FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2019年秋、日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』

kage

2019/12/15 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月13日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 ニッポンノワール -刑事Yの反乱-

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一
プロデューサー:西憲彦/福井雄太/柳内久仁子
主題歌:愛はスローにちょっとずつ/サザンオールスターズ

E13-b043.gif
外部サイト:ニッポンノワール -刑事Yの反乱-

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
遊佐清春:賀来賢人
警視庁捜査一課の刑事。たたき上げで捜査の最前線を任される。冷徹で目的のためには手段を選ばない。記憶を失い、上司だった女性刑事・碓氷薫殺害の容疑者となる。

碓氷薫:広末涼子
警視庁捜査一課の刑事。美しい容姿と優秀な捜査能力から“捜査一課のマドンナ”と称され、遊佐らが所属する新設の碓氷班の班長を務める。シングルマザーとして9歳の息子・克喜を育てている。

才門要:井浦新
警視庁公安部の有能な刑事。身体能力も高く腕っぷしも強い。ひょうひょうとしながら心の奥に強い信念を持つ。かつて、新人だった遊佐に刑事のイロハをたたき込んだ。

深水咲良:夏帆
遊佐が根城にする喫茶店のマスターの娘。3年前のある事件で姉を亡くしている。遊佐が連れてきた薫の一人息子・克喜を心配する気持ちから、事件に絡んでいく。

名越時生:工藤阿須加
警視庁捜査一課の刑事。遊佐の唯一の後輩。陽気な性格で無邪気に人の懐に飛び込む“スーパーファンキーボーイ”。合言葉は「パーティーピーポー」。

南武修介:北村一輝
警視庁捜査一課長のたたき上げの刑事。何を知り、何を探り、何を目的としているのか、遊佐にとって敵か味方かも分からない、食えない男。薫の死の直前にさまざまな相談を受けており、遊佐に克喜を預ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
賀来賢人が規格外の刑事ドラマに主演! 究極のアンストッパブル・ミステリー 
刑事ドラマの枠を超えた規格外の内容で、疑いと裏切りが交錯するアンストッパブル・ミステリー。主人公となる冷徹で目的のためには手段を選ばないたたき上げの刑事・遊佐清春を賀来賢人が演じる。遊佐は直前数カ月の記憶がなく、上司の碓氷薫(広末涼子)を殺害した容疑をかけられて警察に追われ、さらに、この事件が未解決の“十億円強奪事件”の真相につながっていくというストーリー展開も見どころとなる。

賀来が同局のドラマに出演するのは、「今日から俺は!!」以来1年ぶり。脚本は「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(同系)を手掛けた武藤将吾が担当する。



2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
見知らぬ森の中で目を覚ました警視庁捜査一課の刑事・遊佐清春(賀来賢人)。遊佐の右手には拳銃が握られており、横には上司の刑事・碓氷薫(広末涼子)の遺体が横たわっていた。

遊佐は直前数カ月の記憶を失っていたため、碓氷を殺したのが自分なのか、それとも誰かの罠なのかどうかも分からなかった。しかしこの状況から、遊佐は碓氷殺害の容疑をかけられ、かつての仲間だった同僚刑事たちが一夜にして敵となる。
真実が分からないままに、事件に関する証拠が潰されるばかりか、捜査内容も偽装されていく事態に。冷徹で目的のためには手段を選ばないたたき上げの刑事だった遊佐が、次第に追い詰められていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月7日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
数カ月の記憶を失った状態で山中で目覚めた警視庁捜査一課の刑事・清春(賀来賢人)は、銃を手にした自分の傍らに上司・薫(広末涼子)の遺体を見つけ驚く。自身の痕跡を消した清春だったが、問題を起こしては薫と衝突していた彼に、捜査一課長・南武(北村一輝)らは疑いの目を向ける。公安部の才門(井浦新)も動き出す中、清春は薫の息子・克喜(田野井健)を預かることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月20日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
薫(広末涼子)の殺害事件で理事官の本城(篠井英介)ら捜査一課の家宅捜索を受けた清春(賀来賢人)は、不審な行動をする人物に気付き、行きつけの喫茶店店主・深水(笹野高史)と娘でライターの咲良(夏帆)に克喜(田野井健)を守るよう頼む。名越(工藤阿須加)と共に、鍵を握る「10億円強奪事件」の関係者と目される人物を訪ねた清春。一方で才門(井浦新)が薫の班に加わる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月27日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警察が薫(広末涼子)の事件と10億円強奪事件の幕引きを図る中、火消しの先頭に立つ才門(井浦新)に清春(賀来賢人)は反発。南武(北村一輝)も真相を追うと宣言し、薫の班と宮城(細田善彦)ら賛同する刑事を率いて捜査を続行する。やがて10億円事件の実行犯に経歴詐称疑惑が浮上。調べの中で咲良(夏帆)が思わぬ事実に気付く。一方、克喜(田野井健)は学校で問題を起こす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月3日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
才門(井浦新)の言葉から南武(北村一輝)を一連の事件の黒幕として疑い始める清春(賀来賢人)。薫(広末涼子)の携帯電話からも南武の犯行を思わせる証拠が見つかる。だが、南武は薫の事件時、江國(杉本哲太)と共に視察で海外にいた。清春らの話を聞いた克喜(田野井健)は、南武は犯人ではないと言い出す。そんな中、清春に才門から呼び出しが。一方、江國にある連絡が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月10日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
薫(広末涼子)から、克喜(田野井健)が自分の子だと言われたことを思い出した清春(賀来賢人)は動揺。警察の謎の組織「ニッポンノワール」について探りながらも、克喜を気に掛け、学校の三者面談に出向く。一方で南武(北村一輝)は、清春らを襲った‘ガスマスク男’の捜査を指示。やがて、清春が利用する喜志(栄信)が所属していた半グレ集団「ベルムズ」との関連が浮上する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月17日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
薫(広末涼子)の告白を思い出すと同時に殺人容疑を掛けられた清春(賀来賢人)は、克喜(田野井健)を連れて逃亡。薫の言葉の真相を探る中、才門(井浦新)と合流し、自身の記憶と克喜の状態に不審な部分があることを確認する。そこへ同期の捜査官・眞木(矢本悠馬)が銃を手に現れる。一方の南武(北村一輝)は地下組織の存在を宮城(細田善彦)らに明かし、清春の命を守ろうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
才門(井浦新)と共にたどり着いた組織の実験場と思われる警察病院の地下で、清春(賀来賢人)は駆け付けた南武(北村一輝)らと工作員相手に格闘。その頃、克喜(田野井健)は祖父の元警察庁長官・碓氷(大和田伸也)の指示で連れ出されていた。その後、組織の秘密を知った南武は、黒幕らしき人物を探る。一方、宮城(細田善彦)がひょんなことから芹奈(佐久間由衣)に恋をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
清春(賀来賢人)が特別留置場に拘束され、南武(北村一輝)は彼の命を守るため部下に見張りを指示。清春は自分の記憶と薫(広末涼子)のUSBメモリに関する才門(井浦新)からの伝言を受け取る。そんな中、克喜(田野井健)の身に危険が。一方で、自分が人格矯正プログラムを受けた元犯罪者だと知った宮城(細田善彦)は苦しんでいた。それを明かされた芹奈(佐久間由衣)は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
教えられていたパスワードの記憶が甦り、薫(広末涼子)のUSBに入っていた捜査情報の解読に成功した清春(賀来賢人)は、深水(笹野高史)とニッポンノワールとの接点を探り出す。一方で、清春は父と子の時間を取り戻すかのように、克喜(田野井健)との時間を過ごしていた。そんな中、深水とのやりとりを通して、清春は薫殺害の犯人について衝撃的な事実を知らされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
薫(広末涼子)を銃で撃ったことを南武(北村一輝)に明かした清春(賀来賢人)は、薫と山小屋で話した記憶を取り戻し、事件の鍵を握る「ガスマスク男」と対峙(たいじ)する。激しい攻防を繰り広げる清春は、やがてガスマスク男の正体に衝撃を受ける。そして、薫が克喜(田野井健)に残した思いと本当の狙いが明らかになっていく中、清春は自分が記憶を失った理由を知る。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック