FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

2019年秋—2020冬、土曜ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』

kage

2020/01/25 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★12月7日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中山七里「弁護士・御子柴シリーズ」(講談社文庫)
・贖罪の奏鳴曲(講談社文庫)
・追憶の夜想曲(講談社文庫)
・恩讐の鎮魂曲(講談社文庫)
・悪徳の輪舞曲(講談社)
脚本:泉澤陽子/戸田彬弘
演出:村谷嘉則/松田祐輔/稲葉正宏
プロデューサー:松本圭右/渡辺良介/椋尾由希子

E13-b043.gif
外部サイト:悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
御子柴礼司:要潤
多額の報酬を要求するが、請け負った依頼はどんな手を使ってでも勝訴に導くため、“悪魔の弁護人”と呼ばれる弁護士。実は、14歳の時に凶悪犯罪を犯し“少年A”と呼ばれた過去を持つ。当時は園部信一郎という名前だったが、医療少年院に入った時に名前を変え、少年院を出てから独学で学んで弁護士になった。

日下部洋子:ベッキー
「御子柴法律事務所」の事務員。母子家庭で育ち、奨学金を得て大学進学したが、卒業後の就職先がブラック企業で体調を崩し退職。派遣先でも契約を切られ無職になった時に、ハローワークから紹介され現職に。御子柴の過去を知ってしまう。

岬恭平:津田寛治
東京地検のナンバー2である次席検事。法律は絶対だと信じる堅物で、罪を犯した人間には相応の罰を与えることで、社会の秩序を守れると考えている。御子柴の強引なやり方に嫌悪感を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
要潤が手段を選ばず勝訴に導く弁護士役で主演するヒューマン法廷ミステリー
要潤が、“悪魔の弁護人”と呼ばれるほどあくどい手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司を演じるヒューマン法廷ミステリー。原作は、中山七里の傑作ミステリー小説「弁護士・御子柴シリーズ」の4作品。二転三転するハイテンポな法廷劇だけでなく、少年時代に犯した過去の罪と向き合う御子柴の苦悩を描き、正義と贖罪の意味を問う。法律事務所の事務員として御子柴の下で働くことになる日下部洋子に6年ぶりの地上波連続ドラマレギュラー出演となるベッキー、御子柴の最大の敵である東京地検次席検事・岬恭平に実力派俳優の津田寛治が扮するほか、玄理、本村健太郎、奥菜恵、勝野洋らが共演する。



2019秋号:2019年10月1日〜2020年1月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
ハローワークで紹介された法律事務所を訪れた日下部洋子(ベッキー)は、到着するなり採用を告げられ、早速事務員として働くことに。だがそこは、“悪魔の弁護人”と呼ばれる弁護士・御子柴礼司(要潤)の事務所だった。

ある日、御子柴は「世田谷の夫殺し」の裁判に興味を抱く。夫を殺害した後に事件を隠蔽する意思もあったとして、被告人の津田亜季子(奥菜恵)には一審で懲役16年という重い刑罰が下されていた。御子柴は、強引な手法で亜季子の控訴審の弁護人に就くが、その様子を見た洋子は、身勝手な加害者をなぜ好き好んで弁護するのかといぶかる。そんな中、亜季子と面会した御子柴はあることに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
失職中の女性・洋子(ベッキー)は、法律事務所の事務員に採用される。ところが、事務所を構える御子柴(要潤)は、勝つためなら手段を選ばない悪辣(あくらつ)弁護士だった。御子柴は主婦の亜季子(奥菜恵)が起こした夫殺害事件に興味を抱き、担当弁護士から強引な手段で引き継ぐ。その法廷で、御子柴は敵対する東京地検の次席検事・岬(津田寛治)と対峙(たいじ)する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/12/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洋子(ベッキー)は御子柴(要潤)が少年時代に殺人事件を起こしたという過去を知り動揺する。洋子の親友で新聞記者のあすみ(玄理)はその罪を許せず、御子柴を調べ始める。一方、亜季子(奥菜恵)による夫殺害事件を担当する御子柴は、彼女が隠し事をしていると確信し、手掛かりを求めて亜季子の生家がある福岡県へ。洋子とあすみは、御子柴がかつて入っていた医療少年院の元教官・稲見(勝野洋)を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/12/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
老人施設に入居する稲見(勝野洋)が、介護士・栃野(小多田直樹)を殺害した容疑で逮捕された。事件を報道するテレビ番組を御子柴(要潤)はにらむように見つめ、洋子(ベッキー)は不安を抱く。それが的中し、御子柴は国選弁護人・宝来(本村健太郎)から稲見の弁護を強引に奪う。稲見と接見した御子柴は彼の犯行を確信する。有罪は免れない状況だが、稲見は落ち着いており、御子柴は疑問を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月23日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/12/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
稲見(勝野洋)の初公判で御子柴(要潤)は無罪を主張するが、稲見は自身の犯行を認め、減刑すら拒否する。稲見の元妻・恭子(赤座美代子)を訪ねた洋子(ベッキー)は、御子柴が弁護士になった理由や、稲見がなぜ半身不随となったのかを知る。御子柴は稲見に弁護士の解任を言い渡されるが、諦めずに事件の背景を調べて、被害者・栃野(小多田直樹)にも何らかの問題があったとにらむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月1日更新】
■ あらすじ(第5話  2020/1/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
稲見(勝野洋)が栃野(小多田直樹)を殺害した理由を探る御子柴(要潤)は、稲見がある事実を隠していることに気付く。事件現場となった老人施設では、恒常的に入居者への虐待が行われていた。それを隠す入居者たちに御子柴は、あることを言い放つ。岬(津田寛治)は稲見を再び取り調べる。互いが持つ罪への考え方は違ったが、岬は稲見に罪は償うべきだと告げる。一方、洋子(ベッキー)は、御子柴が悪魔とののしられながらも弁護士を続ける理由に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2020/1/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
御子柴(要潤)の母・郁美(浅野温子)が、再婚相手で資産家の拓馬(市山貴章)を殺害した容疑で逮捕される。妹の梓(森脇英理子)に弁護を頼まれ、御子柴は郁美と接見。郁美は再会を喜ぶが、御子柴は弁護人としての態度を崩そうとしない。また、無実を訴える郁美だが、状況は彼女の犯行を裏付けていた。一方、事件現場で証拠を集める岬(津田寛治)は、驚きの事実に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月14日更新】
■ あらすじ(第7話  2020/1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
郁美(浅野温子)の裁判が始まった。岬(津田寛治)は郁美の犯罪を裏付ける新たな証拠を提示し、さらには郁美と御子柴(要潤)が親子であることを暴露。少年時代に凶悪事件を起こした弁護士による裁判に非難が殺到し、洋子(ベッキー)は対応に追われる。一方、岬は息子の洋介(吉村卓也)と会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2020年1月19日更新】
■ あらすじ(第8話  2020/1/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
御子柴(要潤)が「弁護士を廃業する」と言い残して姿を消した。事務所には郁美(浅野温子)の事件の後任だという弁護士・宝来(本村健太郎)が現れる。洋子(ベッキー)は困惑しながらも御子柴が戻ると信じ、あすみ(玄理)と共に郁美の事件を調べ直す。その頃、御子柴は故郷を訪れていた。生まれてこなければよかったと思う御子柴の元に岬(津田寛治)から電話が入る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック