FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2019年秋、BS時代劇「赤ひげ2」

kage

2019/12/20 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★11月1日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 20:00~20:45

 BS時代劇「赤ひげ2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山本周五郎「赤ひげ診療譚」
脚本:尾崎将也/川崎いづみ/牟田桂子
演出:猪原達三/皆川智之/後藤孝太郎
制作統括:吉永証/小林大児/井上竜太

E13-b043.gif
外部サイト:BS時代劇「赤ひげ2」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
新出去定:船越英一郎
江戸・小石川養生所の責任者である医師。薬品の影響で、ひげが赤茶色に見えることから“赤ひげ”と呼ばれる。武骨で、時に大声でわめき散らし、かんしゃくをぶつけたりもするが、その内には優しさを秘めている。貧しい者には無料で治療を行うが、金持ちには薬料を高額で売りつけるなど、「無知と貧困」にあらがう市井のヒーロー。

保本登:中村蒼
赤ひげの下で働く青年医師。かつては養生所で働くことを不本意に思い反発していたが、今は赤ひげの医療に対する姿勢に共感して忠実に師事している。まさをと結婚して所帯を持ち、通いで勤務している。

およね:佐津川愛美
けがを負って養生所に入所してきた、訳ありの遊女。過去の不幸な出来事からか、ひねくれた性格でたびたびうそをついては周囲を困らせる。実は、ある目的を持っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
船越英一郎が無骨な医師を演じる時代劇の第2弾! 
江戸の小石川養生所を舞台に、武骨で謎めいた医師と貧しい患者や市井の人たちの姿を描いた、船越英一郎主演の時代劇の続編。原作は山本周五郎の不朽の名作で、その魅力を踏襲しながらドラマ化。今作では、オリジナル要素も加えてパワーアップし、笑って泣けて胸を打つ、人情味豊かな物語が展開する。船越演じる“赤ひげ”と呼ばれる養生所の所長・新出去定の下で働く青年医師の保本登に中村蒼、津川玄三に前田公輝、保本の妻役の奈緒、使用人役の山野海と真凛が前作より続投。今作では、新人医師役の鈴木康介、訳ありの遊女役の佐津川愛美らが新たに加わる。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
江戸時代。貧しくて医者にかかれない者たちのために作られた小石川養生所で、所長の新出去定(船越英一郎)は、ある人からは恐れを、またある人からは親しみを込めて“赤ひげ”と呼ばれていた。養生所では、保本登(中村蒼)や津川玄三(前田公輝)らの医師に加え、やる気だけはある新人医師・田山真一郎(鈴木康介)も交えて、今日も貧しい者たちの医療に奮闘しているが、幕府からは常に予算を削られて、やりくりに四苦八苦している。そんな中、赤ひげの命を狙う遊女・およね(佐津川愛美)をはじめ、つらい事情や秘密を抱えた訳ありの患者たちが養生所にやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
江戸時代。貧しい人々の病気を診る「小石川養生所」の所長・新出(船越英一郎)は、風貌から‘赤ひげ’と呼ばれる優秀な医師。保本(中村蒼)や津川(前田公輝)、新人の田山(鈴木康介)ら医師達と日々、患者のために働いている。ある日、遊女・およね(佐津川愛美)が脚のけがでしばらく入所することに。やがて、ひねくれ者のおよねが、赤ひげに恨みを抱いているらしいと分かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月8日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/11/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
火事でけがを負った大勢の貧しい人々が小石川養生所に詰め掛け、赤ひげ(船越英一郎)や保本(中村蒼)らは彼らの治療で多忙を極めていた。そんな中、近隣の子ども達を引き連れてやって来た患者・おりつ(上白石萌音)は、同じ長屋の幼い兄妹に彼らの親が死んだことを言えず、ついうそをついてしまう。一方、おりつの面倒を見る津川(前田公輝)も、あるうそを彼女についてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月15日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/11/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
けがをした大工の辰蔵(清水優)が養生所に運び込まれてくる。辰蔵は母・おまさ(東ちづる)ら家族のために働き過ぎたようだ。だが、保本(中村蒼)が事情を聞くに、おまさの愛情は、真面目に働く辰蔵よりも、働かない遊び人の兄・伸吉(波岡一喜)に偏っているらしい。赤ひげ(船越英一郎)や保本、およね(佐津川愛美)がその苦しみを思いやる中、辰蔵はついに不満を爆発させてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月22日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
赤ひげ(船越英一郎)の下で働く保本(中村蒼)と田山(鈴木康介)は、鎌田(戸次重幸)という浪人の妻が長く病に侵されていると聞き、往診しようとするも拒まれてしまう。鎌田はかつて大名に仕えて剣の道に生きていたが、今は長屋暮らし。近所では愛妻家で知られる鎌田にはある秘密があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月29日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一度は赤ひげ(船越英一郎)の命まで狙った遊女のおよね(佐津川愛美)が、養生所の下働きを始めた。そんな折、酔ってけがをした与助(尾上寛之)が入所してくる。かつて腕の良い彫師だった与助は、数年前に仕事を失って以来、酒浸りの日々。女房・おひろ(足立梨花)は夫に秘密を抱えながら働いていた。ある日、2人の幼なじみ・清吉(田中幸太朗)が、おひろに思いを打ち明ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
赤ひげ(船越英一郎)の下で働く新人医師・田山(鈴木康介)のいいなずけを名乗る娘・伊久(谷村美月)が押し掛けてきた。伊久は、「田山の子を宿した」と言い、そのまま養生所に留まることになる。同じ頃、患者の家で貴重な骨董品が何者かに破壊されたり、養生所内で現金が紛失するなどの騒動が起こる。そして、田山がその全ての事件に対し、犯人として名乗り出るが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
赤ひげ(船越英一郎)の元に、病気の赤子を連れた浪人・沖石(山田純大)がやって来る。しばらくたつと沖石は「出世したら迎えに来る」という書き置きを残し、赤子を養生所に預けたまま行方不明になってしまう。赤ひげから世話係を命じられ、嫌々ながら面倒を見ていたものの、およね(佐津川愛美)は捨て子として番所へ届け出ることに反対。だが、不慣れな育児に振り回されて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
半七(松下洸平)はやくざ者に命を狙われており、身寄りも無いうえに肺を病んでいた。ひょんなことから、老女・おつた(藤田弓子)に「死んだ孫娘の許嫁の繁二郎」と誤解された半七は、そのまま繁二郎を名乗って養生所に入所する。一方、赤ひげ(船越英一郎)は公儀の役人・岡野(木下ほうか)から、養生所の取り潰しに等しい予算削減を要求される。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック