FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2019年秋、金曜ドラマ『時効警察はじめました』

kage

2019/10/11 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月11日スタート 

テレビ朝日系 毎週金曜 23:15~24:15

 時効警察はじめました

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:三木聡/大九明子/福田雄/一田中眞一/小峯裕之
監督:三木聡/大九明子/今泉力哉/森ガキ侑大/塚本連平
主題歌:公然の秘密/椎名林檎

E13-b043.gif
外部サイト:時効警察はじめました

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
霧山修一朗:オダギリジョー
12年前、政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び総武署の時効管理課に配属される。資料の中から目に留まった事件を個人的に調べるのが趣味。あだ名が“ポツネン”というくらい地味だが、時効事件の捜査になるとにわかに手腕を発揮する。天才的な観察力を持っているが、その才能を仕事に生かす気はない。

三日月しずか:麻生久美子
総武署の交通課課長補佐。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、思いを伝えられないまま霧山は渡米し、寂しい日々を過ごしていた。6年前に刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。現在は一人暮らしをしている。霧山から奪った婚姻届を今も大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

彩雲真空:吉岡里帆
総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖の熱血女子。十文字に日々課せられる張り込みの練習や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。十文字には「話がつまらない」と言われるが、小説からプロレスまで興味の対象は無秩序で膨大。霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査に興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込む。

又来康知:磯村勇斗
総武署・鑑識課の若きエース。諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも無料で協力する。時効管理課に所属する又来の息子。聡明で優秀なうえに、クールでミステリアスな理系男子。署の女性陣からも熱い視線を注がれているが、実は元ツッパリ。ほかにも意外な過去や趣味、見せていない違う顔がある。

十文字疾風:豊原功補
総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、実は何も分かっていない。無邪気に手柄を自慢したり、ギャグのセンスや言動のピントがずれていたりと、おちゃめで憎めないキャラクター。最近は、新人刑事・彩雲の指導に使命感を見いだしている。ナルシストな面があり、三浪したことが唯一のコンプレックス。同期の霧山をライバル視している。

諸沢:光石研
総武署・鑑識課の鑑識官。お金には細かい性格で、時効事件を捜査中の霧山から鑑識を頼まれるたびに、ちまちまと報酬を求める。鑑定料も内容に応じて段階的に設定するなど、しっかり・ちゃっかりしている。町で見かけた妙なものを写真撮影することが趣味。その写真コレクションを霧山に小出しに見せては、自己満足に浸っている。

熊本:岩松了
総武署・時効管理課の課長。主な仕事は時効事件のファイルに「時効」のはんこを押すこと。妻と子ども2人がいる家長でもあり、公私ともに責任ある立場であるはずなのに、無責任で無秩序な性格。思いつきによる行動や意味不明な発言が目立つが、いたって温和。流行に影響されやすく、さまざまなものをコレクションするマニア体質が、霧山の捜査に貢献することもしばしばある。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
オダギリジョー&麻生久美子共演のシュールな脱力系コメディーが12年ぶりに復活! 
すでに時効が成立している事件を“趣味”で捜査する、シュールな脱力系コメディーが復活。アメリカのFBIから時効管理課に戻ってきた警察官・霧山修一朗をオダギリジョーが、交通課課長補佐の三日月しずかを麻生久美子が再び演じる。
岩松了、ふせえり、江口のりこ、豊原功補ら“時効オールスターズ”も集結するほか、本シリーズから吉岡里帆が刑事課期待の新人役、磯村勇斗が鑑識課の若きエース役で新加入する。さらに、メーン監督&脚本を務める三木聡の下、大九明子が女性監督として初参戦するほか、福田雄一も脚本に参加。今泉力哉、森ガキ侑大らクリエーター陣も新たに加わり、12年ぶりとなる人気ドラマを盛り上げる。



2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
総武署の食堂にある冷蔵庫から、10年前に時効となった事件の遺留品が入った段ボール箱が見つかる。箱には「要玲蔵(かなめたまぞう)」と書かれており、誰かが「要冷蔵(ようれいぞう)」と間違えて冷蔵庫に入れたままにしていたのだ。
玲蔵は金持ちで女性関係も乱れており、“総武のウタマロ”と呼ばれていた。ある日、そんな玲蔵の愛人・絹江が、冷凍倉庫の中で凍死する事件が起きる。警察がその日のうちに玲蔵の自宅を訪ねると、なんと玲蔵も死んでいたのだ。
時効管理課の霧山修一朗(オダギリジョー)は、交通課の三日月しずか(麻生久美子)も巻き込み、25年前に起きたこの事件を“趣味”で調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
総武署時効管理課の霧山(オダギリジョー)は、25年前に水産加工会社の冷凍倉庫で新興宗教の教祖・絹枝(伊勢志摩)が凍死した時効事件に興味を抱く。ほぼ同時刻に、絹枝の元愛人で社長の玲蔵(村松利史)も自室で一酸化炭素中毒死していた。霧山と三日月(麻生久美子)は絹枝の娘・美沙子(小雪)の元へ。2代目教祖となった美沙子は、事件当時高校生で、玲蔵の妻でもあった。裏があると感じる霧山は、刑事・彩雲(吉岡里帆)からの情報で、美沙子の高校の同級生で信者の花崎(六角精児)が別の事件で取り調べられていたと知る。


D10-g019.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック