FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋、日曜ドラマ『グランメゾン東京』

kage

2019/12/29 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★10月20日スタート 

TBS系 毎週日曜 21:00~21:54

 グランメゾン東京

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:黒岩勉
演出:塚原あゆ子
プロデューサー:伊與田英徳/東仲恵吾
主題歌:RECIPE(レシピ)/山下達郎

E13-b043.gif
外部サイト:グランメゾン東京

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
尾花夏樹:木村拓哉
フランス料理のシェフ。天賦の才能でパリに自分の店を持ち二つ星を獲得。カリスマシェフともてはやされたことで自信が慢心に変わる。さらに、店で重大事件が起こり店も仲間も失うことに。そんな時、倫子と出会い、世界最高の三つ星レストランを目指して、もう一度シェフとして生き直すことを決意する。

早見倫子:鈴木京香
フランス料理のシェフ。何度も星に挑戦するも失敗。料理人として限界を感じて失意の底にいたが、尾花と出会い、共に三つ星レストランを目指すことに。尾花の無理難題に振り回されながらも、料理人としての尾花を尊敬しており、自分自身も見つめ直していく。

平古祥平:玉森裕太
一流ホテルの料理長。尾花のパリ時代の部下。尾花に憧れてフランスに渡り、傍若無人な尾花の振る舞いに耐えながら修業を積んだ。

丹後学:尾上菊之助
一つ星レストラン「gaku」のシェフ。尾花とはパリの修業時代の同期で、ライバル視している。

相沢瓶人:及川光博
人気料理研究家。尾花とはパリの修業時代の同僚で良き理解者。

京野陸太郎:沢村一樹
一つ星レストラン「gaku」のギャルソン。尾花の共同経営者として、パリで二つ星レストランの支配人を務めた。尾花の失脚と閉店に伴い、店の借金を背負って帰国。現在はライバルの丹後の店で働く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
木村拓哉がフランス料理の天才シェフに。挫折した男が再び夢に向かう、大人の青春物語 
慢心から全てを失い、どん底に落ちたカリスマシェフが、世界最高の三つ星レストランを目指して再び立ち上がる姿を描くヒューマンストーリー。フランス料理の天才シェフ・尾花夏樹役で木村拓哉が主演。尾花と共に三つ星レストラン作りを目指すシェフ・早見倫子役で鈴木京香が共演する。鈴木と木村は「華麗なる一族」(同系)以来、12年ぶりのタッグとなる。

そのほか、フランスで尾花の弟子として働いていた平古祥平を玉森裕太、尾花の宿敵となるシェフ・丹後学を尾上菊之助、料理研究家で尾花の良き理解者・相沢瓶人を及川光博、尾花の元同僚で店の共同経営者だった京野陸太郎を沢村一樹が演じるなど、実力派俳優が勢ぞろいする。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月20日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
かつてパリで二つ星のフランス料理店を構えていた天才シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)は、己の慢心が招いた重大な事件によってその座を追われ、店も仲間も全て失ってしまった。

どん底まで転落した尾花は、ある日、星の獲得を目指すシェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直すことを決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げるために、最高のスタッフを集めようと奮闘する。

尾花はかつての仲間たちに声を掛けるが拒絶され、新しい才能の持ち主を見つけてもうまくいかない。しかし、空回りしながらも決して再起を諦めない尾花の姿に、やがて、周囲の人々の態度も少しずつ変わっていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月20日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仏パリの三つ星レストランで面接に臨む倫子(鈴木京香)は、同店で働いていたという男(木村拓哉)から突然、作るべきメニューを教えられる。その男こそ、二つ星を獲得しながらもある事件で表舞台から姿を消したシェフ・尾花。面接に落ちた倫子は、再会した尾花の料理を食べ、そのおいしさと自身の力不足に涙をこぼす。尾花はそんな倫子に、一緒に店をつくろうと告げる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年10月27日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高級フレンチ「グランメゾン東京」開店のため動き出した尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)、京野(沢村一樹)。ところが、開店資金の調達に行った京野は銀行から「有名な料理人の名前が必要」と言われてしまう。京野は、パリ時代の同僚で人気料理研究家の相沢(及川光博)に声を掛けるが、相沢は拒否。妻が家を出た後、帰国して幼い娘を育てながら働く相沢の事情を知った尾花は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月3日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
メインディッシュの開発に悩む尾花(木村拓哉)達に、国産ジビエの普及を進める農水省と、世界的に権威のあるグルメ雑誌が企画したコンクールへの参加依頼が来る。倫子(鈴木京香)はチャンスと考え、それを承諾。尾花をライバル視するフレンチシェフ・丹後(尾上菊之助)も参加を決める。だが、尾花達の食材集めは、丹後の店のオーナー・江藤(手塚とおる)の妨害で難航する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月10日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
世界的グルメ雑誌の編集長・リンダ(冨永愛)が「グランメゾン東京」のプレオープンに自分を呼んでほしいという。申し出を受けた尾花(木村拓哉)達は、リンダがコース料理で大事にしているデザートの改良に乗り出すことに。尾花は倫子(鈴木京香)、京野(沢村一樹)と共に、パリ時代の部下・祥平(玉森裕太)が料理長を務めるホテルを訪れ、パティシエの萌絵(吉谷彩子)を店に誘う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月17日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
リンダ(冨永愛)の記事により、パリで騒ぎを起こした尾花(木村拓哉)がいることが知れ渡り、店は窮地に。祥平(玉森裕太)も尾花との関わりが原因で、ホテルを退職に追い込まれる。倫子(鈴木京香)らはフレンチ料理人をやめて実家に帰るという祥平を店に誘うが、尾花はそれに反対。一方で、余剰食材活用のためフードフェスへの参加を決めた尾花は、祥平に手伝いを命じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月24日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
世界的に権威のある賞レースの一つ「トップレストラン50」の今年度の候補に「グランメゾン東京」が選ばれた。尾花(木村拓哉)は、全力でランク入りを狙うと宣言した倫子(鈴木京香)に魚料理の変更を提案する。同じく候補となった丹後(尾上菊之助)の店でも、魚料理のリニューアルが決定していた。そんな中、江藤(手塚とおる)は尾花らの下で働く芹田(寛一郎)に接触を続ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「トップレストラン50」の発表を1週間後に控えたある日、グランメゾン東京に相沢(及川光博)の妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が現れる。突然出て行ったことを責める相沢に、エリーゼは娘アメリー(マノン)を引き取ってパリに戻ると宣言。さらに、目指す三つ星はかなわない夢だと言い放つ。三つ星を取ると言い返す尾花(木村拓哉)に、エリーゼはある条件を突き付ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
京野(沢村一樹)と口論した翌朝、尾花(木村拓哉)が倫子(鈴木京香)の家から姿を消す。尾花には自身の店を捨てて逃げた過去があり、不安に思う倫子達。その頃、尾花は凪子という女性から呼び出された場所にいて、凪子の父・潮(木場勝己)を店に連れて来る。「俺を満足させる料理を作ってみろ」と言われ、対応した一同だが、潮は料理を酷評。一番の原因は京野だと指摘する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第9話  2019/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栞奈(中村アン)が京野(沢村一樹)に、店を辞めたいと相談してきた。話を聞いた尾花(木村拓哉)は、栞奈の履歴書に書かれた彼女の父親の名前を見て、あることに気付く。審査を前にした店では、倫子(鈴木京香)が店の方針は変えないと宣言。コース料理のうち8品のリニューアルが決まる。尾花はそれに合わせて、ワインを日本産に変えようと提案し、ソムリエ資格を持つ栞奈にアイデアを求める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2019/12/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
祥平(玉森裕太)が尾花(木村拓哉)たちの店を訪れ、3年前の事件に関する秘密を打ち明けて謝罪する。フレンチ料理人をやめようとしていた祥平だが、京野(沢村一樹)は自身にはない才能がある彼がフレンチの世界から出て行くことに納得できない。尾花と京野は、祥平を店で雇うべきだと訴える。尾花はフレンチに取り入れることに失敗し続けていたマグロ料理に挑むため、祥平の力が必要だと考えていた。尾花らは祥平の採用に否定的な倫子(鈴木京香)と相沢(及川光博)に、彼の名前を出さずに店で働いてもらおうと提案する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月23日更新】
■ あらすじ(第11話  2019/12/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
尾花(木村拓哉)と京野(沢村一樹)の師匠から、東京に出す予定のレストランの姉妹店を尾花に任せたいと電話がくる。一方、グランメゾン東京では星を取る審査の日が目前に迫る中、尾花の担当するマグロ料理が難航していた。倫子(鈴木京香)はマグロ料理を諦めて、自分たちのアイデアで作った他の料理を尾花に見直してもらいたいと提案する。しかし尾花は、自分はマグロ料理に集中すると宣言する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック