FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2019年秋、プレミアムドラマ「歪んだ波紋」

kage

2019/12/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月3日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:50

 プレミアムドラマ「歪んだ波紋」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:塩田武士「歪んだ波紋」(講談社)
脚本:向井康介
演出:佐々木章光/村上牧人/最知由暁斗
制作統括:佐野元彦/金澤友也/高橋練
主題歌:四季と歌/ORIGINAL LOVE

E13-b043.gif
外部サイト:プレミアムドラマ 歪んだ波紋

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
沢村政彦:松田龍平
地方新聞社「新神奈川日報」の遊軍記者。あるひき逃げ事件の特ダネ情報を得たが、実は先輩記者である桐野が仕掛けた虚報だったために誤報記事を出してしまう。姿を消した桐野と、誤報情報の元となったウェブサイト「メイクニュース」を追いつつ、流した誤報記事の影響と真摯に向き合っていく。

三反園邦雄:松山ケンイチ
ニュースウェブサイト「ファクトジャーナル」の編集長で、政彦とは大学時代の同期。かつては全国紙「大日新聞」で記者をしていた。手段を選ばない取材手法は、政彦から“薄情”と評されるが、自身は“現実的”と言ってはばからない。政彦と同じく「メイクニュース」を追いかけている。

森本敦子:小芝風花
ひき逃げ事件の被害者の妻。夫を亡くした悲しみに暮れるさなか、政彦の記事による誤報の被害に遭い、大きく人生が変わってしまう。現在妊娠中。

野村美沙:山口紗弥加
政彦の同僚で、「新神奈川日報」のネットメディア担当。保育園に通う一人娘がおり、仕事と子育ての両立について悩みを抱えている。

垣内智成:イッセー尾形
政彦の亡父・一平が「大日新聞」で記者をしていた時の同僚で、一平とよくぶつかっていた。引退後、一人で暮らしていたが突然自殺してしまう。記者時代は桐野の面倒をよく見ていた。

相賀正和:長塚京三
一平と垣内の元同僚。記者時代は、ぶつかり合う2人の仲裁役で、よく仲を取り持っていた。政彦と共に、垣内が自殺した理由を追う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松田龍平×松山ケンイチで描く社会派ドラマ! 記者たちの人生と報道の現在に迫る 
松田龍平演じる誤報を出してしまった新聞記者・沢村政彦を主人公に、その周囲のさまざまな人間模様を描く、塩田武士の同名小説が原作の社会派ドラマ。松山ケンイチ扮する、政彦の大学時代の同期でニュースウェブサイトの編集長や、過去の事件を洗う元記者、子育てに悩む女性記者といったさまざまな記者たちの人生模様を、家庭の問題なども織り込みながら描くことで「報道」の現在に迫っていく。

共演者は、小芝風花、山口紗弥加、美村里江、筒井道隆、イッセー尾形、長塚京三ら。脚本は、同局の「植木等とのぼせもん」などを担当した向井康介が手掛ける。


2019秋号:2019年10月1日〜2019年12月末
----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月3日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
地方新聞社の遊軍記者・沢村政彦(松田龍平)の元に、ひき逃げ事件についての特ダネ情報が舞い込む。ひき逃げで夫を亡くし悲しみにくれる妻・森本敦子(小芝風花)こそが犯人であるという内容で、裏も取れていると聞き、早速記事にする政彦だったが、それは誤報だった。さらに、政彦の大学時代の同期でニュースウェブサイトの編集長・三反園邦雄(松山ケンイチ)から、それが政彦の同僚による“虚報”ではないかと指摘される。
そんな中、かつて全国紙の記者だった政彦の亡父の盟友・相賀正和(長塚京三)が政彦を訪ねてくる。相賀は、かつての同僚・垣内智成(イッセー尾形)が自殺したのは、15年前の誤報が原因ではないかと調べ始めていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月3日更新】
■ あらすじ(第1話  2019/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
新神奈川日報の政彦(松田龍平)はデスク・中島(勝村政信)と先輩で元大日新聞の桐野(筒井道隆)の指示でひき逃げ事件を取材。被害者の妻・敦子(小芝風花)を‘クロ’とする政彦の記事が掲載された。一方、ネットニュース「ファクトジャーナル」が、中島と桐野の市長選スクープを誤報と指摘する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2019/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ファクトジャーナル代表の三反園(松山ケンイチ)は、政彦(松田龍平)の誤報の影に闇サイト「メイクニュース」の存在を感じる。一方、大日新聞の記者だった政彦の亡父・一平(角野卓造)と相賀(長塚京三)の同僚・垣内(イッセー尾形)が自殺した。政彦は遺品の写真から桐野(筒井道隆)の姿を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月17日更新】
■ あらすじ(第3話  2019/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桐野(筒井道隆)が大日新聞で不正融資事件の証拠を捏造(ねつぞう)し、その処分として新神奈川日報に移籍したことがファクトジャーナルにより明るみに。その背後には一平(角野卓造)も関わっていた。政彦(松田龍平)が桐野を捜す一方、相賀(長塚京三)は垣内(イッセー尾形)の自殺の真相を追う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年11月24日更新】
■ あらすじ(第4話  2019/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
垣内(イッセー尾形)の自殺の真相を追う相賀(長塚京三)は峰子(キムラ緑子)という女性の存在にたどり着く。峰子は闇金業者の妹で、垣内がその業者に関する誤報を出したことで人生が暗転。そのネタ元は相賀だった。己を責める相賀は、垣内の遺品の携帯電話から峰子とのやりとりを発見する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月1日更新】
■ あらすじ(第5話  2019/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
政彦(松田龍平)は「メイクニュースプレス」という悪質ニュースサイトの裏に桐野(筒井道隆)の存在を感じる。三反園(松山ケンイチ)は同サイトの運営者を捜し出すべく、政彦と手を組み、調査を始める。一方、仕事を失った妊婦の敦子(小芝風花)を、実の両親が訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月6日更新】
■ あらすじ(第6話  2019/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
峰子の焼死事件の真相を知った相賀(長塚京三)は三反園(松山ケンイチ)に調査協力を求める。一方、政彦(松田龍平)に接触した元同僚・美沙(山口紗弥加)が勤務先で起きた盗撮事件の行方を知りたいと訴える。この事件は新聞に掲載されず、捕まったはずの犯人も、いつも通り子どもを保育園に送迎していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月9日更新】
■ あらすじ(第7話  2019/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
名前を変えてフリーライターを続けている桐野(筒井道隆)が、バブル期の大物事件師・アンデソンの特ダネを三反園(松山ケンイチ)に持ちかける。しかし、これまでにねつ造、虚報に手を染めてきた桐野を、三反園は門前払いする。そんな中、政彦(松田龍平)は上司の命令で、偶然にもアンデソンを特集したテレビ番組を取材することになり、ある事実を探り当てる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2019年12月16日更新】
■ あらすじ(第8話  2019/12/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
アンデソン単独インタビューのため韓国行きを決断した三反園(松山ケンイチ)だが、母親の事故の報せで断念する。政彦(松田龍平)らの制止を聞かず、三反園は桐野(筒井道隆)の記事を掲載するが、虚報であることが発覚し…。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック