FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋、ドラマBiz「ハル ~総合商社の女~」

kage

2019/12/09 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月21日スタート 

テレビ東京系 毎週月曜 22:00~22:54

 ドラマBiz「ハル ~総合商社の女~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:龍居由佳里/本田隆朗
演出:土方政人/都築淳一/三木茂
プロデューサー:浅野太/稲田秀樹/戸石紀子/栗原美和子/高田良平
主題歌:Baton/wacci

E13-b043.gif
外部サイト:ドラマBiz「ハル ~総合商社の女~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
海原晴:中谷美紀
大手総合商社「五木商事」に勤めるシングルマザー。中途採用ながらも経営企画部の部長補佐に就任。一般常識にとらわれず、事業にとって何が最善か真摯に向き合う。時にはトップダウンすら覆し、これと決めたら何事にも一直線に進んでいく。

和田寿史:藤木直人
「五木商事」経営企画部・部長。社長に掛け合い、晴を同社に引き戻した張本人。周囲に隠しているが、10年前に離婚した晴の元夫。

青柳悠馬:白洲迅
晴の部下で、熱血漢の若手社員。晴の姿勢に共感し尊敬しているが、上司に対する気持ちだけではない感情も芽生えていく。

海原涼:寺田心
晴の息子。利発で大人びており、帰国子女のため英語が堪能。

高山雄一郎:奥田瑛二
「五木商事」副社長で、経営企画本部長。晴をヘッドハンティングした社長と派閥争いをしており、次期社長の座を虎視眈々と狙っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中谷美紀が総合商社の敏腕キャリアウーマンとなって活躍する爽快ヒューマンドラマ 
中谷美紀演じるシングルマザー・海原晴が大手総合商社で奮闘する爽快ヒューマンドラマ。経営企画部の部長補佐として、晴がさまざまな問題を思いもよらない方法で解決していく姿に加え、ラーメン店の再建から海外の病院の買収、アパレル会社や映画会社の改革など、商社の実態も垣間見ることができる。晴の息子・涼に寺田心、晴の上司で元夫の和田寿史に藤木直人が扮する。
プロデューサーの実体験をもとに生まれたオリジナル作品で、そのリアリティーも見どころの一つ。脚本は「ピュア」「バージンロード」(ともにフジテレビ系)の龍居由佳里ら、演出は「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)、「ヘッドハンター」(同系)の土方政人らが担当する。

2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月15日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
アメリカのビジネス界で活躍していた海原晴(中谷美紀)は、日本の大手総合商社「五木商事」の社長直々のヘッドハントにより同社に転職し、エリート集団である経営企画部の部長補佐に就任する。すると、そこで待ち構えていた上司は、10年前に離婚した元夫・和田寿史(藤木直人)だった。

「ラーメンからロケットまで」と言われるほどありとあらゆるビジネスを取り扱う総合商社で、晴は社内の各部門や系列会社が抱えるさまざまな問題に挑み、日々奮闘する。保守的な副社長一派が牛耳る停滞した空気の中、晴はデータ主義を嫌い、「私は楽しく仕事がしたい!」と公言し、常識を覆すやり方で社内に新風を吹き込んでいく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月21日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
国際弁護士資格を持ち、米ビジネス界で活躍していた晴(中谷美紀)は、大手商社「五木商事」に引き抜かれ、経営企画部部長補佐に就任。社内の活気に心躍らせる晴だが、配属先は静まり返っていた。部長・和田(藤木直人)を中心に開かれた会議では、業績が悪い自社のラーメンチェーン店が議題に。撤退という副社長・高山(奥田瑛二)の考えに皆が賛同する中、晴は異議を唱える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月28日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴(中谷美紀)と上司・和田(藤木直人)は元夫婦だがその事実は会社に伏せることに。一方、経営企画部にシンガポールの病院の成長性を精査するという新たな仕事が入る。医療産業開発を急ぐ社長は、病院の買収計画案を推進していた。リスクの大きな事業に皆が眉をひそめる中、晴は翌日のシンガポール出張を決める。だが翌朝、晴から和田に出張を取りやめる連絡が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月4日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/11/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
五木商事の関連会社であるタイヤメーカー・西本工業に対する敵対的買収開始の報が流れた。相手企業の狙いがタイヤの特許にあるとにらむ経営企画部では、和田(藤木直人)が法の知識のある晴(中谷美紀)をチームリーダーに配し、動きを探るよう指示。早速、西本工業社長・西本(松澤一之)に会い、社内の動揺を知らされた晴は、社員の及川(長谷川朝晴)らから話を聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月11日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
映画会社・スターバレーは2年前から完全子会社になり、五木商事から飯島(宮川一朗太)が社長に就任。だが、和田(藤木直人)の後輩でスターバレー社員・若林(満島真之介)は、もうけ第一主義の飯島が就任して以来、ヒットの裏付けデータがないと企画が通らないという。和田は、映画作りには感性も必要だと怒りをあらわにする。晴(中谷美紀)は飯島に話を聞きに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月18日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴(中谷美紀)が涼(寺田心)を連れ、和田(藤木直人)と食事をしているところを川上(加治将樹)が目撃。川上は衝撃を受ける。経営企画部では、グループ会社・五木鉄鋼の名を進出先のベトナムで認知させる戦略を考えることに。矢島(渡辺邦斗)が著名人とのスポンサー契約を提案。晴はベトナム人天才女流棋士・ランを候補に挙げ、代理人の寺尾(野間口徹)相手に交渉を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月25日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴(中谷美紀)と和田(藤木直人)が付き合っているという噂が広まる中、重役会議で経営難に陥っているアパレル会社を売却すべきとの判断が下る。高山(奥田瑛二)から急ぎその方向で動くよう指示された和田が晴に意見を聞くと「確かに厳しい数字」と意外な反応だ。晴は副社長・久保田(国仲涼子)に経営方針を確認するが、ブランドイメージは簡単に変えられないと反発される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
晴(中谷美紀)と和田(藤木直人)が元夫婦であることが公となり、高山(奥田瑛二)の耳にも届く。高山は社長が直々に晴を引き抜いたことから、和田が社長派ではないかと疑う。一方、社内公募した新規事業の最終選考に、青柳(白洲迅)の企画が残った。高山は自らの手柄のため勝ち取ることを厳命する。そんな折、週末の勉強会に参加する晴は、父親としての和田にある提案をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
和田(藤木直人)は晴(中谷美紀)に預金通帳と印鑑を渡す。離婚直後から8年間、涼(寺田心)のために積み立ててきたのだ。通帳を開き、あることに気付いた晴は涙を浮かべる。一方、青柳(白洲迅)の企画は仕上げの段階に。晴の託児所プロジェクトも順調に進み、経営企画部はさらに活気づく。その頃、ある思惑を着々と進行させる高山(奥田瑛二)は、経営企画部に新たな指示を下す。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック