FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋、金曜ドラマ『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』

kage

2019/12/20 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月18日スタート 

NHK総合 毎週金曜 22:00~22:50

 ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
作:八津弘幸
脚本:徳尾浩司/吉田真侑子
制作統括:小林大児/高橋練

E13-b043.gif
外部サイト:ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天ノ真奈子:松雪泰子
東京第一大学で失敗学を研究する工学部教授。自己中心的な性格で、失敗の宝庫である事故調査が大好き。ひそかにタイムマシーンの研究を進めている。

野津田燈:堀井新太
真奈子の助手。自分勝手な真奈子に振り回され、いつも雑用に追われている。

辻留志保:須藤理彩
真奈子の秘書。そろばんで研究室の予算の計算ばかりしている。実は元工学者。

西峰郁美:高橋メアリージュン
真奈子の助手。なぜかいつもロボットに着せる衣装を縫っている。

南雲喜里子:余貴美子
真奈子の母。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松雪泰子が天才工学者役で主演! “失敗学”を武器に事故の背景に切り込むミステリー 
松雪泰子がおきて破りで自分勝手な天才工学者に扮して、“失敗学”を武器に、事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込むミステリー・エンターテインメント。松雪が演じる主人公・天ノ真奈子が、さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」に招かれ、草食男子の助手や周囲の人々を振り回しながら秘められた真相に挑む姿をコミカルかつ痛快に描く。
脚本は「陸王」「半沢直樹」(ともにTBS系)を手掛けた八津弘幸と、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)を手掛けた徳尾浩司によるオリジナル作。堀井新太、須藤理彩、高橋メアリージュン、余貴美子ら、個性豊かな面々が脇を固める。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東京第一大学の工学部教授・天ノ真奈子(松雪泰子)は、“失敗学”を立ち上げて研究を重ねていた。失敗学とは失敗の責任を追及するのではなく、原因と背景を究明して知識化し、再発防止に役立てる学問のこと。その活動は工学の枠を超えて、企業の不正や医療事故など好奇心の赴くままに広がっていき、事故調査は真奈子にとって格好のフィールドワークになっていた。
マイペースで勝手気ままな性格の真奈子は、相手をイラつかせることもしばしば。しかし、脳内に蓄積した古今東西の失敗データベースを武器にした天才ぶりで、事故の真実へたどり着こうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月18日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一流大学の工学部教授・真奈子(松雪泰子)は「失敗学」という風変わりな研究に力を注いでいる。工学者としても名高く、様々な事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会」に招かれることが多い。ある日、化学工場で爆発事故が発生し、真奈子は助手の野津田(堀井新太)と共に事故調査委員として原因究明に乗り出す。事故はある従業員のミスによるものと思われたが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月25日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
調査費用をかけすぎる真奈子(松雪泰子)は、秘書の志保(須藤理彩)から、事故調査委員会(事故調)への参加を控えるよう言い渡される。そんな中、ある中学校で集団食中毒が発生。原因は給食に使われたハムと推測されたが、どこで菌が発生し付着したのかは不明だった。事故調への参加を要請された真奈子は志保に内緒で会議に出席し、野津田(堀井新太)と共に調査に乗り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月1日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/11/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ライブ会場で火災が発生し、出演していたバンドの一員が命を落とす。演出で使われた花火が原因と思われたが、真奈子(松雪泰子)は業務用空調機械から発火した可能性を指摘する。その空調機械は野津田(堀井新太)がかつて勤めていた会社の製品だった。同社で大きな失敗をし、ショックから立ち直れずに退職した野津田は、古巣の元上司・黒島(千葉哲也)相手に萎縮する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月8日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
心臓外科医・椎名(山中聡)の手術を受けた患者が死亡する。遺体の胸に残った赤と黒の痕を見つけた遺族は医療ミスがあったのではと不審を抱き、マスコミを動かす。事故調査委員会に参加した真奈子(松雪泰子)は、高圧的な態度を取る委員長で弁護士の守康(寺脇康文)と衝突。その一方で、真奈子は病院側の隠蔽(いんぺい)工作を疑うが、証拠は見つからず、調査は難航する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月15日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
心臓外科医・椎名(山中聡)の手術を受けた患者・佐竹(田口主将)が死亡した件の真相を追う真奈子(松雪泰子)は、手術室で火が上がる映像を公開し、守康(寺脇康文)ら事故調査委員会(事故調)の面々やマスコミは騒然となる。映像の送り主は不明だが、病院内の人間だと推測した真奈子は、聞き込み調査を開始。そんな中、事故調では真奈子の解任を巡り、投票が行われる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月22日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
工事現場で作業員・結花(山崎千夏)が事故死。本人による作業車の操作ミスと思われたが、真奈子(松雪泰子)はふに落ちない。そんな中、結花が現場監督者・若林(水橋研二)と恋愛関係にあったことが分かる。一方、野津田(堀井新太)は事故調査委員会で戸倉(市川由衣)といい雰囲気に。郁美(高橋メアリージュン)は若林に好意を抱く。さらに、真奈子の元には見合い話が舞い込み…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月29日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある銀行のインターネットバンキングで振り込みができなくなるというシステム障害が発生し、真奈子(松雪泰子)は事故原因の調査に乗り出す。だが、事故の鍵を握るプログラム担当者・高坂(駒木根隆介)は最近、くも膜下出血で亡くなっていた。真奈子らは高坂が通っていたというカウンセラーの元へ話を聞きに行く。その人物は真奈子の元夫・橘(滝藤賢一)だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
古いマンションの玄関口で住民の橋爪(宇崎竜童)が頭を打って死亡しているのが見つかる。住民の中に知人がいたことから、真奈子(松雪泰子)は事故調査委員としてでなく個人的に調査を開始。マンションでは以前から、転倒の多発やエレベーターの閉じ込めなどの不吉な事故が立て続けに起き、呪いだと噂する人もいた。真奈子は、橋爪が残した謎の数字を調べ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高齢の牧野(辻萬長)の運転する車が歩行者をひいて死亡させた。牧野はブレーキが効かなかったと主張するが、自動車メーカーは創業以来リコール無しの実績を誇っていた。町工場を営む九坂(岩城滉一)の助けを得て調査と実験を進めた真奈子(松雪泰子)は、車両側の欠陥の可能性を見いだす。そんな中、真奈子が研究費をホストに貢いでいるという疑惑が報じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
事故車両の検証を繰り返すうち、真奈子(松雪泰子)は欠陥の可能性を見いだした。そのさなか、真奈子が研究費を使い、ホストに貢いでいるのではないかという疑惑が報じられる。大学から追放される危機に陥る真奈子だが、喜里子(余貴美子)たちの協力を得て、自動車メーカーの不正の証拠を見つけようと調査を進めていく。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック