆け付けたみことは、過去のケースを思い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月22日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)は、藍(横浜流星)が進路について悩んでいることを知る。廉(桐谷健太)の希望で大学受験の準備を進めているが、本当は料理の勉強をしたいという。みことはやりたいことをするよう助言し、沙羅も「いつ何が起きるか分からないから」と藍の思いを後押しする。一方、廉は実家の老舗旅館を継いだ元恋人・千冬(磯山さやか)と再会し、食事に行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月29日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(菜々緒)達の母・理津(麻生祐未)が帰国した。みこと(福士蒼汰)は沙羅と共に、2人の交際と結婚を考えていることを告げる。そして、沙羅は運命を自分の口から理津に打ち明けようと決意したものの、言い出せずにいた。廉(桐谷健太)は理津に対して思うところがあり、とげとげしい態度を取る。そんな折、みこと達は救急要請を受け、破水した妊婦の元へ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
みこと(福士蒼汰)は理津(麻生祐未)との対話以降、傷病者の‘運命’を見ずに処置をするようになる。廉(桐谷健太)や藍(横浜流星)も前向きで、花巻家は少しずついい方向に進んでいた。そんな折、みこと達は救急要請を受け、沙羅(菜々緒)の同級生・滝沢が勤める小学校へ出動。先日、救命講習で会ったばかりの滝沢は、児童・直哉(川口和空)をかばって頭部をぶつけていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
沙羅(菜々緒)の誕生日まであと3カ月。見てしまった死の運命を覆せないことに苦しんできたみこと(福士蒼汰)達は、理津(麻生祐未)から「覚悟があれば運命は変えられること」を示され、そこに光を見いだす。廉(桐谷健太)も藍(横浜流星)も自分の人生を前向きに進み始める中、目の前のやるべきことに全力を注ぐことが大切だと気付いたみこともまた、救急救命士として男として大きく成長する。一方、沙羅は久しぶりに帰国した広洋(佐藤隆太)にあるものを託していた。運命の日に向け、花巻家全員の思いが試される。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック