FC2ブログ
2020 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 10

2019年秋、火曜ドラマ『G線上のあなたと私』

kage

2019/12/17 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月15日スタート 

TBS系 毎週火曜 22:00~22:57

 G線上のあなたと私

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:いくえみ綾「G線上のあなたと私」(集英社マーガレットコミックス)
脚本:安達奈緒子
演出:金子文紀/竹村謙太郎/福田亮介
プロデューサー:磯山晶/佐藤敦司
主題歌:sabotage/緑黄色社会

E13-b043.gif
外部サイト:G線上のあなたと私

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小暮也映子:波瑠
会社員として働いていたが、寿退社間近に婚約を破棄されて結婚も仕事も失う。フラフラしながら立ち寄ったショッピングモールで、偶然「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたことをきっかけに、大人のバイオリン教室に通いだす。明るい性格で気遣いもできる頑張り屋。

加瀬理人:中川大志
大学生。也映子のバイオリン仲間。イマドキ男子だが恋愛に関しては不器用。バイオリン教室の講師で、兄の元婚約者・眞於に恋をしている。

久住眞於:桜井ユキ
バイオリン教室の講師。理人の兄・侑人の元婚約者。美人でおしとやかな女性。理人の気持ちに気付いているが、そこに触れようとはしない。

加瀬侑人:鈴木伸之
理人の兄。眞於との婚約破棄直後に別の女性と結婚し、子どもをもうける。優しく、女性にモテるが粗暴な言動が目立つ。理人とは真逆のタイプ。

北河幸恵:松下由樹
主婦。也映子のバイオリン仲間。嫁姑問題に直面中で、息抜きに教室に通いだす。バイオリン教室に行くことを姑は快く思っていないが、小学5年生の娘からは応援されている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
波瑠主演でいくえみ綾作品を再びドラマ化。世代を超えた男女が育む恋と友情を描く 
同局で放送されて話題となった「あなたのことはそれほど」のチームが再集結。波瑠主演で、再びいくえみ綾の人気漫画を連続ドラマ化する。今作の舞台となるのは、波瑠が演じる主人公・小暮也映子が通い始める大人のバイオリン教室。仕事も恋も失い、教室に通うことだけが楽しみとなった也映子が、年齢も立場もバラバラの人たちとの出会いによって日常が彩られ、世代を超えて恋と友情を育んでいく姿を描く。也映子が教室で出会う大学生・加瀬理人を中川大志、小学生の娘を持つ主婦・北河幸恵を松下由樹が演じるほか、桜井ユキ、鈴木伸之が共演。脚本は、「きのう何食べた?」(テレビ東京ほか)などを手掛けた安達奈緒子が担当する。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月16日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
寿退社間近に婚約破棄されて結婚も仕事も失ってしまった小暮也映子(波瑠)は、放心状態でフラフラとショッピングモールに立ち寄る。そこで偶然、「G線上のアリア」の生演奏を耳にした也映子は、これを弾けるようになりたいと思い立ち、大人のバイオリン教室に通い始める。教室では、今どきの大学生・加瀬理人(中川大志)と主婦の北河幸恵(松下由樹)と同じクラスになり、それぞれさまざまな事情を抱えながらも、初めてのバイオリンに奮闘。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかないながらも、次第に3人の間に友情と恋が育まれていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月15日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
也映子(波瑠)は寿退社間近になって、恋人の智史(森岡龍)から婚約を破棄される。放心状態の也映子は、ふらっと立ち寄ったショッピングモールでバイオリン講師・眞於(桜井ユキ)が演奏する「G線上のアリア」を聴き、彼女が勤める音楽教室に通うことを決意。バイオリン体験レッスンに参加した也映子は、大学生・理人(中川大志)と主婦・幸恵(松下由樹)と同じクラスになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月22日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
結婚式の二次会で使うはずだったドレスを着て、発表会に臨むと決めた也映子(波瑠)。理人(中川大志)、幸恵(松下由樹)と「G線上のアリア」を弾きたいと願うが、眞於(桜井ユキ)の判断により演目は別の曲になる。発表会後、さらなる上達を目指す3人は、再挑戦を誓い幸恵の家で練習会をすることに。その道中、也映子は、理人が兄・侑人(鈴木伸之)や眞於に抱く複雑な思いを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
発表会を控え、練習に熱が入る也映子(波瑠)らは、眞於(桜井ユキ)が男性生徒に誘われる場面を目撃。ぶぜんとする理人(中川大志)に、眞於はきつい言葉で指導を行う。レッスン後、幸恵(松下由樹)は理人に、眞於とバイオリンでつながろうとするのをやめるよう忠告。対する理人は幸恵にも、発表会で眞於に気持ちを伝え、断られたらバイオリンをやめるという決意を告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
理人(中川大志)の思わぬ言葉に動揺を引きずったまま、就職活動に励む也映子(波瑠)。そんな中、也映子は幸恵(松下由樹)に会い、3人でコンサートをしようと誘う。理人がバイオリンをやめてしまうこともあり、うなずく幸恵だが、裏では入院中の姑・由実子(夏樹陽子)の世話で疲弊していた。夜、レッスンで眞於(桜井ユキ)と2人になった也映子は、思いをぶつけてみるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月12日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
也映子(波瑠)は元婚約者・智史(森岡龍)と街で偶然再会。彼の現在の境遇を聞き、やりきれない思いになる。婚活も連戦連敗で愚痴をこぼす也映子に、幸恵(松下由樹)は結婚を焦らないよう諭す。そんな折、也映子は眼科医院で理人(中川大志)の兄・侑人(鈴木伸之)と遭遇。也映子から、理人が今も眞於(桜井ユキ)と連絡を取っていることを知らされた侑人は、理人を呼び出して…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月19日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
也映子(波瑠)と理人(中川大志)が、幸恵(松下由樹)と共に開く次のコンサートの打ち合わせをしているカラオケ店に、理人に思いを寄せる大学生・結愛(小西はる)が現れる。也映子は2人のやりとりを見ていられず、場を後にする。そんな折、理人は侑人(鈴木伸之)から、眞於(桜井ユキ)への思いが本気なら応援すると言われる。さらに幸恵から也映子の最近の行動を聞いた理人は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月26日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸恵(松下由樹)が風邪をひき、理人(中川大志)も医療機関での実習を控え大忙し。理人は結愛(小西はる)が陰で自分のバイオリンを「耳栓レベル」と言うのを聞いてしまうが、也映子(波瑠)の明るい反応に救われる。直後、也映子の再就職が決まり、それ以降、なかなか予定が合わない3人はすれ違ってばかり。そんな折、理人は眞於(桜井ユキ)から、演奏会に出演すると知らされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
眞於(桜井ユキ)の部屋に招き入れられた理人(中川大志)は今の思いを伝え、彼女の話を聞く。也映子(波瑠)と一緒だという幸恵(松下由樹)からのメッセージを受け、合流した理人。皆で眞於の痛みを共有しつつ、3人が揃ったことへの喜びをかみしめる。也映子と理人の関係にやきもきする幸恵に対し、理人は思いを伝えるのは3人のコンサートが終わってからにしたいと告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
翌日改めて会う約束をした也映子(波瑠)と理人(中川大志)はそれぞれ、動揺する気持ちを幸恵(松下由樹)に送信。幸恵は高揚しつつ2人の動向を見守るが、翌朝、也映子から来たのは発熱したという連絡だった。そんな也映子の自宅を理人が訪問。理人は也映子に「一緒にバイオリンやれてよかった」と伝え、2人は思いを通じ合わせる。一方、幸恵は弘章(小木博明)との関係に…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
家出した幸恵(松下由樹)の気持ちを察した也映子(波瑠)は、理人(中川大志)と共に北河家に向かう。弘章(小木博明)は、姑の由実子(夏樹陽子)に幸恵の元に向かうよう促され、ひょんなことから也映子と理人と共に迎えに行くことになる。幸恵の件が一段落した一方、也映子は理人への思いが強くなる自分を不安に感じ、理人は也映子を安心させられない自分を不甲斐なく思っていた。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック